探偵ニュース

Detective News

公開日: 2019/10/24 最終更新日: 2019/09/25
探偵ニュース
 公開日: 2019/10/24 最終更新日: 2019/09/25

電磁波攻撃の被害|電化製品の故障「電磁波対策相談」

電磁波調査の案内ページです。相談、依頼の仕方から料金など、電磁波対策が必要な場合の電磁波に関する様々な知識、情報や、方法などをお伝えします。電磁波の被害でお困りな方は参考にしていただき、電磁波について初めてのご相談の方は、被害を証明することが重要であることを知って頂ければと思います。

電磁波被害相談窓口

電磁波攻撃の被害

ノイズの影響が原因

集団ストーカーは電磁波、テクノロジー犯罪として周知されています。そもそも、集団ストーカーとはどういったものか、組織ストーカーとはと疑問に思われると思いますが、簡単に説明すると「複数人のストーカー」になります。

ある特定の個人に組織的な監視、つきまとい、嫌がらせを行います。長期的に嫌がらせを行うことにより、人間不信になり、正常な人生を送ることが難しくなります。周りに相談しても、被害妄想や精神疾患と取られてしまうこともありますが、現実に存在する犯罪です。

電磁波犯罪とは。マイクロ波などの電磁波を使って、遠隔から体への攻撃を与えること。長期間の照射により、体調の異変などを生じさせる犯罪です。これらのつきまといや嫌がらせ行為と電磁波攻撃を合わせて行うのが、「集団ストーカー」です。

具体的には被害者を24時間監視したり、被害者の行動に合わせ、特定のアンカリングが繰り返し行われたり、外出時に被害者しか知らないはずのことを仄めかしてきたり、就業できなくなるよう工作したりと、精神的に追い込みます。

そして、電磁波攻撃の被害例として、電磁波の照射による痛みや、切り傷ができる、睡眠妨害、音声送信など。パソコンや電気製品の誤作動や故障の報告もあります。こうして体への攻撃も加え、身体的にも追い込みます。

もしこれを読んで当てはまる方は一日も早く解決に向けて動いた方が良いでしょう。自分一人で解決できる問題では残念ながらありません。専門機関に協力してもらい、解決することを強くお勧めします。

電磁波によるノイズ

ノイズの影響が原因

機械や装置から発生する電磁波の雑音を磁波ノイズといいます。電子機器などの誤作動の原因になることもありノイズの正体は電磁エネルギーで、電気信号と同じです。

そして、ノイズには二つのタイプがあります。伝導ノイズ放射ノイズがあります。伝導ノイズは電源線、信号線、プリント基板の回路などを通じ、信号と一緒に伝わります。放射ノイズは空間を不要電磁波として飛来します。

伝導ノイズは侵入経路がわりとはっきりしていますが、信号と同じ姿なので識別が困難です。電気信号は電圧変化のパターンで伝送されるのですが、ノイズ成分もこのパターンの一部となっています。そして電気信号に相乗りしてくるのです。

放射ノイズはさらに識別が困難です。放射ノイズはケーブルでつながれていない他の電子機器にも侵入します。システム内ノイズ、さらにシステム間ノイズとなります。パソコンはクロック周波数がGHzにまで及ぶため、放射ノイズの主な発生源になります。

対策としては、機器からノイズを出さないような対策を施す。機器が、外部からノイズを受けても誤作動しないよう耐ノイズ性を高める対策をするというものがあります。フィルタリングとシールディングがその対策で、すでに機器に施されています。

ノイズが気になる方は、技術の信頼性という意味で国産のものを使うのが良いのではないでしょうか。「何かがおかしい」「家電が最近壊れる」など気になった方は専門機関への相談をお勧めします。

※ノイズとは、目的以外の電圧、電流、信号などのことを言います。

電磁波は日常生活でどのくらい気にした方がいいか

意識しすぎないこと

化学的には立証されてませんが日常生活で浴びるような弱い電磁波でも、ずっと浴び続けると、健康に影響が出るのではないかと言われています。今から30年程前からこれについて多くの化学者が研究を続けているのです。

以前にも書いたとおり、小児癌や成人癌、小児白血病について関連があると考えられており、弱い関連があると言われています。スウェーデンの研究所の博士が、疫学研究により、送電線から発生する電波と小児白血病の発生とに弱い関連性があると発表し、マスコミでも大きな話題となったのです。

したがって日常の電磁波にきちんと対策し、将来癌になるリスクを減らすべく努力の必要があるのです。実際に電磁波過敏症になってしまった人は日常生活をどのように過ごしているのでしょうか。

まず、今まで差しっぱなしにしていたコンセントを使う時以外すべて抜いてください。あとは、「アーシング」を意識して体内に電磁波を溜めないようにしてください。

アーシングのため、自然に触れることを心がけ、朝の散歩や、林の中を歩いたり、川に行って足をつけたりしていると、体の痺れがフッとやわらぐのが分かるそうです。

スマートフォンやパソコンも意味なくダラダラと使わず、調べものをする以外使わないようにして、日常の中で意識して電磁波から遠ざかることが必要です。

電磁波攻撃を受けている時は、体の痺れ、頭痛、体の痛み、体のチクチク、心臓のドキドキ、体の異常な凝り、皮膚のただれ、むくみ、眼球の痛みなどがあり、「おかしいな」と感じたらすぐに専門家に相談して下さい。

電磁波調査料金について

電磁波調査料金のご説明

電磁波の測定料金で必ず確認すべき項目をご説明します。まずは、「目先の料金」に惑わされないことです。電磁波測定に関して一番重要なのが、「測定した時間帯に何も起こらなくて調査が終わってしまった」となるケースを避けなくてはなりません。たった1時間前後測定して「何もなかった」で何万円も負担することはあってはならないことです。

ストーカー・嫌がらせ専門窓口では、朝から深夜までの測定で料金の変動は一切ありません。加害者がいつくるかわからない恐怖に打ち勝つために、異常な電波を確認するまで室内から室外まで徹底的に測定調査を行います。

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

電磁波調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

まず、現状について相談することから始めましょう。

電磁波被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop