探偵ニュース

Detective News

公開日: 2019/11/09 最終更新日: 2019/11/12
探偵ニュース
 公開日: 2019/11/09 最終更新日: 2019/11/12

「電磁波対策相談」 耳鳴りの原因|ラップ音の嫌がらせ

電磁波調査の案内ページです。相談、依頼の仕方から料金など、電磁波対策が必要な場合の電磁波に関する様々な知識、情報や、方法などをお伝えします。電磁波の被害でお困りな方は参考にしていただき、電磁波について初めてのご相談の方は、被害を証明することが重要であることを知って頂ければと思います。

電磁波被害相談窓口

電磁波について

電磁波の有害無害

X線やY線、紫外線など波長の短いものについては、多量に浴びた場合、健康に悪いことはよく知られています。WHOの現在の結論ですと、危険性があるとは言えないが、危険性がある可能性が存在すると位置づけられているようです。携帯電話やWiFiなどから発生する高周波や、送電線やコンセントから発する50〜60Hzの低周波などの人工的な電磁波は、一定の固定された周波数と振幅と波形を持っていて、規則正しい振動をしています。

これに対して私達の体は外部からの侵入者とみなすことがあり、生化学的な連鎖反応を起こしてしまいます。防御反応が起こっており、これにはストレス、タンパク質による反応があります。タンパク質の反応は、細胞膜を固化させて、水と栄養物質の細胞内への能動輸送を停止させます。 そして、反応性の高い活性酸素などを含む毒物や老廃物が細胞内に蓄積してしまうのです。

さらに、機能不全を引き起こしてしまうといわれています。以前から研究結果は出ていませんが、無害とはいえませんし、実際に電磁波過敏症があるのですから、対策をしていかなければなりません。そして、有害な電磁波を無害化するという装置もありますし、対策グッズもたくさんありますので、できるだけ電磁波を避ける生活をしていく方が良いと思います。

電磁波と法律

電磁波は300万MHz以下の周波数のものを電波といい、電磁波法で規定されているのです。赤外線、可視光線、紫外線、レントゲンに使われているエックス線も電磁波ですが、電波ではありません。また、携帯電話はあらかじめ電波防護指針の基準を守っていないと販売できないようになっています。従って、集団ストーカーなどの電磁波攻撃を受けた場合、この基準にのっとって電磁波の量を正常値まで引き下げることができるのです。

電波防護指針の基準値はどのように決められているかといいますと、遠くの放送タワーや基地局から人体ばく露する場合、全身ばく露の影響を考え、基準値が定められています。ばく露における体温上昇により、動物の行動パターンに変化が現れる値は、全身平均SARで約4W/Kgです。これは長時間浴びた場合約1度の深部体温上昇に相当します。

そこで、電波防護指針では、4W/Kgから10倍の安全率を考慮した平均SAR値として、0.4W/Kgを基礎指針値として定めています。そして、管理指針では、職業的な環境に対しては0.4W/Kgを超えないよう定められており、さらに一般環境においては、基礎指針値から5倍の安全値を考慮して、平均SAR0.8W/Kgに相当するよう定められています。このように、基準値は出されているのですが、極力電磁波を浴びないよう、自分で対策していくことも大事です。

電磁波と耳鳴りの原因

電磁波過敏症からくる耳鳴り

電磁波過敏症の症状として、極度の疲労、集中困難、憂鬱、発疹、頭痛、耳鳴りと出てきます。電磁波過敏症の発症率は3%〜5.7%だといいます。これは驚くべき数字で、一万人あたり300〜600人弱の人が何らかの症状を持っていることになります。東京の人口が930万人なので、計算すると53万人もの人が電磁波過敏症になっていることになります。

何らかの対策をしなくてはいけないということで、良い情報がありました。パソコンの対策商品で、電磁波をコンセントを通じてアース出来る商品があり、パソコンに触れるだけで体内の電位が基準値以外に下がったという報告がありました。電磁波対策商品はここまで進んでいるのです。 近い将来もっと暮らしやすくなるのではないか期待できます。

そして、電磁波ノイズとしての耳鳴りがあります。ある人が自宅にいる時強い耳鳴りを感じていたそうです。最初は加齢による体調の変化だと思っていたのですが、自宅を離れると弱くなることがあり、調べてみると、室内で強い電磁波を観測したそうです。電磁波ノイズの特徴として、音として聞こえるのに方向が特定できない、業務用の耳栓をしてもノイズが減らないということがあります。当てはまった方は早めにご相談ください。

ラップ音の嫌がらせ

睡眠妨害に利用される

集団ストーカーにおいて、電磁波や音波を使って遠隔からラップ音の嫌がらせがあります。独身用集合住宅でこのようなことが起こる場合、部屋が完全に集団ストーカーの監視下に置かれているようです。なぜこのようなことをするかというと、音の嫌がらせにより、休むことなく聞かせ続けると、次第にどのような音にも敏感になり、それがストレスになって、健康状態に多大な悪影響を与えることができるのです。

集団ストーカーではこのように心理学事情を悪用し、被害者の動作タイミングに合わせた音による攻撃が行われているのです。ある人のケースでは、自宅にいる時、部屋が静かになると、狙ったように騒音が開始されたり、眠りにつこうとするとまた騒音が聞こえてきて、一晩中続いたそうです。これらは正確なタイミングで行われていたため、電磁波を使った盗聴、盗撮行為が疑われるようです。

ノイズの攻撃は人により、様々に変えてくるので、決まった音とは報告できませんが、条件づけで色々な音を聞いかせてきます。また集団ストーカーが窓の外でわざと騒ぐこともあるでしょう。心あたりのある方は専門機関に依頼することをお勧めします。その時、被害報告のメモを取っておくこともお勧めします。

電磁波調査料金について

電磁波調査料金のご説明

電磁波の測定料金で必ず確認すべき項目をご説明します。まずは、「目先の料金」に惑わされないことです。電磁波測定に関して一番重要なのが、「測定した時間帯に何も起こらなくて調査が終わってしまった」となるケースを避けなくてはなりません。たった1時間前後測定して「何もなかった」で何万円も負担することはあってはならないことです。

ストーカー・嫌がらせ専門窓口では、朝から深夜までの測定で料金の変動は一切ありません。いつ強い電磁波がくるかわからない恐怖に打ち勝つために、異常な電波を確認するまで室内から室外まで徹底的に測定調査を行います。

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

電磁波調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

まず、現状について相談することから始めましょう。

電磁波被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop