電磁波測定調査レポート

Electromagnetic-Waves report

ホーム > 電磁波測定調査関連記事 > 電磁波測定調査レポート > 電磁波の影響?耳鳴りの原因はラップ音の嫌がらせかも
公開日: 2019/11/09 最終更新日: 2021/04/09
電磁波測定調査関連記事 - 電磁波測定調査レポート
 公開日: 2019/11/09 最終更新日: 2021/04/09

電磁波の影響?耳鳴りの原因はラップ音の嫌がらせかも

電磁波調査の案内ページです。相談、依頼の仕方から料金など、電磁波対策が必要な場合の電磁波に関する様々な知識、情報や、方法などをお伝えします。電磁波の被害でお困りな方は参考にしていただき、電磁波について初めてのご相談の方は、被害を証明することが重要であることを知って頂ければと思います。

目次|電磁波被害相談窓口

電磁波と耳鳴りの原因

音の原因ついて考える

ラップ音とは、本来『何もない空間から発生する音』の現象です。霊的な原因を提唱することがありますが、たいていの場合は住宅の建材が軋んだことによるものが原因です。しかし、現代におけるラップ音の原因として考えられるものの一つに『電磁波』があります。

電磁波による音の原因

電磁波によって生じる音には、さまざまな原因が考えられます。

  • 電磁波音
  • 電磁波が音として聞こえる現象が存在し、『電磁波音』と呼ばれています。別名を『エレクトロフォニック・サウンド』といい、落雷や流星から発せられる電磁波が、何らかの原因で音波に変換されたことによって生じる音のことです。これらの音は雷鳴と違って観測者に異なり、「パチン」といった何かが弾けるような音であったり「シュー」といった空気が噴出するような音などの違いがあります。

  • マイクロ波聴覚効果
  • マイクロ波聴覚効果とは、蝸牛(耳内部の聴覚を司る蝸牛管の空洞部分のこと)が熱作用による膨張と収縮を繰り返すことによって、音が聞こえるように感じる現象のことです。この現象を利用した音声送信技術をヴォイス・トゥ・スカル(V2K)と呼ばれ、離れたところに音声を送れることに着目して嫌がらせに利用される技術とされています。

  • 電磁波過敏症による耳鳴り
  • 『電磁波過敏症』によって耳鳴りが起きる場合があります。寄せられる被害報告の中には、磁場の強い場所にいる時に耳鳴りを感じる場合があるそうです。耳鳴りの原理は蝸牛管や脳の聴覚神経の障害によって起こるため、最初は加齢による体調の変化だと思ってしまい、電磁波過敏症だと気づかないケースがあります。

電磁波過敏症について

電磁波過敏症とは?

電磁波過敏症とは、電磁波が原因で身体に何らかの異常が現れる病気のことです。症状には、極度の疲労、集中困難、憂鬱、発疹、頭痛、耳鳴りと出てきます。早稲田大学の研究チームでは、日本における電磁波過敏症の発症者数は総人口の3%〜5.7%と言われています。これは驚くべき数字で、一万人あたり300〜600人弱の人が何らかの症状を持っていることになります。

日本では『電磁波過敏症』自体は医学的には認められておらず、認知度は低いです。原因である電磁波は目に見えないため、周囲の理解が得にくく患者が孤立してしまうことも認知度の低さに拍車をかけています。そのため、実際には推定されるよりも多くの人数が電磁波過敏症である可能性があります。

医学的に電磁波過敏症は認められていないことから、正式な治療方法は現段階では確立されていません。そのため、電磁波過敏症の原因となる電磁波にいかに対処するかが重要になってきます。

事例から見る電磁波による音の被害

睡眠妨害に利用される

集団ストーカーは、電磁波や音を使って遠隔からラップ音を聞かせる嫌がらせがあります。独身用集合住宅でこのようなことが起こる場合、部屋が完全に集団ストーカーの監視下に置かれているようです。なぜこのようなことをするかというと、音の嫌がらせにより、休むことなく聞かせ続けると、次第にどのような音にも敏感になり、それがストレスになって、健康状態に多大な悪影響を与えることができるのです。

集団ストーカーではこのように心理学事情を悪用し、被害者の動作タイミングに合わせた音による攻撃が行われているのです。ある人のケースでは、自宅にいる時、部屋が静かになると、狙ったように騒音が開始されたり、眠りにつこうとするとまた騒音が聞こえてきて、一晩中続いたそうです。これらは正確なタイミングで行われていたため、電磁波を使った盗聴、盗撮行為が疑われるようです。

ノイズの攻撃は人により、様々に変えてくるので、決まった音とは報告できませんが、条件づけで色々な音を聞いかせてきます。また集団ストーカーが窓の外でわざと騒ぐこともあるでしょう。心あたりのある方は専門機関に依頼することをお勧めします。その時、被害報告のメモを取っておくこともお勧めします。

電磁波調査料金について

電磁波測定調査料金のご説明

探偵各社が提示している電磁波の測定料金を見るときに必ず確認していただきたい項目をご説明します。探偵社によっては「1時間いくら」で電磁波測定を請け負うところもありますが、気をつけなければならないのが、「予約した時間内に何も起こらない」ケースです。

何も起きなくても、利用者は1時間あたり「いくら」という料金を支払わなければならないので、電磁波攻撃の有無を調べるには改めて予約を入れる必要があります。何度も調査をし、そのたびに「何も起こらない」の繰り返しでは調査料金が膨れ上がるばかりです。探偵をご利用される方は早期発見、早期解決をお望みでしょうから、そのような事態は避けなくてはなりません。

集団ストーカーが「いつ」電磁波攻撃を仕掛けてくるかは調べてみないとわからないので、私ども「ストーカー・嫌がらせ専門窓口」では、朝から深夜まで現場(室内および屋外)に張りつき、電磁波の発生量を測定します。その際、料金の変動はありません。電磁波攻撃の有無を確認できるまで、電磁波測定士の資格を持った調査員が徹底的に測定調査をいたします。

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かかることはありません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

電磁波調査依頼方法

まずはお気軽にご相談ください

2010年の創業以来、当社は一貫して、「問題解決に必要な情報提供」という考えのもと、事業を展開してきました。そのため、独自の情報収集方法に徹底的にこだわり、多種多様な調査方法でご依頼者に求められる情報を提供しています。この市場のとらえ方が、当社の成長と多種多様な情報サービスが生み出される源泉となっています。

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、経験豊富なスタッフを各エリアに配置し、ご依頼者の悩みに沿った「問題」を解決する調査体制を整備しています。調査が終了した後も問題解決までスタッフがサポートするので、最後まで安心してご利用いただけます。

  • お問合せご相談

    1お問合せご相談

    まずは面談のご予約をお取りください。年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフと面談していただきます。ご相談に関連する資料やメモなどの記録をお持ちでしたら面談時にご持参ください。探偵には守秘義務があります。お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありません。安心してご相談ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    ご相談の結果、アドバイスのみではなく、調査のご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて「委任契約書」を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、ご依頼者と受任者が同一内容の書類を1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    調査の後、訴訟をお考えの場合は裁判にも有効な報告書をご提供いたします。相手の顔がはっきりと映っているなど、訴訟の証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートにも配慮し、精神的被害を受けた心のケアが必要なケースではカウンセラーを紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop