探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 電磁波攻撃と電磁波過敏症「電磁波被害対策相談」
公開日: 2019/09/30 最終更新日: 2019/08/30
探偵ニュース
 公開日: 2019/09/30 最終更新日: 2019/08/30

電磁波攻撃と電磁波過敏症「電磁波被害対策相談」

電磁波調査の案内ページです。相談、依頼の仕方から料金など、電磁波対策が必要な場合の電磁波に関する様々な知識、情報や、方法などをお伝えします。電磁波の被害でお困りな方は参考にしていただき、電磁波について初めてのご相談の方は、被害に対し科学的に被害を証明することが重要であることを知って頂ければと思います。

電磁波被害相談窓口

日常においての電磁波の安全基準

安全基準を知ってから

電磁波とは、電圧がかかっているものの周波が高くなると、電気が流れているものに波として伝わり、次々に波を生むものです。これを「電磁波」といいます。電磁波は、身近な電気製品に発生しているのですが、ではどのくらいの数値なら「安全基準」といえるのでしょう。

IH調理器で300Hz〜10M Hz、電子レンジ、携帯電話、テレビなどで300M Hz〜3G Hz、太陽光で3T Hz〜3000T Hz、別件ですが、レントゲンでは3000T Hz以上あるようです。

ではこれ以上の数値があれば、安全基準ではないといえるのではないでしょうか。なぜ電磁波の安全基準について知る必要がるか、それは「集団ストーカー」という嫌がらせの電磁波攻撃があるからです。

電磁波による被害者は、何年もの間電磁波攻撃を受け、まともに日常生活を送れない方もいます。 なので、早くに専門機関を知り対策をしていれば防げた問題なので気になった方は、無料の相談窓口から相談してみることをお勧めします。

電磁波攻撃を受けると、体が痺れたり、ピリピリしたり、明らかに普段と違うので分かると思います。もし心当たりがある方は、一度測定してもらうと良いと思います。電磁波の数値を知ることで、正確な対策ができ被害を無くすことが可能なのです。一日も早く元の生活を取り戻してください。

電磁波の種類について

  • 高周波
  • 低周波
  • マイクロ波
  • 超音波
高周波

一般的に電磁波の攻撃を防御できるのは高周波で、高周波電磁波を吸収する効果をもっている軽減グッツが販売されています。

マイクロ波

マイクロ波は音声送信の元になっているとされる電波。「注射で打たれた」痛みを感じるのはマイクロ波ではないかとされています。マイクロ波を使った音声送信は「V2K」と呼ばれています。

低周波

電磁波防御グッズでもあまり効果がないのが低周波で、低周波は体を微振動させる事ができます。低周波騒音とは、一般的に人間の耳では聞き取りづらい低い周波数領域の騒音をいい、頭や身体に不快な思いを感じさせている場合や振動させていることがあります。

超音波

被害者のなかで被害が多いのが、超音波ではないかと言われています。超音波の音声送信もあり、これは脳に直接照射して無意識に「加害者の予定通りに動く」ように洗脳する。もしくは集団心理、感情操作に使われたりする。

電磁波の届く距離

電磁波を強く感じた時

電磁波の強さは、距離が離れるほど弱くなる(距離減衰する)ので、電磁波による身体的な影響をうけている場合、距離を考慮する必要があります。また、障害物が多いエリアであれば電磁波攻撃がしにくくなるということです。

しかし、アパートの上下左右の人が加担していたり、周囲の家の方向から強い電磁波を感じたりということがあります。ですので集団ストーカーの嫌がらせ被害に遭った場合、個人ではなかなか対策できないと思います。集団ストーカーの場合は専門家に依頼して異常電波が測定できたら、掛け合ってもらい解決してもらうことが必要です。

電磁波過敏症の場合も電気製品などから距離を置かなくてはなりません。ペースメーカーの誤作動を防ぐ距離はだいたい15センチメートルくらいのようです。周波数が上がると影響する距離が短くなるとあります。800M Hzで16センチメートル、2G Hzくらいで1センチメートルとあります。 携帯電話で300M Hz〜3G Hzくらいなので、16センチメートルくらいで影響があるということになります。

すぐにできる対策としては、スマートフォンや携帯電話は離しておくことだと思います。できたら部屋の電気製品の位置も見直すと良いと思います。その他に使わない電気製品のコンセントを抜くのも良いと思います。根本的な解決を望む場合、やはり専門家の力が必要になります。

電磁波過敏症と電磁波攻撃

自分でできる対策から

集団ストーカーによる電磁波攻撃で、電磁波過敏症になりやすい。電磁波攻撃とは、高周波、低周波、超音波などを使ってある人物を攻撃することです。電磁波過敏症とは、電気製品などから発生する電磁波に敏感に反応する体質のことです。集団ストーカーの嫌がらせが終わればきっと「元の生活に戻れる」と思って我慢することにより、長期に渡って強い不安・ストレス・プレッシャーにさらされて、電磁波過敏症やうつ病リスクが高くなるリスクがあります。

さらには、長年に渡り強い電磁波を受け続けた影響で、頭の中がごちゃごちゃになり、精神病の統合失調症になってしまうケースもあります。電磁波攻撃を受けている時は、体の痺れ、頭痛、体の痛み、体のチクチク、心臓のドキドキ、体の異常な凝り、皮膚のただれ、むくみ、眼球の痛みなどがあり、「おかしいな」と感じたらすぐに専門家に相談して下さい。

電磁波で体調が悪くなる原因

私達の身の回りには電気製品など、たくさんの電磁波があります。さらに携帯電話やスマートフォン、パソコンなど、電気製品に囲まれすぎて、常に電磁波を浴びているのに近い状況になっています。それも体調が悪くなる原因の1つだと思います。

家の中を見回すと、電気調理器、エアコン、パソコン、ホットカーペット、寝る時は電気毛布など、強い電磁波が発生するものに沢山囲まれて生活しています。40年くらい前に比べると6倍程だそうです。頭の近くにコンセントがあると、脳の付近で電気が流れます。すると、静電気が頭にたまり、脳血流を低下させるといわれています。

脳血流の低下は認知機能障害を引き起こするといわれています。脳血流の低下は、睡眠不足、ストレス、喫煙や高血圧でも起こるとあります。 気をつけなければいけませんね。さらに、高い磁場に住んでいる子供は、そうでない子供に比べて白血病の発症率が24倍高いことが発見されています。 健康で長生きするために、電磁波過敏症でない方も電磁波対策が必要といえると思います。

電磁波調査料金について

電磁波調査料金のご説明

電磁波の測定料金で必ず確認すべき項目をご説明します。まずは、「目先の料金」に惑わされないことです。電磁波測定に関して一番重要なのが、「測定した時間帯に何も起こらなくて調査が終わってしまった」となるケースを避けなくてはなりません。たった1時間前後測定して「何もなかった」で何万円も負担することはあってはならないことです。

ストーカー・嫌がらせ専門窓口では、朝から深夜までの測定で料金の変動は一切ありません。加害者がいつくるかわからない恐怖に打ち勝つために、異常な電波を確認するまで室内から室外まで徹底的に測定調査を行います。

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

電磁波調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

まず、現状について相談することから始めましょう。

電磁波被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop