盗聴・盗撮発見調査関連記事 - 盗聴・盗撮発見調査レポート

Eavesdropping report

ホーム > 盗聴・盗撮発見調査関連記事 > 盗聴・盗撮発見調査レポート > 身近に潜む盗聴と盗撮の恐怖|盗聴盗撮被害調査体験談
公開日: 2022/01/22 最終更新日: 2022/02/19
盗聴・盗撮発見調査関連記事 - 盗聴・盗撮発見調査レポート
 公開日: 2022/01/22 最終更新日: 2022/02/19

身近に潜む盗聴と盗撮の恐怖|盗聴盗撮被害調査体験談

盗聴は各都道府県の迷惑防止条例で盗聴行為の規制が条例の改正に伴い範囲が広くなったエリアもあります。盗聴被害でお悩みの方からのご相談が多く、ここでは実際にお受けした盗聴被害の体験談ご紹介しています。同じようなお悩みやご不安をお持ちの方、調査や解決方法をお知りになりたい方は参考にしてください。

盗聴器発見調査相談窓口

身近に潜む盗聴・盗撮

専門家
盗聴盗撮調査
2022年1月22日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、盗聴盗撮被害でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

体験談-『私のことを知っている見知らぬ人たち』

行く先々で自分のことを知っているかのように話す人たち

自分の知らないところで情報が外部に漏れてしまうことは非常に恐ろしいことです。もしも漏洩した情報を赤の他人が自分に対して知っていることを暗に仄めかすようなことをされてしまうと、何も信じられなくなるほど生活を脅かされてしまいます。解決は不可能なのでしょうか? 答えは『否』です。調査を行なうことによる情報収集から糸口をつかむことが出来れば解決できる可能性は高くなります。

女性
ご依頼者様: 61才/女性 主婦
ご依頼内容: 盗聴器発見調査
ご依頼理由:

娘夫婦から集団ストーカーに遭っていると聞かされていたのですが、これまで娘夫婦の気のせいではないかと言い聞かせてきました。

しかし先日、皆でファミレスで食事していたところ、ゾロゾロと何人かでやってきた若者たちが、何も注文もせずに水だけで「孫はもう一人欲しいんだって」「男の子しかいないのは寂しいよね」「孫は二人がいいよ」など、普段私が娘に言っていることそのままの会話をしているのを耳にしたのです。

ニヤニヤしながら彼らがファミレスを出て行くと、今度は私が孫に贈った服そのものを着た小さい子を連れた家族がやって来て、「あーこの人だ」「あーいたね」などと会話している姿を耳にしました。その時、『こうやって娘夫婦を追い込んできたのだ』とはっきりし、娘夫婦が言っている集団ストーカーが現実にあるのだと確信しました。

彼らはどうやって、娘夫婦や私たちの会話を聴いているのでしょうか。また、仄めかしをしている人たちは、娘夫婦をどうしたいのでしょうか。家族の会話を盗み聞きしたところで、何か得することがあるのでしょうか。

調査レポート:  

盗聴器・盗撮器を使用した個人情報の把握は、ドラマや小説に出てくるそれのように、伝統的(というと少々語弊がありますが)な手段として用いられます。今日の盗聴器や盗撮器は、そのサイズや形状、方式も様々で、専門的な知識や技術がないと一般人では発見はおろか認識すらできないものも出回っているのが現状と言えます。これら最新式の器材が集団ストーカー行為に利用されている場合、ケースとしてはより深刻であると考えなければなりません。

 

今回のご依頼では、ステップとして、『①:個人情報がどのように流出しているのか』『②:誰が集団ストーカーに加担し、何の目的で行っているのか』という二段階に分けて調査を開始しました。

上記で述べたように、①で真っ先に疑うべき【盗聴器・盗撮器の発見調査】をご息女夫婦の自宅にて執り行ったところ、いわゆる「ステルス盗聴器」と呼ばれるスクランブル式の盗聴器が自宅内の電話機の子機内部に設置されている事が判明。器物損壊罪と住居侵入罪、電波法違反に当たる可能性がある為、即時警察に被害届を出すよう指示しました。

 

上記の状況から、②の調査をすぐに継続して執り行なうべきところなのですが、加害者側も脳みそを持ちモノを考える人間である以上、自宅内に設置した盗聴器がバレたとなると、これまでの動き方から変化を見せる可能性があります。その為現在、あえて一度調査を中断し様子を見るという形を取っています。

幸い、ご息女夫婦のご主人の実家がかなり離れた県の田舎にあるという事なので、ご息女とその息子さんを一時的に避難させて状況の変化を逐一報告頂いた上で、今後の加害者側の出方に対し最も有効な策を取っていくという状態となっています。

 

集団ストーカーは、その加害者の規模も手法も目的も不明瞭な状態から調査を開始しなければならない場合が多く、状況次第ではかなりの長期戦を強いられるケースも存在します。

こちらが一つ対策を施したり一歩前進したりすると、加害者側はさらにやり方を変えたり、あえて一時的に加害行為を止めたりする事も珍しくありません。一種の心理戦をも含んだ長く辛い戦いに終止符を打つために、私たちのような専門家は最後までご依頼者とお付き合いする覚悟でいます。

電源ソケット

体験談-『被害者となった家族に対して』

妻の言い分が本当かどうかわからない

盗聴や盗撮の被害は、なかなか自分で気づくことが難しいため、身近な人物が被害に遭っていると訴えても確証を得ることは難しいです。被害解決へ向けて必要なことは、実態の確認と情報収集です。今回のご依頼者の体験談を通してどのような解決方法が見えてきたのかご紹介していきます。

男性
ご依頼者様: 44才/男性 会社員
ご依頼内容: 盗聴器・盗撮器発見調査
ご依頼理由:

 2ヵ月ほど前から、妻がしきりに『この家は盗聴されている』『私の個人情報が漏れている』と言い出しました。普段私は日中会社に出ていて、自宅には妻が一人なのですが、その時の言動が妻の知り合いママ友たちの間で囁かれているというのです。

 『考えすぎ』『気のせい』と、始めはしっかり取り合わなかったのが悪かったのかもしれません。最近、妻とはほとんど会話がなくなってしまい、しまいには『実家に帰りたい』とまで言い出してきてしまいました。妻はどうしてしまったのでしょう? ストレスや精神疾患などの可能性も考えて話をしてみるのですが聞く耳持たずで、逆にこちらに『あなたが盗聴器を仕掛けた犯人』とまで言ってくる始末です。

 もちろん私はそんな事はしていませんし、私自身はそんな事はないと思っているのですが・・・念のため、妻の意向を汲んで、盗聴器と盗撮器の調査をお願いします。

調査レポート:

 両親や子供などの親族が嫌がらせの被害者となってしまった場合、そのご家族はどのように対応していくべきなのでしょうか? 一番は、被害者となってしまった家族に徹底的に付き添い、自らの手で原因の究明を行っていく事なのでしょう。しかしそれは現実的に難しいところが多々あるでしょうし、何より専門的な知識がないと本当の意味での解決には至りません。嫌がらせの恐ろしい点は『誰が』『どのように』『なぜ』という部分が曖昧としている場合が多く、中途半端な対応を取るとさらに状況が悪化するケースもあるという事です。

 今回のご依頼に際し、まずはご依頼者であるご主人、被害者である奥様、当社調査プランナーの三者面談を執り行い、具体的な被害状況を一から確認しました。『2ヵ月ほど前から、急にママ友たちが妙によそよそしくなった。いつも誘われていたランチにも急に誘われなくなったり、スーパーなどでこちらを見てひそひそ話をする姿を目撃するようになってきた』との事。また盗聴器・盗撮器に関しては、『私が自宅で見ているテレビやパソコンや本の内容を、ママ友たちが仄めかし始めた』という点から起因しているとの事でした。

その上で、ご主人・奥様両方の意見を取りまとめ、予定通り【ご依頼者自宅内の盗聴器・盗撮器発見調査】を実施。一口に盗聴器・盗撮器といっても、その形状・サイズ・手法は様々であるため、あらゆる可能性を考慮しつつ調査を行った結果、『ご依頼者自宅内に盗聴器・盗撮器は設置されていない』との結論に至りました。

 では、被害者である奥様の身に何が起きているのか、嫌がらせ被害は実際に起きているのか。もし起きている場合、どのような手段を用い、誰が何の目的で行っているのか。調査の余地はまだ数多く残っていますが、現在、『嫌がらせ』と『被害妄想』の両面から事態の解決を図りたい、との事から、ご夫婦と当社の間で継続した相談が交わされている状態です。

 嫌がらせ行為、とりわけ被害者にしか分かり得ないような陰湿な手段を用いた行為の場合、被害者に最も精神的ダメージを与える要因の一つに『周囲の人間から理解されない』という事が挙げられます。知人、友人、果ては家族からも自分の主張を全否定され孤立する事は、それだけで被害者の精神を蝕み、うつ病や精神疾患などの二次被害をもたらします。冒頭で述べた通り、家族だけで全ての問題に対処できるわけではありませんが、少なくとも被害者の主張を聞き、理解してあげるよう努める事が大切なのでしょう。その上で、現実として何が起こっているのか、嫌がらせ行為なの否かという点について、私たちは専門家の見地からサポートしていきます。

意外と知られていない盗聴器の種類

盗聴器について

盗聴という言葉を耳にすると一見特殊なもののように感じてしまうものですが、それは既に過去のものです。盗聴器は電気街に行けば誰でも購入することができてしまいますし、ネットの通信販売でも入手可能です。

また、中には入手が困難な代わりに、発見が非常に困難な盗聴器も流通していると言われています。ただそれらは専門知識を持った限られた人間にしか扱えないものです。一般流通しており、主流となっている盗聴器の種類は以下の通りになります。

様々な盗聴器とその手段

盗聴器の基本原理はカラオケなどでよく目にするワイヤレスマイクやラジオとほとんど変わりません。盗聴器は使用している周波数が電波法で規定されていない違法なものである場合が多いのも特徴です。

  • 電源供給式盗聴器
  • 電源コンセントやACアダプタ・三又プラグなどに仕込まれるものです。部屋の物音や声を集音することが目的で使用されることがほとんどです。これらは無線の電波を用いて発信されます。

    電気は設置場所されるため、仕掛けた犯人が盗聴器を回収する必要がなく、半永久的に盗聴を続けることが可能です。また、賃貸住宅などで、前の住人が受けていた盗聴被害を次の住人がそのまま引き継いでしまう危険性もあります。

  • 電池式盗聴器
  • 電池式の盗聴器は定期的に回収や電池交換を必要としますが、身近な物品に仕掛けることが出来るのが特徴です。小型であるため目に付きにくく発見されにくいという、盗聴する側のメリットもあります。例を挙げると、置時計や電卓、小型家電製品や中身が空洞の置物、観葉植物の死角となる部分がなります。

  • コンクリートマイク
  • コンクリートマイクとは、ほかの盗聴器と違って音(振動)を拾いアンプで増幅することで聞こえる仕組みとなっています。音もICレコーダーと接続して録音するのが主流です。本来は壁の向こうの水漏れ音といった建築物の修理を行なう際に用いられますが、壁の向こうの音を聞くことができるという点で、盗聴を目的として悪用されるようになりました。

  • レーザー盗聴
  • レーザー盗聴とは、レーザー光線を標的の家の窓ガラスなどに照射し、反射するレーザーを解析することで会話内容を録音する盗聴の方法です。レーザー光線は可視光線である必要が無く、長距離から盗聴ができるうえに立証も難しいという特徴があります。この技術の源流は旧ソ連の諜報技術であり、実際に諜報活動にも使用されました。

盗撮被害について

リベンジポルノやアダルトサイトに使われる場合も

盗撮された動画は、主にリベンジポルノやアダルトサイトに使われることがあります。リベンジポルノの場合、交際相手がそのような動画を撮影していないかチェックすることである程度予防ができます。とはいえ、巧妙に隠されていれば自力で見つけ出すことは困難です。

アダルトサイトに投稿される盗撮動画は『盗撮された動画』という体で投稿されている、つまり演者やサクラによって故意に作られたものである場合や、工作員を金で雇い、温泉や銭湯といった公共施設に盗撮用のカメラを設置することで撮影した動画が使われるといったケースも存在します。

盗撮を取り締まる法律は?

残念ながら、盗撮自体を取り締まるための法律は現代日本では制定されていません。しかし、各都道府県に定められている迷惑防止条例によって取り締まりされています。迷惑防止条例の詳しい内容は各都道府県によって異なります。東京都の例を下記に挙げます。

  • 何人も、正当な理由なく、人を著しく羞恥させ、又は人に不安を覚えさせるような行為であつて、次に挙げるものをしてはならない。
  • 次のいずれかに掲げる場所又は乗物における人の通常衣服で隠されている下着又は身体を、写真機その他の機器を用いて撮影し、又は撮影する目的で写真機その他の機器を差し向け、若しくは設置すること。
  • イ 住居、便所、浴場、更衣室その他人が通常衣服の全部又は一部を付けない状態でいるような場所
  • ロ 公共の場所、公共の乗物、学校、事務所、タクシーその他不特定又は多数の者が利用し、又は出入りする場所又は乗物(イに該当するものを除く)
  • (東京都迷惑防止条例 盗撮行為の禁止条文 第5条第1項より)

盗聴器発見調査依頼方法

無料出張相談・オンライン相談実施中!

お住まいの場所から相談ルームまでの電車移動が不安、コロナウイルスで面談に不安を感じる方のために、ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では出張相談・オンライン相談を実施しております。初めての探偵依頼に関するお悩みや不安などを、直接相談してみませんか?各エリアの出張相談は、全て予約制で24時間、土日祝日もご予約を受け付けておりますのでお気軽にお申し付けください。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-506-862)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop