探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 身近に起きている盗聴盗撮被害|対策と確認方法
公開日: 2019/11/16 最終更新日: 2019/10/30
探偵ニュース
 公開日: 2019/11/16 最終更新日: 2019/10/30

身近に起きている盗聴盗撮被害|対策と確認方法

盗聴・盗撮に関するページです。各都道府県の迷惑防止条例で盗聴・盗撮の行為の規制が条例の改正に伴い、規制範囲が広くなります。しかし、盗聴・盗撮の問い合わせは年々増加しておりスマートフォンのカメラ・ビデオ機能での盗撮、小型カメラの盗撮、カメラのアプリケーション、インスタグラム、Twitterの投稿を悪用したり、規制の落とし穴を狙ってるケースが後を絶ちません。ここでは盗撮・盗聴に対策などについてまとめてみました。

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、盗聴・盗撮に特化しており解決事例も豊富で、依頼人それぞれのお悩みに沿った解決方法をご提案することで、盗聴・盗撮の解決までスムーズに進めることをお約束します。

盗聴・盗撮被害対策相談窓口

盗聴・盗撮調査について

探偵事務所が行う盗聴・盗撮調査

探偵のイメージとして最初に思い浮かぶのが盗撮・盗聴調査ではないでしょうか。個人情報が厳しく社会で管理されてるにも関わらず、いとも簡単に盗聴器、盗撮器が市販もしくは、インターネット上で販売されています。その盗聴器や盗撮器をどんな目的で使われるのか。リベンジポルノであれば「いやらしい動画」や「声」をその類の業界で売買したり、インターネット上で拡散するリスクが高いです。そんな情報漏洩を防ぐために

  • 一戸建て
  • 集合住宅
  • 企業・店舗
  • 車両
  • つきまといによる盗聴盗撮
など、どんなところに盗聴器や盗撮器が仕込まれているのか、どのように盗撮しているかを確認してみましょう。最近ではコンクリートマイクを利用して電波を発しない巧妙な手口の盗聴など増えつつあるため、分譲マンション・アパートに引っ越しの際は注意が必要です。

盗聴を確認するには

以前と違う変化に気付く

こんな気配があると盗聴器を仕掛けられているかもしれません。

  • 携帯で通話しているとたまにノイズがはいる。
  • 電話料金が突然上がった。
  • 無言電話が増えた。

引っ越したばかりの人や同棲を解消した人も注意が必要です。また、外出した時に誰かが入った気配があったり、部屋につけた覚えのないコンセントタップがある。家に帰った途端変な電話がある。知り合いからぬいぐるみや置き時計をもらった。家で話している内容を他人が知っているなど、こんなことがある場合も注意が必要です。

盗聴器が仕掛けられているかは、部屋のテレビの音がラジオから聞こえてくれば可能性があります。そして、盗聴器が仕掛けられていそうな場所を自分の目で確認する方法がお金もかからず良いですが、気配はあるが発見できないという場合はプロに頼むのが良いと思います。見つかりやすい場所としては、エアコン周辺、コンセント周り、ケータイ電話の盗聴アプリ、置き時計など、電灯カバーの中、プレゼントされたものの中、パソコン、タンスの裏、ゴミ箱な中、使ってないカバン、車の中などがあります。

ラジオと合わせて確認すると発見率も上がると思います。そして盗聴発見器を買うか、スマホの盗聴発見アプリで探す方法もあるのですが、アプリはあまり信用できるものではないようです。思い切って盗聴発見器を買っても良いですが、自分ではなかなか選び方も使い方も難しいので、プロに任せる方が確実でしょう。盗聴盗撮の疑いがあり、自分で発見できなかった場合「盗聴盗撮対策専門窓口」までお気軽にご相談ください。

盗聴を防ぐ対策

盗聴盗撮対策について

盗聴器が見つかる家は、以前空き巣被害にあったことがある家が多いといいますので、防犯対策が必要になります。家の窓に二重の鍵を付ける。玄関の鍵に防止カバーを付ける。家の周辺にゴミを置いたままにしない。ベランダの窓は必ず戸締りするなどです。盗聴器は侵入して取り付けねばいけないため、空き巣対策が必要なのです。

そして、会話を盗み聞きされないように、音楽やテレビを流しておくことも一つの方法です。盗聴器が見つかる場所はコンセントや家電製品の周りが多いため、その周辺で音を流しておくことが必要です。そして、盗聴防止装置という音を出さずに盗聴を防ぐ機器もあります。音を流す対策が難しい場所もあるため、機器の使用を考えても良いかもしれません。

その他、盗聴器が、仕掛けられる場所は寝室の照明器具やパソコン周辺も仕掛けられやすいです。そして気をつけなければいけないのが、恋人や友人、知人といった身近な人間が盗聴器を仕掛けていることが多いということです。その場合、家に招いた時不審な動きをしていないか、見覚えのない小物が増えたり家具の位置が変わってないか確認してください。自分では不安があるという方はプロに任せることをお勧めします。

盗聴盗撮の対策事例
  • 電話や家電製品の周辺の変化に注意する。(コンセント・照明機器など)
  • 車内に盗聴器が取り付けられる可能性が高い場所(ダッシュボード・シートの下・トランクルーム)をチェック!
  • 再度、自宅の防犯対策を確認する。(近隣との距離・侵入経路など)

犯罪になる盗聴行為

誰でも気軽に入手できる盗聴盗撮器

盗聴犯罪なのに盗聴器が堂々と売られていることに疑問を持つかもしれません。しかし、盗聴器を購入しただけでは犯罪になりません。そして、盗聴器を自分の家の車に仕掛けることも罪ではないので、浮気調査で自分の家の車に仕掛けるということもあります。犯罪になる盗聴とは、他人の家に侵入し、設置した場合、住居不法侵入に問われる可能性があります。

そして盗聴で知った情報を第三者に話すと、電波法に基づいて罰せられることがあります。それからストーカー行為を行っていて盗聴している場合、ストーカー規制法で罰せられます。また、盗聴によって得た情報で当事者を脅した場合、恐喝とみなされ罪に問われることがあります。これらのことから考えると、嫌がらせ行為で盗聴盗撮されている場合、住居不法侵入として罪に問われる行為をされているということが言えます。

しかし、盗聴器の取り外しは簡単ではなく、相手が電源を切っている状況では発見が困難です。また、嫌がらせ行為が落ち着いてきてしまうと、毎日のように盗聴盗撮をしなくなり、発見できない可能性も出てきてしまいます。つきまといだけではなく、ネットで拡散された個人情報や盗撮画像などは、あっという間に広がります。オンラインでの盗撮確認が必要な場合、「ネットリサーチ調査」についてお気軽にご相談下さい。

盗聴盗撮解決事例
  • 盗聴器を仕掛ける行為をおさえる。
  • つきまといや盗撮行為の証拠。
  • 情報漏えいの原因に盗聴盗撮が行われた証拠。

盗聴・盗撮対策相談窓口

盗聴・盗撮対策をお考えの方へ

盗聴・盗撮専門対策の相談・調査依頼をお考えの方は、まず無料相談のご利用を強くお勧めします。近年探偵事務所が激増していると言われています。

しかし、それにもかかわらず、「調査の内容が不十分」など調査の品質についての不満や「高額な調査料金を請求された」など、良い探偵になかなか巡り会えないという相談が数多く寄せられています。

盗聴・盗撮発見調査は、一般的な引っ越し業者や不動産業者が行う調査とは少し違い盗聴・盗撮に関する調査経験と解決事例が必要とされますので、どこでも解決できるわけではありません。盗聴盗撮だけではなく、つきまといなどがからんだ被害に対しては専門家の力を借りましょう。

難しい事件を歓迎します。

他社で断られた相談、解決できなかった盗聴・盗撮対策を歓迎します。柔軟な思考と、証拠を発見する力に自信があるからです。ご相談には迅速な対応を心がけていますので、メールまたはお電話ください。きっとお力になれると思います。

まず、現状について相談することから始めましょう。

盗聴・盗撮被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop