ホーム > 盗聴・盗撮発見調査関連記事 > 盗聴・盗撮発見調査解決事例 > スマートフォンの盗聴と個人情報漏洩│注意すべき手口と対策法
公開日: 2023/06/16 最終更新日: 2024/03/29
盗聴・盗撮発見調査解決事例盗聴・盗撮発見調査解決事例
 公開日: 2023/06/16 最終更新日: 2024/03/29

スマートフォンの盗聴と個人情報漏洩│注意すべき手口と対策法

スマホの盗聴被害

現代のスマートフォンは、私たちの生活に欠かせない便利なツールとなりました。

しかし、その便利さと引き換えに、盗聴や個人情報漏洩のリスクも潜んでいます。

この記事では、スマートフォンの盗聴と個人情報漏洩に関する注意すべき手口と、それに対する効果的な対策法について探っていきます。

スマホ利用者である私たち一人一人が、自分のプライバシーを守るために必要な知識を持ち、安全なスマートフォンの活用を心がけることが重要です。

それでは、まずは盗聴や個人情報漏洩の手口について見ていきましょう。

髭を生やしたとハットを被った探偵イラスト

監修者:山内 和也2023年6月16日更新

ストーカーや嫌がらせの調査経験は15年以上。追跡や監視、証拠収集などあらゆる手法を駆使して、クライアントの安全と安心を保証する。どんな困難な状況にあっても、一緒に問題解決に向けて取り組んでいく覚悟に満ち溢れている。

⇒ 監修者ページ

目次│

1- スマートフォンの盗聴について

スマートフォンの盗聴は、近年ますます深刻な脅威となっています。

盗聴者は、様々な手法を駆使して個人の通話内容やプライバシーを侵害することがあります。

以下にいくつかの主な盗聴手口を紹介します。

 

マルウェアによる盗聴

不正なアプリやウイルスに感染したスマートフォンは、マイクやカメラを遠隔操作して盗聴される可能性があります。これにより、盗聴者はあなたの会話や周囲の音をリアルタイムで盗み聞くことができます。

 

不正なWi-Fiネットワーク

公共のWi-Fiネットワークや不正なWi-Fiネットワークに接続すると、盗聴者はあなたの通信データをキャプチャし、個人情報を盗み出すことができます。

 

ソーシャルエンジニアリング

盗聴者は、人間の信頼を悪用して、あなたのスマートフォンに不正なアプリや設定をインストールさせることがあります。例えば、偽のメールやSMSを送信し、個人情報を騙し取ることがあります。

 

これらは一部ですが、スマートフォンの盗聴に関する主な手口です。

1-1 不正アプリやウイルスに感染するリスク

不正アプリやウイルスに感染することは、スマートフォンの盗聴や個人情報漏洩の重要なリスクです。

以下にそのリスクと注意すべき点を説明します。

プライバシーの侵害: 不正アプリやウイルスは、あなたのプライバシーを侵害する可能性があります。感染したスマートフォンでは、マイクやカメラが遠隔操作され、盗聴される恐れがあります。また、アプリやウイルスはあなたの個人情報や通信履歴を収集し、第三者に漏洩する可能性があります。

 

フィッシング詐欺への誘導: 不正アプリやウイルスは、あなたの個人情報を盗むためにフィッシング詐欺に利用されることもあります。例えば、銀行アプリの偽装をしたアプリがインストールされ、ユーザー名やパスワードなどの重要な情報が盗まれる可能性があります。

 

悪意のある操作や制御: 不正アプリやウイルスは、スマートフォンを乗っ取り、あなたのデバイスを制御する可能性があります。これにより、盗聴者はあなたの通話やメッセージを傍受し、重要な情報を入手することができます。

 

通信料金の増加: スマートフォンにアプリをインストールする際は、信頼性のある公式ストアからのみダウンロードするようにしましょう。サードパーティーのサイトや不明なソースからのアプリは、リスクが高まります。

 

これらのリスクを最小限に抑えるためには、以下の注意点に留意する必要があります。

 

オフィシャルストアからのみアプリをダウンロード: 不正アプリやウイルスは、あなたのスマートフォンから無断で通信を行うことがあります。これにより、通信料金が急増する可能性があります。また、大量の広告や迷惑な通知を表示することで、使用体験を悪化させることもあります。

 

セキュリティソフトの利用: 信頼性の高いセキュリティソフトをスマートフォンにインストールし、定期的にスキャンや更新を行いましょう。これにより、不正アプリやウイルスの検出や削除が容易になります。

 

定期的なソフトウェアのアップデート: スマートフォンのオペレーティングシステムやアプリのアップデートは重要です。これにより、既知の脆弱性が修正され、セキュリティが強化されます。

 

以上の対策を講じることで、不正アプリやウイルスに感染するリスクを最小限に抑え、スマートフォンの安全性を確保することができます。

1-2 マイクやカメラの遠隔操作による盗聴

マイクやカメラの遠隔操作による盗聴は、スマートフォンのセキュリティ上の重要な問題です。

以下に、この手口に対する注意点と対策法を紹介します。

注意点

不正アプリのインストールを避ける:スマートフォンには信頼性のある公式ストアからのみアプリをインストールしましょう。不明なソースからのアプリのインストールは、マルウェアや盗聴アプリのリスクを高めます。

 

アプリのパーミッションを確認する:アプリのインストール時に要求されるパーミッション(権限)に注意しましょう。不正なアプリはマイクやカメラへのアクセス権限を要求する場合があります。

 

異常な動作やバッテリーの消耗に注意する:スマートフォンが予想外の動作をしたり、バッテリーの消耗が異常に早くなったりする場合は、マイクやカメラが不正に利用されている可能性があるため、注意が必要です。

 
対策法

マイクやカメラの物理的なカバー:スマートフォンには、マイクやカメラを物理的にカバーするスライドカバーやステッカーを利用することができます。これにより、盗聴者が遠隔操作できないようになります。

 

プライバシー保護用のアプリ:マイクやカメラの利用を制御するためのプライバシー保護アプリを利用することも効果的です。これらのアプリは、アクセス制御や監視機能を提供し、不正なアクセスから保護してくれます。

 

セキュリティソフトの活用:スマートフォンには信頼性の高いセキュリティソフトをインストールし、マルウェアや不正アプリの検出と削除を行いましょう。これにより、マイクやカメラの遠隔操作による盗聴を防ぐことができます。

 

これらの対策を組み合わせることで、マイクやカメラの遠隔操作による盗聴からスマートフォンを保護することができます。

1-3 公共Wi-Fiネットワークのリスク

公共のネットワーク

公共Wi-Fiネットワークの利用は便利ですが、同時に個人情報漏洩やセキュリティのリスクを伴います。

以下に公共Wi-Fiネットワークのリスクと注意すべき点を説明します。

パケット傍受:公共Wi-Fiネットワークでは、他の利用者と同じネットワーク上に接続されます。このため、不正な利用者や盗聴者は、データパケットを傍受し、通信内容や個人情報を盗み取る可能性があります。

 

偽のネットワーク:盗聴者は、公共の場所に偽のWi-Fiネットワークを設置することがあります。利用者がその偽のネットワークに接続すると、通信データが盗まれる可能性があります。

 

不正なアクセスポイント:公共Wi-Fiネットワークでは、信頼できないアクセスポイントに接続することがあります。不正なアクセスポイントは、ユーザー名やパスワードなどの個人情報を収集し、悪用する可能性があります。

 

マンインザミドル攻撃:盗聴者は、公共Wi-Fiネットワーク上で通信を傍受し、改ざんすることができます。このような攻撃により、ウェブサイトへのアクセスや送信されたデータが改竄され、個人情報が漏洩する可能性があります。

 

これらのリスクを軽減するためには、以下の注意点に留意する必要があります。

1-4 人間の信頼を悪用した攻撃手法

人間の信頼を悪用した攻撃手法は、ソーシャルエンジニアリングとして知られています。

以下に、この手法による攻撃と注意点を説明します。

フィッシング詐欺:フィッシング詐欺は、メール、SMS、ソーシャルメディアなどを通じて、信頼性のある組織や個人のふりをして個人情報を騙し取る手法です。偽のウェブサイトやログインページを作成し、ユーザー名やパスワード、クレジットカード情報などを入力させることで情報を盗みます。

 

ソーシャルエンジニアリング電話:盗聴者は、電話をかけて身分を偽り、機密情報やパスワードを入手しようとします。社会的な工夫や説得力を用い、対象者を騙すことで情報を得ることができます。

 

ソーシャルメディアを利用した攻撃:盗聴者は、ソーシャルメディアのプロフィールや投稿などから情報を収集し、その情報を利用して対象者を騙すことがあります。友人や同僚を装って個人情報を要求するなどの手法があります。

 

これらの攻撃手法に対する対策法は次の通りです。

個人情報の慎重な共有

個人情報を要求された場合は、対象者を正確に確認し、情報を提供する前に二重確認を行いましょう。重要な情報は直接のコミュニケーションチャネルを利用することが重要です。

 
セキュリティ意識の向上

ソーシャルエンジニアリングの手法や最新の詐欺手法について常に学び、セキュリティ意識を高めましょう。定期的な教育やトレーニングは重要です。

 
安全な通信手段の利用

機密情報や重要なアカウントへのアクセスは、セキュリティが確保された通信手段を使用することが重要です。HTTPSで始まる暗号化された接続やVPNを利用するなどの対策を取りましょう。

 

これらの対策を実践することで、ソーシャルエンジニアリング攻撃から個人情報を守ることができます。

2- “即・違法”とはならない理由

スマホを持っている人が知らない間に、勝手に位置情報を自動送信したり、会話の録音や盗聴・盗撮をしたりするスパイアプリ自体は、「即違法」とはなりません。

しかしながら、アプリのインストールはスマホの所有者にしか許されていません。

勝手にインストールした、個人情報を抜き取っている場合は、「不正アクセス禁止法違反」などに問われる可能性があります。

加えて、スパイアプリの中にはインストールされたとしても、アイコンを消す機能が備わったものもあり、アプリがインストールされたことにすら気づくことができないというケースも少なくありません。

何らかの方法でスパイアプリがインストールされてしまうと盗撮・盗聴・監視といった事態を招きます。

いまや個人の“分身”である側面も

スマホには多くの個人情報が保存されています。

一個人にとっては「脳の一部」であり、「財布」でもあります。手帳、辞書の機能もスマホに頼っている人も多いことから、もはやスマホ所有者の“分身”といっても過言ではないでしょう。

よって、悪意のあるサイバー犯罪者にとっては格好のターゲットとなります。そのためスパイアプリは「ストーカーウェア」とも呼ばれることもあります。

3- ネズミ算的に拡散するウイルス

ネズミ算的に拡散するウイルスは、一般的にはワーム(worm)と呼ばれるタイプのマルウェアを指します。

ワームは、感染したコンピュータから自己複製し、ネットワーク上で迅速に広がる能力を持っています。

以下に、ネズミ算的なウイルスの特徴と対策について説明します。

特徴

自己複製:ネズミ算的なウイルスは、感染したコンピュータから自動的に他のコンピュータに感染する能力を持っています。一度感染すると、ウイルスは自己複製し、感染したファイルやネットワークを通じて広がります。

 

ネットワークの活用:ワームは、ネットワーク上の脆弱性やセキュリティの弱点を悪用して感染します。感染したコンピュータから他のコンピュータにアクセスし、感染を広げるためにネットワークを利用します。

 

ネズミ算的なウイルスの拡散を防ぐためには、セキュリティ対策の組み合わせとユーザーのセキュリティ意識の強化が重要です。

4- 盗聴・個人情報漏洩のリスク対策のまとめ

以下は、スマートフォンの盗聴や個人情報漏洩のリスクに対する対策の要点のまとめです。

 

セキュリティアプリの利用

信頼性の高いセキュリティアプリをスマートフォンにインストールし、マルウェアや不正アプリの検出・削除を行います。

 

公共Wi-Fiの回避

公共Wi-Fiネットワークの使用を避け、代わりにセキュリティが確保されたネットワークやVPNを利用します。

 

ソフトウェアのアップデート

スマートフォンのオペレーティングシステムとアプリの定期的なアップデートを行い、セキュリティパッチを適用します。

 

マイクやカメラへのアクセス制御

物理的なカバーやプライバシー保護アプリを利用して、マイクやカメラの不正な利用を防ぎます。

 

ソーシャルエンジニアリングへの警戒

フィッシング詐欺や不審な電話に注意し、個人情報やパスワードを提供しないようにします。

 

データの暗号化とバックアップ

データの暗号化を行い、重要な情報を保護します。また、定期的なバックアップを行い、データの損失を防ぎます。

 

これらの対策を実施することで、スマートフォンの盗聴や個人情報漏洩のリスクを最小限に抑え、セキュリティを強化することができます。

5- スマートフォンの盗聴盗聴相談・調査依頼方法

もし、スパイアプリがインストールされていることが確認されたら、当事務所などの探偵社に相談しましょう。

そのアプリがどのような経路で入れ込まれたのかなど、攻撃者の手がかりを知ることができるでしょう。

当事務所の「情報漏えい調査のアドバイザー」が、スパイアプリをアンインストールし、こういったことを二度と繰り返さないように対策します。

被害の状況や、加害者を特定した上で、警察にも被害届を提出し、「プライバシー侵害」「不正指令電磁的記録供用罪」「不正アクセス禁止法違反」に問うことも可能となります。

このようなスマホを使ったトラブルに巻き込まれた時は、盗聴・盗撮の証拠収集の専門家であるストーカー・嫌がらせ対策専門窓口にご相談ください。

流れ
無料相談

まず、現状について相談することから始めましょう。

スマートフォンの盗聴盗聴相談フォーム

スマートフォンの盗聴盗聴の内容、スマートフォンの盗聴盗聴に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    個人情報の取り扱い

    ファミリー調査事務所(以下、弊社)は、個人情報の重要性を認識し、それらの保護に関する法令などを遵守する為、プライバシーポリシーを制定して個人情報の保護を業務に従事する全ての者に対し徹底しております。

    • ○お問合せ頂いた内容に的確に対応する目的
    • ○個別説明会への対応
    • ○その他、上記に附随する目的

    ご記載いただいた情報は、当社の個人情報保護方針に従い適正に管理しています。

    個人情報の相談等については、お問い合わせ窓口までお申し出ください。

    ×

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい
    個人情報の取り扱い
    →個人情報取り扱いについて


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop
    メール相談 LINE相談 電話相談