探偵ニュース

Detective News

公開日: 2019/05/26
探偵ニュース
 公開日: 2019/05/26

電磁波被害で悩まされている方へ【シェルター・一時避難・被害対策】

電磁波過敏症が治るということはおそらくないと思いますが、電磁波過敏症の症状がでることで様々な症状に悩まされることになります。自分の体の変化や原因の特定をお考えの方は、最初に電磁波過敏症の症状を軽減することをおすすめします。一時、環境を変えて冷静になることで見えてくるものがあり、電磁波に耐え限界の手前で相談や対策をしても短期的な対策しかできないのでおすすめしません。

電磁波で悩まされている方へ

なぜ電磁波過敏症になるのか?

故意的に起こすアレルギー症状

電磁波被害者の共通してる点は「電磁波過敏症」にされてるということ。電磁波を遠隔で被害者を照射する機材があり、どこにいっても電磁波を照射される事例は多く報告が挙がっています。

本来なら電磁波は人の体を通り抜けるはずなのに、集団ストーカー、テクノロジー犯罪の被害者に関しては、電磁波を体内に蓄電させられていると海外の被害者のブログに添付された画像が話題になっていますが情報操作も考えられます。

近年では電磁波軽減対策の住宅があるほど、電磁波の影響で体調を崩してる人が多いのもネット社会が生んだ副産物だと言えます。

最近よく耳にするエレハラ

このような嫌がらせを一般に「エレクトロニックハラスメント」と呼ばれています。日本では馴染みがないエレクトロニックハラスメントは海外では問題視されてるハラスメントの種類で、アメリカでは電磁波などの異常な照射を州法のなかで禁止しています。

日本の場合、総務省が電波に関する管轄を行ってますがエレクトロニックハラスメントの対策は皆無に等しく放置したままの状態で、電波の規制を望む声がでています。職場の嫌がらせパワハラやモラハラのなかにエレハラが隠れているかもしれませんので、その点も頭に入れおくと良いでしょう。

一度電磁波から離れてみる

体の負担を考える

電磁波のさまざまな影響がわかったところで、まず一番大事なのはあなたや大切な家族のからだです。加害行為による電磁波と向き合う前に、「分析」「放電」が必要です。携帯電話が普及し中継基地局が全国に広がり、電化製品や消費電力が増えている時代に、完璧に電磁波対策するのは不可能に近いといえます。まずは、体に起きている原因を追究し、からだに溜まってしまっている電気を放電することから始めましょう。

アーシングで防御策

このページを見て頂いているみなさんが1番気になるのは電磁波の防御対策かと思います。電磁波の対策は人それぞれで効果が被害者の体質や被害状況によって違いがありますが、これは効果があったというアーシングはありますので、ご相談ください。防御対策では解決には至らないとの意見もありますが、「加害行為をやめさせる」ために、まずは「自分を守る」ことで解決に向けた行動をおこせるのです。

一時避難で分析をする

嫌がらせ対策室では、「電磁波の影響」を軽減する「シェルター」を用意しています。まずは、からだに溜まってしまっている電気を放電しながら、電磁波の影響を分析するために一時避難として利用することができます。電磁波対策は自宅で行う調査もありますが、電磁波過敏症のひどい方は「自分の体を守る」ことを優先とした調査をおすすめします。

※シェルターについては現在、サービス提供エリアは関東のみで、場所は「非公開」とさせて頂いております。

電磁波の数値を把握すること

現状を把握すること

電磁波での身体被害を立証することは今の警察や法律では難しく諦めてる被害者の方もいます。しかし、電磁波の異常に照射してるということは異常電波として数値が分かれば、物的証拠となり迷惑行為で立証できます。まずは、予算があれば電波法測定器を設置して自分なりに調べて、磁界を数値を確認すること。本格的な調査で、電磁波が照射されてる方角を把握し犯人を特定することを行います。

電磁波で攻撃するということは、「被害者を病気にさせること」、もしくは「精神疾患にさせて孤立させる」目的で、全て加害者側の都合で行います。そんな加害者に負けないために、私たちもお手伝い致しますので、被害の現状に絶望することなく前向きにいてほしいと願うばかりです。

解決手段をどう選択するか

この状況をどうしたいか?

様々な試行錯誤の中から、やはり具体的な手段をとらなければ・・・と考えた時には、あなたが今の状況をどのように解決したいのかという明確な目的が調査には必要になってきます。その上で、具体的な手段を考えることになります。でも、なかなか頭の中でまとまらなかったりしますので、メモのような形で文章化して少しずつ整理していきましょう。

なんらかの行動を起こす前に、まずは冷静になって、状況を的確に把握することが大切です。そのためには、具体的に何をすればいいのかを、専門相談員と一緒に考えてみましょう。

電磁波対策調査料金

電磁波調査料金のご説明

電磁波の測定料金で必ず確認すべき項目をご説明します。まずは、「目先の料金」に惑わされないことです。電磁波測定に関して一番重要なのが、「測定した時間帯に何も起こらなくて調査が終わってしまった」となるケースを避けなくてはなりません。たった1時間前後測定して「何もなかった」で何万円も負担することはあってはならないことです。

ストーカー・嫌がらせ専門窓口では、朝から深夜までの測定で料金の変動は一切ありません。加害者がいつくるかわからない恐怖に打ち勝つために、異常な電波を確認するまで室内から室外まで徹底的に測定調査を行います。

電磁波調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

『急を要する相談は』
LINEまたはお電話でご相談ください!

LINE ID: @fam-tantei

友だち追加

お電話でのご相談は
月曜日〜日曜日(24時間対応)

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop