電磁波測定調査解決事例

Electromagnetic-Waves case

ホーム > 電磁波測定調査関連記事 > 電磁波測定調査解決事例 > 電磁波被害で悩まされている方へ「シェルター・一時避難」
公開日: 2019/05/26 最終更新日: 2021/04/13
電磁波測定調査関連記事 - 電磁波測定調査解決事例
 公開日: 2019/05/26 最終更新日: 2021/04/13

電磁波被害で悩まされている方へ「シェルター・一時避難」

電磁波過敏症の症状が悪化して、今いる居場所が厳しい時は「一時避難」も選択肢にいれてみてください。避難して体調を整えてから電磁波と向き合っても遅くはありません。環境を変えて冷静になることで見えてくるものがあり、電磁波に耐えることができなくなったら「逃げる」選択肢も必要です。

目次│電磁波シェルター・一時避難相談

電磁波被害3つの苦難

親身になってくれる人は少ない

  • 家族はまともに受け止めてくれない
  • 電磁波攻撃が原因で電磁波過敏症の諸症状が出たことを家族に話しても、「気のせいじゃないの?」「考えすぎ」などと言われ、軽く受け流されるケースがほとんどのようです。友人に相談しても信じてもらえず、わかってもらいたいと思うがあまりしつこく説明しようとしたり、被害を訴えたりしようとすると精神疾患を疑われることも起こり得ます。

    多くの人にとって「電磁波攻撃」という嫌がらせは非現実的なので、理解してもらうのは難しいと思ったほうがいいかもしれません。現実を理解してもらうには、異常な数値を示す電磁波の測定値をはじめ、被害を証明する証拠が必要になってきます。

  • 警察に相談しても追い返された
  • 警察に届けを出そうと思っても、証拠がなければ動いてくれません。電磁波攻撃を受けても目立つ外傷はほとんどないだけでなく、そもそも「電磁波攻撃とは何か」「被害妄想ではないのか」を説明しなければならないことなどが協力を得づらい状況に拍車をかけています。

    被害を証明できないまま、何度も通報したり相談に行ったりすると、「オオカミ少年」(うそをつくこども)扱いされ、本当に困ったときに動いてくれない恐れがあります。

  • 立証できる証拠がない
  • 家族や友人、警察に相手にしてもらえない状況が続くと孤立が深まり、不安とストレスだけが溜まっていきます。ときおり自力で証拠を集めようとする方がおられますが、専門的な知識や経験のない方が電磁波の放出量を1人で測定し、集団ストーカーがどこから電磁波攻撃を仕掛けているのか、発生源を特定するのはほとんど不可能と言ってもいいでしょう。

    証拠収集を試みてもうまくいかず、泣き寝入りする方も少なくないようです。

このように、「理解者が少ない」「警察が動きづらい」「被害を証明できない」の3つが電磁波攻撃の被害者を苦しめている理由です。電磁波攻撃の被害を証明し、証拠を入手したい方は、私ども「対策専門窓口」にお任せください。ご依頼をいただければ電磁波測定士(一般社団法人日本電磁波協会認定)の資格を持つ調査員を派遣し、電磁波放出量の測定および違法な照射等があった場合の問題のお手伝いをいたします。

現在の環境を変えてみる

第一に身体の負担を考えましょう!

電磁波のさまざまな影響がわかったところで、まず一番大事なのはあなたや大切な家族の身体です。加害行為による電磁波と向き合う前に、「体調を整える」ことが必要になります。携帯電話が普及し、中継基地局が全国に広がり、電化製品や消費電力が増えている時代に、完璧に電磁波対策するのは不可能に近いといえます。まずは、体に起きている原因を追究し、からだに溜まってしまっている電気を放電することから始めましょう。

一時的に避難して対策する

嫌がらせ対策室では、「電磁波の影響」を軽減する「シェルター」をご用意しています。まずは、身体に溜まっている電気を放電しながら、電磁波の影響を分析するために一時避難として利用することができます。電磁波対策は自宅で行なう調査もありますが、電磁波過敏症のひどい方は「自分の体を守る」ことを優先とした調査をおすすめします。

※シェルターのサービス提供エリアは「非公開」とさせて頂いております。

電磁波測定で数値を確認すること

被害把握と証明が重要

警察に被害届を出すには、電磁波を使った嫌がらせ(電磁波攻撃)を受けていることを立証し、そのうえで健康を損ねた、あるいは身体的・精神的被害を被ったなどの証拠を明示する必要があります。しかし、現行法では「電磁波攻撃の立証」はきわめて難しいため、警察に頼ることさえあきらめている方もおられるようです。

ターゲットが被害届の提出をあきらめ、泣き寝入りしていると知ったらストーカー集団はますます調子に乗り、嫌がらせをエスカレートしてくるかもしれません。警察に頼ることができないときこそ、私ども「ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口」にご相談ください。電磁波の放出量を測定し、異常が認められればその原因を探ります。

原因不明では終わらせないサポート

体調不良や電磁波過敏症の諸症状が違法な照射によるものとわかれば、さらに踏み込んで誰が電磁波を違法照射していたのかを突き止めます。異常照射された電磁波の検出量と嫌がらせをしていた集団ストーカーを特定できれば、彼らの迷惑行為を立証できます。私ども「対策専門窓口」の調査員は電磁波測定士(一般社団法人日本電磁波協会認定)の資格を保有しています。

ご依頼をいただければ、違法な電磁波が照射されているのかどうかを調べに参ります。ご連絡をくだされば調査方法や調査プロセスなどをご説明するので、お気軽にお問い合わせください。

解決手段をどう選択するか

先述したように、泣き寝入りをしたところで電磁波攻撃が止むわけではありません。根本的な解決は、集団ストーカーの正体を突き止め、嫌がらせ(電磁波攻撃)をやめさせることです。

そのために証拠の入手は不可欠ですが、ご相談もしくはご依頼をいただく際は、警察に被害届を出して嫌がらせをやめさせることが最終目標なのか、それとも、電磁波攻撃による体調不良や不眠など、身体的・肉体的な被害と苦痛を被ったとして損害賠償を請求することを最終目標にするのかまで考えていただきたいと思います。どのような解決方法を望むかによって、調査方法やプランも変わってきます。

真実を知らなければ何も変わらない

電磁波調査料金について

電磁波測定調査料金のご説明

探偵各社が提示している電磁波の測定料金を見るときに必ず確認していただきたい項目をご説明します。探偵社によっては「1時間いくら」で電磁波測定を請け負うところもありますが、気をつけなければならないのが、「予約した時間内に何も起こらない」ケースです。

何も起きなくても、利用者は1時間あたり「いくら」という料金を支払わなければならないので、電磁波攻撃の有無を調べるには改めて予約を入れる必要があります。何度も調査をし、そのたびに「何も起こらない」の繰り返しでは調査料金が膨れ上がるばかりです。探偵をご利用される方は早期発見、早期解決をお望みでしょうから、そのような事態は避けなくてはなりません。

集団ストーカーが「いつ」電磁波攻撃を仕掛けてくるかは調べてみないとわからないので、私ども「ストーカー・嫌がらせ専門窓口」では、朝から深夜まで現場(室内および屋外)に張りつき、電磁波の発生量を測定します。その際、料金の変動はありません。電磁波攻撃の有無を確認できるまで、電磁波測定士の資格を持った調査員が徹底的に測定調査をいたします。

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かかることはありません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

電磁波調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1お問合せご相談

    まずは面談のご予約をお取りください。年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフと面談していただきます。ご相談に関連する資料やメモなどの記録をお持ちでしたら面談時にご持参ください。探偵には守秘義務があります。お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありません。安心してご相談ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    ご相談の結果、アドバイスのみではなく、調査のご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて「委任契約書」を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、ご依頼者と受任者が同一内容の書類を1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    調査の後、訴訟をお考えの場合は裁判にも有効な報告書をご提供いたします。相手の顔がはっきりと映っているなど、訴訟の証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートにも配慮し、精神的被害を受けた心のケアが必要なケースではカウンセラーを紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop