探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 電磁波の種類や影響について「電磁波測定サポート」
公開日: 2022/03/02 最終更新日: 2023/05/29
探偵ニュース
 公開日: 2022/03/02 最終更新日: 2023/05/29

電磁波の種類や影響について「電磁波測定サポート」

電磁波について詳しく解説します!

電磁波とは、電磁場の振動が物質中を伝搬する現象で、電気と磁気の両方の性質をもつ波とされています。

電磁波はさまざまなものから発生していて、電気の流れているところでは必ず電磁波が存在します。

この記事では、電磁波に関する知識を公開しておりますので、「電磁波の影響」をご心配の方は参考にしてください。

※調査の性質上、未成年者及び現在心神耗弱状態の方は、「保護者の同意」および「親族の立ち合い」をお願いすることもあります。

丸メガネに髭を生やしたハット姿の探偵

執筆者:藤井2023年5月29日更新

ストーカー・嫌がらせ調査歴5年。オンラインに関する嫌がらせ対策を専門とする。電子端末のデータを解析する「フォレンジック調査」では社内で右に出るものはいないと言われるために日々奔走中。

⇒ 監修者ページ

電磁波について│目次

1- 電磁波の種類

電磁波のイメージ

さまざまな電磁波の中で問題視されているのは、マイクロ波や低周波の電磁波です。

これはテレビ、電子レンジ、蛍光灯、パソコンなどの電気製品から発生していて、人間の健康を害すといわれています。

電磁波の大きさを表す単位は周波数(Hz)です。

低周波のものから高周波のものまで

電磁波の種類には、波長の長さにより大きく分けて放射線・光・電波と3つあります。

光は、波長域によって赤外線・可視光線・紫外線に分けられています。

また、放射線は波長によりエックス線・ガンマ線に分けられます。

電離放射線(電離させることができる電磁波)
  • ガンマ線(300EHz〜30ZHz):非破壊検査などに利用
  • X線(300PHz〜300EHz):レントゲン、空港などでの荷物チェックなどに利用
  • 紫外線(の一部:(3PHz〜30PHz):日焼け、殺菌処理などに利用
非電離放射線(電離させることができない電磁波)
  • 紫外線(の一部:(3PHz〜30PHz):日焼け、殺菌処理などに利用
  • 可視光線(400~800THz)
  • 赤外線(3THz〜30THz):ヒーター、サーモグラフィ、赤外線リモコンなどに利用
  • マイクロ波1:サブミリ波(テラヘルツ波/0.3~3THz):非破壊検査などに利用
  • マイクロ波2:ミリ波(30GHz~0.3THz):アマチュア通信、レーダーなどに利用
  • マイクロ波3:センチメートル波(3~30GHz):衛星放送、無線LANなどに利用
  • マイクロ波4:極超短波(0.3~3GHz):地上デジタル放送、携帯電話、警察無線などに利用
  • 超短波(30MHz~0.3GHz):FMラジオ、地上アナログ放送などに利用
  • 短波(3~30MHz):短波ラジオ、トランシーバー、ラジコンなどに利用
  • 中波(300kHz~3MHz):AMラジオ放送などに利用
  • 長波(30~300kHz):電波時計、長波ラジオ放送などに利用
  • 超長波(3~30kHz):標準電波、対潜水艦通信などに利用
  • 超低周波(1Hz~300Hz):筋力トレーニング、リハビリ、ペインクリニックなどに利用
  • 静電磁界(0Hz/強さの変化がない電磁界):MRIなどに利用

2- 電磁波被害の種類

人体に悪影響を及ぼす電磁波は、主に超低周波と周波数が短波~サブミリ波までの電波(高周波)です。

超低周波および高周波を照射すると、筋や神経への影響によってそれぞれ下記の症状が現れます。

超低周波による症状

  • 痺れ
  • 凝り
  • 動悸
  • 頭痛
  • 不眠
  • 幻覚
  • だるさ
  • 吐き気
  • など

    高周波による症状

  • 痺れ
  • 頭痛
  • 動悸
  • 頭痛
  • 不眠
  • 耳鳴り
  • 鬱状態
  • 目・耳の痛み
  • など

    ふだん私たちが使っている電気製品から出ている電磁波は高周波なので、対策用のグッズも市販されています。

    また、電磁波過敏症の方は家電製品から出る電磁波でもアレルギー症状を起こすことがあるので、しっかりと電磁波対策したほうがいいでしょう。

    他にも、アーシング(※1)も効果的と言われています。

    ※1:アーシング:洗濯機や冷蔵庫、電子レンジなどの家電製品に附属しているアース線をつなぐと、静電気が帯電することなく逃げていくように、裸足になって土に直に触れると体内に溜まった電磁波や静電気を逃がすリフレッシュ療法の1つ。

    簡単にできることから始めてみてください

    電磁波過敏症の方は、スマートフォンや携帯電話を使い終えたら、できるだけ身体から離したほうがいいでしょう。

    また、部屋に置いてある電気製品の位置を見直してみるのもいいかもしれません。

    その他には、使わない電気製品のコンセントを抜くようにしてください。

    3- 低周波の影響について

    送電塔

    送電線や家電製品などから発生するのは磁界低周波です。

    送電線は強い電磁波が出ていると思われがちですが、実際は最大値で200μT(マイクロテスラ)以下となっています。

    これは、経済産業省の「電気設備に関する技術基準を定める省令」の第27条の2で、人の往来が少ない場所を除いては、送電線などの電気設備の磁界強度の数値は200μT以下になるように定められているからです。

    電磁波は地球上のどこにも存在しますが、第三次エネルギー革命以前は、地球上の電磁波バランスは均衡を保っていました。

    しかし電気がエネルギー資源として台頭する現代では、家電やコンピューターが爆発的に普及し、電磁波が人体にもたらす危険性について言及されるようになりました。

    例えば、超低周波磁界と無線周波電界で発がん性が指摘されています。

    また、きわめて強い低周波電磁波を浴びると刺激作用が働きます。

    これは、超低周波磁界における長期ばく露により、健康への影響があるといわれています。

    以前から健康被害の直接の関係は認められていないものの、関連は否定できないとされているため対策が必要です。

    電磁波の発生源から距離をとることが最もと手軽な対策となります。

    高圧電線 5m以上
    テレビ 70cm以上
    加湿器 60cm以上
    電気カーペット 90cm~2m

    どうしても近くで使用しなければいけない電気製品は使用時間を減らす努力が必要です。

    デジタルデトックスを試みるのも良いでしょう。

    もしも電磁波測定だけで解決する問題ではないという方は専門機関に一度ご相談ください

    4- 電磁波の影響で健康被害も

    電磁波被害者の特徴

    昨今、日本中の住空間において電線に囲まれていない地域はないといっても過言ではないでしょう。

    私たちが生活するさまざまな環境は、あらゆる電磁波に囲まれているとも言えます。

    身近な電磁波

    電磁調理器、エアコン、洗濯機、電子レンジ、パソコンなどの生活家電は低周波電磁波を発しています。

    低周波であっても長時間浴び続けると電磁波過敏症やVDT症候群(ヴィジュアル・ディスプレイ・ターミナルの略)、慢性疲労症候群になる人もなかにはいます。

    外からの電磁波

    4G・5G等のスマートフォンやパソコンなどがネットワーク通信をする際、WiFi等ネット環境で外部と送受信を行います。

    その結果、住居間に設置された鉄塔や高圧送電線や携帯電話の中継基地などから、電磁波が生活環境へ作用するようになりました。

    24時間365日、就寝中など人間が活動していないあらゆる時間においても知らず知らずのうちに電磁波は私たちの身体へ影響を及ぼしています

    今挙げた例は、生活に直接干渉する電磁波の説明になります。

    電磁波が身体に与える影響がどのようなものかを見ていきましょう。

    電磁波の影響があるという人の共通意見
    • 頭痛や後頭部が重い
    • 不眠症に悩まされている
    • 息苦しくなり窒息感が続く
    • 体がよく疲れるようになった
    • 集中力の欠如で考えがまとまらない
    • 免疫機能の低下でアレルギー状態が続く
    • 皮膚のざわつき、皮膚にあたる感覚がある
    • ある時期から耳鳴りがするようになった(特定の部屋に入ると強くなるなど)

    電磁波過敏症はストレスが蓄積されて起こると言われており、電磁波に敏感になると神経が高ぶった状態で生活を送らなければならないと言われています。

    体の不調の原因が精神的なストレスか電磁波によるものかはっきりさせるために、電磁波を正確に測定する必要があります。

    5- 恐ろしい病気を引き起こすことも

    注意マークを持つ白衣を着た女性

    スウェーデンの研究所が「2mG(ミリガウス)以上の磁場で小児白血病が2.1倍、小児脳腫瘍1.5倍」とする研究結果を発表し、低い数値の電磁波でも小児ガンの発生率が非常に高くなる恐れがあると指摘されました。

    さらに、遺伝子損傷や内臓疾患を発症する可能性があるとされています。

    避けては通れない“現代病”

    “家電大国”とも呼ばれる日本において、電気の使用量はこの50年で10倍に増えています。

    加えて、40年前に比べて家庭の分電盤の回路数・コンセント数・照明数は約3倍、屋内配線の量は約6倍です。

    例えば、電磁波測定器で日本の住宅の屋内配線の通っている電磁波対策がされていない壁面や床面を測定すると、電場は100~300V/m(ボルトパーメーター)を示します。

    これは、世界基準で最も厳しく定められているスウェーデンでの基準(25V/m以下)の4倍以上です。

    これ以上の数値の電磁波を受け続けると、自律神経や皮膚に悪影響を及ぼします。

    その結果、ひどい疲れ・倦怠感・記憶の減退などが起こり、電気的生体反応サイクルに陥って血流も悪くなり、さまざまな疾病を引き起こすことにもなりかねません。

    このように、原因不明の病気や体調不良は、電磁波の影響の可能性も考慮したうえで対策を考える必要があります。

    6- 安全基準を知って正しく恐れる

    電磁波とは、電圧がかかっているものの周波が高くなると、電気が流れているものに波として伝わり、次々に波を生むものです。

    電磁波は、身近な電気製品から発生していますが、といえるのでしょう。

    電磁波先進国のスウェーデンでは、電場は25V/m以下、磁場は2.5mG以下という安全基準があり、当対策窓口でも採用しています。

    電磁波による被害者は、何年も電磁波過敏症で悩み、まともに日常生活を送れない方もいます。

    もし生活に支障が出ても、専門機関に対策を依頼すれば解決できる問題なので、気になった方は無料相談から始めることをお勧めします。

    電磁波被害の初期症状

    電磁波を浴びると体が痺れたり、ピリピリしたりと明らかに普段と違う感覚があるので分かると思います。

    電磁波の数値を知ることで、正確な対策によって被害の解消が可能なので、まず測定するのがおすすめです。

    7- 電磁波測定サポート

    電磁波コンシェルジュの設置

    コンシェルジュは皆さんの理解者となるべく立ち上げました。

    電磁波の症状に苦しむご相談者やご依頼者と接してわかったことは、ネットの情報を鵜呑みにしてしまい、被害と関係のない状況でも「電磁波攻撃」と間違った対応をとることもあります。

    そのような状況では、「第三者の状況把握」と「電磁波に関する正しい知識」が重要です。

    また、電磁波の影響は個々に違うため、症状が悪化したときは医療機関を受診することをお勧めします。

    まず、電磁波について知ることから始めましょう。

    電磁波相談フォーム

    電磁波について詳しくお聞きしたい方の専用相談フォームになります。

      個人情報の取り扱い

      ファミリー調査事務所(以下、弊社)は、個人情報の重要性を認識し、それらの保護に関する法令などを遵守する為、プライバシーポリシーを制定して個人情報の保護を業務に従事する全ての者に対し徹底しております。

      • ○お問合せ頂いた内容に的確に対応する目的
      • ○個別説明会への対応
      • ○その他、上記に附随する目的

      ご記載いただいた情報は、当社の個人情報保護方針に従い適正に管理しています。

      個人情報の相談等については、お問い合わせ窓口までお申し出ください。

      ×

      お名前 (必須) (匿名可)
      お住まい地域
      ご連絡先 (固定電話・携帯)
      メールアドレス (必須)
      現在の被害状況
      ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
      現時点の情報
      ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
      その他質問・要望
      希望予算 円くらい
      個人情報の取り扱い
      →個人情報取り扱いについて


      ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

      嫌がらせ相談ランキング

      Ranking

      記事検索

      一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

      携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

      ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
      ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

      Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

      (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

      pageTop