電磁波測定調査関連記事

Electromagnetic-Waves

ホーム > 電磁波測定調査関連記事 > 電磁波の種類と影響について
公開日: 2020/12/21 最終更新日: 2021/04/08
電磁波測定調査関連記事
 公開日: 2020/12/21 最終更新日: 2021/04/08

電磁波の種類と影響について

電磁波について詳しく解説します!

電磁波についてインターネット上で検索すると、かなり多くのキーワードがヒットします。電磁波の被害者は、電磁波過敏症や電磁波で攻撃されてるという事例が多く「頭痛がする」「体がピリピリする」「体の痺れ」「不眠症」など生活に影響していることが確認されています。電磁波について、「正しく理解すること」で、ネットの情報に振り回されず、必要以上に怖がらないで対応することができます。

電磁波について│目次

電磁波について

電磁波とは

電磁波とは、「電場(電界)」と、「磁場(磁界)」とい性質の異なったものが関連して伝わる電気の「波」のことです。まずは私たちの身近にある家電製品から発生している電磁波についてわかりやすく解説します。生活環境にある電化製品のコンセントなどから発生している低い周波数のことで、周波数が高くなると波のように遠くへ伝わる性質があります。電磁波の影響が特に強いのは、直接触れ、長時間使用する家電になります。

直接触れ長時間使用する家電製品
  • デスクトップパソコン
  • ホットカーペット
  • ノートパソコン
  • 電気毛布
  • 電気こたつ

この他にも、次のようなところで電磁波は発生しています。

  • 家電製品の電源
  • BS(衛星放送)
  • 太陽光
  • 鉄道
  • 医療機器(MRI ・レントゲン)

最近では電磁波の人体への影響が世界中で注目され、欧米ではすでに「電磁波防護基準」の法整備がなされ、電磁波測定方法の規格化が本格的に進められています。現時点では電磁波が人体にどのような影響を及ぼすのかの因果関係は解明されていません。しかし、1992年にスウェーデンのカロリンスカ研究所が、「2mG(ミリガウス※1)以上の磁場で小児白血病がを発症する確率は2.1倍、小児脳腫瘍は1.5倍」という調査結果を発表し、低い数値の電磁波でも小児ガンの発生率が非常に高くなる恐れがあると指摘しました(※1)。

スウェーデンの研究発表によると、「2mG以上の磁場で小児白血病が2.1倍、小児脳腫瘍1.5倍」と研究結果を発表され、低い数値の電磁波での小児ガンの発生率が非常に高くなる恐れがあると指摘され、世界的に大きな反響を呼びました。

住まいの近くに高圧送電線・発電所がと、電磁波の影響を強く受けているかもしれないので、一度、電磁波の数値を測ってみてはいかがでしょうか。また、アパートなどリビングと台所が近い間取りは、電磁波に囲まれている状態で生活することになります。電化製品から派生する電磁波に長い時間さらされ続けると体調を崩すこともあるので注意が必要です。

※1:1993年施行の「新計量法」で、磁束密度の単位表記は「ガウス(G)」から「テスラ(T)」を使用するようになりましたが、ここでは調査結果を発表した当時(92年)の単位を記しています。

※2:出典/三協化成株式会社HP「カルチャーセンター 電磁波について」

電磁波についてもっと詳しく知りたい!

電磁波調査でわかったこと

このページでは、電磁波調査・分析に関するより詳細な情報をご提供します。

電磁波対策コンシェルジュサポート

コンシェルジュの目的

コンシェルジュは皆さんの理解者となるべく立ち上げました。電磁波の被害者と接してわかったことは、被害者がネットの情報を鵜呑みにしてしまい、被害と関係のない状況でも、「これは電磁波攻撃だ!」と思い込んでしまう傾向になりやすいのです。そんな状況を経験したことで、「第三者の冷静な状況把握と正しい知識」がとても大切であることを知りました。電磁波の被害は個々に内容が違うため、被害者同士の情報共有(成功例や失敗例)が時に被害を悪化させるリスクもありました。

コンシェルジュは、電磁波に関する経験が豊富である「電磁波測定士」であり、電磁波被害が証明できるようにサポートする「協力者」でもあります。1人で悩まずにお気軽にご相談ください。

まず、電磁波について知ることから始めましょう。

電磁波相談フォーム

電磁波について詳しくお聞きしたい方の専用相談フォームになります。

お名前 (必須) (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop