電磁波測定調査関連記事

Electromagnetic-Waves

ホーム > 電磁波測定調査関連記事 > 電磁波の種類や影響について知ることから始めましょう
公開日: 2022/03/02 最終更新日: 2022/08/05
電磁波測定調査関連記事
 公開日: 2022/03/02 最終更新日: 2022/08/05

電磁波の種類や影響について知ることから始めましょう

電磁波について詳しく解説します!

電磁波とは、物質中を電磁場の振動が伝搬する現象です。電気と磁気の両方の性質をもつ波とされています。この電磁波は、家庭にある電化製品、スマートフォン、屋外においても送電線やWi-Fiなど、さまざまなものから発生していて、電気の流れているところでは必ず電磁波が発生します。

また、電気の影響が及ぶ範囲を「電場」といい、磁気の影響がおよぶ範囲を「磁場」といいます。電場と磁場がお互いに影響しあって、電磁波の流れ(波)が作られています。

電磁波について│目次

専門家
電磁波調査
2022年3月2日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「電磁波測定士による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、電磁波でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

電磁波の種類

身の周りのあらゆるものから発生

電磁波の大きさを表す単位は周波数です。さまざまな電磁波の中で問題視されているのは、マイクロ波や低周波の電磁波です。これはテレビ、電子レンジ、蛍光灯、パソコンなどの電気製品から発生していて、人間の健康を害すといわれています。

低周波のものから高周波のものまで

電磁波の種類には、波長の長さにより大きく分けて放射線、光、電波と3つあります。光は、波長域によって赤外線・可視光線・紫外線に分けられています。放射線では、波長によりエックス線、ガンマ線に分けられます。

日本の電磁波事情

日本は対策が遅れている

日本は先進国としては、電磁波問題が非常に遅れています。アメリカなどの特定の州では、送電線から400メートル以内に学校などの施設を建設できなかったり、日本のスマートフォンと違って、海外のものとでは電磁波規制レベルが違います。

スマートフォンは大丈夫?

スマートフォンを耳に付けて通話していると、大量の電磁波が脳に直接影響を与えるという研究結果もあります。スマートフォンの電磁波は、電子レンジと同じ波長であるマイクロ波に分類されます。

電磁波は暮らしに欠かせない反面、人体への悪影響は未知数な部分もあります。海外では、スマートフォンの使用の時間制限や、子どものスマートフォンの使用を控えるように訴える例もあります。

電磁波が人体に及ぼす影響

恐ろしい病気を引き起こすことも

スウェーデンの研究所が「2ミリガウス以上の磁場で小児白血病が2.1倍、小児脳腫瘍1.5倍」とする研究結果を発表し、低い数値の電磁波でも小児ガンの発生率が非常に高くなる恐れがあると指摘されました。

さらに、遺伝子損傷や内臓疾患を発症する可能性があるとされています。

避けては通れない“現代病”

“家電大国”とも呼ばれる日本において、電気の使用量はこの50年で10倍に増えています。加えて、40年前に比べ、家庭の分電盤の回路数は約3倍、コンセントの数は約3倍、屋内配線の量は約6倍、照明の数は約3倍となっています。

例えば、電磁波測定器で、日本の住宅の屋内配線の通っている電磁波の対策がされていない壁面や床面を測定すると電場は100~300V/m(ボルトパーメーター)を示します。

これは、世界基準で最も厳しく定められているスウェーデンでの基準(25V/m以下)の4倍以上です。

これ以上の数値の電磁波を受け続けると、自律神経や皮膚に悪影響を及ぼし、その結果、ひどい疲れや倦怠感、記憶の減退などが起こり、電気的生体反応サイクルに陥り、血流も悪くなり、さまざまな疾病を引き起こすことにもなりかねません。

このように、原因不明の病気や体調不良は、電磁波の影響の可能性も考慮し、電磁波に関する経験が豊富である「電磁波測定士」の資格を持つ、当事務所の調査員に、電磁波の数値の計測をご依頼されてはいかがでしょうか。

電磁波対策サポート

電磁波コンシェルジュの設置

コンシェルジュは皆さんの理解者となるべく立ち上げました。電磁波の被害者と接してわかったことは、被害者がネットの情報を鵜呑みにしてしまい、被害と関係のない状況でも「電磁波攻撃」と間違った対応をとることもあります。

そのような状況では、「第三者の状況把握」と「電磁波に関する正しい知識」が重要です。電磁波の影響は個々に違うため、被害者同士の情報共有が参考にならず、解決に至らない方も多く見受けられます。

コンシェルジュでは、「電磁波測定士」が電磁波被害が証明できるようにサポートしますので、1人で悩まずお気軽にご相談ください。

まず、電磁波について知ることから始めましょう。

電磁波相談フォーム

電磁波について詳しくお聞きしたい方の専用相談フォームになります。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop