電磁波測定調査レポート

Electromagnetic-Waves report

ホーム > 電磁波測定調査関連記事 > 電磁波測定調査レポート > 電磁波攻撃に探偵事務所は何ができる!?
公開日: 2021/04/01
電磁波測定調査関連記事 - 電磁波測定調査レポート
 公開日: 2021/04/01

電磁波攻撃に探偵事務所は何ができる!?

近年、集団ストーカーによる電磁波攻撃の被害で悩まれている方からのご相談が増えていますが、未だに「理解されない犯罪」として苦しんでいるのが現状です。電磁波攻撃の対策から特定までわかりやすくまとめましたのでご覧ください。

目次│電磁波攻撃対策ガイド

電磁波攻撃を測定する理由

探偵事務所が電磁波を測定する理由

電磁波がターゲットに向けて「人為的に照射されている」場合、測定するだけでは解決に至りません。電磁波測定はあくまで検出値が正常かどうかの「数値の確認」であり、数値に異常が認められた際に求められるのは、「誰が電磁波攻撃をしているのか」を特定することです。

原因不明の体調不良が続き、電磁波の影響をお疑いの方は、まず「電磁波の数値」を調べてみてはいかがでしょう。数値が正常値なら、電磁波の影響だと思っていた体調不良は気のせいかもしれません。しかし、異常な数値が検出されたら集団ストーカーに狙われている可能性が出てきます。電磁波攻撃が原因なら、私ども「対策専門窓口」が問題解決のお手伝いをいたします。

電磁波と向き合うなら専門家に

集団ストーカーの被害に遭った方のほとんどが「嫌がらせをされているけど、話を信じてくれる人も相談にのってくれる人もいない」という経験をされています。問題を解決するには、何よりも嫌がらせをされる苦しみを理解してくれる人が必要です。「ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口」は、全国から寄せられる数多くのご相談に耳を傾け、ときにはアドバイスをし、ときには調査に乗り出してさまざまな問題を解決するお手伝いをしてきました。

信じてくれる人がいないという方は、おひとりで悩まないでください。私どもは電磁波攻撃や電磁波過敏症などに苦しむ方々のよき理解者となり、問題を解決に導く手助けをいちばんの使命と考えております。

探偵ができる電磁波対策

プロとして最善の解決策を提案する義務がある

探偵にできることは、「電磁波攻撃を証明」することを目的に調査をします。
電磁波攻撃の被害は複数の嫌がらせが絡み合い、一つの調査だけでは解決することは難しいのですが、探偵に依頼する際に必ず確認することは、「どの電磁波なら確実に証拠が取得できるのか?」になります。複数ある被害全ての証拠を収集する提案をしていたら、被害者は調査にかかる時間、調査費用の負担は大きくなり、更に追い詰められてしまい「最善の方法」とはいえません。

電磁波攻撃の被害の本質は心理戦なので、極力精神的な負担は避けなければなりません。そして、被害者自身も電磁波攻撃に屈することなく、国内外の情勢も収集し、情報弱者にならないようにしなければなりません。初めて経験する電磁波攻撃に向き合うために、相談した探偵社の内容を鵜呑みにするのではなく、自分でも調べておく必要があります。

国内外の情報を共有するサービス

私たちは、電磁波攻撃の被害者専門のコンシェルジュサービスを展開しております。こちらでは、電磁波攻撃に関する独自の情報を提供しているだけではなく、被害解決に向けた活動も行っております。そして、わたしたちは解決するまでサポートする体制を整えておりますので、不安な部分は全てお聞かせください。

張り込みで特定までできる?

張り込みだけなら小型カメラで充分

電磁波攻撃を行なうレベルの加害者なら事前にターゲットのプロファイリングを行なっています。被害者の性質を知っていることから、ある程度は想定されているので、張り込みだけの調査では電磁波攻撃の解決までは難しいでしょう。もし、集団ストーカー側が探偵とまでわからなくても「張込している人がいる」「電磁波を測定しているかも」と気が付けば、人数を増やして混乱させたり、通行人のフリして様子を見るだけで何もしなかったり、探偵に依頼しても無駄とアピールすることでしょう。

予算も想定されているため、ある程度の期間で予算が尽きることまで計算されている可能性があることから、いままでほぼ毎日行なっていた加害行為の頻度を調整して、定期的に様子見する程度で振り回されてしまうでしょう。なかには周辺のアパートに住ませて、日々の監視を強化していた事例があるくらい執着心が強いのです。

そして、集団ストーカー側が調査が終わったと判断した時に、一気に「加害行為をエスカレートさせて」解決できない絶望感をあじわい、「探偵ではダメだ」と洗脳していきます。

無料相談をフル活用する

探偵事務所に求められているのは、「解決力」です。この解決力については、無料相談の段階である程度は判断できます。まずは、無料相談をフル活用して「情報をアップデート」し、情報弱者にならないようにしましょう。探偵の選び方は、情報収集以外は直感でしかありません。最後までお付き合いできる探偵以外、お付き合いする必要がないことだけは保証します。

理由は1日で解決できる問題ではないことから、中長期になっても最後まで被害者に寄り添う責任感が解決に導くので、会社の姿勢も含め見極める必要があります。

電磁波被害3つの苦難

親身になってくれる人は少ない

  • 家族はまともに受け止めてくれない
  • 電磁波攻撃が原因で電磁波過敏症の諸症状が出たことを家族に話しても、「気のせいじゃないの?」「考えすぎ」などと言われ、軽く受け流されるケースがほとんどのようです。友人に相談しても信じてもらえず、わかってもらいたいと思うがあまりしつこく説明しようとしたり、被害を訴えたりしようとすると精神疾患を疑われることも起こり得ます。

    多くの人にとって「電磁波攻撃」という嫌がらせは非現実的なので、理解してもらうのは難しいと思ったほうがいいかもしれません。現実を理解してもらうには、異常な数値を示す電磁波の測定値をはじめ、被害を証明する証拠が必要になってきます。

  • 警察に相談しても追い返された
  • 警察に届けを出そうと思っても、証拠がなければ動いてくれません。電磁波攻撃を受けても目立つ外傷はほとんどないだけでなく、そもそも「電磁波攻撃とは何か」「被害妄想ではないのか」を説明しなければならないことなどが協力を得づらい状況に拍車をかけています。

    被害を証明できないまま、何度も通報したり相談に行ったりすると、「オオカミ少年」(うそをつくこども)扱いされ、本当に困ったときに動いてくれない恐れがあります。

  • 立証できる証拠がない
  • 家族や友人、警察に相手にしてもらえない状況が続くと孤立が深まり、不安とストレスだけが溜まっていきます。ときおり自力で証拠を集めようとする方がおられますが、専門的な知識や経験のない方が電磁波の放出量を1人で測定し、集団ストーカーがどこから電磁波攻撃を仕掛けているのか、発生源を特定するのはほとんど不可能と言ってもいいでしょう。

    証拠収集を試みてもうまくいかず、泣き寝入りする方も少なくないようです。

このように、「理解者が少ない」「警察が動きづらい」「被害を証明できない」の3つが電磁波攻撃の被害者を苦しめている理由です。電磁波攻撃の被害を証明し、証拠を入手したい方は、私ども「対策専門窓口」にお任せください。ご依頼をいただければ電磁波測定士(一般社団法人日本電磁波協会認定)の資格を持つ調査員を派遣し、電磁波放出量の測定および違法な照射等があった場合の問題のお手伝いをいたします。

電磁波攻撃に関連するQ&A

Q

電磁波はブロックできるか?

A

地上にいて100%電磁波をブロックすることは難しい個人での予算などを考えると、100%電磁波をブロックすることは難しいです。しかし、軽減することは可能です。自然治癒能力を高めて電磁波に負けない体作りを日々の生活に取り入れてみるのはいかがでしょうか。食生活の改善や、自然の力でアーシングしてリラックスすることも必要と思います。

Q

加害者にも影響はあるのか?

A

加害者が電磁波に対しての知識があるかで変わります電磁波の問い合わせで「加害者」も電磁波の影響は受けてるか?という疑問を持たれる方が多いです。電磁波攻撃とは主に「低周波」をピンポイントに被害者にむけて照射して、「体調不良、痛み、痺れ、心の不安定、感情操作」を行い、被害者の生活そのものを簡単に破綻に追い詰めていく手法です。長い年月、電磁波に被爆していれば、加害者も病気になりやすい状態でしょう。電磁波の照射については発射元が1番大きなエネルギーを放っている可能性が高いからです。

Q

電磁波は無害ですか?

A

無害説と有害説の分かれていますアメリカや欧米諸国は第二次世界対戦時、レーダーで観測していた兵士が白内障や身体的不調を訴えたデータがあるように、1970年代から電磁波について研究が始まったと言われています。研究の成果で、電磁波とガンとの因果関係があると発表。のちにWHO(世界保健機構)は電磁波が「可能性はある」としましたが、「無害」と研究成果を発表する研究者もいて、確証できる成果はまだありません。表向きは無害と言ってますが、被害者のなかには「電磁波過敏症」になってしまい、LEDの照明の下にいても、体調が悪い、岩盤浴に行っても気持ち悪いなど、ひどい被害を受けている人もたくさんいます。電磁波を照射されると、喉は乾き、胸の圧迫と痛みがして、逆流性食道炎の症状が起きたとの報告があり、電磁波が無害というのは考えものです。

まず、現状について相談することから始めましょう。

電磁波被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、電磁波被害の状況、電磁波対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (必須) (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop