電磁波測定調査関連記事 - 電磁波測定調査レポート

Electromagnetic-Waves report

ホーム > 電磁波測定調査関連記事 > 電磁波測定調査レポート > 電磁波の防御方法や安全対策について解説
公開日: 2022/03/30 最終更新日: 2022/04/07
電磁波測定調査関連記事 - 電磁波測定調査レポート
 公開日: 2022/03/30 最終更新日: 2022/04/07

電磁波の防御方法や安全対策について解説

電磁波の安全基準防御方法に関する案内ページです。
電磁波の被害者は、「頭痛がする」「ピリピリする」「不眠症」など生活に影響が出てしまうことがあります。電磁波について「正しく理解する」ことで、必要以上に怖がらないで対応することができます。

目次│電磁波被害相談窓口

専門家
電磁波調査
2022年3月30日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、電磁波でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

電磁波の安全基準について

安全基準を知って正しく恐れる

電磁波とは、電圧がかかっているものの周波が高くなると、電気が流れているものに波として伝わり、次々に波を生むものです。これを「電磁波」といいます。電磁波は、身近な電気製品に発生しているのですが、ではどのくらいの数値なら「安全基準」といえるのでしょう。

電磁波先進国のスウェーデンでは、電場は25V/m以下、磁場は2.5mG以下という安全基準があり、当対策窓口でも採用しています。

ではこれ以上の数値があれば、安全ではないといえるのではないでしょうか。なぜ電磁波の安全基準について知る必要があるか、それは「電磁波を悪用した」嫌がらせがあるからです。

電磁波による被害者は、何年も電磁波過敏症で悩み、まともに日常生活を送れない方もいます。もし、生活に支障がでたのであれば、専門機関に対策を依頼していれば解決できる問題なので、気になった方は無料相談から始めることをお勧めします。

電磁波被害の初期症状

電磁波を浴びると、体が痺れたり、ピリピリしたり、明らかに普段と違うので分かると思います。電磁波の数値を知ることで、正確な対策ができ被害を無くすことが可能なのです。

「何かがおかしい」「家電が最近壊れる」など、心当たりがある方は一度測定してもらうと良いでしょう。

電磁波の届く距離

電磁波を強く感じた時

電磁波の強さは、距離が離れるほど弱くなる(距離減衰)ので、電磁波による身体的な影響をうけている場合、距離を考慮する必要があります。

また、障害物が多いエリアであれば電磁波が弱くなります。もし電磁波による嫌がらせ被害に遭った場合、個人ではなかなか対策できないと思います。

電磁波を悪用した嫌がらせの場合、「目に見えない」恐怖と向き合うことになります。

すぐにできる対策としては、スマートフォンや携帯電話は離しておく、自宅内はアースをとること、できたら部屋の電気製品の位置も見直すと良いと思います。

その他に使わない電気製品のコンセントを抜くのも良いと思います。根本的な解決を望む場合、やはり専門家の力が必要になります。

真実を知らなければ何も変わらない

電磁波を防御するか距離を取るか

電磁波については、体質にもよりますが長期間浴び続けると電磁波過敏症になりやすいでしょう。電磁波過敏症は、電気製品などから発生する電磁波に敏感に反応する体質です。

電磁波による嫌がらせが終わればきっと「元の生活に戻れる」と思って我慢することにより、長期に渡って強い不安・ストレス・プレッシャーにさらされて、電磁波過敏症やうつ病のリスクが高くなります。

さらには、長年に渡り強い電磁波を受け続けた影響で精神病になってしまうケースもあります。電磁波は、体の痺れ、頭痛、体の痛み、体のチクチク、心臓のドキドキ、体の異常な凝り、皮膚のただれ、むくみ、眼球の痛みなどがあります。

簡単にできる防御策

まずは電磁波の発生源と距離を取るために、簡易でもいいので電磁波測定器を用意する必要があります。高価な電磁波対策グッツなどに頼らず、電磁波の強弱だけわかるようにしてください。

あとはひたすらに距離を取ることで軽減されますが、できれば一緒に「アーシング」をしながら行なってください。庭を裸足で散歩するなど土に触れながら距離を取るだけですっきりします。

電磁波を悪用した嫌がらせ

嫌がらせは盗聴・盗撮の他、つきまといや監視などが典型的ですが、なかには電磁波などのテクノロジーを利用してターゲットを苦しめようとする集団(組織)もいますが、日本では否定的な意見が多く見受けられます。

電波法で定められた数値(300万メガヘルツ以下の周波数/電波法第2条)をはるかに超えた電磁波を悪用した場合、電波法違反に問われます。

原因不明の調不良や痛みで初めて気付く

集団ストーカーは低周波などの電磁波を離れた場所からターゲットに向けて照射して、体調不良や病気を誘発させようとします。

たとえ離れた場所からでもピンポイントで電磁波を照射されると、身体の各所に原因不明の痛みや睡眠障害などを引き起こし、パソコンや電気製品の誤作動や故障したなどの報告もあります。

電磁波を使った嫌がらせが続くと、原因不明の体調不良に悩まされることがあります。休もうとしてベッドに入ったときや机、ソファーに座ったときなど、特定の場所に行くと必ずと言っていいほど頭痛がする、耳鳴りがする、動悸やめまいのような症状が出る方は、電磁波を疑ってみてください。

体調が悪くなる原因に、誰かが意図的に電磁波を照射しているのかもしれません。外出しているときは平気なのに、帰宅して部屋に入ると調子がおかしくなるなどの場合も同様です。

専門的な知識が必要とする調査

しかし、本当に電磁波が照射されているのかどうかを調べ、対処するには調査用の機器や電磁波測定士などの資格が必要になります。専門的な知識もいるので、電磁波の嫌がらせを受けている方が被害状況を独自で調べるのはなかなか難しいかもしれません。

電磁波による被害・体調不良をお疑いの方は私どもの「対策専門窓口」にご相談ください。

私どもの調査スタッフは「一般社団法人日本電磁波協会」が認定する電磁波測定士の資格を有しているのでご安心いただけます。

電磁波は意識しすぎると逆効果

電磁波が身体にどのような影響を及ぼすかはまだ科学的に立証されていませんが、放出量が少なくても長期間浴び続けると健康に影響が出るのではないかと言われています。

今から30年程前からこれについて多くの化学者が研究を続けているのです。

1992年にはスウェーデンのカロリンスカ研究所が、「2mG(ミリガウス)以上の磁場で小児白血病を発症する確率は通常の2.1倍、章に脳腫瘍は1.5倍」という調査結果を発表し、低い数値でも小児がんの発生率が非常に高くなる恐れがあると指摘しています。

微弱ながらもふだん使っている家電製品も電磁波を放出しているので、現代社会においては電磁波が全くない環境で生活することはできません。

しかし、不安があるのであれば、家電製品を使うとき以外は挿しっ放しにしていたコンセントを抜いておくなど、対策をしっかり施していれば、必要以上に怖がる必要もありません。

体内に溜まった電磁波を放電する

あるいは、近年では健康療法の1つとして注目されている「アーシング」を意識する対処法もあります。冷蔵庫や洗濯機、電子レンジになどの家電製品には「アース線」が附属されていますが、アース線をつなぐと家電品に発生した静電気は帯電することなく逃げていきます。

これを「放電」と言いますが、アーシングも要領は同じで、裸足になって地面に直接足をつけるなどして、体内に溜まった電磁波や静電気を逃がすリフレッシュ方法です。

しかし、アーシングはあくまでリフレッシュ効果を期待する健康法なので、それで電磁波による体調不良を解消できるわけではありません。

電磁波が原因で体調不良が起きていたら、誰が何の目的でそのようなことをしているのかを突き止め、電磁波を使った嫌がらせをやめさせなければ根本的な解決にはつながりません。

探偵社が電磁波を測定する理由

電磁波がターゲットに向けて「人為的に照射されている」いるのか?電磁波測定はあくまで検出値が正常かどうかの「数値の確認」であり、数値に異常が認められた際に求められるのは、「どこで電磁波が発生しているのか」を特定することです。

原因不明の体調不良が続き、電磁波の影響をお疑いの方は、まず「電磁波の数値」を調べてみてはいかがでしょう。数値が正常値なら、電磁波の影響だと思っていた体調不良は気のせいかもしれません。

しかし、異常な数値が検出されたらターゲットにされている可能性があります。電磁波が原因なら、私ども「対策専門窓口」が問題解決のお手伝いをいたします。

電磁波測定調査料金のご説明

「いつ」電磁波が発生するのかは調べてみないとわからないので、私ども「ストーカー・嫌がらせ専門窓口」では、朝から深夜まで現場(室内および屋外)に張りつき、電磁波の発生量を測定します。

その際、料金の変動はありません。電磁波の有無を確認できるまで、電磁波測定士の資格を持った調査員が徹底的に測定調査をいたします。

電磁波調査のご相談・依頼方法

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています。

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。

どんなに複雑に見え、困難と思える問題でも、必ず解決の道はありますので、困った時にはお気軽にご相談ください。

流れ
無料相談

まず、現状について相談することから始めましょう。

電磁波相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、電磁波に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop