電磁波測定調査関連記事 - 電磁波測定調査解決事例

Electromagnetic-Waves case

ホーム > 電磁波測定調査関連記事 > 電磁波測定調査解決事例 > 電磁波と向き合うなら最優先すべき「電磁波軽減対策」の理由
公開日: 2022/04/01 最終更新日: 2022/06/24
電磁波測定調査関連記事 - 電磁波測定調査解決事例
 公開日: 2022/04/01 最終更新日: 2022/06/24

電磁波と向き合うなら最優先すべき「電磁波軽減対策」の理由

電磁波は、ふだん私たちが使う家電製品からも放出されます。電気製品に囲まれた生活をしている限り電磁波をなくすことはできませんが、生活習慣の改善や対策グッズの利用などで電磁波の影響を抑えることはできます。

ここでは、電磁波と向き合う前の「電磁波軽減対策」について詳しく解説しています。

目次|電磁波軽減対策の相談窓口

専門家
電磁波軽減対策の必要性
2022年4月1日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、電磁波でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

「電磁波軽減対策」を優先させる理由

1日では解決できない問題だからこそ健康管理を

電磁波過敏症をいくらうったえても、精神的な負担や身体的な負担は軽減されません。だからといって、現実に起きていることから目をそむけるわけではありません。

電磁波測定器を買って測定したら解決する問題でもありません。電磁波と向き合うには、中長期かかることも多くあるので、まず優先すべきは「自分の健康管理」になります。向き合うにも体力も気力も必要なのです。

電磁波の苦しみを理解したうえでいえることは「自暴自棄にならない」で、しっかり「感情をコントロールする」習慣が解決への近道です。

電磁波過敏症に効果的な防御方法

携帯機器は身近な電磁波発生源

電磁波過敏症の人がまず実践することは、スマートフォンではなくフィーチャーフォンいわゆるガラケーに変更することではないでしょうか。ガラケーは本体や通信により発せられる電磁波がスマートフォンよりも少ないためです。

日本の大手キャリアではそれぞれ違う時期に3G回線のサービス終了を予定しています。ただし、4Gは終了しないので現在ガラケーを利用中の人でも引き続き利用できます。

ただし3Gから4Gに変更になると電磁波が変化することもあり、電磁波過敏症の方がどこまで受け入れられるかといった問題はあるでしょう。

特殊素材による電磁波対策グッズを活用

特殊磁性体を原材料とした電磁波吸収シートにすることで、携帯機器の電磁波を防ぐグッズがインターネット上で販売されています。同じ原理で部屋内部の電磁波を防ぐことも可能です。

手のしびれや頭痛を緩和できるようですが体感はそれぞれなため、効果がないと感じる方もいます。一方で効果を実感している方もいるのです。

試してみても損はない身体からケアする方法

お金はかかりますが、電磁波対策グッズを一度購入して、効果を検証してもいいかもしれません。しかし、なるべく電磁波を受けないようにすることが最適です。

それでも緩和しない重度の電磁波過敏症の場合は、パパイヤ発酵食品やサプリがおすすめです。日本の研究機関がパパイヤ発酵の治療が電磁波過敏症に有効であることを明らかにし、アメリカで特許を取得しました。

電磁波被害者の防御方法

頭部を守るのは基本

電磁波の対策としてインターネット通販でよく購入されるのは、高周波電磁波シールド・ヘッドキャップなど、頭部に被り電磁波を防ぐグッズではないでしょうか。

「遮断こそしないものの、半減効果がある」という意見があります。「遮断できる」という意見もあり、効果が一様ではないことがわかります。

使用者によって証言が異なるのは、電磁波過敏症による身体の不調が一定ではないためです。電磁波過敏症の誤解がこうした問題を引き起こします。

電磁波過敏症のよくある誤解

電磁波過敏症の症状は全身におよぶ場合や体の一部分に集中する場合があります。体の表面に当たっているからと言って、その部位にのみ症状が現れるわけではないのです。

背中に電磁波を受けていても頭痛が起きる場合もあれば、足にしびれや痛みが伴うこともあるのです。

電磁波過敏症は身体の内外問わずさまざまな症状があります。したがって、電磁波対策グッズを装備しても症状が緩和されないという意見も生まれるのです。

アーシングで体内電磁波を除去

自分でできる対策として「アーシング」をおすすめしています。

アーシングは地面に裸足をつけ、体内の電磁波をデトックスすることで体内電磁波のバランスを整える技法です。

生活の中で溜まった余分な電磁波をアーシングによって除去できます。毎日朝昼晩に最低10分を目安に行なうとよいでしょう。

アーシング

電磁波被害者が行なう効果的な対策

誰にでも簡単にできる防御策

電磁波の影響が気になるという人や、電磁波過敏症の症状を訴える人が増えているなどの理由から、近年では電磁波防止グッズや電磁波対策を施した住宅も登場しています。電磁波の対策の効果は人それぞれですが、ここでは誰にでもできる簡単な防御策をご紹介します。

室外に避難する

電磁波を強く感じる場所から距離を取ることで電磁波の影響が軽減されます。電磁波に対して「距離を置く」ことで、身体が楽になれば発生源が推測できますので、耐えるのではなく一旦外に避難してみましょう。

お風呂につかる、サウナに入る

電磁波には、水に吸収される性質があります。もっとも吸収されやすい周波数が約22GHz前後ですが、主に電子レンジなどの家電製品に使われる「マイクロ波」の周波数がこの領域に当たります。

また、マイクロ波より周波数が高い「ミリ波(30GHZ~300GHz)」もある一定の領域(22GHZと183GHz)では水や酸素に吸収されるので、マイクロ波・ミリ波での電磁波を受けて電磁波過敏症の諸症状が出たときにお風呂に浸かったりサウナに入ったりして症状を和らげるという方もおられるようです。

ただし、この対処法に医学的な根拠はなく、あくまで電磁波の性質を利用した対処法だという点をご理解いただきたいと思います。

この他にも、ミリ波は雨や霧など気象状況の影響を受けやすいことから、加湿器やミストサウナを使って室内の電磁波を軽減しているという方もおられます。

自然の力を使ってアーシングする

洗濯機や冷蔵庫、電子レンジなどの家電製品に附属しているアース線を繋ぐと、静電気は帯電することなく逃げていくように、裸足になって海水、川の水、公園などの土に直に触れて体内に溜まった電磁波や静電気を逃がすリフレッシュ療法を「アーシング」と言います。

以上が電磁波の軽減策です。ポイントは、「身体から電気を放電する」「汗を流す」ことの2つです。電磁波過敏症の症状により個人差はありますが、身体の痛みや痺れなどの苦痛がもっとも緩和される対処法を試してみてください。

電磁波対策Q&A

Q

電磁波かわかりませんが、長年アレルギーの皮膚疾患を持っています。

A

さまざまな要因が考えられます。 現在知られているアレルギー反応には、さまざまな原因が複合的に絡んでいることがあります。食べ物や飲み物にもアレルギーを引き起こす原因物質が混入しているかもしれません。すべてが電磁波のせいというわけではないのです。一度専門医に検査して、原因を探るのがよいでしょう。どのようなアレルギーか原因が不明な場合は、電磁波である可能性が考えられます。

Q

電磁波防御グッズの効果がなくなった…

A

電磁波の回析現象が考えられます。 電磁波は空間を飛び交う「波」です。波は回析現象と呼ばれる性質を持ち、障害物を超えて回り込んできます。自宅内での電磁波対策の場合は、部屋全体を覆うほどの電磁波対策シートを施工しなければ十分な効果は得られません。また、電磁波対策グッズには眉唾物の偽商材も数多く存在しています。永続的に効果を実感できるものであれば本物の電磁波対策グッズと言えますが、プラシーボ効果による「電磁波が軽減された」と思い込んでしまい、効果が無くなったと誤認するケースもあるのです。通販サイトで品質や効果を確かめることは非常に困難であるため、アーシングを行なう方がより確実かもしれません。

Q

重度の電磁波過敏症です

A

パパイヤ酵素が電磁波過敏傾向の人に効果がある特許としてアメリカで認可されました。重度の方は、パパイヤ酵素のサプリなどをお試しされるのもいいかと思います。
ATPRESS:「電磁波過敏症の治療や認知症の発症予防に朗報! FPP(パパイヤ発酵食品)を用いた治療法が米国特許を取得」

原因不明では終わらせないサポート

私ども「対策専門窓口」の調査員は電磁波測定士(一般社団法人日本電磁波協会認定)の資格を保有しています。

ご連絡をくだされば調査方法や調査プロセスなどをご説明するので、お気軽にお問い合わせください。

まず、現状について相談することから始めましょう。

電磁波被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、電磁波に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop