電磁波測定調査レポート

Electromagnetic-Waves report

ホーム > 電磁波測定調査関連記事 > 電磁波測定調査レポート > 身体の痛みが「電磁波の影響」だと理解してもらえない│体験レポート
公開日: 2021/04/15
電磁波測定調査関連記事 - 電磁波測定調査レポート
 公開日: 2021/04/15

身体の痛みが「電磁波の影響」だと理解してもらえない│体験レポート

電磁波調査の体験談をご紹介します。電磁波の影響による体調不良や被害でお困りの方は、対策が必要な場合の対処法などを解説するので参考にしていただければと思います。

目次│電磁波過敏症相談窓口

1-住環境に隠れた被害体験談

数値を正確に確認することで解決策が生まれる

電磁波による影響が人為的に行われている場合、測定だけでは解決しません。電磁波測定は「原因追及」であり探偵が行う意味は、「加害者の特定」になります。電磁波かもしれないなど確定要素がなくても「電磁波数値」を知ることで、ご自身が抱えている不安要素を取り除くことができます。

女性
ご依頼者様: 51才/女性 主婦
ご依頼内容: 電磁波による体の変化:電磁波調査
ご依頼理由:

鉄塔に近い場所に家を建ててから、どう言葉で説明したらいいかわからない身体の痛みがひどいのです。例えば、腕がピクピク動いたり、急にこむら返りするような痛みだったり、誰かに操られているかのような感じがして気持ちが悪いです。先日は、家庭や仕事も順調なのに、急に不安が襲ってきたり疲れが取れなかったり、精神的に不安定になってきました。そのことを主人の父親の訪問介護してる人に話したら、やたらに宗教の勧誘もどきの発言をするようになり、断った日からさらに、身体に違和感を覚えるようになりました。私の身体はどうなってしまったのでしょうか。家族に相談しても「精神科にいこう!」と言って、私の症状が悪いとでしか思ってくれません。本当に、精神が病んでるのでしょうか。

専門家のアドバイス:

鉄塔の近くに引っ越してから上記の症状が出てきたとなると、電磁波過敏症になってる可能性があります。電磁波過敏症はインターネットの世界だけの病気としてされてきましたが、近年、電磁波過敏症の患者を治療するクリニックも増えてきました。電磁波過敏症としては電化製品、スマートフォンから発生する電磁波を多く浴びていることから、身体の疲れ、痛み、痺れ、ウツ気味になる症状があります。身体に電気が蓄電されている状態ですので、身体から電気を放電するアーシングマットなどでアーシングするといいでしょう。公園は河川が近くにあれば裸足で大地に触れたり、川に足をつけたり、海が近くにあれば海水でアーシングが可能です。ただ、気になる点は筋肉をピクピクする、急にこむら返りのような痛みがするということですが、これは電磁波の出力を故意に上げて相談者に照射してる可能性があります。詳しくは専門家に測定してもらい、低周波電磁波などの数値で照射されてるのか分かると思います。

2-理解を得ることが難しい被害体験談

エレクトロニックハラスメント


電波、電磁波、レーザー、超音波などを意図的に人体に照射したり、身体にデバイスを埋め込まれたりすることで、人々に痛みや不快感その他の疾患を引き起こしたり、脳に音声や映像情報を伝えるなど、身体に悪影響を与えるという犯罪が存在します。
参照元:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

日本の場合、総務省が電波に関する管轄を行ってますがエレクトロニックハラスメントの対策は皆無に等しく、電波の規制を望む声が上がってきています。職場の嫌がらせパワハラやモラハラのなかにエレハラが隠れているかもしれませんので、その点も頭に入れおくと良いでしょう。

エレクトロニックハラスメントは海外では問題視されてるハラスメントの種類で、アメリカでは電磁波などの異常な照射を州法のなかで禁止しています。日本ではNPO団体など被害の声を挙げている人が2000人以上いるとされていますが、法整備がなされておらず犯罪が明るみにされません。

日本の場合、総務省が電波に関する管轄を行ってますがエレクトロニックハラスメントの対策は皆無に等しく、電波の規制を望む声が年々上がってきています。

女性
ご依頼者様: 38才/女性 会社員
ご依頼内容: 電磁波過敏症は私だけで家族に理解してもらえない:電磁波調査
ご依頼理由:

私は家族と戸建てに住んでいて、両親と同居しています。自宅は私と両親だけなのですが、ある時から体を突き刺すような痛みがでるようになりました。両親に異変は全くなく、不思議に思いましたが私だけは日に日に強くなっており、不眠症にについて相談したところ「気のせい」「疲れている」明日病院にいきなさいと言われました。皮膚科と精神科で診てもらっても特に異常はありませんでした。このことを友人に相談しましたが、半信半疑といった感じであまり助けにはなりませんでした。故意に起きている可能性も含め、はっきりさせたいです。

専門家のアドバイス:

電磁波被害に悩まされる方は多くいらっしゃいます。このようなケースは自分だけで電磁波測定しても解決することは難しく、周囲の理解は期待できないため、電磁波被害の専門家に相談することが大切です。理解できない家族や友人が悪いのではなく、電磁波について知らないだけですので決して責めないでください。専門的な立場から私たちもお手伝いいたしますので、被害の現状に絶望することなく前向きに解決に向けて動きましょう。

電磁波被害3つの苦難

親身になってくれる人は少ない

  • 家族はまともに受け止めてくれない
  • 電磁波攻撃が原因で電磁波過敏症の諸症状が出たことを家族に話しても、「気のせいじゃないの?」「考えすぎ」などと言われ、軽く受け流されるケースがほとんどのようです。友人に相談しても信じてもらえず、わかってもらいたいと思うがあまりしつこく説明しようとしたり、被害を訴えたりしようとすると精神疾患を疑われることも起こり得ます。

    多くの人にとって「電磁波攻撃」という嫌がらせは非現実的なので、理解してもらうのは難しいと思ったほうがいいかもしれません。現実を理解してもらうには、異常な数値を示す電磁波の測定値をはじめ、被害を証明する証拠が必要になってきます。

  • 警察に相談しても追い返された
  • 警察に届けを出そうと思っても、証拠がなければ動いてくれません。電磁波攻撃を受けても目立つ外傷はほとんどないだけでなく、そもそも「電磁波攻撃とは何か」「被害妄想ではないのか」を説明しなければならないことなどが協力を得づらい状況に拍車をかけています。

    被害を証明できないまま、何度も通報したり相談に行ったりすると、「オオカミ少年」(うそをつくこども)扱いされ、本当に困ったときに動いてくれない恐れがあります。

  • 立証できる証拠がない
  • 家族や友人、警察に相手にしてもらえない状況が続くと孤立が深まり、不安とストレスだけが溜まっていきます。ときおり自力で証拠を集めようとする方がおられますが、専門的な知識や経験のない方が電磁波の放出量を1人で測定し、集団ストーカーがどこから電磁波攻撃を仕掛けているのか、発生源を特定するのはほとんど不可能と言ってもいいでしょう。

    証拠収集を試みてもうまくいかず、泣き寝入りする方も少なくないようです。

このように、「理解者が少ない」「警察が動きづらい」「被害を証明できない」の3つが電磁波攻撃の被害者を苦しめている理由です。電磁波攻撃の被害を証明し、証拠を入手したい方は、私ども「対策専門窓口」にお任せください。ご依頼をいただければ電磁波測定士(一般社団法人日本電磁波協会認定)の資格を持つ調査員を派遣し、電磁波放出量の測定および違法な照射等があった場合の問題のお手伝いをいたします。

電磁波測定に関連するQ&A

Q

調査を依頼して秘密が漏れることはありませんか?

A

漏れることは一切ありません。ご依頼者様から頂いた情報や調査で取得した情報などは、厳格な守秘義務が課されており、外部に持ち出し禁止で事務所内の保管室に保存しております。また調査終了後にはご依頼様から頂いた情報や調査で取得した情報は全て破棄させて頂いております。裁判等でご依頼者様のご希望があれば弊社で保存しておくことも可能です。

Q

電磁波を浴びるとどのような症状がでるのでしょうか?

A

鬱や集中力の欠如などの神経症状が最も多い他にも、吹き出物や腫れ、赤みといった皮膚症状、頭痛、筋肉・関節症状などがあります。また、電磁波及び微量化学物質による健康被害(シックハウス症候群や化学物質過敏症)を併発している可能性もあるので専門家に調べてもらうことから始めましょう。

Q

嫌がらせ行為者から仕返しされませんか?

A

嫌がらせする人の心理を知ることで対策・対処できます加害者が一方的に「傷付けられた」などの被害意識を持ち、その復讐や報復のために嫌がらせを行うケースです。嫌がらせ行為に対して怒ったり怯えたり困ったり怖がったりといったリアクションを起こすことは、加害者にとって嫌がらせ成功となりますので、毅然とした態度で「迷惑だから止めて」と相手に伝えるようにしましょう。

Q

発がんの可能性も指摘されてますが大丈夫?

A

健康面で差が出る可能性があります。携帯電話が発する電磁波(高周波)は、脳腫瘍の危険性を高める可能性があると国際がん研究機関では位置づけされています。送電線や変電所などの近くで高まる電磁波も、小児白血病との関連が疑われています。

Q

電磁波の影響の種類は?

A

熱的作用・刺激的作用・その他の作用が報告されています。電波が人体に与える影響について多くのことが分かってきています。電波が人体に与える作用として、電波がとても強い場合に限られますが、その場合「刺激作用」と「熱作用」を及ぼします。

Q

「電磁波過敏症」とは?

A

身体にさまざまな不調が現れる状態のこと。電磁波の負荷を受けることによって、生体バランスを崩し、アレルギーを引き起こしたり、自律神経系への影響等が懸念されています。その影響は、視力障害や皮膚疾患、集中力の欠如、めまい、耳鳴り、吐き気、手足のしびれなどが主な症状として表れ、電磁波過敏症と言われています。

電磁波調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

まず、現状について相談することから始めましょう。

電磁波被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、電磁波被害の状況、電磁波対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (必須) (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop