電磁波測定調査レポート

Electromagnetic-Waves report

ホーム > 電磁波測定調査関連記事 > 電磁波測定調査レポート > 電磁波シェルターで体調を整えながら解決!
公開日: 2021/04/15
電磁波測定調査関連記事 - 電磁波測定調査レポート
 公開日: 2021/04/15

電磁波シェルターで体調を整えながら解決!

電磁波というと「精神疾患」の人と言われるくらい、軽視されてきました。少しづつ「テクノロジー犯罪」が周知されていますが、具体的な対策は、現段階では「自分の身は自分で守る」しかありません。電磁波によるストレスや身体的な影響などを考え、一時的でも避難して体調を整えながら電磁波を調べることができ、有効な対策手段を行うことができます。

目次│電磁波避難先相談窓口

電磁波被害とは

電磁波被害者の特徴

昨今、日本中の住空間において電線に囲まれていない地域はないといっても過言ではないでしょう。私たちが生活するさまざまな環境ではあらゆる電磁波に囲まれて暮らしているとも言えます。

身近な電磁波

電磁調理器、エアコン、洗濯機、電子レンジ、パソコンなどの生活家電は低周波電磁波と呼ばれるもので、低周波であっても長時間それを浴び続けていれば問題となり、電磁波過敏症やVDT症候群(ヴィジュアル・ディスプレイ・ターミナルの略)、慢性疲労症候群になる人もなかにはいます。

外からの電磁波

4G・5G等のスマートフォンやパソコンなどがネットワーク通信をするにあたりWiFi等ネット環境で外部と送受信を行います。住居間に設置された鉄塔や高圧送電線や携帯電話の中継基地などから電磁波が生活環境へ作用するようになりました。

四六時中365日、就寝中など人間が活動していないあらゆる時間においても知らず知らずのうちに電磁波は私たちの身体へ影響を及ぼしています。今挙げた例は、生活に直接干渉する電磁波の説明になります。

現代社会において、この電磁波を悪用入手・アクセスし意図的にターゲットとなった人へ照射するテクノロジー犯罪が増加傾向にあります。

ここではまず、電磁波が身体に与える影響がどのようなものかを見ていきましょう。

電磁波の影響があるという人の共通意見
  • ある時期から耳鳴りがするようになった(特定の部屋に入ると強くなるなど)
  • 不眠症に悩まされている
  • 息苦しくなり窒息感が続く
  • 体がよく疲れるようになった
  • 頭痛や後頭部が重い
  • 皮膚のざわつき、皮膚にあたる感覚がある
  • 免疫機能の低下でアレルギー状態が続く
  • 集中力の欠如で考えがまとまらない
  • 明らかに頭部や身体に放射されたり打たれている感覚がある

電磁波過敏症はストレスが蓄積されて起こると言われており、電磁波に敏感になると神経が高ぶった状態で生活を送らなければならないと言われています。体の不調が精神的なストレスからきているのか電磁波による身体の不調なのかはっきりさせるために、電磁波を正確に測定する必要があります。

しかし問題は、電磁波過敏症という自覚があるだけなのか、あるいは普段生活しているなかで最近何か違う影響を感じ、それが原因で上記の症例のように身体に違和感や異常を感じるということもあります。

電磁波は目に見えないので、電磁波の影響があると第三者に訴えても「妄想」「考えすぎ」と理解してもらえないリスクが高いので、電磁波の影響が人為的に行われている疑いがある場合、ご自身で購入できる範囲の電磁波測定器による電磁波測定だけでは解決しない可能性があります。

その場合は、専門家に必ずご相談ください。”こんなことまで相談していいのか分からない。言うのが恥ずかしい”と思われても、それが事実の場合があります。些細なことでも今までと違う、今までとは異なる状況になった気がする等、ご自身の身の回りに起きている現象に疑問をお持ちになったらぜひ当社へご相談ください。

電磁波シェルターを利用してみる

電磁波シェルターで身を守る

ここでご紹介するシェルターは、嫌がらせ対策室が用意した「電磁波シェルター」です。当社規定の電磁波対策「壁・窓・床」をリフォームした特殊な仕様となります。完璧には守れませんが、ある程度電磁波から身を守れるような仕様になっています。ただ、軽減効果は人によるのでご自身が使ってみて効果があるものは、あわせて用意する必要があります。

電磁波のシェルターは、ガン患者の入浴療法と変わりません。よく被害者が持ってる高周波電磁波をアースする布は医療で実際使われているカーテンと同じです。お風呂場をうまく利用して、汗をかいて体内の毒素を出すように、汗で電磁波で帯電した電気を放電するようにしてください。

電磁波シェルターでわかること

電磁波(電磁界)の健康影響に不安を持たれている方が自ら測定して、身のまわりの電磁波の大きさや性質を知って頂くことを目的に用意しております。また、電磁波過敏症の原因や加害行為の特定に使われています。

電磁波被害の対策

あなたは有害電磁波にさらされていませんか?

現代では電磁波被曝を避けて生活するのは不可能と言われています。電磁波の正しい知識を身につけて、電磁波とうまく付き合っていく対策と予防をしましょう。電磁波といっても、「環境」や「体質」によって症状は様々で全く気にならない方もいます。故意におこなっている可能性がある場合は、下記対策と併用して専門家にご相談ください。

電磁波被害対策事例
  • 自宅内の電磁波を測定し正しい対策を行う。
  • 体内電圧はアーシングすることで減らす。⇒軽減対策はこちら
  • 電磁波を強く感じる時間帯や症状を記録する。(継続した記録)

テクノロジー犯罪が周知されつつある

テクノロジー犯罪調査の依頼は必ず専門家に!

テクノロジー犯罪の相談・調査依頼をお考えの方は、当サイトのご利用をお勧めします。近年は探偵事務所が激増していると言われますが、それにもかかわらず、「調査の内容が不十分だった」「高額な調査料金を請求された」など、調査のクオリティやサービスにご不満をお持ちの方も多くおられるようです。

テクノロジー犯罪調査は、犯罪手口の特殊性などから専門的な知識と経験が必要になるため、探偵社であればどこでも対応・解決できるわけではありません。他社で断られたご相談や、解決できなかった調査のご依頼を歓迎します。ご相談はメールまたはお電話をいただければと思います。私どもの経験と実績をご信頼ください。お力になれるよう尽力いたします。

電磁波調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1お問合せご相談

    まずは面談のご予約をお取りください。年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフと面談していただきます。ご相談に関連する資料やメモなどの記録をお持ちでしたら面談時にご持参ください。探偵には守秘義務があります。お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありません。安心してご相談ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    ご相談の結果、アドバイスのみではなく、調査のご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて「委任契約書」を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、ご依頼者と受任者が同一内容の書類を1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    調査の後、訴訟をお考えの場合は裁判にも有効な報告書をご提供いたします。相手の顔がはっきりと映っているなど、訴訟の証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートにも配慮し、精神的被害を受けた心のケアが必要なケースではカウンセラーを紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop