電磁波測定調査解決事例

Electromagnetic-Waves case

ホーム > 電磁波測定調査関連記事 > 電磁波測定調査解決事例 > マンション内で起こる「電磁波攻撃」の仕組み
公開日: 2021/09/27 最終更新日: 2021/09/21
電磁波測定調査関連記事 - 電磁波測定調査解決事例
 公開日: 2021/09/27 最終更新日: 2021/09/21

マンション内で起こる「電磁波攻撃」の仕組み

マンションの電磁波攻撃は非常に多く聞かれる話です。

上下、横、あるいは集合住宅同士の場合、隣の敷地のマンションからも電磁波攻撃をしてくる可能性があります。

集団ストーカーのターゲットがマンション住人だったらどのような加害をしてくるかをご紹介します。

目次│マンションに住む嫌がらせ被害者相談室

マンションは加害側にとって有利?

密接な造りが加害に有利

マンションであれアパートであれ、集合住宅は加害者が立ち入りしやすくなります。

賃貸、区分所有にかかわらず、居室の構造がわかりますので、どこに何が置いてあるか把握しやすいのです。

また両隣上下階と居室があれば、いずれかに加害者が入りこみやすくなります。また他の住人に委託してその人たちに指示しやすいのです。

ターゲットの行動パターンさえ分かってしまえば、定期的に電磁波攻撃をすることができます。そのためマンションなどの集合住宅は集団ストーカーとテクノロジー犯罪がしやすい環境といえるでしょう。

マンション内で行なわれる手段

最初はマンション内に忍び込む

ターゲットと同じマンションに住んでいる近隣住人は、加害側から協力してほしいと依頼することもあります。上下階に空きがあれば、執着した加害者であれば即契約することも考えられます。

もし、プロ集団が関与していれば、工事関係者になりすましたり、エレベーターの点検作業員になりすまし、侵入することだって可能です。

またマンションなどの集合住宅は一軒家よりも人間関係が密なために、ある程度お互いが関わることを想定して近隣住人を利用した意図的な嫌がらせを行ってきます。

人間関係を破壊することも

マンションなどの集合住宅は、上下隣のお部屋だけではなく隣の建物からも監視できるまさに中央集権的な機能を持たせることすら可能です。

しかも、電磁波攻撃だけではなく、リアルな近隣住人の人間関係においても一軒家よりも威力を発揮します。一般的な集合住宅の場合、決まり事や集会など各住人に帰せられた対応が求められ人と関わることが多いのが特徴です。

もちろん限られた高級集合住宅は事情が違いますので必ずしも当てはまるとは限りませんが、マンション内での交友関係がうまくいかなくなったり、避けられるように感じたら工作された可能性もあるでしょう。

マンション内の騒音工作

工事音や夜通し騒がしくできる加害のシナリオ

マンション内で聞こえる騒音について、隣人に確認しても「うちじゃありません」と言われたことはないですか?

それは、上下階と決めつけていることも原因の1つになります。そもそも騒音を出すだけであれば、配管やエアコンの室外機など室内に通じる空間があれば外部からも十分可能です。

上下階であれば、まず管理人に相談して対策することが可能です。ただし、証拠が必要になるケースが多いので騒音を継続して測定することが必要になります。

敏感になれば工事の音も気になってしまう罠

マンションで集団ストーカーが好都合な状況をつくりだせるのが工事です。音に敏感になれば工事の音も騒音として精神的にダメージを負います。

音に敏感になったことを加害側に知られると、うるさい車が頻繁にマンション前を通り、意識させようとするのであまり敏感に反応しないことを意識してください。

集団ストーカーの目的

集団ストーカーは組織犯罪

集団ストーカーに加担する人たちには、何らかの理由があってメンバーに加わっているようです。考えられるのは次のようなケースです。

  • 個人的な理由で集団ストーカーの仲間入りをしている
  • 報酬目当てや生活のための闇バイト
  • 怨恨など、ターゲットにした相手を、社会的、経済的破綻させたい理由がある

集団ストーカーは組織で動いているので、特殊詐欺など、嫌がらせの背後には何かしらの犯罪が隠れている可能性もあります。

昨今話題の煽り運転や学級内・職場でのいじめなどは、集団ストーカーの動きと類似した点も多く、もしかしたら犯罪組織に動かされているケースもあるのかもしれません。

海外では集団ストーカーは「ギャングストーキング」と呼ばれ、頻繁にニュースや雑誌などの特集で取り上げられていますが、日本では集団ストーカーが大々的に取り上げてられる機会はまだ少ないようです。

そのため「集団ストーカー」が逮捕案件に通じる犯罪だということはもちろん、「集団ストーカー」そのものを理解している人もまだ少ないようです。

感情をコントロールする力が必要

集団ストーカーの目的は、ターゲットにした相手につきまとう、監視するなどの嫌がらせをすることですが、その他にも嫌がらせを繰り返してターゲットを感情的にさせたり怒らせたりして、被害に遭っているのに「嫌がらせの加害者に仕立てる」ようなこともするので、どのような嫌がらせをされても、決して反撃に出たり、攻撃的な行動を起こしたりしないようにしてください。

物理的な暴力とは違う心理的な虐待

集団ストーカーに加担している人は、主犯格に命令されて動いている「駒」に過ぎません。指示どおりに動きますが、危害を加えてくるようなことはありません。プライバシーを覗き込み、盗撮や盗聴を繰り返す集団ストーカーは人権を無視した犯罪です。

個人に対し集団でさまざまな嫌がらせをしてくるので恐怖を感じたり不安になったりするかもしれませんが、1人で悩まず私ども「ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口」にご相談ください。

集団ストーカーQ&A

Q

今のマンション以前のアパートで電磁波に撃たれて引越しをしてきたのですが、今の住居でも相変わらず電磁波を撃たれます!

A

ご質問者さまが誤解されているのは電磁波攻撃というのは「環境因子」ではなく、あなた自身がターゲットにされているためというご認識に変えてください。なので、何度引越しをされても加害側はあなたについてまわりターゲットとして、いつまでも電磁波攻撃をしてきます。

Q

マンション住まいをやめて一軒家に引越そうと計画中ですが邪魔されているのを感じます

A

現在のお住まいが加害しやすい環境の場合、全力でターゲットに加害しづらい環境に引越しされるのをに邪魔をしてくるケースがありますが、所詮邪魔しかできないので、あまり気にすることはありません。ただし、引っ越し前後の日はGPSをつけられたり、尾行してくる可能性もあるので、引っ越し先がバレないように工夫する必要があります。

Q

集団ストーカーは解決できる?

A

解決できます。方法は2通りあって、1つは警察に被害届を出すことです(状況によっては所轄の警察署長から「警告」「禁止命令」を出してもらうこともできます)。もう1つは主犯格を突き止め、嫌がらせをやめてもらうよう直接交渉することです。いずれの場合でも嫌がらせを証明する証拠が必要になります(ご依頼をいただければ私どもが証拠の入手、被害届を提出する際の書類の作成もお手伝いいたします)。また、主犯格と直接交渉する際は、被害に遭った方が単独で交渉に臨むのは危険なので、警護を兼ねて私どもの調査員が「立会人」として同席いたします。その他にも集団ストーカーによる嫌がらせが理由で体調を壊した、精神的な苦痛を被ったとして主犯格を訴える、損害賠償を請求するなどの方法もありますが、こちらは弁護士に訴訟準備等の依頼をしていただくことになります。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop