電磁波測定調査解決事例

Electromagnetic-Waves case

ホーム > 電磁波測定調査関連記事 > 電磁波測定調査解決事例 > 電磁波に過敏の人は銀歯はNG!?
公開日: 2021/10/07 最終更新日: 2021/09/22
電磁波測定調査関連記事 - 電磁波測定調査解決事例
 公開日: 2021/10/07 最終更新日: 2021/09/22

電磁波に過敏の人は銀歯はNG!?

銀歯の方は多いではないでしょうか?

しかし、この銀歯が最近色々な理由で身体によくないのではという見解が多く出回っています。特に電磁波の関係で体調不良を引き起こすと言われていますのでご紹介します。

目次│電磁波被害相談窓口

銀歯が身体によくないと言われる理由

金銀パラジウム合金は日本だけ

歯に詰めてある銀歯には、長年の経過による重金属が蓄積していくことで身体に悪影響を及ぼすとされています。

またスプーンなどを口に含んだ場合に、異なる金属が銀歯に重なると口の中の唾液で電気の伝導性が高まるためピリッとするだけでなく歯がしみるのを感じることをガルバニー電流といいます。

長年銀歯でいると、また銀歯の部分が多ければ多いほど徐々に口の中に重金属が溶け出すためにこの不快な経験する人が多くなります。 銀歯は金銀とパラジウム合金で構成されていることが多いですが、この銀歯の構成は日本だけです。

アレルギーの人は特に銀歯はしないほうがいいです。また、セメントで歯と銀歯をくっつけるのですが、完全にくっついているわけではなく、空間があるためそこから細菌が入り込むので虫歯になります。最近の歯科の傾向として、銀歯は採用されない方向になっています。

但し、一時期、日本皆国民保険ということで安価にできる歯の詰め物として採用されていたので、身体によくないにもかかわらず今でも銀歯を詰めている人が多数いるのが現状です。

銀歯が電磁波に反応するのはなぜ?

人体にある金属に影響を与える

詰め物などの歯の修復物や消毒は身体に影響を与えることが分かっています。銀歯の詰め物・被せ物だけでなくインプラント、入れ歯のバネや床、それに樹脂のレジンなどがあります。

材料となる水銀、金属、レジンが人それぞれの体質によってアレルギーであったり、電磁波過敏症だったりします。

特に問題とされている素材が金銀パラジウム合金、銀合金、ニッケルクロム合金、チタン、アマルガムです。

これらは国民保険などで安価に使用できるものもあれば保険外のものもあります。金合金(自費)もありますが、金そのものが電磁波を媒体していることがあり、素材に問題があるよりも電磁波のみに問題があるとされています。

自分の歯の詰め物などが電磁波に影響されているかどうかを知りたいなら次の方法をお勧めします。アルミホイルを口回りに巻いて数時間過ごした時に、原因不明のつらい症状が緩和されたならあなたの歯の詰め物などが外気の電磁波と相互干渉を引き起こしているといえます。

電磁波が詰め物にあたると二次被害を引き起こす

もともと人間には電流が走っている

なぜ歯の詰め物が身体によくないのかは単純な電磁波の影響だけではなく、人がもともと持っている微弱電流もあいまって、口のなかで金属イオンとして金属が唾液中に溶けると電子を放出することで口の中に電流ができます。

これをマイクロガルバニック電流といいます。マイクロガルバニック電流は心停止や脳死、自律神経失調症にも影響します。詰め物がとれると細菌が身体のなかに入り込み病気を引き起こすとも言われています。

電磁波が歯の詰め物等にあたると非常に不快になるのは、要するに歯の詰め物等に当たるだけではなく、詰め物から溶け出す金属イオンの電子が口の中に拡がることで口腔内が頬など他の組織と繋がっているから症状が全体的に引き起こすものと考えられます。

つまり歯の詰め物等が電磁波に干渉されると身体は重金属蓄積被害と金属イオンによる不快症状の二次被害がもたらされるということになります。

電磁波Q&A

Q

家電やスマホの電磁波という以前に、集団ストーカーに電磁波攻撃を受けています。

A

電磁波を悪用しても、ピンポイントで歯を狙って撃ってくるケースは限りなく低いと思われます。念のため、歯科医に銀歯を変えてもらうようにしたいところです。

Q

なぜ歯の詰め物等、身体に害のある素材を使うのでしょうか?

A

保険で認可されているものと保険外の素材があり、それらは医師会がコントロールできるというわけでもないようです。特に日本だけが金銀パラジウム合金という他の国では使用しない合成金属を使用していることは謎ではありますが、日本が他の国と比べて食品添加物が多いことと、なんらかの原因があるかもしれません。

Q

集団ストーカーの被害にあっていますけど、信じてくれますか?

A

もちろんです!まずは現状をお聞かせください。集団ストーカーの嫌がらせや被害を訴えたとき、「気のせい、考えすぎ」「被害妄想」といったように受け流されたり、場合によっては精神疾患を疑われたりするケースが多く見受けられますが、気のせいで片づけようとする人は「集団ストーカー」を知らないからだと思っていいかもしれません。家族や友人に苦しみを打ち明けたいのであれば、あなたの話を信じてくれる人にしましょう。もし、誰も話を聞いてくれそうにないときは、私どもの「対策専門窓口」をお頼りください。無料相談およびコンシェルジュサービスを設けております。

電磁波被害調査ならご相談ください!

探偵事務所が電磁波を測定する理由

電磁波がターゲットに向けて「人為的に照射されている」場合、測定するだけでは解決に至りません。電磁波測定はあくまで検出値が正常かどうかの「数値の確認」であり、数値に異常が認められた際に求められるのは、「誰が電磁波攻撃をしているのか」を特定することです。

原因不明の体調不良が続き、電磁波の影響をお疑いの方は、まず「電磁波の数値」を調べてみてはいかがでしょう。数値が正常値なら、電磁波の影響だと思っていた体調不良は気のせいかもしれません。

しかし、異常な数値が検出されたら集団ストーカーに狙われている可能性が出てきます。

電磁波攻撃が原因なら、私ども「対策専門窓口」が問題解決のお手伝いをいたします。

電磁波と向き合うなら専門家に

集団ストーカーの被害に遭った方のほとんどが「嫌がらせをされているけど、話を信じてくれる人も相談にのってくれる人もいない」という経験をされています。問題を解決するには、何よりも嫌がらせをされる苦しみを理解してくれる人が必要です。

「ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口」は、全国から寄せられる数多くのご相談に耳を傾け、ときにはアドバイスをし、ときには調査に乗り出してさまざまな問題を解決するお手伝いをしてきました。

信じてくれる人がいないという方は、おひとりで悩まないでください。私どもは電磁波攻撃や電磁波過敏症などに苦しむ方々のよき理解者となり、問題を解決に導く手助けをいちばんの使命と考えております。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop