電磁波測定調査関連記事

Electromagnetic-Waves

ホーム > 電磁波測定調査関連記事 > 電磁波対策をお考えの方へ
公開日: 2022/03/03 最終更新日: 2022/04/08
電磁波測定調査関連記事
 公開日: 2022/03/03 最終更新日: 2022/04/08

電磁波対策をお考えの方へ

電磁波被害の対策を考えよう!

電磁波は、自然界にも存在し、生活の中で不可欠な家電製品やスマートフォンなどからも発生しています。現代人が電磁波の囲まれて生活しているといっても、過言ではないでしょう。

しかしながら、Wi-Fiやスマートフォン、電子レンジなどが発するマイクロ波(高周波)、電気配線や家電製品から発する低周波などの電磁波によって体調不良を引き起こす「電磁波過敏症」に悩まされている人がいるのも事実です。

電磁波を、生活していく上で全て排除することはもはや不可能ですが、適切な対策を取ることで、重症化を防ぐことができます。

電磁波被害対策│目次

専門家
電磁波対策相談
2022年3月3日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、電磁波対策でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

まずは生活環境を見直す

電磁波による健康被害は年々増加

家電製品がある場所に、必ず電磁波は存在します。そして、電磁波の影響を受けやすい人、受けにくい人がいます。

電磁波は目には見えないため、どれくらい、悪影響があるか分かりにくく、電磁波による健康への影響は、科学的に解明されていないことも多くありますが、電磁波による健康被害を訴える人が年々増加しているというデータもあります。

人間の体も電磁波の影響を受けている

自分が電磁波の影響を受けているかを知るための方法は確立されていません。

しかしながら、テレビや冷蔵庫の後ろや、電化製品のソケットの束などにホコリが溜まって真っ黒になるのが、電磁波の影響で、空気中のホコリを吸い寄せている状態であり、人もまた微弱な電気信号を帯びていることを考えれば、人体にも電磁波の影響を受けていると考えられます。

自身でできる対策とは

「デジタルデトックス」とは

現代人の生活は、すでに電磁波から逃れることができないものです。電磁波の影響と考えられる「電磁波過敏症」が急増している今、個人レベルでも最低限の安全策を取る必要があります。

「スマートフォンでの会話の際にはイヤホンを使う」「使用していない家電製品はコンセントを抜く」などの「デジタルデトックス」の習慣をつけることから始めてみてもいいでしょう。

「アーシング」とは

ストレスや疲労の原因とされ、人体に影響を及ぼすとされる、体内の余分な電気(帯電)を排出する方法として、アース線が搭載された大型の家電製品は必ずアースをつなぐ、パソコンやスマートフォンを充電しながらの操作をしない、電子レンジ使用中は1メートル以上離れることなどを習慣化し、屋内ではなるべく裸足で過ごし、体内に溜まった静電気を逃すことも効果的といわれています。

「電磁波過敏症」が重症化する前に…

病院では治らない病

原因不明の頭痛や体の痺れ、不眠症などが続く場合、その原因として「電磁波過敏症」の可能性を疑いましょう。

しかし、残念ながら「電磁波過敏症」は病気として診断されることはなく、対症療法のみで、その根治に至ることはありません。自宅や職場などにおける、適切な電磁波測定調査により、その原因が明らかになります。

正しい測定と対策を

当事務所の調査員は電磁波測定士(一般社団法人日本電磁波協会認定)の資格を保有しており、さまざまな周波数の電磁波を測定可能です。正しく電磁波を測定し、対策を施すことで人体の健康のみならず、精神的にも平穏な生活を取り戻すまでお手伝いいたします。

電磁波対策のコンシェルジュ

コンシェルジュの目的

コンシェルジュは皆さんの理解者となるべく立ち上げました。電磁波の被害者と接してわかったことは、被害者がネットの情報を鵜呑みにしてしまい、被害と関係のない状況でも「電磁波攻撃」と間違った対応をとることもあります。

そのような状況では、「第三者の状況把握」と「電磁波に関する正しい知識」が重要です。電磁波の影響は個々に違うため、被害者同士の情報共有が参考にならず、解決に至らない方も多く見受けられます。

コンシェルジュでは、「電磁波測定士」が電磁波被害が証明できるようにサポートしますので、1人で悩まずお気軽にご相談ください。

まず、電磁波について知ることから始めましょう。

電磁波相談フォーム

電磁波について詳しくお聞きしたい方の専用相談フォームになります。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop