電磁波測定調査関連記事

Electromagnetic-Waves

ホーム > 電磁波測定調査関連記事 > 電磁波問題を解決できる専門相談窓口
公開日: 2021/01/17 最終更新日: 2022/06/24
電磁波測定調査関連記事
 公開日: 2021/01/17 最終更新日: 2022/06/24

電磁波問題を解決できる専門相談窓口

電磁波ストレスの心身への影響

電子レンジやスマートフォン、ホットカーペットなどの電気機器からは、多くの「電磁波」が発信されており、自然界にも存在するものです。しかしながら、電磁波は、人体に悪影響を与えるといわれています。科学的な立証が難しいものもありますが、多くの人が症状を訴えているのもまた事実です。

これを、ターゲットに対して、意図的に照射し、健康被害をもたらそうとする者も存在し、その多くはグループを結成し、嫌がらせをする「集団ストーカー」です。

電磁波被害相談│目次

「電磁波」を正しく理解する

「電磁波」とは何か

「電磁波」とは、電気が流れているものに周波として伝わり、次々に波を生むものです。電磁波は身近な電気機器でも発生していますが「安全基準」が設けられ、日本では、世界的にみても、厳しい基準が設定されています。

しかしながら、この基準とは関係なく、電気機器などからの電磁波に敏感に反応する体質の方がおり、「電磁波過敏症」という考えが一般化しつつあります。「電磁波過敏症」では、以下のような症状があります。

  • 目の症状(見えにくい、目が痛い・うずく)
  • 皮膚の症状(乾燥する、赤くなる、できもの)
  • 顔の痛み(ほてり、むくみ、水泡、ひりひりとした痛み)
  • 口の症状(口内炎、味覚障害)
  • 歯やアゴの痛み
  • 粘膜の症状(異常な乾燥)
  • 頭痛(頭痛、記憶喪失、うつ症状)
  • 疲労(集中力の欠如、異常な疲労の感覚)
  • めまい(失神、吐き気)
  • 関節痛(腕やヒザなどの痛み、肩こり)
  • 呼吸(動悸、呼吸困難)
  • しびれ(腕や足などのしびれや麻痺)

これらは即、生死につながるような疾病ではありませんが、白血病や発ガン確率が上がるなどの論文も発表されており、一種のアレルギー体質でもあるため、住環境の見直しが必要です。

電磁波にまみれた現代人の生活

専門家の意見も取り入れ、住環境の整備を行ったとしても、スマートフォンや各種家電機器を完全に立った生活は現実的ではありません。

「電磁波と上手く付き合う」ことを考え、電気機器にアースがあるように、素足で電磁波を地面に放電する「アーシング」を行なうことなどで、症状の軽減を図ることができます。

「電磁波被害」に遭ったら

嫌がらせ目的で電磁波を悪用する者も

電磁波の特徴を利用して、嫌がらせ目的で、ターゲットに対し電磁波を照射することは犯罪行為に他なりません。

電磁波照射装置あるいは電磁波照射ガンといったものもあるとされています。

しかしながら一方で電磁波は目に見えず、耳で聞くこともできないので、相談したとしても信じてもらえず、「思い込み」だと片づけられてしまい、上記のような症状に苦しみながら、独りで悩みを抱え込んでいることも少なくありません。

体の異常な変化に気付いたら

被害者も、最初は症状が出たとしても「ちょっと疲れがたまっているのかな?」と考えがちですが、症状が長期化するにつれ、吐き気やけいれんなど重症化することもあります。

さらに重くなると、思考も働かず、動けなくなってしまうことにもなりかねませんので、早急な対応が必要となります。

電磁波被害「エレクトロニックハラスメント」

“見えない敵”とどう戦う

電磁波や超音波などを使って、ターゲットに苦痛や精神疾患を引き起こしたり、脳に直接働きかけることなど、心身に害を与える犯罪行為を「エレクトロニック・ハラスメント」といいます。

身を隠して攻撃することが可能なため、単独で対抗することは事実上、不可能です。当事務所には、電磁波に関する経験が豊富である「電磁波測定士」に資格を持った調査員によって、その発生源を探り当てます。

「電磁波被害」を立証します

加えて、それが「電磁波」による被害であるならば、犯人の特定までサポートし、その迷惑行為を立証し、ご依頼者のご意向に沿った解決方法を探り、さらなる被害を食い止めるまで、サポートいたします。

私たちができること

電磁波への意識

電磁波の解決には原因追及と今後の対策について考えなければいけませんが、そのためには専門的な知識を持つ人協力者が必要不可欠です。

なぜなら、社会の認識が低く、国民全体に危機意識が浸透していないためです。水面下で被害が起きているものの、ネットではいまだに不確かな情報や対策グッズが蔓延しており自分で解決することが難しいのです。

豊富な実績と経験豊富なスタッフが対応

電磁波による「攻撃」への対抗手段は、科学的な因果関係の解明だけでは解決はできません。故意に行なわれている電磁波の発生源を特定はもちろん、科学物質過敏症(CS)の重複はないか、電磁波過敏症に効果的な※アースの環境チェックまで全て行っております。

※アースが接続されていれば人体に電気が流れるのを防ぐ。

相談することで解決できることも

  • 電磁波測定士として正確な情報と対策のご提供
  • 電磁波測定士とは、電磁波から健康を守るための電磁波対策に特化した資格です。電磁波に関する正しい知識を持つため嘘の情報に振り回される心配がなく、適切な対策方法のご提案が可能です。

  • 理解者の必要性
  • 長い間、被害が解決できず心身ともに傷を負っている被害者には、心の支えとなる味方がいなければいけません。また、被害を周囲に相談しても理解されず、孤独のまま被害を受け続けるケースもあります。

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、被害者の心の支えとして、親身になって解決サポートを行います。

電磁波対策コンシェルジュサポート

コンシェルジュの目的

コンシェルジュは皆さんの理解者となるべく立ち上げました。電磁波の被害者と接してわかったことは、被害者がネットの情報を鵜呑みにしてしまい、被害と関係のない状況でも、「これは電磁波攻撃だ!」と思い込んでしまう傾向になりやすいのです。

そんな状況を経験したことで、「第三者の冷静な状況把握と正しい知識」がとても大切であることを知りました。電磁波の被害は個々に内容が違うため、被害者同士の情報共有(成功例や失敗例)が時に被害を悪化させるリスクもありました。

コンシェルジュは、電磁波に関する経験が豊富である「電磁波測定士」であり、電磁波被害が証明できるようにサポートする「協力者」でもあります。1人で悩まずにお気軽にご相談ください。

まず、電磁波について知ることから始めましょう。

電磁波相談フォーム

電磁波について詳しくお聞きしたい方の専用相談フォームになります。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop