ホーム > 探偵wiki > 探偵用語 > ネット工作による情報操作について
公開日: 2024/05/15
探偵wiki - 探偵用語
 公開日: 2024/05/15

ネット工作による情報操作について

情報工作

ネット工作による情報操作は、インターネットやソーシャルメディアを利用して意図的に情報を歪め、世論や意見形成に影響を与える行為です。

これは、偽情報の拡散、複数アカウントの操作、意図的な誤解の誘導などが含まれます。

ネット工作は社会に深刻な影響を及ぼす可能性があり、情報の信頼性やオンラインディスカッションの健全性に関わる問題となっています。

対策としては情報の検証や信頼できる情報源の利用が重要です。

髭を生やしたとハットを被った探偵イラスト

監修者:山内 和也2024年5月15日更新

ストーカーや嫌がらせの調査経験は15年以上。追跡や監視、証拠収集などあらゆる手法を駆使して、ご依頼者の安全と安心を保証する。どんな困難な状況にあっても、一緒に問題解決に向けて取り組んでいく覚悟に満ち溢れている。

⇒ 監修者ページ

1- ネット工作による情報操作とは?

主に企業などがネット工作を意図的に利用すると言われています。もちろん複数のネット工作会社があり、仕事の依頼としてネット工作という分野があります。

消せない誹謗中傷も「検索順位」を意図的に落とす工作も現実的にあり、情報操作はある程度はできてしまいます。

ネット工作は、特定の企業や人物にたいして悪評を書いた書き込みを削除したり、掲示板をなくしたり検閲させ監視する行為まで含まれます。

企業は自分の利益を守るために「事実かどうかは別として」自社の悪口や誹謗中傷をする書き込みがあれば削除申請、書き込みした人の割り出しを行ないます。

誹謗中傷など「名誉棄損」と考えられる内容の投稿があった場合、「Google検索」「Yahoo検索」「Bing検索」でそれぞれコンテンツを削除することができます。

2- 嫌がらせに関する情報操作

嫌がらせに関する情報操作は、ネット上での嫌がらせ行為を支援するために情報を操作する行為を指します。

これには、被害者を誹謗中傷する偽の情報の拡散、悪意のあるコメントや投稿の増幅、被害者を非難するデマの広まりなどが含まれます。

情報操作によって嫌がらせの影響が拡大し、被害者の名誉やプライバシーが侵害される可能性があります。

対策としては、被害者のサポートや情報の検証、適切な報告や法的措置の活用が重要です。

復讐代行や組織犯罪の真相を歪めることも

実際に存在する犯罪組織の真相を歪めて、「被害妄想者」の書き込みと思い込ませるための情報操作もあります。

嫌がらせ被害者が書き込んでいる被害内容を、複数のアカウントで「統合失調症」と決めつけて相手にしないように仕向けます。

嫌がらせの被害状況に関する情報は、ネットで監視する人の操作によって太刀打ちできないようにつぶされます。

このような情報操作によって精神的に追い込み、「自分はもしかしたら病気なのかも」と思わせる「心理操作(マインドコントロール)」が問題となっています。


参考書籍:2023年6月1日発刊 日経サイエンス

3- 情報操作に関するページ

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop
メール相談 LINE相談 電話相談