集団ストーカー解決事例

Group-Stalker case

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカー解決事例 > 集団ストーカーから逃れるために必要な行動
公開日: 2021/03/01 最終更新日: 2021/03/18
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカー解決事例
 公開日: 2021/03/01 最終更新日: 2021/03/18

集団ストーカーから逃れるために必要な行動

コロナ禍で世界中が自粛の日々を送っている今、集団ストーカーのターゲットにされた被害者が夜逃げのように引っ越したりと以前のような心の余裕がなくなってきたという報告が相次いでいます。これを機に、集団ストーカーから逃れる方法を見つけ出して被害に遭う前の生活に戻るようにこころがけましょう。

集団ストーカーからの解放│目次

マインドコントロールを解く

疑いを持ってみる

集団ストーカーは精神的な嫌がらせを行ない、ターゲットの活動範囲を縮小するために、大勢の加担者を使って異常な世界を作り上げるように仕向けます。そうすると普段気にしなかったようなことも、徐々に不信感を抱くようになり、家族や友人ですら拒絶しだし、集団ストーカーが作り上げる世界に引き込まれてしまうのです。

この段階で立ち止まることができれば、「集団ストーカーの目的」や「仕掛けた罠」が見えるようになります。そのためには、日本の法律や迷惑防止条例を知り、いつでも証拠収集ができるように冷静でいることが必要です。集団ストーカーの被害は、「洗脳工作」です。犯人を特定することが難しいと思ってしまうのも一種の洗脳なのです。

難しく考えていませんか?

集団に対して1人で立ち向かえば難しいですし、全ての証拠取得を目指せば膨大な時間がかかってしまいます。冷静になることができれば、今起きている被害の優先順位を決めて証拠収集を行えば難しくはないのです。まずはマインドコントロールから解放させることを第一に考えましょう。

おのずと集団ストーカーから離れていき、平穏な生活を取り戻すことができるでしょう。1人では難しいことは、無理に抱え込まずに気軽にご相談してください。

集団ストーカーにフォーカスしない

メンタルコントロール

「集団ストーカーは常に監視している。」このことは、集団ストーカーの被害者からよく聞くフレーズですが、監視されていることにフォーカスしていると周りが見えなくなることに気が付いていますか?集団ストーカーはフォーカスすればするほど、心理的な攻撃はエスカレートしてしまいます。

集団ストーカーの加害行為に「つきまとい」がありますが、この行為は自分が全く気づかなければただの通行人です。つきまとう目的がわかっていれば無視できてしまうのです。確認のためにお伝えしますが集団ストーカーのつきまといは「常時監視している」と植え付けるために定期的に行う洗脳作業です。※一部例外がありますがここでは省きます。

生活リズムを変えない

つきまといや盗撮を恐れて外出しないという選択をする方もいますが「逆効果」です。引きこもる行動は、集団ストーカーを常に意識した生活となり、ますます深みにはまります。いつも通りの生活を心がけて、意識を向けないようにしましょう。証拠収集など自分では難しいことは、専門家に任せてしまいましょう。

情報戦略に長けている

ハイテクと見せかけたアナログ

集団ストーカーの被害者ブログやTwitterで、ハイテクな装置が使われているのは理解できるのですが、「衛星で監視されている」「警察に監視されている」など書かれていますが、実際にそうでしょうか?マインドコントロールさせているだけだとしたら?いろいろな手法で集団ストーカーの描くシナリオの世界に落とし込むだけだとしたら、いち早く気付くことが必要です。

集団ストーカーの技術は昔ながらのアナログ体制で行われています。被害者側が発信している情報が誤って伝わり、ハイテク機器を駆使した嫌がらせと刷り込まれるようになりました。そもそも集団(複数人)で行なうストーカーは、「常に狙われている恐怖心」を植え付けることを目的としています。そのために、集団ストーカー被害者の前に現れたりするのです。

ハイテクは電磁波の照射だけ

一番の問題は、電磁波の照射になります。電磁波の照射され続けると体力の消耗、疲れやすくなることから体調不良を作り出すことは簡単です。電磁波の身体的な被害はさまざまですが、睡眠不足になる方が多く、体力的にも精神的にもダメージは受けることになります。電磁波過敏症と思われる症状が出たときは、周辺環境をチェックしてみた方がよいでしょう。

周知活動による「見える化」に

理解者の必要性

ネットの普及により、集団ストーカーの実態が「被害妄想や統合失調症」からくる症状ではないことが明らかになったきっかけは、2019年夏頃のTwitterでの集団ストーカーから救済するための拡散でした。Twitterで共有した仲間が集まり、お金を出し合い集団ストーカーの実態のデモ活動の準備などを行ない、自分のペースで周知活動をしているのです。

偽被害の存在

偽被害者はいるのか?という質問がありましたので、わかる範囲でお伝えすると、少なからず存在しています。インターネットの世界でも工作員がいるように、集団ストーカーの周知活動を邪魔をする存在がいることは確かです。内閣府に集団ストーカー被害者の嘆願書を送るとTwitterで拡散された日に、被害者同士の分断工作が行なわれ、何かしらの圧力が動いたことは確かです。

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

逃れない解決方法

集団ストーカー対策

集団ストーカーによる嫌がらせをやめさせ、問題を解決するには徹底した「証拠収集」が必要です。損害賠償請求や訴訟をお考えの場合、証拠がない状況で被害を訴えても、周囲は理解してくれるどころか「オオカミ少年(※1)」とみなされて孤立が進むだけです。

問題を解決したい方は私どもにお任せください。誰が嫌がらせをしているのか、主犯格の特定や嫌がらせの実態を証明する証拠の収集など、専門的なことは私どもにお任せいただき、ご依頼者は普段どおりに生活してください。

「見える化」への取り組み

集団ストーカーの被害を訴えると、聞く耳を持とうとしない人は「統合失調症の妄想」や「思い込み」「ただの偶然」と決めつけることがあります。しかし、集団ストーカーは被害に遭った方の妄想や思い込みなどではなく、「れっきとした犯罪」行為です。

集団ストーカーは複数のメンバーで嫌がらせやつきまといなどの行動に出るため、どのくらいの規模、人員で動いているのかわからないと、誤って無関係の人を犯人と名指ししてしまう危険を伴います。早計な判断は解決までの遠回りになるので、勢いに任せるなど根拠のない行動は慎むようにしましょう。怪しいと思った人がいても、専門家に確認するようにしてください。

※1「オオカミ少年」:繰り返し嘘をついていると、やがて周囲の人から信用されなくなってしまう童話

真実を知らなければ何も変わらない

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop