集団ストーカー解決事例

Group-Stalker case

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカー解決事例 > ギャングストーカーの情報操作に備えましょう!
公開日: 2021/03/12 最終更新日: 2021/03/29
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカー解決事例
 公開日: 2021/03/12 最終更新日: 2021/03/29

ギャングストーカーの情報操作に備えましょう!

ギャングストーカーは、インターネットを利用をして情報操作することが可能です。ギャングストーカーの被害者であることを自覚したのは、「インターネットでギャングストーカーに関して独自に情報収集した」人は多いかと思います。今回お伝えしたことは、悪意のある「情報操作に惑わされない」ようにする対策をお伝えします。

目次│ギャングストーカー情報操作

ギャングストーカーの実態

ギャングストーカーの認知度

ギャングストーカーは、日本だけではなく世界各国で「ギャングストーキング」の被害を受けている人たちが大勢います。アメリカカリフォルニア州では、ギャングストーキングに対する条例や法律の制定する動きや、ギャングストーキングの組織を追う支援団体や番組などがあり、ギャングストーキングに対する報道が日本より多いのです。

今の世界情勢では、グローバリズムとナショナリズムが二極化していると言われています。コロナウィルスのパンデミック以降、その二極化が進み、ギャングストーキングと言われるシステムが、それぞれの思想・主義・主張を否定する手段として作用していることがわかってきました。

見えてきたギャングストーカー

簡単にいうと、加害組織自ら表に現れてきたと言っておきましょう。正しい情報収集ができていることで、メディアのフェイクニュースに気づく人たちがSNSを通して増えてきました。ギャングストーカーという言葉を悪用して、一回だけの嫌がらせを「ギャングストーカーに狙われている」など脅し文句で使う人もいますが、これはギャングストーカーが認知されている証拠でしょう。

真実を知らなければ何も変わらない

ギャングストーカーの目的

ギャングストーカーは組織犯罪

ギャングストーカーに加担する人たちには、何らかの理由があってメンバーに加わっているようです。考えられるのは次のようなケースです。

  • 個人的な理由でギャングストーカーの仲間入りをしている
  • 報酬目当てや生活のための闇バイト
  • 怨恨など、ターゲットにした相手を、社会的、経済的破綻させたい理由がある

ギャングストーカーは組織で動いているので、特殊詐欺など、嫌がらせの背後には何かしらの犯罪が隠れている可能性もあります。昨今話題の煽り運転や学級内・職場でのいじめなどは、ギャングストーカーの動きと類似した点も多く、もしかしたら犯罪組織に動かされているケースもあるのかもしれません。

海外ではギャングストーカーは頻繁にニュースや雑誌などの特集で取り上げられていますが、日本ではギャングストーカー(集団ストーカー)が大々的に取り上げてられる機会はまだ少ないようです。

そのため「ギャングストーカー」が逮捕案件に通じる犯罪だということはもちろん、「ギャングストーカー」そのものを理解している人もまだ少ないようです。

感情をコントロールする力が必要

ギャングストーカーの目的は、ターゲットにした相手につきまとう、監視するなどの嫌がらせをすることですが、その他にも嫌がらせを繰り返してターゲットを感情的にさせたり怒らせたりして、被害に遭っているのに「嫌がらせの加害者に仕立てる」ようなこともするので、どのような嫌がらせをされても、決して反撃に出たり、攻撃的な行動を起こしたりしないようにしてください。

物理的な暴力とは違う心理的な虐待

ギャングストーカーに加担している人は、主犯格に命令されて動いている「駒」に過ぎません。指示どおりに動きますが、危害を加えてくるようなことはありません。プライバシーを覗き込み、盗撮や盗聴を繰り返すギャングストーカーは人権を無視した犯罪です。個人に対し集団でさまざまな嫌がらせをしてくるので恐怖を感じたり不安になったりするかもしれませんが、1人で悩まず私ども「ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口」にご相談ください。

ギャングストーカーに対抗するために

まずは知ってもらう

ギャングストーカーは、インターネットの普及に比例して周知・ポスティング・被害の報告など被害者一人一人が発信者となって水面下から表に出そうと必死です。2019年はギャングストーカー(集団ストーカ)をあからさまに参議院議員選挙の演説のなかで出てきたりと、知ってる人は知っている状況になってきました。

一般の人がギャングストーカーのことを認識するチャンスが増えており、認知して自分で調べる人たちも増えています。ギャングストーカーが苦手なことは、理解者が増えること、被害者を支援する人たちの存在です。1人でも理解者を作ることは、被害を最低限に抑えることにつながるのです。

被害者同士ではなく身近な理解者が必要

ギャングストーカー被害者は、被害者同士理解を深めようとしても、お互いの被害が違うため、「これは被害ではない」と言ったり、「この人は偽被害だから」と被害者同士の交流を分断するという現象が起きています。基本的に、被害者同士は情報共有のみに徹しないと「偽被害者」に情報操作されてしまうリスクがあることも意識しておきましょう。

ギャングストーカーの被害者同士でも理解ができない理由は一人一人被害の大小があり、その中に被害妄想の方も紛れてしまい、全てがギャングストーカーの被害として認知させようとすることが1つの要因です。また、家族や友人がギャングストーカーの理解者であることはごく少数で、ほぼ家族からも理解されず、心療内科に行こうと促されて、抵抗して孤立しているという状況が見受けられます。

まずは、第三者の冷静な目で被害状況を判断し、必要な対策を一緒に考えられるパートナー探しから始めましょう。孤立しそうになったり、諦めそうになった時はいつでもご相談ください。

無理せず相談から始めましょう!

ギャングストーカーについては早期相談

ギャングストーカーは統合失調症による妄想、思い込み、偶然などではなく「れっきとした犯罪」です。

ギャングストーカーは、嫌がらせに加担しているメンバーの身元がバレるのを極端に恐れるため、組織・集団の規模が小さいとネット上で誹謗中傷を繰り返す傾向があるので、どのような集団がネットストーキングをしているのかを探りたい場合は「オンライン調査」ができる探偵事務所を探す必要があります。

オンライン調査も有効

オンライン調査には専門的な知識と技術が要るので、被害に遭った方が単独でストーカー集団の素性を暴こうとすると、全く無関係の人を「犯人」と決めつけるような誤りを犯しかねません。判断を誤ると解決までの道のりが遠くなることもあります。そのため、ネット上での誹謗中傷に気づき、誰かに批難されるようなことに心当たりがないときは、なるべく早い段階で専門家に相談し、アドバイスしてもらいましょう。

ギャングストーカー対策が必要な方へ

ギャングストーカー対策

ギャングストーカーによる嫌がらせをやめさせ、問題を解決するには徹底した「証拠収集」が必要です。損害賠償請求や訴訟をお考えの場合、証拠がない状況で被害を訴えても、周囲は理解してくれるどころか「オオカミ少年(※1)」とみなされて孤立が進むだけです。

問題を解決したい方は私どもにお任せください。誰が嫌がらせをしているのか、主犯格の特定や嫌がらせの実態を証明する証拠の収集など、専門的なことは私どもにお任せいただき、ご依頼者は普段どおりに生活してください。

解決には協力者が不可欠

ギャングストーカーの被害を訴えると、聞く耳を持とうとしない人は「統合失調症の妄想」や「思い込み」「ただの偶然」と決めつけることがあります。しかし、ギャングストーカーは被害に遭った方の妄想や思い込みなどではなく、「れっきとした犯罪」行為です。

ギャングストーカーは複数のメンバーで嫌がらせやつきまといなどの行動に出るため、どのくらいの規模、人員で動いているのかわからないと、誤って無関係の人を犯人と名指ししてしまう危険を伴います。早計な判断は解決までの遠回りになるので、勢いに任せるなど根拠のない行動は慎むようにしましょう。怪しいと思った人がいても、専門家に確認するようにしてください。

※1「オオカミ少年」:繰り返し嘘をついていると、やがて周囲の人から信用されなくなってしまう童話

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop