集団ストーカー関連記事

Group-Stalker

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > もしかしたら集団ストーカー被害が隠れているかもしれない
公開日: 2020/12/21 最終更新日: 2020/12/26
集団ストーカー関連記事
 公開日: 2020/12/21 最終更新日: 2020/12/26

もしかしたら集団ストーカー被害が隠れているかもしれない

知っておくべき隠された集団ストーカー被害のこと

集団ストーカーは、被害者の認識していないところから徐々に日常を侵食するような形で起こります。そのため、被害者自身がいつから被害にあっているのか? 集団でつきまとわれる被害にあっている気がするけど、実際の被害状況がわからないなど、被害状況の実態や具体例について知りたい方は、こちらのページをご参考ください。

集団ストーカーの隠された被害を知りたい│目次

集団ストーカーの隠された被害とは

被害にあっていることに気づけない

不特定多数の見知らぬ人がストーカー行為をすることが集団ストーカーの主な手口です。しかし、時代の流れとともに手口も多様化しており、どんな被害にあっているのか本人が気づけず、被害を自覚したころには深刻な状況になっていることもあります。気づきにくい集団ストーカーの嫌がらせ行為と理由については下記の通りです。

  • 仄めかし行為
  • 『仄めかし行為』は自分しか知りえない情報を、他人が言ったことによって『監視している』ことを暗に伝えてくることですが、被害者によっては「気のせいかも?」と思ってしまい、被害の自覚をするまで時間がかかるケースがあります。近ごろはSNSを使った仄めかし行為の報告件数が増加しています。

  • 電磁波照射攻撃
  • 電磁波照射攻撃は一定の強さの電磁波を標的に向けて撃つことで、体に痛みやしびれを起こすように仕向けることです。電磁波を体に受けたときの身体的影響はその人の体質によって異なります。そのため攻撃の初期段階では影響が無く、被害を自覚しにくいです。

  • 睡眠妨害
  • 睡眠妨害は電磁波照射攻撃や騒音によってもたらされることが多いものの、特に電磁波照射攻撃の場合だと、攻撃が始まった当初だと『ストレスが原因かも?』と思い集団ストーカーの被害にあっていることをなかなか自覚できないケースがあります。

  • つきまとい
  • 集団ストーカーはお金で雇われるなどしてターゲットに対して複数人でつきまといをするケースがあります。被害者が何度も似たような人を目撃して初めて付きまとわれていることを本人が自覚しますが、つきまといが始まった当初では気づくことが難しいです。

  • 洗脳
  • 集団ストーカーに関する記事はネットにたくさんありますが、中には『加害者側』が集団ストーカーに関する誤った情報を刷り込むために書かれたものも存在します。こうした情報にかき乱されてしまい、自身が気づかないうちに洗脳されてしまうのです。

このように、集団ストーカー被害には気づかないうちに攻撃やつきまといをされていたケースがあります。

被害にあっているけど確信が持てない

『集団ストーカー被害にあっているかもしれない』ケースもあります。なぜそのように被害の自覚を持っているのに確信に至らないかというと、立証できるものがなかったり、周囲の人間から「考えすぎ」、「妄想じゃないの?」と言われることがあるからです。

集団ストーカーの攻撃手段には「ターゲットの孤立」があります。知らない人間につきまとわれたとしても、周囲にそれを信じてくれる人間がいなければ嘘つきと扱われてしまうのは被害者自身です。

集団ストーカーは「犯罪」として認知されなければならない

集団ストーカーの加害者は実態を周知されることを非常に警戒しています。SNSで拡散されることを意識してなのか、被害状況をSNSで書き込まれていないか、ネットストーキングをおこない、「火消し」作業を行っています。迷惑防止条例の改正や、世間の危険運転や迷惑運転の目が厳しくなり、加害者側も無理をしない嫌がらせが増え、警察に通報しても「注意」で済まされてしまうことがあります。大半は、集団ストーカー被害者の過剰反応としか見られないことが多いです。

集団ストーカー被害の詳細を知りたい方へ

さまざまな集団ストーカー被害を知る

集団ストーカーに関する詳細な情報を以下にご提供します。

コンシェルジュサービス実施中!

コンシェルジュの目的

コンシェルジュは皆さんの理解者となるべきに立ち上げました。集団ストーカー被害者と接してわかったことは、被害者がネットの情報を鵜呑みにしてしまい、被害と関係のない状況でも、「これは加害行為だ!」と思い込んでしまう傾向になりやすいのです。そんな状況を経験したことで、「第三者の冷静な状況把握」がとても大切であることを知りました。集団ストーカー被害は個々に内容が違うため、被害者同士の情報を共有(成功例や失敗例)が時に被害を悪化させるリスクもありました。

コンシェルジュでは、集団ストーカーに関する経験が豊富である「理解者」であり、集団ストーカー犯罪が表に出ることをサポートする「協力者」でもあります。1人で悩まずにお気軽にご相談ください。

まず、集団ストーカーについて被害を知ることから始めましょう。

集団ストーカー相談フォーム

集団ストーカー被害について詳しくお聞きした方の専用相談フォームになります。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop