集団ストーカー関連記事

Group-Stalker

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 気のせいかな?もしかしたら集団ストーカー被害かもしれない
公開日: 2022/03/07 最終更新日: 2022/03/17
集団ストーカー関連記事
 公開日: 2022/03/07 最終更新日: 2022/03/17

気のせいかな?もしかしたら集団ストーカー被害かもしれない

知っておくべき隠された集団ストーカー被害のこと

「集団ストーカー」とは、複数の不特定多数の人物による嫌がらせ行為で、尾行や監視、付きまといなどで、ターゲットを精神的に追い詰める手口です。見知らぬ人物が関わることで、異変の原因や被害の実態がつかみづらかったり、証拠を見つけづらいことが特徴といえます。

集団ストーカーの隠された被害

気のせい?集団ストーカーに狙われている?

専門家
集団ストーカー相談
2022年3月7日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、「集団ストーカーの被害かも」と疑われる段階でご相談ください。

集団ストーカーの手口

気づかぬ間に被害者に…

集団ストーカーの手口は、巧妙化、多様化しており、ターゲットにされていることに気づかず、被害を自覚したころには深刻な状況になっていることもあります。

「仄めかし」「電磁波攻撃」「付きまとい」などは、当初は“気のせいかな?”と考えがちであることから、嫌がらせ行為のターゲットにされているという確証が持てないことがほとんどです。

被害の実態も多様化

ターゲットにされた人が受けた被害が、それぞれ異なっている点も特徴の一つです。

「電磁波攻撃」を用いて身体的に害を及ぼすこともあれば、「仄めかし」や「付きまとい」などを組み合わせて、精神的に追いこみ、ターゲットを孤立させることが、その目的です。

原因不明の体調不良も

放置すれば重篤な有害事象も

上記による数々の攻撃によって、ターゲットにされた被害者は、精神的に不安定に陥ったり、睡眠障害なども起きることがありますが、周囲に相談しても、本人に原因を求めることが多く、通院などを勧められたりし、ますます孤立を深めることになりますが、それこそが「集団ストーカー」の狙いでもあるのです。

「仄めかし」や「洗脳」の恐ろしさ

この他にも、徹底した監視行為やネット上のSNSなどを使った嫌がらせ行為も行い、ターゲットのメンタルを攻撃します。

被害者は、自分の周囲で起きていることの全てが怪しく感じ、不安に陥り、ストレスを溜め込んだ結果、精神疾患を発症することもあります。

そのため、日常生活生活の中で、多少なりとも違和感を感じることがあれば、「集団ストーカー」の被害を疑うべきでしょう。

集団ストーカーは「組織犯罪」

組織化された加害者集団

「集団ストーカー」は、嫌がらせ行為などという軽いものではなく、「組織的犯罪」です。その規模の大小に関わらず、加害者は身元が発覚することを何よりも恐れます。

そのため、誰が嫌がらせに加担しているのかをターゲットなどに知られないように、メンバーを入れ替えたりして、発覚を逃れることもします。

完全に解決するまでサポート

「集団ストーカー」に対抗するためには独りで悩んだり、立ち向かおうとしたりせず、当事務所など、探偵・調査会社に依頼することで、現地での聞き込み・張り込み調査やオンライン調査によって、被害の状況や証拠、加害者の特定を可能とします。

加害者側も、ターゲットが探偵・調査会社に調査を依頼している間は、嫌がらせ行為を一時的に抑えるでしょうが、時間を置いて、再開させることも十分に考えられます。

当事務所では、二次被害を防ぐために、被害が完全になくなるまで、徹底的にサポートいたします。

「犯罪」として認知されなければならない

組織化された加害者集団

集団ストーカーの加害者は実態を周知されることを非常に警戒しています。

SNSで拡散されることを意識してなのか、被害状況をSNSで書き込まれていないか、ネットストーキングをおこない、「火消し」作業を行っています。

迷惑防止条例の改正や、世間の危険運転や迷惑運転の目が厳しくなり、加害者側も無理をしない嫌がらせが増え、警察に通報しても「注意」で済まされてしまうことがあります。

大半は、集団ストーカー被害者の過剰反応としか見られないことが多いです。

コンシェルジュサービスについて

集団ストーカー・嫌がらせの被害に遭っている方々の理解者になるべく、対策専門窓口では新たに「コンシェルジュサービス」を立ち上げました。

コンシェルジュは集団ストーカー問題の調査経験者が担当しているので、ご相談をいただいたら、被害状況に合わせ、どのような対応策を講じることができるかを一緒に考えます。

ご依頼者の負担が少しでも軽くなるように、また、1日も早く解決の糸口が見えるようにお手伝いをさせていただきます。

先述したように、理解者や協力者、支援者が増えるのをストーカー集団は嫌がります。1人でもストーカー被害の苦しみを理解してくれる人がいるだけで、これほど心強いことはありません。

理解者が見つからず、心細くて不安な方は、当対策専門窓口の「コンシェルジュサービス」をご利用ください。

コンシェルジュは集団ストーカー被害の苦しみやつらさをともに理解したうえで対応策を講じ、今の状況を変えるお手伝いをお約束します。

まず、集団ストーカーについて被害を知ることから始めましょう。

集団ストーカー相談フォーム

集団ストーカーについて詳しくお聞きしたい方の専用相談フォームになります。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop