集団ストーカー関連記事

Group-Stalker

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーを絶対に許さない!犯人特定して責任追及したい方へ
公開日: 2022/03/08 最終更新日: 2022/03/17
集団ストーカー関連記事
 公開日: 2022/03/08 最終更新日: 2022/03/17

集団ストーカーを絶対に許さない!犯人特定して責任追及したい方へ

集団ストーカー加害者に責任を取らせたい!

集団ストーカーは、偶然を装って行なう犯罪であるがゆえ、被害の実態や加害者の特定は、個人では不可能といえます。ましてや、怒りの感情に任せて、報復を試みようとすれば、一転して“加害者”に仕立てられることにもなりかねません。

「集団ストーカー」に対して、最も効果的な追及方法とは一体何でしょうか。

集団ストーカー加害者の特定や責任追及に関する相談

集団ストーカーを絶対に許さない

専門家
集団ストーカー相談
2022年3月8日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、集団ストーカーでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

「無視」しても止まらない嫌がらせには…

加害行為をエスカレートさせる前に

集団ストーカー対策の第一歩は「無視」することです。しかしながら、その加害行為を放置することで、加害者の行為がエスカレートすることもあり、危険度が増します。

よって、集団ストーカーの被害を感じた時点で、対処法を考え始める必要があります。

追いついていない法整備

ストーカー規制法や、各都道府県は制定している迷惑防止条例により、集団によるストーカー行為は恋愛感情の有無を問わず処罰の対象になったものの、「集団ストーカー」の手口は、さらに巧妙になった感があり、その被害者も増えているのが現状です。

被害者が絶対にしてはいけないこと

行き過ぎると「加害者」に

集団ストーカーの被害を受け、怒りの感情が抑えきれず、加害者に報復しようと考えてしまい、被害の証明ができない状態で、相手方を追及してしまうと名誉棄損などで訴えられ、被害者であったはずが加害者とされてしまい、これでは相手の思うツボといえます。

集団ストーカーは、ターゲットの人物を加害者に仕立て上げることもでき、そのような状況に追い込まれてしまうと、被害の解決どころではなくなります。

過剰反応も危険

集団ストーカーの証拠を捕らえようと、その様子を撮影しようとするなどの過剰な反応も、相手方からすれば、ターゲットを「盗撮犯」に仕立て上げることも考えられます。

このことから、集団ストーカーの被害に遭っている証拠を自力で確保するのはかなり難しいことが分かります。

集団ストーカーに対する責任追及の方法

まずはメモから始める

まずはできる範囲で被害状況を整理してノートにまとめてみましょう。いつどのような嫌がらせをされたのか、あるいは、付きまとい、盗聴や盗撮をされた可能性などです。

これらを相手に悟られないように始めることが重要です。

あらゆる嫌がらせ行為への対処法

集団ストーカーの手口は、「つきまとい」「仄めかし」から「盗聴・盗撮」「ガスライティング」まであらゆる嫌がらせがあります。

当事務所では、さまざまなケースに対応し、経験豊富な調査員が、専門家ならではの、加害者の特定や被害の証明を行い、警察への被害届提出や損害賠償請求などの責任追及の方法を、ご依頼者とともに考え、二次被害を防ぐための施策までサポートいたします。

これだけはダメ!集団ストーカー被害者が絶対にしてはいけないこと

集団ストーカーの被害者が絶対にしてはいけないことは「加害者に報復をする」ことです。

被害を受けている状態がずっと続いているうちに、『やり場のない怒り』『なぜ私がこんな目に』といった感情が抑えきれず、加害者に報復しようと考える場合があります。

被害証明ができないうちに追及してしまうと立場が不利になる可能性が高く、数的有利さから標的を加害者に仕立て上げることもでき、そのような状況に追い込まれてしまうと、社会的信用まで失ってしまい被害の解決どころではなくなります。

集団ストーカーコンシェルジュサービス

コンシェルジュの目的

集団ストーカー・嫌がらせの被害に遭っている方々の理解者になるべく、対策専門窓口では新たに「コンシェルジュサービス」を立ち上げました。

コンシェルジュは集団ストーカー問題の調査経験者が担当しているので、ご相談をいただいたら、被害状況に合わせ、どのような対応策を講じることができるかを一緒に考えます。

ご依頼者の負担が少しでも軽くなるように、また、1日も早く解決の糸口が見えるようにお手伝いをさせていただきます。

先述したように、理解者や協力者、支援者が増えるのをストーカー集団は嫌がります。1人でもストーカー被害の苦しみを理解してくれる人がいるだけで、これほど心強いことはありません。

理解者が見つからず、心細くて不安な方は、当対策専門窓口の「コンシェルジュサービス」をご利用ください。

コンシェルジュは集団ストーカー被害の苦しみやつらさをともに理解したうえで対応策を講じ、今の状況を変えるお手伝いをお約束します。

集団ストーカーの責任追及や被害解決にお悩みの方へ。

集団ストーカー相談フォーム

集団ストーカーについて詳しくお聞きしたい方の専用相談フォームになります。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop