集団ストーカー関連記事

Group-Stalker

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカー許さない!犯人を特定して責任追及したい
公開日: 2020/12/26 最終更新日: 2021/04/05
集団ストーカー関連記事
 公開日: 2020/12/26 最終更新日: 2021/04/05

集団ストーカー許さない!犯人を特定して責任追及したい

集団ストーカー加害者に責任を取らせたい!

複数の人間から構成される集団ストーカーは、加害者同士の複雑な連携を図り、特定することは一筋縄ではいかないでしょう。被害解決は特定だけが全てではありませんが、このページでは、集団ストーカーの専門家だからこそできる集団ストーカーの特定や、責任追及の方法についてご紹介します。

集団ストーカー加害者の特定・責任追及に関する相談│目次

集団ストーカーの加害者を特定する

難易度はさまざま

集団ストーカーの犯人特定は、偶然を装って行う犯罪であることを理解していれば、被害状況にあった調査を行なうことによって可能です。ただし、加害者側の人数や嫌がらせの手法とその規模によって成功の定義が変わってきます。主な特定方法は以下の通りです。

  • 仄めかしやつきまといの場合
  • ターゲットの周辺で、仄めかしやつきまといをしている人は継続して行われていないか確認します。行く先々で同一人物が複数回確認できたり、被害者と関係する事柄についてしゃべっている人物が確認できれば、尾行し住所割り出しをすることができます。

  • 電磁波攻撃の場合
  • 電磁波攻撃による嫌がらせの場合、特殊機材による測定を行うことで数値が確認でき、発生源を突き止めることが可能です。

  • 音・臭気の場合
  • 電磁波測定と同様に、音・臭気の測定機材による測定を行うことで数値が確認でき、発生源を特定します。

  • ハッキングの場合
  • パソコンやスマートフォンのハッキング被害を受けている場合は、内部分析による痕跡を調査し、その痕跡から加害者の特定を行ないます。

  • 盗聴の場合
  • 盗聴音声をリアルタイムで発するタイプの盗聴器は、発する電波の範囲が半径100m~200mほどしかなく、自宅内で盗聴器を仕掛けている場合は『その家から100m~200m以内に加害者が聞いている』ことになります。

責任追及の方法は?

集団ストーカーの責任追及方法として最適なのは『迷惑防止条例』違反を証明することです。集団ストーカーは普通のストーカーと違い『恋愛感情がないストーカー行為』です。しかし、被害者が精神的苦痛(迷惑行為)を受けていることは明らかであることから、調査による証拠があれば集団ストーカーが迷惑防止条例に違反していることを証明できるのです。

  • 迷惑防止条例には詳しい内容はこちら

これだけはダメ!集団ストーカー被害者が絶対にしてはいけないこと

集団ストーカーの被害者が絶対にしてはいけないことは「加害者に報復をする」ことです。

被害を受けている状態がずっと続いているうちに、『やり場のない怒り』『なぜ私がこんな目に』といった感情が抑えきれず、加害者に報復しようと考える場合があります。被害証明ができないうちに追及してしまうと名誉棄損で訴えられ、被害者本人が加害者と思われることが、相手の思う壺なのです。集団ストーカーは、その数的有利さから標的を加害者に仕立て上げることもでき、そのような状況に追い込まれてしまうと、社会的信用まで失ってしまい被害の解決どころではなくなります。

集団ストーカーは「犯罪」として認知されなければならない

集団ストーカーの加害者は実態を周知されることを非常に警戒しています。SNSで拡散されることを意識してなのか、被害状況をSNSで書き込まれていないか、ネットストーキングをおこない、「火消し」作業を行っています。迷惑防止条例の改正や、世間の危険運転や迷惑運転の目が厳しくなり、加害者側も無理をしない嫌がらせが増え、警察に通報しても「注意」で済まされてしまうことがあります。大半は、集団ストーカー被害者の過剰反応としか見られないことが多いです。

集団ストーカーの責任追及についてさらに詳しく

さまざまな集団ストーカー被害を知る

集団ストーカーに関する詳細な情報を以下にご提供します。

集団ストーカーコンシェルジュサービス

コンシェルジュの目的

コンシェルジュは皆さんの理解者となるべく立ち上げました。集団ストーカー被害者と接してわかったことは、被害者がネットの情報を鵜呑みにしてしまい、被害と関係のない状況でも、「これは加害行為だ!」と思い込んでしまう傾向になりやすいのです。そんな状況を経験したことで、「第三者の冷静な状況把握」がとても大切であることを知りました。集団ストーカー被害は個々に内容が違うため、被害者同士の情報共有(成功例や失敗例)が時に被害を悪化させるリスクもありました。

コンシェルジュでは、集団ストーカーに関する経験が豊富である「理解者」であり、集団ストーカー犯罪が表に出ることをサポートする「協力者」でもあります。1人で悩まずにお気軽にご相談ください。

集団ストーカーの責任追及や被害解決にお悩みの方へ。

集団ストーカー相談フォーム

集団ストーカーについて詳しくお聞きした方の専用相談フォームになります。

お名前 (必須) (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop