探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 集団ストーカーは家宅侵入をするのか?
公開日: 2019/09/02 最終更新日: 2019/08/23
探偵ニュース
 公開日: 2019/09/02 最終更新日: 2019/08/23

集団ストーカーは家宅侵入をするのか?

集団ストーカーの被害のなかで「家宅侵入」の問い合わせもあります。家宅侵入と言ってもばれてしまえば警察に逮捕されるリスクも伴いますが、集団ストーカーの加害者が逮捕されやすいのが「家宅侵入」だそうです。金銭も盗むわけでもなく、加害者は何の目的で家宅侵入をするのでしょうか。

集団ストーカー相談窓口

家宅侵入をする理由

家宅侵入の目的

  • 家の間取りを知ること
  • 盗聴器を取り付けるため
  • ガスライディングをするため

3つの要素が考えられます。
盗聴器を仕掛け監視する、被害者宅の間取りが加害行為に適してるかなどどうかを見定めることがあるそうですが、1番の理由としてはガスライディングを演出するためだと言われています。

例えば、時計の位置が違う方向に向けられてること。「あれ?何かおかしいぞ」を思わせることです。目的は、「不安にさせる」ことなので、金銭になるものを盗むことはありません。

洋服や食品などを盗むケースはあるそうですが、警察に連絡しても事件性はない状態にさせることで、被害者の被害意識を大きくする理由があります。そうしないと被害者が騒がないから。騒いでくれないと不審者扱いにできないため、リスクを犯してまで家宅侵入を行うのです。

※集団ストーカーの被害者は自宅に誰かが侵入したら、スマートフォンに知らせるようにカメラと連動させて対策をしてください。

家宅侵入をしない事例

リスクが高い加害行為

専業主婦でいつも家にいる方、家宅侵入できない環境や警察署が近くにある場合は、あえて家宅侵入しない事例が多いです。さすがに警察署が近い場所だと、近所から不審がられて通報されるリスクがあることから、あえて家宅侵入せずに加害行為を行っています。

その方がリスクも少なく、被害者の被害妄想が強くなりやすいからです。家宅侵入されて、食べ物や飲み物に毒物を混入されて病気がちにされた問い合わせもありますが、ほとんど被害妄想が強くなっています。

もし、毒物を混入されたとなると、被害者は亡くなってるか大きな後遺症を持ってるはずですが、ピンピンしています。ということは、毒物を混入されたという情報を鵜呑みにしてしまい、自分の状況に照らし合わせてるだけで、実際は毒物を混入したということはない。パニックに陥りやすい状態を作っていることは間違いありません。

やはり、犯罪を犯してまでも家宅侵入する加害者が少なくなったのは、家宅侵入ほどのリスクを冒さなくても加害行為ができるため「オンライン犯罪」に移行したのかもしれません。

盗聴にも限界があるので、家宅侵入したほうが本物に近い情報が得られるかもしれませんが、最近はよほどのことがない限り、家宅侵入はしない傾向があります。

一人で悩まない(孤立しない)

一人で解決しようとしない

執拗な集団ストーカーは第三者に気づかないように嫌がらせを行うと同時に、不特定多数の人が加害行為に加わっているため、誰が加害者なのか分からず混乱してしまうのが、被害者の辛さだと思います。それこそが、加害者の思う壺であり、心のよりどころを無くして完全な孤立にさせるために手段が選ばないのが加害者です。

あまり警戒しすぎて、被害者の近くにいる人全員が加害者と思い込み、暴力沙汰になるケースがあるので、被害らしきことが起きたら、メモをとるなりして記録しておくことが大事です。ここで大切なことは「一人で悩まない」ことです。

嫌がらせ対策のプロに依頼するなど、心のよりどころを見つけると心に余裕ができると思います。だから決して1人で悩まないで相談だけでもいいので、皆さんの被害の状況を教えてください。みなさんのお力になれると思いますし、納得が行くまで被害のことを話すだけでもすっきりすると思います。

泣き寝入りの時代は終わった

まずは情報収集から

以前までは、泣き寝入りで終わっていた嫌がらせも、時代とともに解決へつながるまで対処できるようになりました。それは、法律の改正や調査のスキルが上がってる背景があるからです。

そのために、集団ストーカー行為がどんな状況で行われ、盗聴・盗撮やつきまといがどのようにされているのかなど、自分なりにわかる範囲で状況をまとめて、どんな対処が必要なのかノートにまとめてみましょう。その情報が調査会社を解決までスピーディに動かせて、リーズナブルな費用で実施してくれる資料となるので、心に余裕があれば資料作りから始めてみましょう。

集団ストーカー調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop