探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 集団ストーカーに負けないメンタル強化|理解者が不可欠な理由
公開日: 2020/06/26
探偵ニュース
 公開日: 2020/06/26

集団ストーカーに負けないメンタル強化|理解者が不可欠な理由

集団ストーカーは集団で加担者を動員させて、被害者に恐怖心や精神ダメージを与えます。被害に遭われた人たちの情報をみると、ある法則があり、その間に被害者のメンタルが強化をすれば、単なる満員電車の乗客、通行人となってしまうのです。彼らは、1人では何もできない弱い人たちの集まりであることを知ってほしいと思います。

集団ストーカー相談窓口

精神を弱らせる集団ストーカー

集団ストーカーが作り上げる孤立を防ぐ

集団ストーカーは、被害者に安らぎの空間を与えません。勤務先やプライベートまで追尾するなど、楽しいという体感を与えないように加担者を配置します。集団ストーカーは長年ターゲットを調べ上げてから加害を行いますので、交通手段、職場、苦手とする行為などを把握しています。どこにいても不安がつきまとい、自宅にいても安らぐことができず、睡眠すら妨害するような悪質な嫌がらせはどんなに精神的に強い方でも弱らせる攻撃となるのです。そんな環境から逃れるめに、友達や家族の輪から断ち切り孤立状態になった場合、落ち込むのではなく、集団ストーカーが作り上げる孤立をいかに防ぐかを一緒に考えて対応しましょう。

メンタルを強化するには

気にしないメンタル

嫌がらせを気にしない、物事に動じないようにするためには、反発して相手に勝とうとしても、何も生まれないことを理解する必要があります。理由は簡単で、集団に対して一人で闘うことは無謀であり、負けることで弱さを感じてしまうのです。仮に、こちらも反撃に打って出て、相手を打ちのめしたとしても、すぐに相手の恨みを買い、嫌がらせがエスカレートして、また争いが続くエネルギーのムダづかいと気が付きます。

体の調子を整える

心と体はつながっています。どんなに楽しい出来事があっても、電磁波の影響がでて体がだるかったら思い切り喜ぶ元気も出てきませんよね。体の調子が悪いと、心も鬱々としてふさぎ込みやすくなってしまうものです。体が資本ですから、健康第一で日々を過ごすことが大切です。不摂生は改め、規則正しい生活を送り、電磁波過敏症の方は積極的にアーシングしましょう。

悪いことが起きても全てを嫌がらせに結びつけない

集団ストーカーの嫌がらせは、「偶然」を装った出来事がよく起きるもの。しかし「加害行為かも」といくらぐるぐる考えてみても、まったく答えが見つからないこともよくあるはず。メンタルが弱っている時は、全てが怪しく感じてしまい、常にストレスが溜まった状況に陥りやすいのです。無視できる範囲は無視することで、正常な状態を維持することができ、偶然と故意の違いが簡単に見分けつくようになります。

集団ストーカーに対抗するためには理解者が必要

集団ストーカーの認知

集団ストーカーは、インターネットの普及に比例して周知・ポスティング・被害の報告など被害者一人一人が発信者となって水面下から表に出そうと必死です。2019年は集団ストーカーをあからさまに参議院議員選挙の演説のなかで出てきたりと、知ってる人は知っている状況になってきました。一般の人が集団ストーカーのことを認識するチャンスが増えており、認知して自分で調べる人たちも増えています。集団ストーカーが苦手なことは、理解者が増えること、被害者を支援する人たちの存在です。1人でも理解者を作ることは、被害を最低限に抑えることにつながるのです。

理解者を得ることの難しさ

集団ストーカー被害者は、被害者同士理解を深めようとしても、お互いの被害が違うため、「これは被害ではない」と言って、「この人は偽被害だから」と被害者同士の交流を分断するという現象が起きてしまいます。被害が激減したときに、「被害者同士の交流は避けたい」といって、離れていく意思をみせるも、すぐに被害が悪化して被害を意識する生活に戻ってしまうという現象も見受けられます。被害者同士で理解しようとしても、誰かが邪魔をしたり、自分の被害のことばかりしゃべって、いろいろな人の意見を聞こうとしない。集団ストーカーの被害者が理解しあい、団結しようという動きが見えないのはそこに原因があるからです。

1人でも理解者がいれば被害があっても日常を取り戻す

集団ストーカーの被害者同士で理解ができない理由は一人一人被害の大小があるからです。家族や友人が集団ストーカーの理解者であることはごく少数で、ほぼ家族からも理解できない。心療内科に行こうと促されて抵抗して孤立しているという状況が非常に多いのです。

  • 家族の理解を得られず孤立している
  • 友達の理解を得られず孤立している
  • 社会的、経済的な孤立
  • 電磁波の身体被害を理解されない
  • アンカリングを偶然だと思っている

皆さんができる範囲で理解者を見つけることができれば、これほど心強いことはないでしょう。理解者が見つからない場合は、「理解」と「対応策」を有しているコンシェルジュサービスをご検討ください。今の状況を変えるお手伝いができることをお約束いたします。

コンシェルジュが必要な方へ

コンシェルジュの意義

コンシェルジュは皆さんの理解者となるべきに立ち上げました。コンシェルジュも集団ストーカー調査経験から、皆さんの悩みに対してどのような対応をすれば良いのか一緒に考えることができるのです。皆さんの心の負担が少しでも楽になるように、1日も早く被害の解決の糸口が見えるようにお手伝いをさせていただきます。

集団ストーカーにも弱点があり「それは理解者が増えること」「集団ストーカーが表に出ること」です。ネットの普及で一般の人にも違う形で表にでてきている集団ストーカー。日本が始めようとするスマートシティ構造が監視社会とか管理社会の到来するとあるジャンル界隈では騒いでいます。こんな時代だからこそ周知もしやすいのです。1人で悩む必要はありません。理解者は皆さんの隣にいます。


集団ストーカー対策が必要な方へ

集団ストーカー対策

集団ストーカーに復讐したい気持ちは痛いほど理解できますが、解決するには徹底的な証拠が必要です。証拠がない限りは、むやみに動くとターゲット側が不利になります。被害者ができること、専門家ができることをきちんと認識して行動することが集団ストーカー対策の大きな力となるでしょう。専門的なことは専門家に任せて、普段通りに生活するように意識してください。

集団ストーカーは統合失調症の妄想や、単なる思い込みや偶然ではなく「れっきとした犯罪」です。当事務所では集団ストーカー調査を徹底的に行っていますのでお気軽にご相談ください。集団ストーカー犯罪は複数であるため、間違って違う人物を犯人と決めつけてしまうと、解決まで遠回りするので、専門家にアドバイスしてもらい状況の整理から始めましょう。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop