探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 集団ストーカーの被害者は遠隔操作をされてるのか
公開日: 2019/09/07 最終更新日: 2020/10/13
探偵ニュース
 公開日: 2019/09/07 最終更新日: 2020/10/13

集団ストーカーの被害者は遠隔操作をされてるのか

集団ストーカーの被害者を支援するNPOのデータだと全国で2000人以上と言われています。自分だけが被害者と思われせるこの犯罪は決して、1人の被害者だけではありせん。最近のブログやNPOの相談では「自分は遠隔操作をされてる」という内容が多く、実際に遠隔操作をされてるのか判明できずに悩んでいる被害者も多いです。今回は実際に遠隔操作をされてるのかどうか検証してみましょう。

集団ストーカー専門相談窓口

アンカリングで仄めかしで心理状態を狂わせる

遠隔操作の実態

軍事兵器を使えば、どこからでも遠隔操作は可能ですが、今の技術でしかも実社会で行うことも証明することも難しいでしょう。集団ストーカーの被害者は、すでに加害者から、アンカリングや仄めかしで不特定多数の人に監視されてることを意識づけられてることで、どんな状況でも集団ストーカーのことを意識しまうようにされているのです。

そんな状況で「遠隔操作」のブログを見てしまうと「全て当てはまる」と思い込んでしまった時点で遠隔操作をされてると心と脳にインプットされています。乗りたかったバスが遅れたのも全て加害者の遠隔操作だと、冷静に考えればたいしたことがない場合でも、集団ストーカーのことを頭によぎってしまうため、意図的に行われたと思い込んでしまうことがあるようです。

実際に遠隔操作を行なってるかもしれませんが、今の技術だと人間を100%操れることは難しいでしょう。遠隔操作を演出するために、大量の人材を導入して、あたかも被害者が操られてると「ストリートシアター」を起こして見せつけてると言ってもいいでしょう。あと、情報収集として集団ストーカーのブログをみてるだけの生活をしてると、自分で「自己暗示」をかけてしまう可能性もあります。

以前とは異なり、集団ストーカーの被害を知らない人への周知が進み、理解を示す人が増えてきています。彼らの話も聞いて、自分が作った暗示を解く技術を持つことが今後必要になってくるかもしれません。

真実を知らなければ何も変わらない

遠隔操作をされてるのは実は加害者である

リスクが高い加害行為

「遠隔操作をされてるのは加害者のほうではないか?」という意見を多く聞きます。タイミングよく被害者の前に現れたり、つきまとったりする行動を、何も疑わず指示を忠実に従う加害者が、加害組織に洗脳されているのです。

脳がインプットされてしまっているだけ

集団ストーカーの被害者は「被害」だけをフォーカスしてしまうため、自分が遠隔操作をされていると思い込んでしまいます。実際は遠隔操作された加害者は毎日、被害者の周囲に配置されてるだけで実際は、集団ストーカーの被害者は遠隔操作をされていないのです。

「遠隔操作をされない」と認知するには心の奥にある「集団ストーカー」という認識を手放すこと。集団ストーカーの中心とした生活をしていると、心の潜在意識が「集団ストーカーは必要」と脳にインプットされてしまい、集団ストーカーを自分から呼び込んでしまうのです。

集団ストーカー、遠隔操作という暗示を解くには自分と向き合わないと難しい。認知行動療法やコーチングを取り入れて集団ストーカーの被害があっても、自分からフォーカスしない訓練をしていくと徐々に被害を感じなかった生活に戻っていくでしょう。

被害者がやってはいけないこと

一人で解決しようとしない

執拗な集団ストーカーは第三者に気づかないように嫌がらせを行うと同時に、不特定多数の人が加害行為に加わっているため、誰が加害者なのか分からず混乱してしまうのが、被害者の辛さだと思います。それこそが、加害者の思う壺であり、心のよりどころを無くして完全な孤立にさせるために手段が選ばないのが加害者です。

あまり警戒しすぎて、被害者の近くにいる人全員が加害者と思い込み、暴力沙汰になるケースがあるので、被害らしきことが起きたら、メモをとるなりして記録しておくことが大事です。ここで大切なことは「一人で悩まない」ことです。

嫌がらせ対策のプロに依頼するなど、心のよりどころを見つけると心に余裕ができると思います。だから決して1人で悩まないで相談だけでもいいので、皆さんの被害の状況を教えてください。みなさんのお力になれると思いますし、納得が行くまで被害のことを話すだけでもすっきりすると思います。

泣き寝入りの時代は終わった

まずは情報収集から

以前までは、泣き寝入りで終わっていた嫌がらせも、時代とともに解決へつながるまで対処できるようになりました。それは、法律の改正や調査のスキルが上がってる背景があるからです。

そのために、集団ストーカー行為がどんな状況で行われ、盗聴・盗撮やつきまといがどのようにされているのかなど、自分なりにわかる範囲で状況をまとめて、どんな対処が必要なのかノートにまとめてみましょう。その情報が調査会社を解決までスピーディに動かせて、リーズナブルな費用で実施してくれる資料となるので、心に余裕があれば資料作りから始めてみましょう。

集団ストーカー対策

集団ストーカーに復讐したい気持ちは痛いほど理解できますが、解決するには徹底的な証拠が必要です。証拠がない状況では、むやみに動くと被害者が不利になります。被害者ができること、専門家ができることをきちんと認識して行動することが集団ストーカー対策の大きな力となるでしょう。専門的なことは専門家に任せて、普段通りに生活するように意識してください。

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

集団ストーカー調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop