集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 集団ストーカーの被害者が語る陰謀論…妄想と決めつけていいのか?
公開日: 2022/03/16 最終更新日: 2022/03/24
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2022/03/16 最終更新日: 2022/03/24

集団ストーカーの被害者が語る陰謀論…妄想と決めつけていいのか?

集団ストーカーの真相をつかめないまま毎日苦しんでいる方が多くいらっしゃいます。もし、ご家族がそのような被害に遭われており、解決ができないままただ寄り添うことしかできず、具体的な解決の見通しが立たないで困っているのであれば、解決方法があることを知っていただければと思います。

目次│集団ストーカー調査相談窓口

陰謀論ー信じるも信じないもあなた次第

専門家
集団ストーカー相談
2022年3月16日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、集団ストーカーでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

相談例:あらゆる現象が陰謀論だと言ってきかない

男性
ご相談者: 50代/男性 
ご相談内容: 妻があらゆる現象が陰謀論だと言ってきかないので困っています。妻は集団ストーカーの被害者が集まる会に参加しているみたいです。集団ストーカーの被害者と繋がったことに嬉しさが増しているのは良いのですが、『あなたの実家近くで地震が起きたのは、人工地震で私たち家族の関係を断絶しようとしているから』『今年の冷夏は、稲作をダメにするための国の気象兵器のせい』などと話すようになりました。「被害者の会」でそのようなことを話している人の話を鵜呑みにしているようで、家族からみると精神的におかしくなったとしか思えません。「被害者の会」に参加するたびに、『これは〇〇が原因だ』と、日常のいろいろな出来事に対して決めつけてかかるので、かなり心配しています。知識として『敵を知ること』は非常に重要なことではありますが、その知識にむやみに振り回されてしまっては元も子もありません。
アドバイスレポート: 集団ストーカー被害の情報を共有すること、コミュニティに参加することは悪いことではありませんが、その中で共有される情報が果たしてすべて正しいかについては、常に冷静な判断が必要になります。近年、集団ストーカーやテクノロジー犯罪を遭っているほど、「人工地震」「気象兵器」などの陰謀論を唱える人が増加している傾向が見られます。これらの陰謀論は、被害者自身が集団ストーカー行為やテクノロジー犯罪の影響により視野が狭くなっていることが原因と考えられ、またその内容がある種“壮大”であるがために鵜呑みにしやすい、という危うさを秘めている場合があります。あくまでも自分自身の身に今起こっていることの原因を探り、問題を解決することを主眼においた上で臨まなければなりません。

相談例:妄想と決めつけられ1年も苦しんだ事例

女性
ご相談者: 50代/男性 
ご依頼内容:

私は3年程前から集団ストーカー被害に遭っています。どこに行くにもつきまとわれて明らかに不自然な行動を取られています。例えば見ず知らずの人にやたら見られて笑われたり、すれ違いざまに咳払いや仄めかしをされたり、他にも説明のしずらい嫌がらせの被害に遭っています。私は今の会社に勤めて10年になります。勤務先までは30分~40分程かけて車で通勤しています。通勤中も不審車両を見かけたり、あおり運転を受けたりしています。そんな毎日を過ごしているうちに、我慢の限界がきて警察に相談しました。警察では、「精神的な問題かもしれない」「考えすぎ」との回答で、動いてもらう事は難しくとてもショックを受けました。

確実に故意に行っている嫌がらせを証明できない無力さと、警察などの公共機関の対応で疲れ切っていたところにこちらのサイトを見つけてご連絡しました。目的としては、とにかく被害が終わればそれだけでいいです。犯人を特定して警察が動ける証拠を用意してください。

アドバイスレポート:

今回の調査のポイントは、故意に行っているつきまといや仄めかしなどを証明するための「証拠収集」が必要になります。3年間も続く嫌がらせであれば、1人では不可能でしょう。集団(複数人)で行なっているのであれば、集団ストーカーの被害で間違いないでしょう。大事なポイントは、「全てを捕まえようとしない」ことです。この意味は、通行人を装った「ほのめかし」などは偶然を装えば言い逃れできてしまうので、深追いしないことも必要なのです。まして、調査費用をかけてまで行なうのはキリがない戦いとなり、精神的にも金銭的にも負担がかかり、とてもおすすめできることではありません。

ただ、やみくもに「尾行や張り込み」をするのではなく、犯人を誘導させるような「仕掛け」がこの調査では必要なのです。この嫌がらせの主犯格までたどりつくには、「実行役」の1人でもおさえることができれば、主犯格までたどり着くこともあるのです。もちろん、「トカゲのしっぽ切り」になる可能性もありますが、嫌がらせが止まれば目的は達成されます。あまり執着せず、「ゴールを低く設定する」ことも時には必要なのです。

解決への一歩は「情報収集」して行動に移すこと

難しく考えても答えはでません!

集団ストーカーは不特定多数の人からアンカリング(ほのめかし)、つきまとい、ガスライティングといった方法で、周囲から孤立させたり精神的に追い込んでいくことを主な目的とした嫌がらせです。

多くの被害者は、時間が解決してくれる問題ではないと知りながらも、報復を恐れてしまいなかなか被害を相談しないことがあります。

しかし、解決のために「行動」することが一番重要なことです。まずは、無料相談から動いてベストな解決方法が見つかればそれを実行するだけです。難しく考えてしまうことが「加害者側の思惑」であり、深みにはまってしまう原因となります。

嘘の情報に惑わされないようにする

以前なら、集団ストーカーの被害を訴えても、ほとんどが統合失調症による幻覚・幻聴で片付けられてきました。しかし近年では、集団ストーカーは周知されようになり、「集団ストーカー」の調査を依頼される方が増えてきています。

集団ストーカーはターゲットにした相手を陥れるため、「会社で不倫をしている」「万引で逮捕されたことがある」など嘘の情報を広めたり、近隣から不審人物と思われるような悪評を立てたりします。

根も葉もない噂や嘘が広がっていると感じたら、集団ストーカーによる嫌がらせを疑ったほうがいいかもしれません。彼らが流す「嘘の情報」に惑わされないように、冷静に対処しましょう。

無駄のない適切なプラン作りから

やみくもに費用と時間をかけるのは無駄

この手の複雑な調査を行なう場合、まずは現状を把握するために平日休日関係なく、正確に把握することから始めます。ここでしっかり作戦を決めないと、ただただ時間だけがすぎ犯人に振り回されてしまう可能性は十分あるからです。

記録に残す習慣から

私どもは「無料相談」を受けつけていますが、ご相談やご依頼の前に、まずは自分なりにわかる範囲で状況を整理してノートにまとめてみましょう。

例えば、どのようなときにどのような嫌がらせをされたのか、盗聴や盗撮をされた可能性の有無などです。調査を依頼される際はその記録がベースになるので、私どもも嫌がらせの全体像の把握や調査着手しやすくなります。

張り込みだけなら小型カメラで充分

集団ストーカーは事前にターゲットのプロファイリングを行なっています。被害者の性質を知っていることから、ある程度は想定されているので、尾行張り込みだけの調査では解決までは難しいでしょう。

もし、集団ストーカー側が探偵とまでわからなくても「張込している人がいる」「プロに尾行されている」と気が付けば、人数を増やして混乱させたり、通行人のフリして様子を見るだけで何もしなかったり、探偵に依頼しても無駄とアピールすることでしょう。

予算も想定されているため、ある程度の期間で予算が尽きることまで計算されている可能性があることから、いままでほぼ毎日行なっていた加害行為の頻度を調整して、定期的に様子見する程度で振り回されてしまうでしょう。

なかには周辺のアパートに住ませて、日々の監視を強化していた事例があるくらい執着心が強いのです。そして、集団ストーカー側が調査が終わったと判断した時に、一気に「加害行為をエスカレートさせて」解決できない絶望感に陥り、「探偵ではダメだ」と洗脳していきます。

無料相談をフル活用する

探偵事務所に求められているのは、「解決力」です。
この解決力については、無料相談の段階である程度は判断できます。まずは、無料相談をフル活用して「情報をアップデート」し、情報弱者にならないようにしましょう。

探偵の選び方は、情報収集以外は直感でしかありません。解決までサポートできる探偵を選びましょう。

理由は1日で解決できる問題ではないことから、中長期になっても最後まで被害者に寄り添う責任感が解決に導くので、会社の姿勢も含め見極める必要があります。

集団ストーカーのご相談・調査依頼方法

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています。

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。

どんなに複雑に見え、困難と思える問題でも、必ず解決の道はありますので、困った時にはお気軽にご相談ください。

流れ
無料相談

まず、現状について相談することから始めましょう。

集団ストーカー相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、集団ストーカーに関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop