集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 集団ストーカーの被害者が語る陰謀論・・・その真相は?
公開日: 2020/08/26 最終更新日: 2021/10/06
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2020/08/26 最終更新日: 2021/10/06

集団ストーカーの被害者が語る陰謀論・・・その真相は?

集団ストーカーの真相をつかめないまま毎日苦しんでいる方が多くいらっしゃいます。もし、ご家族がそのような被害に遭われており、解決ができないままただ寄り添うことしかできず、具体的な解決の見通しがたたないで困っているのであれば、解決方法があることを知っていただければと思います。

2021/10/6更新  集団ストーカー調査の記事作成者について

集団ストーカー探偵調査を10年以上の経験者の指導のもと、集団ストーカー相談専門スタッフが書きました。お悩みを打ち明けていただくことが、大きなトラブルへの発展を防ぎ、問題を解決する第一歩になります。

目次│集団ストーカー調査相談窓口

あらゆる現象が陰謀論だと言ってきかない

過去の被害事例を参考に解決のヒントを得る

下記の事例は、「集団ストーカー被害者の会」に参加していた方の声をまとめたものです。似たようなことが身の周りに起きていたら、集団ストーカーに巻き込まれている可能性を考えなければなりません。

男性
ご依頼者様: 50代/男性 自営業(農家)
ご依頼内容: あらゆる現象が陰謀論だと言ってきかない
ご依頼理由: 妻が集団ストーカーの被害者の会に参加しています。被害者同士と繋がったことに嬉しさが増しているのは良いのですが、『あなたの実家近くで地震が起きたのは、人工地震で私たち家族の関係を断絶しようとしているから』『今年の冷夏は、稲作をダメにするための国の気象兵器のせい』などと話すようになりました。「被害者の会」でそのようなことを話している人の話を鵜呑みにしているようで、家族からみると精神的におかしくなったとしか思えません。「被害者の会」に参加するたびに、『これは〇〇が原因だ』と、日常のいろいろな出来事に対して決めつけてかかるので、かなり心配しています。
調査レポート:

1回目コンシェルジュ相談レポート

集団ストーカー被害の情報を共有すること、コミュニティに参加することは悪いことではありませんが、その中で共有される情報が果たしてすべて正しいかについては、常に冷静な判断が必要になります。近年、集団ストーカーやテクノロジー犯罪を遭っているほど、「人工地震」「気象兵器」などの陰謀論を唱える人が増加している傾向が見られます。

これらの陰謀論は、被害者自身が集団ストーカー行為やテクノロジー犯罪の影響により視野が狭くなっていることが原因と考えられ、またその内容がある種“壮大”であるがために鵜呑みにしやすい、という危うさを秘めている場合があります。そのため、まずは「被害者の会」にご依頼者も参列の上、どのようなことを話し合っているのか知る、という方法を取るべきであると説明しました。

「被害者の会」は身分証明の提示を徹底している場合が多いため、「被害者の会」そのものが不審な団体であるケースは稀といえ、ご家族の同伴を大いに認めている会が多く見られます。『次回のコンシェルジュまでに被害者の会に参加して、その結果を報告します』という形で、この回は終了となりました。

2回目のコンシェルジュ

2回目のコンシェルジュにて、『被害者の会に参加していた人で、陰謀論ばかり唱えている人がいた』との報告を受けました。「被害者の会」そのものが原因ではなく、その中の参加者で、いわゆる『声の大きい(発言力の強い)人』の話を皆が真に受けてしまう、といった現象が見られたとのことから、一種の同調圧力・洗脳状態ともいえる空間が出来上がっていると判断しました。

皆で被害を共有することと、明らかに関わりがないであろう被害まで自身の中に取り込んでしまうことは全くの別物といえます。後者の場合、それは単に被害者の不安をいたずらに煽るだけでなく、被害者自身が妄想や幻聴・幻覚の世界に陥ってしまう入り口となりかねません。

結果として、心の病気=精神疾患への引き金になるだけのものであるため、ご依頼者の奥様にとってその「被害者の会」はむしろ害悪な存在でしかなり得ないのでは?という懸念が生まれました。そもそも奥様が抱えている集団ストーカーの被害はどのようなものなのか?当社で解決し得る内容なのか?という点に立ち返り、まずはその会と少し距離を置くこと、奥様が実際に遭っている被害に専門的に対処するために、次回は奥様も同伴の上ご面談にて応接するという形で2回目のコンシェルジュは終了となりました。

3回目のコンシェルジュ

当社相談ルームにて、ご依頼者・奥様・当社コンシェルジュスタッフ・当社調査プランナー、の4名で、3回目のコンシェルジュを実施しました。奥様のご被害状況を詳細にヒアリングすると、問題の根源は奥様ご自身の過去の出来事に起因する可能性が見えてきました。当社の調査プランナーがその根本の解決に向け具体的な調査プランを提示したところ、ご依頼者、奥様ともにご納得され、結果、当社にて実際の調査を執り行う事で被害を鎮静化し問題解決を図る、という方向で結論がつきました。

今回のコンシェルジュ相談内容は、『被害者の会に参加したことで精神的におかしくなってしまったのではないか?』という点からスタートしました。被害者の会そのものを否定するわけではありませんが、そのような会合はあくまでも『他の被害者はどのような状況に置かれているのか、どのような加害手口が存在するのかなどの情報を共有する空間』であり、会に参加することが被害者自身の問題の根本的な解決に結びつくことと同義というわけではありません。

むしろ今回のように、集団ストーカーやテクノロジー犯罪のさまざまな手口を知ってしまうことや、他の被害者の話に無為にのめり込んでしまうことで、実際には自身の身には起こっていない現象にまで一方的に不安の種をばらまいてしまうケースもあり得ます。知識として『敵を知ること』は非常に重要なことではありますが、その知識にむやみに振り回されてしまっては元も子もありません。

あくまでも自分自身の身に今起こっていることの原因を探り、問題を解決することを主眼においた上で臨まなければならないといえるでしょう。

解決への一歩は行動のみ

難しく考えても答えはでません!

集団ストーカーは不特定多数の人からアンカリング(ほのめかし)、つきまとい、ガスライティングといった方法で、周囲から孤立させたり精神的に追い込んでいくことを主な目的とした嫌がらせです。多くの被害者は、時間が解決してくれる問題ではないと知りながらも、報復を恐れてしまいなかなか被害を相談しないことがあります。

しかし、解決のために「行動」することが一番重要なことです。まずは、無料相談から動いてベストな解決方法が見つかればそれを実行するだけです。難しく考えてしまうことが「加害者側の思惑」であり、深みにはまってしまう原因となります。

嘘の情報に惑わされないようにする

以前なら、集団ストーカーの被害を訴えても、ほとんどが統合失調症による幻覚・幻聴で片付けられてきました。しかし近年では、集団ストーカーは周知されようになり、「集団ストーカー」の調査を依頼される方が増えてきています。集団ストーカーはターゲットにした相手を陥れるため、「会社で不倫をしている」「万引で逮捕されたことがある」など嘘の情報を広めたり、近隣から不審人物と思われるような悪評を立てたりします。

根も葉もない噂や嘘が広がっていると感じたら、集団ストーカーによる嫌がらせを疑ったほうがいいかもしれません。彼らが流す「嘘の情報」に惑わされないように、冷静に対処しましょう。

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

コンシェルジュが必要な方へ

コンシェルジュの意義

集団ストーカー・嫌がらせの被害に遭っている方々の理解者になるべく、対策専門窓口では新たに「コンシェルジュサービス」を立ち上げました。コンシェルジュは集団ストーカー問題の調査経験者が担当しているので、ご相談をいただいたら、被害状況に合わせ、どのような対応策を講じることができるかを一緒に考えます。ご依頼者の負担が少しでも軽くなるように、また、1日も早く解決の糸口が見えるようにお手伝いをさせていただきます。

先述したように、理解者や協力者、支援者が増えるのをストーカー集団は嫌がります。1人でもストーカー被害の苦しみを理解してくれる人がいるだけで、これほど心強いことはありません。理解者が見つからず、心細くて不安な方は、当対策専門窓口の「コンシェルジュサービス」をご利用ください。コンシェルジュは集団ストーカー被害の苦しみやつらさをともに理解したうえで対応策を講じ、今の状況を変えるお手伝いをお約束します。


集団ストーカー対策が必要な方へ

集団ストーカー対策

集団ストーカーによる嫌がらせをやめさせ、問題を解決するには徹底した「証拠収集」が必要です。損害賠償請求や訴訟をお考えの場合、証拠がない状況で被害を訴えても、周囲は理解してくれるどころか「オオカミ少年(※1)」とみなされて孤立が進むだけです。

問題を解決したい方は私どもにお任せください。誰が嫌がらせをしているのか、主犯格の特定や嫌がらせの実態を証明する証拠の収集など、専門的なことは私どもにお任せいただき、ご依頼者は普段どおりに生活してください。

解決には協力者が不可欠

集団ストーカーの被害を訴えると、聞く耳を持とうとしない人は「統合失調症の妄想」や「思い込み」「ただの偶然」と決めつけることがあります。しかし、集団ストーカーは被害に遭った方の妄想や思い込みなどではなく、「れっきとした犯罪」行為です。

集団ストーカーは複数のメンバーで嫌がらせやつきまといなどの行動に出るため、どのくらいの規模、人員で動いているのかわからないと、誤って無関係の人を犯人と名指ししてしまう危険を伴います。早計な判断は解決までの遠回りになるので、勢いに任せるなど根拠のない行動は慎むようにしましょう。怪しいと思った人がいても、専門家に確認するようにしてください。

※1「オオカミ少年」:繰り返し嘘をついていると、やがて周囲の人から信用されなくなってしまう童話

集団ストーカー対策で選ばれる理由

安心の解決サポート

解決サポートは土日・祝日を含む365日、何度でもご利用可能です。追加料金は一切かかりません。電話によるサポートは担当者に直通つながるので、ご依者をお待たせしません。

専属担当制サポート

嫌がらせ対策専門窓口は、担当者と調査責任者の複数体制で調査を進めて参ります。ご依頼いただいた案件は、複数の目で多角的な観点からチェック、調査方法を協議し、適確・迅速に解決へ導きます。

徹底的に行う調査・分析

嫌がらせ対策専門窓口は、ご依頼者がどのような被害に遭わされたのか、また、嫌がらせ内容や被害状況を徹底的に調査・分析します。そのうえで、無駄のない解決策を模索・検討し、調査方法をカスタマイズします。

5つの安心保障

まず、集団ストーカーについて相談から始めましょう。

集団ストーカー相談フォーム

集団ストーカーについて詳しくお聞きした方の専用相談フォームになります。

お名前 (必須) (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop