ホーム > ストーカー調査関連記事 > ストーカー相談サポート > グループストーカーのターゲットとなる人々│理由と特徴を簡潔に解説
公開日: 2024/01/11 最終更新日: 2024/04/30
ストーカー調査関連記事 - ストーカー相談サポート
 公開日: 2024/01/11 最終更新日: 2024/04/30

グループストーカーのターゲットとなる人々│理由と特徴を簡潔に解説

狙われるのは誰

グループストーカーのターゲットになる人々は、どのような特徴があるのでしょうか?そして、なぜ彼らが狙われるのか。

この記事では、グループストーカーのターゲットとなる人々の理由と特徴を簡潔に解説します。

髭を生やしたとハットを被った探偵イラスト

監修者:山内 和也2024年1月11日更新

ストーカーや嫌がらせの調査経験は15年以上。追跡や監視、証拠収集などあらゆる手法を駆使して、クライアントの安全と安心を保証する。どんな困難な状況にあっても、一緒に問題解決に向けて取り組んでいく覚悟に満ち溢れている。

⇒ 監修者ページ

※犯罪の性質上、未成年者及び現在心神耗弱状態の方は、「保護者の同意」および「親族の立ち合い」をお願いすることもあります。

1- グループストーカーのターゲットになる人

グループストーカーのターゲットになる人々は、特定のプロファイルに必ずしも当てはまるわけではありませんが、以下のような特徴や状況が関係していることが一般的です。

 

異質な意見の持ち主

社会的な規範や集団の意見に反する意見を持っている人々は、ターゲットになることがある。

 

職場のいざこざ

職場での対立や摩擦がエスカレートし、個人的な嫌がらせに発展することがある。

 

特定のグループや組織のメンバー

一部の宗教団体や政治団体、社会的少数派に属している場合、集団ストーカーのターゲットになるリスクがある。

 

偶発的なターゲット

何らかの理由で偶然にターゲットに選ばれる場合もある。この場合、特定の理由がないこともある。

 

先祖代々の因縁

何十年も続く近隣トラブルに起因する嫌がらせ。

 

復讐代行や別れさせ屋

復讐代行や別れさせ屋は、個人間の対立や感情のもつれをビジネスとして扱うサービス。

 

グループストーカーの背後には、個人的な恨み、組織的な目的、社会的な実験など、多岐にわたる動機があることが考えられます。

2- 海外のグループストーカーについて

グループストーカー(Group Stalking)は、世界各地で報告されている現象で、個人や特定のグループがターゲットになり、複数の人々による嫌がらせや監視が行われることを指します。

 
北米

北米では、グループストーカーの被害報告が一般的で、警察や探偵事務所による調査も行われています。オンラインコミュニティもあり、被害者同士の支援が行われているケースが多いです。

 
ヨーロッパ

ヨーロッパでも、グループストーカーの問題は認識されており、特に東欧の一部国家では政府による監視といった形で行われることが報告されています。

 
アジア

アジア地域でも、グループストーカーに対する認識が高まりつつあります。特に都市部での被害が多く報告されており、対策としてのセミナーや支援団体の設立も見られます。

 

海外でも、グループストーカーに対する調査は困難で、証拠を掴むのが難しいことが多いです。

しかし、法的対策やプライベートセキュリティの活用など、被害を最小限に抑える方法が逐次開発されています。

3- 誰でも起こる犯罪に拡大しつつあるグループストーカー

グループストーカーは、集団による嫌がらせや監視行為のことで、特定の個人や団体に対して行われることが一般的でした。

しかし、現在では誰にでも起こりうる犯罪へと拡大しつつあります。

以下は、その背景にあたる要因のいくつかです。

 

社会的な繋がりの希薄化:人々のコミュニティとのつながりが弱まり、他者への無関心や対立が生じやすくなっているため、狙われる対象が拡大しています。

 

インターネットの普及:インターネットの普及により個人情報のアクセスが容易になり、目的に合ったターゲットを見つけやすくなっています。

 

報復文化の台頭:何らかの不満や報復の意図を持った個人が、インターネット上で同じ目的を共有する人々と結びつき、共謀するケースが増えています。

 

法の監視・取締りの不足:法の取り締まりが追いつかず、この種の犯罪が未然に防ぐのが困難になっている場合があります。

 

グループストーカーは精神的な苦痛を強いる非常に危険な犯罪であり、被害者自身が立ち向かうのは困難です。

4- グループストーカーの警告サイン

すぐそこにあるストーカーの危機

以下は、グループストーカーの被害に遭った人々の経験から集めた典型的な事例です。

これらに似た状況が身近で起きていたら、グループストーカーの可能性があり、対策を考える必要があります。

グループストーカーの加害者は計画的に行動を変えることが多いため、以下の例に当てはまらなくても、異常な状況には注意が必要です。

  • 未知の車両が近所で写真撮影
  • 同じ人物が長時間つきまとわれる
  • 同じ車両の運転手が頻繁に変わる
  • 歩きスマホの人々の挙動が不自然
  • 自転車の突進やつぶやき
  • 同じ服装のグループによる不自然な指差し
  • 頻繁な無言・間違い電話
  • 近所での突然の大声
  • 通学・通勤途中の走行妨害
  • 意図的な咳払い
  • 何かの合図を強調する挙動
  • ネット上の個人情報の拡散
  • スマホによる盗聴・盗撮の感覚

これらの事象は、偶然の一致ではなく計画的な嫌がらせの可能性があります。

早めに対処し、専門機関の支援を受けることが賢明です。

5- グループストーカー対策が必要な方へ

奪われた人生を取り戻すために

グループストーカーはあらゆる方法でターゲットの人生を破壊する工作をします。だからといって、なす術が無いと諦めてはいけません。

また、早計な判断は解決までの遠回りになるので、勢いに任せるなど根拠のない行動は慎むようにしましょう。

怪しいと思った人がいても、専門家に確認するようにしてください。

本当に解決を望んでいるのであれば、私ども「対策専門窓口」にご相談ください。

あなたの人生を取り戻すサポートをいたします。

最短で当日の面談が可能です

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。

しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています。

どんなに複雑に見えて困難と思える問題でも、必ず解決の道はあります。

事務所にお越しになることができない方の為に、グループストーカー調査の専門家が無料にてご自宅またはご指定の場所へ伺います。

各エリアの出張相談は、全て予約制です。

グループストーカーに関するご相談・お見積もり・面談予約は、お問合せフォーム・電話・メール・LINEにて24時間(土日・祝日問わず)お受けしています。

被害の状況によっては、無料相談で解決する問題もあります。緊急性の高い方は、フリーダイヤルをご利用ください。グループストーカー調査の担当者が対応いたします。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop
メール相談 LINE相談 電話相談