探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 集団ストーカー対策ガイド
公開日: 2019/04/13
探偵ニュース
 公開日: 2019/04/13

集団ストーカー対策ガイド

集団ストーカーの被害にあったらそう簡単には解決できない!被害者同士で話し合った時に、「永遠に続く」という言葉に絶望を感じた人もいらっしゃるかもしれません。集団ストーカーの被害のストレスを解消するには、自分の思考を変えるのが近道です。どんな風に自分の考えを変えればいいのか一緒に考えていきましょう。その結果ぎ集団ストーカーの対策になるのです。

集団ストーカー対策相談窓口

集団ストーカー対策の基本は無視

デタラメの情報に振り回されない

集団ストーカー対策の基本は無視です。集団ストーカーの加害行為に「アンカリング」という行為があります。それは、被害者が常に「監視してる」を強調を気付かせるために行っています。集団ストーカーの被害を受けいる方でよくあるこんな現状を見かけていませんか?

  • スマートフォンで盗撮する仕草
  • 不自然な車やデイライト車両
  • 自分の事を仄めかす行為

頻繁に見かけていれば、これは「変だ」と思うことがありますよね。アンカリングをいかにアンカリングと思わないようにするには、その現状に「慣れる」ことです。「変なことをやってる人」と思うこと、自分に対する意識を捨てることです。慣れるまで難しいですが、たとえ指を指されても、他人に「自分」と思える言動が聞こえても一切無関心で通すことです。

「アンカリングを意識させてどうなるの?」と考える自分を作ってみてください。アンカリングは全く意味がないモノとして判断する自分が確立していきます。アンカリングに意識させないために、周囲の迷惑にならない程度の音量で「「音楽を聴く」「本を読む」「仕事の課題や自分の今後の予定を立てる」など何か1つ夢中になるものを1つ持っておくと、その時間は被害を忘れることができます。

「意識する暇がない」その瞬間だけでも被害から解放されて、毎日がイキイキと過ごせる。また、何か1つ新しい目標ややりたいことを見つけて前進できる日が送れたら、被害もあってないものに変わっていくのです。集団ストーカーの被害者は何かと敏感になりますが、ある程度「被害行為を継続して調査する」ことで加担者が仕掛けるパターンも分かってくるので、無視できるところは無視できるのです。

集団ストーカー被害者の対策事例

年々進化していく嫌がらせ行為

集団ストーカーは、「被害者が対策を練るほど、加害者も一歩上をいく行為をしてくる。やられぱっなしになるほうが被害が変わらない」という意見もありますが、対策を考えても考えなくても被害は悪化します。被害がエスカレートをするなら、対策や練ったり考え方を変えることが良いと思っています。

集団ストーカーの被害者が集団ストーカーの対策をどのようにしてるのかまとめてみました。

  • 集団ストーカーの加害者は怖くないと自分を洗脳する。
  • 慣れと無視を繰り返しておくと被害を被害に思えない。
  • 専門家にサポートしてもらいながらブレない自分を作る。※調査せず、メンタルサポートのみ
  • 専門家と協力して逆アンカリングなどして排除する。
  • 専門家に証拠収集や被害対策を全て任せてしまう。

こちらが提案する解決方法は、「全て任せる」以外はお勧めします。集団ストーカーは、「依頼人の協力」がなければ解決は不可能です。相手がいることなので、「誘導」したり「仕掛け」をしたり様々な協力が必要になってきます。被害パターンも様々、解決方法も色々あり、ネットに書けば対策されていたちごっこになっているのが現状でしょう。

被害対策の選択は、専門家に判断してもらい自分でできることと専門家に任せることをわけて考え、自分にあった解決策を実行することをおすすめします。

『急を要する相談は』
LINEまたはお電話でご相談ください!

LINE ID: @fam-tantei

友だち追加

お電話でのご相談は
月曜日〜日曜日(24時間対応)

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

集団ストーカーの犯罪が周知されつつある

嘘の情報に惑わされないようにする

ガスライディングを集団で行い、あたかも盗聴や盗撮しないと分からない個人の情報を仄めかしを行い、周囲が敵に囲まれたような生きにくい環境を作る犯罪を私たちは集団ストーカーと呼んでいます。集団ストーカーは統合失調症の幻覚・幻聴で片付けられてきましたが、昨年以上に探偵の集団ストーカーの周知は拡散されているのか、調査項目のなかに「集団ストーカー」の調査が増えてきています。それが、どういう意味を持つか、集団ストーカー側が拡散している「嘘の情報」に惑わされないように冷静な対応が必要となります。

集団ストーカーについては早期相談

集団ストーカーは統合失調症の妄想や、単なる思い込みや偶然ではなく「れっきとした犯罪」です。当事務所では集団ストーカー調査を徹底的に行っています。そのためには、皆さんの被害状況の確認が必要です。

小規模な組織だと顔が割れるリスクからネット上の誹謗中傷行為を行う「ネットストーカー」の傾向があるので、「オンライン調査」が専門で行える探偵が必要です。間違って違う人物を犯人と決めつけてしまうと、解決まで遠回りしてしまうので、専門家にアドバイスしてもらうことで状況の整理ができるはずです。

集団ストーカーは怖くない

解決できないのは「孤立」してしまうから

集団ストーカー被害者はインターネットの普及で以前のように簡単に被害者が自殺する傾向が少なくなってきています。元加担者だった人が、集団ストーカーのマニュアルをブログで拡散、暴露したり、集団ストーカーは統合失調症の被害妄想ではないことが明らかになってきました。集団ストーカーとは呼ばなくても、複数による嫌がらせ、職場内のパワハラ、セクハラ、モラハラを訴える人が多くなっています。

集団ストーカーは「指示されて」加害行為を行ってる人たちばかりで、誰も自ら犯罪者になろうという人はいません。なかには使命感に燃えてる加担者もいますが、昔の栄光や何世帯前の偏見による偏った思考が、集団ストーカーを生んでしまったと見ていいでしょう。

集団ストーカーので悩んでる皆さん。決してこの犯罪はそう簡単に解決するものではありません。しかし、皆さんの考え方1つで、被害を無くすことはできます。解決するまで時間がかかっても相談できる環境や、対策を考える人との交流やつながりを絶やさず、持ち続けてください。相談する環境に私たち調査会社がその1つの選択肢に入っていれば幸いです。

集団ストーカー調査依頼について

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

まず、現状について相談することから始めましょう。

集団ストーカー・嫌がらせ被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop