探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 外国人による集団ストーカー
公開日: 2019/06/13 最終更新日: 2019/06/10
探偵ニュース
 公開日: 2019/06/13 最終更新日: 2019/06/10

外国人による集団ストーカー

集団ストーカーの加害の1つに「つきまとい」という行為があります。当事務所のお問い合わせで、「外国人につきまとわれた」など通勤・通学の時間帯、自宅周辺でのすれ違いなど、たまたま偶然を装った集団での嫌がらせは後を絶ちません。ここでは問い合わせが多かった、集団ストーカーついてご紹介いたします。

集団ストーカー対策相談室

集団ストーカーの目的

目に見えない恐怖

日本の集団ストーカーはさまざな利権や報酬が複雑に絡まっているため、「目的」を一本化することは難しいです。事例が多い原因として「宗教の勧誘に断った」「新聞を断った」ことで集団ストーカーの被害に巻き込まれた人が多く、大雑把に言えば自分たちにとって都合が悪い人を排除の目的が挙げられます。

要因の1つになってる、某宗教団体特有のルールによる「功徳」のためやお布施が一定のノルマに達成しなかった代償として特定の人に「宗教上の悪い人で私たちが正しい道を教える」という理由で集団ストーカー行為に参加させられてる信者の一部が加担してると、某宗教団体の幹部の若者が報告にきてくれたそうです。

集団ストーカーの目的に戻しますが、

  • 精神異常者に仕立てあげる
  • 金銭が絡んだストーカー行為
  • 電磁波の異常照射で病気を無理やり引き起こす
  • 「自分の行為を正当化」する加害者が、ネットなどで調べたストーカー行為を行う
  • 過去のことを大人になって引っ張り出す復讐
など病的な執着心が集団ストーカーを生んでると言っていいでしょう。

集団ストーカーは電磁波の悪用による身体被害や音声被害の初歩的な犯罪であるため、加担者が以前のように暴力的な行為を行う「コリジョンキャンペーン」をするケースが激減しており加害行為ができにくい状況になりつつあります。(被害にあってない一般の人たちによるSNSの投稿と拡散により、細分化されて犯罪のことが知れ渡っている現象が目立っているのです)

外国人による集団ストーカー事例

事例1:外国人の嫌がらせ行為

集団ストーカーも外国人が参入してるとツイッターでみましたが、最近、ある商店街の方に遊びにいくと東南アジア系、最近は白人や黒人までも付きまといしたり、スマートフォンのライト機能を目に向けてきたりしてきます。

日本人というより朝鮮系の顔つきの人が、彼らをスマートフォンで指示してることより、片言のワード「悪口みたいだが聞き取れない」で後ろから自転車で追いかけてきて叫びながら走り去っていきます。

夜は子どもが自転車で走ってきて急ブレーキをかけて「キキキキー」という音を聞かせたり、不自然で極まりないことばかりです。一応、ICレコーダーで音を取っていますが、明らかに変な日本語が入っています。

あるエリアにいくと、日本人ぽい人が追尾してきたり、しなかったり。エリアによって追尾する組織が違うのでしょうか。

専門家のアドバイス

20年以上前だとイラン系の外国人が偽装テレカや麻薬の密売をしていた地域で起こる集団ストーカーは外国人が多いことが明らかになります。インスタ映えと称して撮影してもおかしくないような外国人に人気のスポットほど、東南アジア系の集団ストーカーが増えてる傾向があります。

理由として日本語をあまり理解していないフリができるため、仄めかしをしやすいのです。万が一、逮捕されてもいいように「使い捨て」の役割があったりメリットがあるのです。

外国人は日本人より信仰心が強いため、宗教の思想を元に「悪を凝らめる」ために正義感をむきだして行為をする傾向が強いのも特徴の1つです。集団ストーカーは日本だけではなく、韓国、インド、タイ、アメリカ、カナダなど「ギャングストーキング」の犯罪は多発しています。外国人の加担者がいてもおかしくありません。

相談者ができることは、集団ストーカーは基本的に「無視」することです。できる範囲で映像や画像を残して、人物の特定を優先してください。安全を確保する条件で証拠を取る分は構いませんが、危険だと思ったら調査会社に証拠の取り方などを相談した上で行なってください。

集団ストーカーが作り上げる孤立を防ぐ

一人の力では必ず限界がくる

職場、スーパー、趣味の場所、ターゲットの行動範囲を網羅して「お前の憩いの場は存在しない」と言わんばかりに、集団ストーカーが先回りして監視と嫌がらせを行います。どこに行っても集団ストーカーが待ち構えていれば、家族や友達でさえも「集団ストーカー」に加担しているのではないか疑いをもつことも考えられます。

そんな環境から逃れるめに、友達や家族の輪から断ち切り孤立状態になった場合、落ち込むのではなく、集団ストーカーが作り上げる孤立をいかに防ぐかを一緒に考えて対応しましょう。

そのために、集団ストーカー行為がどんな状況で行われ、盗聴・盗撮をされているのかなど、自分なりにわかる範囲で状況をまとめて、どんな対処が必要なのかノートにまとめてみましょう。そのノートが調査会社をスピーディに探せて、リーズナブルな費用で実施してくれる資料となるので、心に余裕があれば資料作りから始めてみましょう。

『急を要する相談は』
LINEまたはお電話でご相談ください!

LINE ID: @fam-tantei

友だち追加

お電話でのご相談は
月曜日〜日曜日(24時間対応)

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

集団ストーカー被害の料金案内

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

調査料金の比較

集団ストーカー対策に関する相談窓口

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop