探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 集団ストーカー被害の解決は?|熊本県集団ストーカー相談
公開日: 2020/11/16 最終更新日: 2020/11/17
探偵ニュース
 公開日: 2020/11/16 最終更新日: 2020/11/17

集団ストーカー被害の解決は?|熊本県集団ストーカー相談

専門家による集団ストーカー相談窓口

  •   1-集団ストーカーとは

    ・そもそも集団ストーカーって?

    ・集団ストーカーの特徴

  •   2-集団ストーカー対策

    ・盗聴盗撮器は壊さずその場を離れる

    ・有害電磁波を必要以上に怖がらない

    ・状況をしっかりと把握し集団ストーカーに備える

  •   3-ネットストーカー・誹謗中傷対策

    ・インターネットを利用して特定の人物にしつこく付きまとう

  •   4-集団ストーカーに関する被害事例

    ・周囲に対する違和感

    ・どこに行っても受けてしまう電磁波攻撃

  •   5-熊本県集団ストーカー対策相談

    ・熊本県で対策をお考えの方へ

    ・熊本県内での犯罪発生状況

    ・集団ストーカーについては早期相談

  •   6-集団ストーカーに関連するQ&A

    ・正しい対処が大切

  •   7-ストーカー対策依頼は専門家に!

    ・熊本県にお住いの方へ

    ・ご相談は土日、夜間も対応可能

    ・熊本県ストーカー被害の相談先一覧

  • 集団ストーカーとは

    そもそも集団ストーカーって?

    通常ストーカーは1人で行われることが多いです。しかし、集団ストーカーは複数人、多い時は数十人で行われることもあります。有名なのが「桶川女子大生ストーカー殺人事件」です。1999年に起こった事件でこの事件の発生が理由にストーカー規制法が成立しました。事件の概要はこうです。

    1999年に埼玉県桶川市の女子大生一家が、4か月にわたりストーカー集団による数々の嫌がらせ行為をうけ、警察に被害届までだしたのにまともに取り合ってもらえず、10月26日に白昼の駅前で女子大生が集団の1人に刺殺されました。ストーカーの主犯の男は女子大生と付き合っていましたが、男の異常な言動、行動に女子大生は別れを切り出しました。しかし、そこから執拗なストーカー行為をさらにエスカレートさせることになりました。

    もちろん恋愛絡みだけが集団ストーカーではありません。会社の問題社員を辞めさせる、リストラするために集団ストーカーをする、会社内の派閥争いに勝つために精神的に追い詰める手段として集団ストーカーをする、宗教団体の勧誘を断ったがために集団ストーカーをされるもしくは、脱退したために集団ストーカーをされる、ご近所トラブルなどで集団ストーカーをされるなど他にも理由はいろいろあります。

    集団ストーカーの特徴

    迷惑防止条例、刑法には触れないギリギリのところで賢く立ち回る悪質な行為(嫌がらせ)をする犯罪が増加傾向にあります。不特定多数の人間が特定の人物に24時間365日、ありとあらゆる手法で監視やつきまといを行うこともあります。集団ストーカーの特徴は「日常のなかの嫌がらせ」特定の人物がいない環境だと、加害者はよく見かける通行人です。車両を運転するドライバーだったり、いろいろな仕事に携わっている人たちに過ぎません。特定の人物がいる時だけ、相手にわかるような行動をします。

    常に「自分」の時だけ、おかしな現象を目撃する機会が多くなり、自意識過剰な人を演出させて、家族や友人に相談しても「気のせい」「神経質」と理解を求めることが困難な環境を作られてしまいます。しかも、加害行為をやってる人が通りすがりの通行人なため、自分のことなど知る由もない人物である以上、知らないうちに「盗聴されてるかもしれない」「盗撮されてるかもしれない」と不安が大きくなったり、自分のことを見えない「誰か」に常に監視されてると植え付けられます。

    このように毎日、加害行為が行われる状況を作り出す「心理状態を利用した手法」が一般的に使われるだけではありません。エスカレートすると車両・バイクの煽り運転、信号無視など共同危険行為を行います。この集団ストーカーは、プライベートの時間だけで起こるわけではありません。仕事の妨げとなる妨害行為をしたり、インターネットを利用して誹謗中傷を拡散して近所のコミュニティから孤立させる手法を取ります。その他にも騒音被害、電磁波被害、異臭被害、盗聴、盗撮被害が複数重なっている被害に加えて個々の弱点や性格を細かく調査をして偶然が偶然を装った犯罪が集団ストーカーです。

    集団ストーカー対策

    盗聴盗撮器は壊さずその場を離れる

    盗聴盗撮行為に使用されるのは、最近ではスマートフォンや携帯電話のカメラがほとんどで、それ以外には小型の盗撮器がよく用いられています。小型盗聴器やコンクリートマイクの場合、自宅や会社での盗聴は気づかれないことも多いようで、知らず知らずのうちに情報漏えいの被害に遭っているかもしれません。発見したときは、破壊してデータを消したいところですが、立件のための重要な証拠物ですので速やかに警察や専門家に相談しましょう。

    熊本県内での盗聴盗撮対策事例
    • コンクリートマイクを使った盗聴を想定し盗聴妨害装置のスピーカー取付や防音工事を行なう。
    • 高層マンションから監視されないようにミラーレースカーテンやマジックミラーシートを施工する。
    • 盗聴発見調査を行った時に電源を切られていた可能性も含め定期的に調査を行なう。

    有害電磁波を必要以上に怖がらない

    現代では電磁波被曝を避けて生活するのは不可能と言われています。電磁波の正しい知識を身につけて、電磁波被爆を最小限に抑えられる対策をしましょう。電磁波といっても、「環境」や「体質」によって症状は様々で、全身が過敏になっている人もいれば、全く気にならない方もいます。電磁波を照射することで攻撃をされている可能性がある場合は、下記対策と併用して専門家にご相談ください。

    熊本県内での電磁波被害対策事例
    • 自宅内の電磁波を測定して正しい対策を行う。
    • 体内電圧はアーシングすることで減らす。⇒詳しい軽減対策はこちら
    • 電磁波を強く感じる時間帯や症状を記録する。(継続した記録を行なう。)

    状況をしっかりと把握し集団ストーカーに備える

    集団ストーカー行為の中では、より代表的な行為が「つきまとい」や「待ち伏せ」です。また、ストーカーをするターゲットのことを誹謗中傷をするような迷惑行為を行なったり、本人しかわからないことを仄めかしたりして不安を煽ります。つきまとわれていることがわかった場合は、タクシーなどを利用して出来るだけ安全に自宅まで帰るようにしましょう。また、自宅の窓やドアには侵入を防ぐために、カメラや二重カギなどを設置して防犯対策を強化することも大切です。下記対策と併用して専門家にご相談ください。

    集団ストーカー対策事例
    • 加害者が拡散する嘘の情報に惑わされないようにする。
    • つきまといされた時間帯や被害内容を記録する。
    • 交番やタクシーを活用し、なるべくつきまとい加害者から逃げるようにする。
    • 自宅に防犯カメラを設置する。
    • 侵入されそうな窓やドアに警報装置を設置する。

    ネットストーカー・誹謗中傷対策

    インターネットを利用して特定の人物にしつこく付きまとう

    インターネットの発達により、ネットストーカー(サイバーストーカー)と呼ばれる犯罪が頻発しています。ストーカー規制法の適用がなかなか及ばないこともあるのが実情で、未だに誹謗中傷の拡散により職場や身に覚えのない人から事実ではない言いがかりや仄めかしをうけているとの報告があります。自分自身で情報管理(情報漏えい防止)することも重要ですが、実際にネットストーカーの被害に遭った際にはネット問題に強い専門家に相談することをおすすめします。

    熊本県内でのネットストーカーの対策事例
    • SNSで情報を発信する場合、個人特定に至る材料は控える。(個人情報の徹底管理)
    • 情報が洩れていないか確認する。(友人・職場・盗聴・パソコンなど)。⇒情報漏えいを確認したい場合はこちら
    • 疑わしい画像や誹謗中傷を「被害」が分かる形で証拠を記録する。

    集団ストーカーに関する被害事例

    周囲に対する違和感

    集団ストーカーは本当に小さな違和感の積み重ねです。毎日同じ人が駅で待ち伏せていたり、近くに座っている人たちの会話が昨日の自分の家での行動だったりするかもしれません。もしかしたら・・・と思ったら相談をしてください。集団ストーカーなんてありえないと思わず一歩踏み出してみてください。

    男性
    ご依頼者様: 熊本市 38才/男性 会社員
    ご依頼内容: 集団ストーカー調査
    ご依頼理由:

    不思議なことが連続していて、どうにもならないと思って相談しました。ここ2ヵ月ほど毎日のように同じ人が家の近くに出没します。しかも私が家を出る時間にです。時間をずらしても何故かいるので、正直言ってとても怖いです。

    ついてくるのは駅までの道を途中までで、絶対に駅には入りません。電車に乗ると別の人たちが絶対に近くにいて、いつも話す内容が昨日の私の家の晩御飯の内容だったり家族や友人と話した内容だったりで偶然とは思えなくなってきました。

    今は私だけのストーカーかもしれないですが、そのうち家族にまで被害が行きそうで怖いです。標的にされている理由もわかりません。原因と誰がやっているのかを突き止めてほしいです。

    専門家のアドバイス:

    今回の事例のような、見知らぬ人たちがターゲットしか知りえないような情報を仄めかす行為を『アンカリング』と呼びます。アンカリングは集団ストーカーによる嫌がらせ行為の常とう手段とされています。

    集団ストーカーはターゲットを陥れようとする黒幕とも呼べる人間が、ターゲットと全く面識のない人間をアルバイトとして雇うことで、加害行為を行なっているようです。直接的な加害者を調べる方法としては、ご依頼者本人を尾行し、周辺でつきまとい行為を行なうものがいるかどうか、調べる必要があります。

    どこに行っても受けてしまう電磁波攻撃

    電磁波攻撃は、加害者だけでなく目に見えない電磁波の恐怖との戦いでもあります。しかし、探偵による調査と科学的な検証を行うことで解決が出来る問題でもあるのです。電磁波という、聞きなれないゆえに特殊な問題であるかといって、解決が不可能ということはありません。

    女性
    ご依頼者様: 天草市 57才/女性 会社員
    ご依頼内容: 集団ストーカー調査
    ご依頼理由:

    色んな人から電磁波攻撃を受けています。助けてください。いつ頃から攻撃を受けているかわかりませんが、少なくとも10年以上も前から攻撃されていると思います。24時間ずっとです。

    買い物に出かけても電磁波攻撃を受けています。横を通りがかる自転車から強い電磁波を感じることがあります。外出した日に時々起こります。もしかしたら、強力な電磁波を発する装置を持った人間が、複数で私を尾行しているのかもしれません。誰の仕業でこんなことになっているのか全く分からないです。

    専門家のアドバイス:

    電磁波照射装置による故意に電磁波を浴びさせる嫌がらせ行為は、集団ストーカーの手口の一つです。なぜかというと、電磁波は目に見えないことと、目に見えないゆえに立証が難しいということが、嫌がらせを行なう側からすると非常に都合が良いからです。また、浴び続けている電磁波に体が拒否反応を示す『電磁波過敏症』という症状を患っていることも考えられます。

    攻撃をされているから電磁波過敏症になったのか、あるいは日常生活で浴びていた電磁波が体の許容量を超えてしまったのか、検証を行なうには調査が必須ですが、まずは電磁波の影響を少しでも軽減するために、家電のアース線を繋ぐことで『アーシング』を行なってみることが大切です。また、アーシングはご家庭で行うより、海や山、川といった電磁波の影響が少ない場所で過ごし、体に溜まった電磁波を抜くことも効果的と言われています。

    私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

    熊本県集団ストーカー対策相談

    熊本県で対策をお考えの方へ

    嫌がらせ専門対策の相談・調査依頼をお考えの方は、まず当サイトの(無料相談)のご利用を強くお勧めします。近年探偵事務所が激増していると言われています。

    しかし、それにもかかわらず、「調査の内容が不十分」など調査の品質についての不満や「高額な調査料金を請求された」など、良い探偵になかなか巡り会えないという相談が数多く寄せられています。

    集団ストーカー対策は、一般的な探偵が行う調査とは違い集団ストーカー対策に関する専門知識と調査経験が必要とされますので、探偵社であればどこでも解決できるわけではありません。

    難しい事件を歓迎します。

    他社で断られた相談、解決できなかった集団ストーカー被害対策を歓迎します。柔軟な思考と、証拠を発見する力に自信があるからです。ご相談には迅速な対応を心がけていますので、メールまたはお電話ください。きっとお力になれると思います。

    熊本県内での犯罪発生状況

    熊本県内の犯罪発生状況について

    どの地域でどのような犯罪が多いのかを公開し、防犯を呼びかける自治体が増えています。熊本県内の「犯罪情報」の詳細は、各自治体や管轄の警察署に問い合わせてください。
    参考資料:高知県警察

    集団ストーカーについては早期相談

    集団ストーカーは統合失調症の妄想や、単なる思い込みや偶然ではなく「れっきとした犯罪」です。ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では集団ストーカー調査を徹底的に行っています。そのためには、皆さんの被害状況の確認が必要です。

    小規模な組織だと顔が割れるリスクからネット上の誹謗中傷行為を行う「ネットストーカー」の傾向があるので、「オンライン調査」が専門で行える探偵が必要です。間違って違う人物を犯人と決めつけてしまうと、解決まで遠回りするので、専門家にアドバイスしてもらうことで状況の整理ができるはずです。

    集団ストーカーに関連するQ&A

    正しい対処が大切

    集団ストーカーは不特定多数から狙われる行為なので、基本的に不利な状況です。現在、被害に遭っていたり、もしも集団ストーカーの被害に巻き込まれてしまいそうなときは、下記のQ&Aをご参考にすることをおすすめします。

    Q

    集団ストーカーが突然始まったらどうすればいいでしょうか?

    A

    感情的にならず冷静な対応が必要です。集団ストーカーの被害は長い時間をかけて、ターゲットの長所・短所や行動パターンを分析してターゲットの前に加担者を配置させます。突然かつ不自然に行く先に現れますが、基本は「無視」「気にしない」が最も有効な対策方法です。

    Q

    道先で付きまとってきた人を見かけたらどうすればいいですか?

    A

    つきまといと確信したら警察に通報しましょう。集団ストーカーの加担者はターゲットに声をかけられることを非常に嫌がる傾向があります。話かけられる状況であれば「何か?私に用ですか?」と声をかけて、反応を伺いましょう。身の危険を感じるのであれば、警察にいち早く連絡して対処してもらえるようにしてください。

    Q

    単独行動は危険ですか?

    A

    1人はあまりおすすめしません。集団ストーカーの加害行為はターゲットが単独で行動をしてる時のほうが加害しやすいので、なるべく複数の人と行動をすることをおすすめします。どうしても、1人で行動しないといけない場合、証拠が取れるようにしておくといいでしょう。

    Q

    音で嫌がらせしてくる場合はどうすればいいでしょうか。

    A

    音を遮断することから始めて下さい。集団ストーカーの加害行為の1つ「ノイズキャンペーン」の対策は、耳栓やヘッドオン型のイヤーマフをつけると音を遮断するので、1つの防御策として持っていると精神的に余裕ができると思います。集団ストーカー被害はターゲットに「気づかせる」ことを目的としているので、「気が付かない」ことも防御の一つです。

    Q

    証拠集めに動画を撮っても大丈夫ですか?

    A

    大丈夫な場所なら可能です。各都道府県の迷惑行為防止条例に違反しなければ問題ありません。加害者も「犯罪」であることを自覚しているので、「盗撮された」と騒ぐ加害者は少ない傾向があります。条例違反を防ぐために、バスの車内よりは歩道、改札口付近、などで撮影したほうが、加害者が自然にターゲットの前に現れやすいので、証拠は取れやすいでしょう。

    Q

    仄めかしが怖いのですが?

    A

    仄めかしは怖くない。集団ストーカーの被害者の大半は「仄めかし」が原因で外部との連絡を断ち切ってしまう傾向がありますが、仄めかしの大半はターゲットがSNSの投稿した内容を閲覧したり、友達の会話を盗聴で得た情報を悪用してるだけです。全て仄めかしと誤解してしまうと、加害者の思惑通りになってしまうので、仄めかされても「私は無関係」を通してやり過ごしてください。

    Q

    メディアやブログの仄めかしがある

    A

    情報操作の1つです。同じ集団ストーカーの被害者同士でも、その人のブログを見て「仄めかし」と訴える被害者がいるぐらいで、仄めかしや付きまといで心理的に追い込まれている状況にあるため、メディアやブログなどを通して自分を監視してると思わせるための演出です。「気にしない」ごく普通のことと言い聞かせてください。

    Q

    風評被害が起きてるか分からないのに、周囲の目がおかしい

    A

    実際は細かく情報が分散されてる。地域によっては近所にターゲットの悪評を拡散されたケースもありますし、加害者グループだけで拡散されているケースの二種類が考えられます。家族、親戚、友達まで悪評が拡散されてなければ、加害者だけに悪評が拡散されてる可能性があります。近所から「追い出し」行為がない以上は普段と変わらない生活をしましょう。

    Q

    加害者に仕返ししてもいい?

    A

    感情的になって行動することはおすすめしません。危険が伴うのでおすすめはできませんが、加害者が被害者に対する行為をそのまま加害者に行ったケースがあり、大半は被害者にやり返す加害者はいなかったデータがありますが、刺激せずにやり過ごしたほうがいい時もあります。

    Q

    加害者はどこまで追尾してくるのか?

    A

    被害者によってさまざまです。危険が伴うのでおすすめはできませんが、加害者が被害者に対する行為をそのまま加害者に行ったケースがあり、大半は被害者にやり返す加害者はいなかったデータがありますが、刺激せずにやり過ごしたほうがいい時もあります。

    Q

    ICレコーダーで音を録音した方がいい?

    A

    自分の仄めかしを把握するメリットがある。集団ストーカーの加害者は「仄めかし」を暴かれたくないため、音を録音されることを非常に嫌がる傾向があります。外出時は常にICレコーダーをオンにして音を録音し続けてください。確認するうちに「仄めかし」が把握できることで、仄めかしを無視することができます。

    Q

    騒音が聞こえるのは周辺の人たちが故意でやっているのでしょうか?

    A

    遠隔で操作してる可能性もある。集団ストーカーの目的として、ターゲットの自宅周辺の人とトラブルを起こさせて、ターゲットを「危険人物」と仕立てあげることと、加害がしやすい環境に引っ越しをさせる「追い出し」を行うため、遠隔で音を拾い指向性スピーカーで音を出してる可能性があるので、専門家による調査が必要となってくるでしょう。

    Q

    自宅の周辺で奇声が頻繁に聞こえて怖い

    A

    気にしないこと。集団ストーカーの加害行為の1つ、ストリートシアターの可能性が高いですが、裏付けがない以上、聞こえても「気にしない」聞こえる部屋から離れるようにしてください。

    Q

    集団ストーカーは自宅に侵入すると聞きましたが

    A

    警察に連絡してください。自宅に侵入された場合、盗撮器 盗聴器など設置されたりwifiを乗っ取られるリスクがありますので、警察の対応と盗聴・盗撮・wifiの対策に詳しい専門家に連絡が取れるようにしましょう。

    Q

    加害者に将来的に訴えることは可能ですか?

    A

    条例や民法で犯罪が当てはまれば可能です。集団ストーカーというくくりでは、今の日本の法律で訴えることは難しいと言えます。しかし、集団ストーカーは犯罪の「複合体」なため、各都道府県の迷惑行為防止条例違反、道路交通法、民法で違反と判断されれば、加害者を訴えることは可能でしょう。

    Q

    被害者がやるべきことはありますか?

    A

    危険が伴わないことを条件として。Twitterなどで同じ集団ストーカーの被害者さんと情報を共有することで解決された方もいるとの事です。自分の起きた状況を自ら発信したり専門家に伝えるなど、その被害に関する対策を考え拡散することで、いろいろな情報を得ることはできます。ただ、最近は周知活動も活発に起きていると同時に被害も悪化してる傾向があるので、専門家と常に相談しながら行ってください。

    Q

    集団ストーカーの被害に向き合うためには?

    A

    悲観にならずに、被害にあわせて生活を変える。集団ストーカーの被害に遭われても、一般的な常識を持って普段通りに生活することです。スーパーなど外出先での被害がひどい場合は、ネットスーパーで購入したり買い物を家族にサポートしてもらったり、生活環境を被害にあわせて工夫してみましょう。

    Q

    家族に被害のこと話し方がいいでしょうか?

    A

    ケースバイケース。集団ストーカー被害者の家族の性格まで分析してるので、被害を理解されたケースと理解されないケースが二極化が目立っています。最近は周知活動のポスターを拡散する被害者もいらっしゃいますが、周知のポスターを見せて、集団ストーカーいうより「複数の人に付きまとわれてる」とやんわり話した方がいいかもしれません。家族の反応を見て、手応えがなければ早めに切り上げたほうが無難です。

    ストーカー対策依頼は専門家に!

    熊本県にお住いの方へ

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、「専門のコンサルタント」として、嫌がらせ解決に全力で活動しております。ご依頼人と直接お会いし、お悩み・ご要望にしっかり耳を傾けることを重要視しております。ご依頼人に身近な「探偵事務所」として、家族に相談できない小さな悩みから本格的な調査まで、ニーズに合わせて皆様の隣に寄り添いながら問題の解決まで、法に基づいたノウハウや専門機材を屈して解決後のアフターフォローまで誠実に対応させていただきます。

    ご相談は土日、夜間も対応可能

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口は、皆様の生活スタイルに合わせて、フリーダイヤルで24時間無料相談窓口を設置しております。また、盗聴の疑いがある場合は、メール・LINEでご相談が可能ですので、安心してお問い合わせください。熊本県特有のデリケートな内容でもきちんと対応させていただきます。ご相談は、回数の制限なく応じますので、納得いただける解決方法が見つかるまで何回でもご相談ください。※ご面談にはご予約が必要です。

    熊本県ストーカー被害の相談先一覧

    熊本県についての紹介

    警察 住所:熊本市中央区水前寺6丁目18-1
    男女共同参画 住所:熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18-1
    法テラス 住所:熊本県熊本市中央区水道町1−23 加地ビル4F

    熊本県ストーカー被害相談フォーム

    現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい

    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop