探偵ニュース

Detective News

公開日: 2019/07/17 最終更新日: 2019/07/09
探偵ニュース
 公開日: 2019/07/17 最終更新日: 2019/07/09

【集団ストーカー】メンタルコントロール

集団ストーカー、テクノロジー犯罪に、各ハラスメント問題を抱えてる被害者の方は、日々耐えながら仕事や家事を行なっています。毎日、嫌がらせが続くと精神的に参ってしまい仕事や家事を休みがちになることも。そんな加担者たちの精神的に上に行くためには「心を強く」するしかありません。被害者同士が考えて考案したメンタルコントロールについてご紹介したいと思います。

集団ストーカー問題を解決するために

リラックスさせない被害の場合

リラックスした時間を与えない

嫌がらせがひどくなると、近所中の生活音を指向性スピーカーを使い、被害者に聞かせたり、耳栓やイヤーマフをつけても「音」は聞こえる。家が監獄のようにさせて住んでいるエリアから出て行かせようとする「嫌がらせ」を受けてる場合は、外に出てもリラックスはさせないように加害行為を行います。

その理由として「リラックスする方法は存在」しないと思い込ませることで、精神的ダメージを与え、思考を停止させ何も考えさせなくすること。ネガティブな言葉を24時間毎日聞かされると「死にたくなる」と自殺未遂を起こす事例が多く寄せられます。

さて、そんな嫌がらせに対抗するにはどうすればいいか。テレビや音楽を聴いても集中できないなど、リラックスする方法はないのでは?と諦めかけてた被害者さんは、あることに気づいたのです。

それは、YouTubeで配信される音楽に「音」が被さってないことに気づき、YouTubeから癒しの周波数こと「ソルフェジオ周波数」の音楽を聴くようになり、少しだけ心が落ち着いたという報告がありました。

528ヘルツの周波数の音楽を聴きながら、トイレ掃除をするだけで心の余裕ができたり、自分で物事を考える力が戻ってきました。加担者自身が自分たちの思考や考えを停止させらているため、同じような嫌がらせしかしないのは自分たちに考える力がないから。ただ指示を受けてるだけだからです。

思考を停止しないようにどうやって自分でコントロールするか次項で見ていきましょう。

プラスマインドの効用

考え方について

プラスマインドとは、ネガティブな考えからプラスの思考に変えていくこと。 <自分の考え方のパターンに気づく考え方の癖とは?>

全か無か思考「all-or-nothing thinking」

1つダメなことがあると、全てダメだと感じたり。そういう完璧を求める考え方の癖、物事に白黒をつけたがる考え方の癖です。

一般化のしすぎ「overgeneralization」

一度、人間関係で苦しんだ経験があると、また違うグループに行っても「うまくいかないに決まっている」と思ってしまうのもこの考え方の癖の1つ

心のフィルター「mental filter」

1つの仕事に失敗したからといって、「自分はダメだ」とすべてマイナスに考えてしまったりするのもこの考え方の癖の1つ

マイナス化思考「disqualifying the positive」

良いことがあっても、「これはまぐれにすぎない。この後にきっと悪いことが起こる」という風に考えてしまう

結論の飛躍「jumping to conclusions」

思い込みで否定的な結論を出してしまう

というようなこと考えていませんか?日本の若い世代は自己評価が非常に低く、上記の状態に陥りやすいのです。日本人は責任感が強いため「〜すべき」「自分のせいだ」と考えてしまいます。その暗示を打破するには、「いい方向に持っていく」考えが大切なのです。

例えば、嫌がらせがあっても自分がすべき仕事をノーミスで仕事をやり終えたなら、自分を褒める。嫌がらせがあっても、何か欲しいものを買えたのであればそれはラッキーなことだと位置付けること。

それだけで、メンタルはどんどんプラス思考に変わっていきます。被害者には、今日〜をするマニュアルがありません。自由に動ける。逆に嫌がらせの加害者はマニュアルがあって実行してるだけ。無線で指示を受けて「失敗させられない」環境にいます。

嫌がらせされても、自分がやりたいことを達成できればハッピーな気持ちになれると思うのですが、どうでしょうか。仕事もそうですよね。先輩とか作成してくれたマニュアルがあるから仕事を少しずつ覚えていきますよね。だから、プラスな気持ちになれるように毎日、頭を動かして考え方を少しずつ変えると、嫌がらせがあっても普段と変わらない生活ができるのです。

嫌がらせ行為に対する対処について

余裕をもって解決策を行う

相手の情報を十分に得ること

あなたが不安感や恐怖心を抱いている相手は、本当にそこまでの嫌がらせができる人でしょうか?相手の情報を把握すれば、その相手が「できること」「できないこと」を、ある程度は予測することができます。相手の情報を多く把握することは、あなたの漠然とした不安や恐怖をぬぐい去ってくれるはずです。

感情的に反応しない

嫌がらせをしてくる相手に対して、感情的に反応するのは逆効果です。相手はそれに対してまた更なる嫌がらせをしてくる可能性が高くなります。なぜなら、嫌がらせ行為者はあなたのその感情的な反応によって、更なる嫌がらせをする口実を得るからです。嫌がらせ行為者の思考は、何があっても「自分は正しくてあなたが悪い」のです。

集団ストーカー調査料金案内

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

調査料金の比較

集団ストーカー対策に関する相談窓口

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

まず、現状について相談することから始めましょう。

集団ストーカー・嫌がらせ被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop