探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 集団ストーカーの目的と被害事例
公開日: 2019/04/09 最終更新日: 2020/08/11
探偵ニュース
 公開日: 2019/04/09 最終更新日: 2020/08/11

集団ストーカーの目的と被害事例

集団ストーカーはギャングストーキングと呼ばれアメリカ発祥の犯罪と言われています。
日本・中国・韓国・アメリカ・カナダ・オランダ・ロシア・ポーランド・ベルギー・オーストラリアなどではギャングストーキング及びテクノロジー犯罪の被害者を支援するサイトがあるほど、深刻な状況になっています。

今回は集団ストーカーの目的とその被害事例を挙げて、集団ストーカーという犯罪を知っていただき、「何か変だな」「複数の人に監視されてる」「自分の部屋だけ騒音がひどい」など不自然な現象が起きたら迷わずご相談ください。

集団ストーカー相談窓口

集団ストーカーの目的とは

目に見えない恐怖

日本の集団ストーカーはさまざな利権や報酬が複雑に絡み合っているため、「目的」を一本化することは難しいのが現状です。事例が多い原因として「宗教の勧誘を断った」「新聞を断った」ことで集団ストーカーの被害に巻き込まれた人が多く、大雑把に言えば自分たちにとって都合が悪い人を排除するという目的が挙げられます。

要因の1つになっている、宗教団体特有のルールによる「功徳」のためやお布施が一定のノルマに達成しなかった代償として、特定の人に「宗教上の悪い人で私たちが正しい道を教える」という理由で集団ストーカー行為に参加させられている一部の信者がいると、ある宗教団体の幹部の若者が報告にきてくれたそうです。

集団ストーカーの目的に戻しますが、

  • 精神異常者に仕立てあげて精神科に入院させる
  • 金銭が絡んだストーカー行為
  • 神経内科系の病気(帯状疱疹 逆流性流動炎 三叉神経痛)などを電磁波の異常照射で病気を無理やり引き起こす
  • 「自分の行為を正当化」する加害者が、ネットなどで調べたストーカー行為を行う
など病的な執着心が集団ストーカーを生んでると言っていいでしょう。

集団ストーカーは電磁波の悪用による身体被害や音声被害の初歩的な犯罪であるため、加担者が以前のように暴力的な行為を行う「コリジョンキャンペーン」をするケースが激減しており加害行為ができにくい状況になりつつあります。(被害にあってない一般の人たちによるSNSの投稿と拡散により、細分化されて犯罪のことが知れ渡っている現象が目立っているのです)

集団ストーカーによる被害事例

集団ストーカーに巻き込まれていませんか?

集団ストーカーの特徴は被害者によって全く異なった加害行為であること。
電磁波による身体被害だけの人もいれば、音波攻撃やつきまといなどの複合的な手段を用いつつ、被害者同士が情報を共有する事を妨害しながら被害者のプロファイルを行い、どの加害行為が1番のトラウマになるか徹底的に調査・分析して加害行為を行っています。下記の事例は全国の被害者の声を参考にまとめたものです。皆さんの身の回りに起きてる状況と似た事例があれば、集団ストーカーに巻き込まれている可能性を考えなければなりません。

  • 商業施設に入ると音楽が変わり、警備員数人に付きまとわれた
  • 自宅前で大声であげる男性がいる
  • 動物の死骸を玄関先に置かれたり、監視カメラを壊された
  • 団地に住んでいて部屋の上下左右からくる騒音による睡眠妨害
  • 歩道を立ち塞ぐように歩く集団に頻繁に遭遇したり、アンカリング(被害者しから分からない用語)を囁かれた
  • 24時間ヘリコプターが低空飛行してるかのような重圧音が響き頭痛が治らない
  • 職場、旅行先の道中に追尾するグループがいつも駅構内やサービスエリアの死角から出てきてスマートフォンで盗撮

以上は集団ストーカーの被害事例のごく一部に過ぎませんが、集団ストーカーは一般生活に沿った加害行為を行なっています。配電施設が近くにある被害者は電磁波による身体被害、警察署の近くに住んでいる被害者は警察沙汰を避けるためか、強面の人などの「目立つ人物」が待ち伏せするような事例が少ないなど、住む環境によって加害行為を変えている傾向があります。

集団ストーカーを早期に解決するために

当事者には見えづらい真実

集団ストーカーを早期解決のためにはその手のプロに相談すること。
集団ストーカーの加担者は自分たちの身元がバレることを最も恐れています。身元がバレないように何ヶ月周期で様々な地域へ派遣させる組織が多いのです。

集団ストーカー自体は怖くないということを認識してください。しかし、それなら「調査会社の協力はいらない」と安易に考えてはいけません。加害組織は被害者の家族、家庭環境、友人の有無、仕事の環境など徹底的に調べあげています。ほかの人が何も感じない些細な出来事でも、敏感に感じる行為を何度も、不特定多数の人から受けるということは精神的にダメージが大きいのです。

調査会社ができることは、加害行為を行う加担者もしくは実行犯を割り出し身元を特定して集団ストーカーを止めさせることです。解決方法はケースにより様々ありますが、まずは1人にならないで第三者に相談できる環境を作ることを考えてください。その第三者の相談機関を私たち調査会社が請け負います。

話を聞いてもらうことで心の安定を得られる効果もありますから、1人で悩むよりまず、私たちに話を聞かせてください。専門的な調査方法で集団ストーカーを解決しましょう。

集団ストーカーについて相談する

集団ストーカーが作り上げる孤立を防ぐ

職場、スーパー、趣味の場所など被害者の行動範囲を網羅して、「お前の心が安らぐ場所は存在しない」と言わんばかりに、集団ストーカーが先回りして監視と嫌がらせを行います。どこに行っても集団ストーカーが待ち構えていれば、最悪の場合家族や友達でさえも「集団ストーカー」に加担しているのではないか疑いをもつことすら考えられます。

そんな環境から逃れるめに、もし友達や家族の輪を断ち切り孤立状態になった場合でも、落ち込むのではなく、集団ストーカーが作り上げる孤立をいかに防ぐかを一緒に考えて対応しましょう。

ストーカー対策専門窓口が選ばれる3つの理由

安心の解決サポート

土・日・祝も含む365日何度でも解決サポートを受けることができ、追加料金は一切かかりません。電話によるサポートは担当者直通のため繋がり易く、依頼人をお待たせいたしません。

専属担当制サポート

嫌がらせ対策専門窓口は、担当者調査責任者の複数体制で調査に対応しております。複数の目で依頼人の問題を多角的な観点からチェック、調査方法を協議し、適確・迅速に解決へと導きます。

徹底的に行う調査・分析

嫌がらせ対策専門窓口は、嫌がらせの本質という観点から、被害者の状況を徹底的に調査・分析します。その上で、無駄のない解決策を模索・検討し、調査内容をカスタマイズします。

『急を要する相談は』
LINEまたはお電話でご相談ください!

LINE ID: @fam-tantei

友だち追加

お電話でのご相談は
月曜日〜日曜日(24時間対応)

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop