探偵ニュース

Detective News

公開日: 2019/07/09
探偵ニュース
 公開日: 2019/07/09

【集団ストーカー】なにかおかしいと思ったら

知らない人から変な言いがかりをつけられる。見知らぬ人から何かしら変な視線を向けられる。このような問い合わせが多くなって来ています。犯罪を犯してない人が、なぜ?不審者として見られないといけないのか。なにか都合が悪いことでもあるのか?調査で調べていくと、いろいろな利権が絡んだ嫌がらせを行う組織の存在が以前より明らかになりました。

自身に起きていることは偶然なのか?

ハイテクとローテクを使う

リラックスした時間を与えない

嫌がらせの目的は「自分たちが正しい」それを植え付けること。不特定多数の人に知らせるのではなく、被害者に「あなたは悪者」と洗脳することで、自殺に追いやったり、精神疾患にさせることがあります。

インターネットで被害者同士の繋がりを持つようになると、分断工作をしてお互いを敵と認識させる。孤立させないと「悪者」のシナリオが成り立たなくなるからです。

分断工作をされることを被害者が知ったら、今度は冷静に判断して、嫌がらせ行為を無視するようになります。それに慣れてくれば、以前の生活に戻れるわけですが、加担者はハイテク機材を利用して「リラックスした時間を与えない」ように加害行為を繰り返します。

「被害者楽しい気持ち・楽しい時間を奪う」「信用を失わせる」など様々ですが、嫌がらせの目的は「孤立」させることで、解決できない悩みとなるのです。

嫌がらせを無視すること

無視で嫌がらせを終わるケースも

  • 嫌がらせもマニュアル化してるため、その場限りの嫌がらせは無視する
  • 自分がしたいこと、やりたいことを優先的に考えて行動する
  • 被害者の方に共通していえること、極力気にしない。

上記のことをまずは優先してください。

できれば通勤通路や時間帯を変えるなどして混雑する時間帯を避けるなど様子を見ながら、基本は「無視」でやり過ごすようにしましょう。 被害が悪化するようであれば専門家に相談することも検討してみてください。

1人でできないという場合、当事務所にご相談いただければ対処いたします。

冷静な目とプラス思考を持って

自分でできる対策

嫌がらせの加担者は、「被害者の好きなこと」「やりたいこと」「実行できるもの」など全て奪おうとしますが、大掛かりな仕掛けなため、1日で全て奪うことは不可能です。

テクノロジー犯罪の被害者の話だと「身体被害が軽ければ、少しずつやれなかったことをできる範囲でやり続ける。広く浅くが大事」とのこと。嫌がらせの加担者は24時間365日、ローテクでの嫌がらせは何時間も定位置に待機して監視・つきまといを行います。

このような悪質な行為に、嫌がらせだけに目を向けず、プラス思考を持って生活できる自分を自分でトレーニングしないと精神的な解決はできません。

もちろん調査でやめさせることは可能ですが、心のケアをして元の生活に戻そうという気持ちがない以上は、この問題は解決は難しいでしょう。長い時間をかけて彼等は、被害者のプロファイリングをもとに嫌がらせ行為をしてくるので、「嫌がらせを気にしない」「近づかない」という一般的な考えではとても太刀打ちできません。

それができないから、嫌がらせ行為を行なってるのです。何かおかしいと感じたら、いつでもご相談できますが、その前に冷静な目と判断力を持ってこの問題に向き合って欲しいと思います。被害者の勇気がこの問題を解決でき、1人の行動がほかの被害者を勇気づけているのです。

絶対に諦めないことこれが加担者が1番嫌う行動です。

集団ストーカー被害の料金案内

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

調査料金の比較

集団ストーカー対策に関する相談窓口

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

まず、現状について相談することから始めましょう。

集団ストーカー・嫌がらせ被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop