ハラスメント調査関連記事 - ハラスメント調査レポート

Harassment report

ホーム > ハラスメント調査関連記事 > ハラスメント調査レポート > 暴言・暴力およびセクシャルハラスメントの実態調査
公開日: 2021/02/08 最終更新日: 2022/02/08
ハラスメント調査関連記事 - ハラスメント調査レポート
 公開日: 2021/02/08 最終更新日: 2022/02/08

暴言・暴力およびセクシャルハラスメントの実態調査

職場内では主にセクシャルハラスメントが非常に強い傾向にあります。セクシャルハラスメントは性的な問題もあるので必ずしも異性だけではない同性問題もあります。

ここでは学校や職場で起こるセクシャルハラスメントについて詳しくご説明いたします。

セクシャルハラスメントの相談窓口

専門家
ハラスメント調査
2022年2月8日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、ハラスメントでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

セクシャルハラスメントとは?

セクシャルハラスメントとは?

セクシャルハラスメントの分類

セクシャルハラスメントとは性的な嫌がらせのことであり、性的な言動を受けることにより学校生活や職場での活動に支障がでる問題のことをいいます。

特に明らかな上下関係や逆らうと被害者の人生に影響が出るような立ち位置を利用して、相手にセクシャルハラスメントを受け入れるようにする方法は対価型と言われています。

いわゆる利害関係を利用することで有利にセクシャルハラスメントにもっていきます。他に「男のくせに」、「女のくせに」など性差別を意識した主観的発言を環境型と言います。

また飲み会で性的な言動をさせる・強引に風俗店に一緒に行くなど本来の仕事とは関係ないことに周囲を巻き込むことも環境型と言います。

他にも、SNSなどでやり取りをしていると一方的に関係が深まったと錯覚することで相手が不快に思うような踏み込んだ言動をしてくることを妄想型というのですが、これは最近定義されました。

学校内のセクシャルハラスメント

学校内のセクシャルハラスメント

人格形成以前に行なわれる卑怯な性行為の押し付け

内申書や部活の選抜など、絶対的権力を盾に教師が児童や生徒にセクシャルハラスメントをしてきます。

内容はほとんど教師が決め、「セクシャルハラスメントは悪いことではない」、あるいは「性的なお仕置きをされるお前が悪い」ことを銘打ちながら、さも当然のこととしてセクシャルハラスメントがまかり通っている事実は、過去の事例の多さから知っている人が多いでしょう。

問題は被害者が被害の大きさに気づき、精神的問題に気づくのにある一定時間の経過後のため、大人になってから被害調査に乗り出しても加害教員が退職・転勤となって調査依頼を断るため正確な調査ができなくなることもあります。

調査届が遅れるのは、被害者が自分に起きた性被害を客観的に自覚に至るための人格形成以前に加害が行なわれるからです。

スクールハラスメントに遭遇した人は大人になってから精神的な問題で一生悩む人が多いのはこのためです。

職場内のセクシャルハラスメント

職場内のセクシャルハラスメント

指導側の一方的な性解釈により被害を被る部下

職場内も力関係が上の者が下にたいして、社内の在籍及び評価実績に響くことを盾にセクシャルハラスメントを行います。

一方的に性行為の仄めかしをさりげなくするため、事が重大になる以前に被害者側の部下に加害行為を訴えられることが多いです。

たとえば、身体(肩・腕・尻など)にことあるごとに触ってくることが度重なれば、直接的な性行為をしていないとしてもセクシャルハラスメントとして訴えるのに充分です。

要は相手が不快かどうかにかかってくるため、身体に触っていないとしても、職場でよくあるのが「男なんだから」、「女なんだから」と相手を性区分けすることもセクシャルハラスメントとして法的な訴訟案件になります。

ハラスメント調査のご相談・依頼方法

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています。

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。どんなに複雑に見え、困難と思える問題でも、必ず解決の道はありますので、困った時にはお気軽にご相談ください。

流れ
無料相談

セクシャルハラスメントQ&A

Q

セクハラに遭った時の相談先を紹介してください。

A

会社外部のセクハラの相談窓口は複数あるのでご紹介します。悩みを聞いてもらいたい時は「こころの耳(電話番号:0120-565-455)」、「みんなの人権110番(電話番号:0570-003-110)」、具体的なアドバイスや会社への行政指導を希望している方は「女性の人権ホットライン(電話番号:0570-070-810)、トラブルを解決したい時は「労働基準監督署の総合労働相談コーナー」、証拠が必要な時はファミリー調査事務所までご相談ください。

Q

セクシャルハラスメントの証拠の集め方を教えてください!

A

メモ(記録)、映像(写真・動画)、録音(音声)の3つ揃えるといいでしょう。セクシャルハラスメント問題を訴えるには、被害の深刻さを第三者に明確に伝わる証拠が必要です。セクシャルハラスメントが起きたときの記録が揃っていれば、加害者がどんなに言い逃れしてもセクハラが起きている証明が可能です。

Q

セクシャルハラスメントに負けないために

A

セクシャルハラスメント問題に目を背けないでください!加害者が自らセクシャルハラスメントをやめることを待つより、自分から行動することが必要です。そのために必要な対応や証拠収集方法を探偵社や専門家に相談することで、解決の一歩となります。

まず、ハラスメントについて相談することから始めましょう。

ハラスメント相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、ハラスメント被害の状況、ハラスメント対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop