探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > ハラスメントの基準(パワハラ・セクハラ)
公開日: 2019/12/10
探偵ニュース
 公開日: 2019/12/10

ハラスメントの基準(パワハラ・セクハラ)

《ハラスメントでお悩みの方へ》
セクハラやパワハラはなにかしらの行動を起こさない限り、相手はあなたへの行為を止めることはありません。今回は、ハラスメント「不法行為」であることが分かる判断基準について解説します。ハラスメントを受けている時は精神的に辛いかもしれませんが、相手にハラスメントをやめさせるために、「証拠」をしっかり集めましょう。

ハラスメント相談専門窓口

パワハラの基準

パワハラと判断する基準について

パワハラだと判断する基準は職場を悪化させて生産性を悪くするということです。パワハラの基本的な基準として下記項目を確認してください。

職務上の地位や影響力に基づく
  • 仕事の割り振りを異常に少なくしたり多くする。
  • 上司の権限を利用して、無理やり飲み会に参加させる
  • 会議での言語発言をさせない
  • 噂話、悪口を会社全体、取引先に拡散させる
  • 部署の人間にもハラスメントを行うように指示をする
  • 結婚退職を促す
  • 部下に無視など嫌がらせを強要させる
  • 総務に相談されないようにストーキング行為をする
  • 昇進、昇給の評価をしない
相手の人格や尊厳を侵害する言動
  • 給料泥棒がここにいる
  • お前の代わりはいくらでもいる
  • いるだけで目障りだ!やめろ
  • みんなが迷惑してる
  • ゴミ箱を蹴る、机をたたく

パワハラは、人格否定、相手に非がないことでも罵声を飛ばすなど、指導という名での暴力などが1つの基準となります。最近の傾向で、ストーカー気質を持った人もいて、わざわざ被害者がいる部署に出向いたり、被害者が誰かと話してる場面を見ると近づいたりして、自分が周囲にどう思われるかを気にする傾向があるようです。

  • リーダー気質がある
  • 社員、上司が見えないところで嫌がらせ行為を行う
  • 自分の思いどおりにならない仕事の割り振りに不安を持っている
  • 派遣やパートほも前の職場でハラスメント問題を起こして辞めさせられてる
  • 自分は仕事ができると思い込んでいる

最近のパワハラをしやすい人のタイプを見てみると、上記で触れたように集団から個で動くタイプが増えてる傾向が高いです。

セクハラの基準

 

セクハラの定義について

厚生労働省では、男女雇用機会均等法でのセクハラの定義を以下のように述べています。

職場におけるセクシュアルハラスメントは、「職場」において行われる、「労働者」の意に反する「性的な言動」に対する労働者の対応により労働条件について不利益を受けたり、「性的な言動」により就業環境が害されることです。職場におけるセクシュアルハラスメントには、同性に対するものも含まれます。 引用元: 厚生労働省|セクシュアルハラスメントはあなたの義務です
どこからがセクハラ行為か

同じ行為でも相手に不快感を与えたか否かで、セクハラにならないこともあります。また、本人は軽い気持ちや冗談のつもりでも、不必要なボディタッチや性的な言動はセクハラに該当する場合があります。

  • 身体的接触
  • 性的発言
  • 異性関係に関する噂の拡散
セクハラとパワハラを併せ持った行為もある

「関係を持たないと、正社員にさせない」「このことを全て家族や結婚相手にバラす」脅迫めいた行為もあり、職場内だけで解決できる問題でないケースも多いのです。早めの対策を!と言ってもどのように行動すればわからないケースは弁護士やハラスメント問題に詳しい調査会社に相談をおすすめします。

ハラスメントの相談について

3つの相談ポイント

  • 早めに相談しよう
  • 情報の選別は専門家に任せる
  • 被害状況を正確に伝える
「早期相談」のメリット

どうしようもなくなってからの調査相談では、対処法も少なくなり、解決が難しくなり調査料金にも大きく影響してしまいます。情報が古くなる前に、なるべくお早めに相談されることをおすすめします。調査相談はもっと身近な相談相手としてお考えください。

「情報が持つ価値」について

良いアドバイスは正確な事案の把握から。自分ではあまり重要ではないと思っていた情報も、調査アドバイザーが見ると解決につながる重要な手がかりとなったりします。まずは関係のありそうな情報を集めて持って行きましょう。

「被害状況」を正確に伝える

最終的には嫌がらせ行為をやめさせる目的として利用されていますが、被害状況を基に「誰が何の為に嫌がらせを行っているのか」「単独で行っているのか」「家族にも被害が及んでいないか」など、原因追求や被害状況を把握することで解決方法を選択できます。

嫌がらせ対策専門窓口が選ばれる理由

探偵や興信所に相談するのはなんとなく「不安」と思われる方は少なくありません。プライベートな悩みを話すわけですから、気が進まなくて当然です。しかし、どんな問題でもひとりで悩んでいては良い解決ができません。最初は相談するのも不安があるかもしれませんが、問題が解決する事を考えれば、専門家への相談は必要なことです。ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、はじめての方でもわかりやすく丁寧な説明を心がけていますのでお気軽にご利用ください。

安心の解決サポート

土・日・祝も含む365日何度でも解決サポートを受けることができ、追加料金は一切かかりません。電話によるサポートは担当者直通のため繋がり易く、依頼人をお待たせいたしません。

専属担当制サポート

嫌がらせ対策専門窓口は、担当者調査責任者の複数体制で調査に対応しております。複数の目で依頼人の問題を多角的な観点からチェック、調査方法を協議し、適確・迅速に解決へと導きます。

徹底的に行う調査・分析

嫌がらせ対策専門窓口は、嫌がらせの本質という観点から、被害者の状況を徹底的に調査・分析します。その上で、無駄のない解決策を模索・検討し、調査内容をカスタマイズします。

ハラスメント相談から解決までの流れ

まずはお気軽にご相談ください

当社は、2010年の創業以来、一貫して、「問題解決に必要な情報提供」という考えのもと、事業を展開してきました。そのため、当社は独自の情報収集方法に徹底的こだわり、多種多様な調査方法でクライアントに求められる情報を提供しています。この市場のとらえ方が、当社の成長と多種多様な情報サービスが生み出される源泉となっています。

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、各エリア担当に経験豊富な人材を迎え入れ、皆さまの悩みに沿った「問題」を解決する調査体制を整備しています。調査終了後のサポートについても経験豊富なスタッフがサポート致しますので最後まで安心してご利用いただけます。

流れ
無料相談

まず、現状について相談することから始めましょう。

ハラスメント被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop