探偵wiki

Wiki

ホーム > 探偵wiki > 探偵用語 > 【集団ストーカー用語】ハバナ症候群
公開日: 2021/10/21 最終更新日: 2021/11/15
探偵wiki - 探偵用語
 公開日: 2021/10/21 最終更新日: 2021/11/15

【集団ストーカー用語】ハバナ症候群

ハバナ症候群とはマイクロ波(高周波)を使います。これは電磁波攻撃の一種であるため、集団ストーカー用語に含めました。発生した症状により兵器は一体どのようなものであるのか解説します。

さらに詳しく知りたい

ハバナ症候群の具体例

ハバナ駐在外交員から発症

ハバナ症候群は2016年以降にキューバの首都ハバナにあるアメリカ大使館の外交官が原因不明の症状を訴えたことに端を発することからハバナ症候群と言われています。

またカナダ大使館、および中国にあるアメリカ領事館職員に共通した症状が発生したといわれており、同じ攻撃方法による真相不明な事件と言われています。外交官たちが経験したのは異なった方向から発せられた奇妙な音や耳鳴り、震えを体験したといいます。

事件の最初期は攻撃方法を「音響兵器」と考えられていましたが、米国科学アカデミーはマイクロ波攻撃だったとは発表しています。

考えられるのは超低周波、音響兵器、マイクロ波兵器だったのではと推測している研究者もいます。結局、外交官のMRIの検査結果では脳震盪といった傷害を反映した脳損傷の証拠が示されました。

アメリカ国務省がハバナ症候群原因追求に本腰

2021年11月6日、アメリカ国務長官のアントニー・ブリンケン氏がハバナ症候群の原因追求のために、国務省内の対策チームの高官2人を統括責任者に任命した旨を発表しました。

ハバナ症候群

ハバナ症候群とは?

集団ストーカーのエレクトロニクスハラスメントと同様の症状

何らかの目的で外交官にたいして行われたと思いますが、いずれにせよ集団ストーカーで以前から使われているエレクトロニクスハラスメントの攻撃と同様のものをハバナ症候群の外交官たちは遭遇したと考えられます。

非致死性兵器といわれているものですが最低でも2000年代から存在していました。

外交官は部屋の中のあらゆるところから音が聞こえたということですが、指向性エネルギーといって遠隔から室内へラップ音や耳で不感知ぎりぎりの小さな音を特定させることなく被害者に聞かせたと考えれています。

ハバナ症候群関連ページ

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop