電磁波測定調査関連記事 - 電磁波測定調査レポート

Electromagnetic-Waves report

ホーム > 電磁波測定調査関連記事 > 電磁波測定調査レポート > 低周波で頭痛がする!?|電磁波対策のための原因追求
公開日: 2022/04/12
電磁波測定調査関連記事 - 電磁波測定調査レポート
 公開日: 2022/04/12

低周波で頭痛がする!?|電磁波対策のための原因追求

電磁波被害は「頭痛がする」「体がピリピリする」「体の痺れ」「不眠症」など生活に影響していることが確認されています。これらの被害は、電磁波過敏症によってもたらされる可能性もあり、早めの対処が重要となります。

ただし、ネットには電磁波についての情報が錯綜しているため、「正しい情報を正しく理解する」ということが難しくなっています。

電磁波被害の対処は一人では難しいため、専門家による対処が非常に有効となります。

専門家
電磁波対策のための原因追求
2022年4月12日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、電磁波対策でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

目次|電磁波被害相談窓口

東京都で起きた低周波電磁波被害事例

2004年、東京都多摩市の市立図書館で超低周波を利用した盗難防止装置の影響により、周辺で仕事をしていた職員が頭痛、めまいを起こした事例があります。

盗難防止システムを導入した数日後に頭痛に加え疲労感も訴えたそうです。


参考:電磁波問題市民研究会 東京都多摩市永山図書館の盗難防止装置による電磁波健康障害問題

電磁波が人体に与える影響のひとつに、長時間携帯電話で通話を何度も続けた結果、頭痛がするようになったという報告があります。

まずは電磁波が発生していると思われる場所から「距離」をとってください。

自分でできる対策を実践してみましょう

電磁波を浴びる量を出来るだけ減らすために、電子機器や通信機器の電源を使用するとき以外はオフにしたり、ネットの使用を極力控えるデジタルデトックスが広がっています。

住環境に隠れた被害

女性
ご依頼者様: 50代/女性 主婦
ご依頼内容: 電磁波による体の変化:電磁波調査
ご依頼理由: 鉄塔に近い場所に家を建ててから、どう言葉で説明したらいいかわからない身体の痛みがひどいのです。例えば、腕がピクピク動いたり、急にこむら返りするような痛みだったり、誰かに操られているかのような感じがして気持ちが悪いです。先日は、家庭や仕事も順調なのに、急に不安が襲ってきたり疲れが取れなかったり、精神的に不安定になってきました。そのことを主人の父親の訪問介護してる人に話したら、やたらに宗教の勧誘もどきの発言をするようになり、断った日からさらに、身体に違和感を覚えるようになりました。私の身体はどうなってしまったのでしょうか。家族に相談しても「精神科にいこう!」と言って、私が病気とでしか思ってくれません。
専門家のアドバイス: 鉄塔の近くに引っ越してから上記の症状が出てきたとなると、電磁波過敏症になってる可能性があります。電磁波過敏症はインターネットの世界だけの病気としてされてきましたが、近年、電磁波過敏症の患者を治療するクリニックも増えてきました。電磁波過敏症としては電化製品、スマートフォンから発生する電磁波を多く浴びていることから、身体の疲れ、痛み、痺れ、ウツ気味になる症状があります。身体に電気が蓄電されている状態ですので、身体から電気を放電するアーシングマットなどでアーシングするといいでしょう。公園は河川が近くにあれば裸足で大地に触れたり、川に足をつけたり、海が近くにあれば海水でアーシングが可能です。

理解を得ることが難しい

女性
ご依頼者様: 30代/女性 会社員
ご依頼内容: 電磁波過敏症は私だけで家族に理解してもらえない:電磁波調査
ご依頼理由: 私は家族と戸建てに住んでいて、両親と同居しています。自宅は私と両親だけなのですが、ある時から体を突き刺すような痛みがでるようになりました。両親に異変は全くなく、不思議に思いましたが私だけは日に日に強くなっており、不眠症にについて相談したところ「気のせい」「疲れている」明日病院にいきなさいと言われました。皮膚科と精神科で診てもらっても特に異常はありませんでした。このことを友人に相談しましたが、半信半疑といった感じであまり助けにはなりませんでした。はっきりさせたいので、原因追及をお願いします。
専門家のアドバイス: 電磁波被害に悩まされる方は多くいらっしゃいます。このようなケースは自分だけで電磁波測定しても解決することは難しく、周囲の理解は期待できないため、電磁波被害の専門家に相談することが大切です。理解できない家族や友人が悪いのではなく、電磁波について知らないだけですので決して責めないでください。専門的な立場から私たちもお手伝いいたしますので、被害の現状に絶望することなく前向きに解決に向けて動きましょう。

低周波の影響について

送電線や家電製品などから発生するのは磁界低周波です。送電線は強い電磁波が出ていると思われがちですが、実際は最大値で2mG以下となっています。

これは、経済産業省の「電気設備に関する技術基準を定める省令」の第27条の2で、人の往来が少ない場所を除いては、送電線などの電気設備の磁界強度の数値が2mG(200μT)以下になるように定められているからです。


参考:e-GOV法令検索 「電気設備に関する技術基準を定める省令」

電磁波は地球上のどこにも存在しますが、第三次エネルギー革命以前は、地球上の電磁波バランスは均衡を保っていました。

しかし電気がエネルギー資源として台頭する現代では、家電やコンピューターが爆発的に普及し、電磁波が人体にもたらす危険性について言及されるようになりました。

例えば、超低周波磁界と無線周波電界で発がん性が指摘されています。また、きわめて強い低周波電磁波を浴びると刺激作用が働きます。

これは、超低周波磁界における長期ばく露により、健康への影響があるといわれています。

以前から健康被害の直接の関係は認められていないが、関連は否定できないとされているため、対策が必要です。

電磁波の発生源から距離をとることが最もと手軽な対策となります。

高圧電線 5m以上
テレビ 70cm以上
加湿器 60cm以上
電気カーペット 90cm~2m

どうしても近くで使用しなければいけない電気製品は使用時間を減らす努力が必要です。デジタルデトックスを試みるのも良いでしょう。

もしも電磁波測定だけで解決する問題ではないという方は専門機関に一度ご相談ください。

電磁波調査料金について

電磁波測定調査料金のご説明

探偵各社が提示している電磁波の測定料金を見るときに必ず確認していただきたい項目をご説明します。

探偵社によっては「1時間いくら」で電磁波測定を請け負うところもありますが、気をつけなければならないのが、「予約した時間内に何も起こらない」ケースです。

何度も調査をし、そのたびに「何も起こらない」の繰り返しでは調査料金が膨れ上がるばかりです。探偵をご利用される方は早期解決をお望みでしょうから、そのような事態は避けなくてはなりません。

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、朝から深夜まで現場(室内および屋外)に張りつき、電磁波の発生量を測定する際、料金の変動はありません。

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かかることはありません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

電磁波調査のご相談・依頼方法

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています。

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。

どんなに複雑に見え、困難と思える問題でも、必ず解決の道はありますので、困った時にはお気軽にご相談ください。

流れ
無料相談

まず、現状について相談することから始めましょう。

電磁波相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、電磁波に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop