電磁波測定調査レポート

Electromagnetic-Waves report

ホーム > 電磁波測定調査関連記事 > 電磁波測定調査レポート > 頭痛の原因が電磁波の影響かもしれない「電磁波対策相談室」
公開日: 2019/10/12 最終更新日: 2021/04/16
電磁波測定調査関連記事 - 電磁波測定調査レポート
 公開日: 2019/10/12 最終更新日: 2021/04/16

頭痛の原因が電磁波の影響かもしれない「電磁波対策相談室」

電磁波調査の案内ページです。電磁波の被害者は、電磁波過敏症や電磁波で攻撃されてるという事例が多く「頭痛がする」「体がピリピリする」「体の痺れ」「不眠症」など生活に影響していることが確認されています。電磁波について、「正しく理解すること」で、ネットの情報に振り回されず、必要以上に怖がらないで対応することができます。

電磁波被害相談窓口│目次

過去の事例から見る電磁波による頭痛被害

電磁波で頭痛や体調不良が起きた事例

2004年、東京都多摩市の市立図書館で超低周波を利用した盗難防止装置の影響により、周辺で仕事をしていた職員が頭痛、めまいを起こした事例があります。盗難防止システムを導入した数日後に頭痛に加え疲労感も訴えたそうです。
参考:電磁波問題市民研究会 東京都多摩市永山図書館の盗難防止装置による電磁波健康障害問題

電磁波が人体に与える影響のひとつに、長時間携帯電話で通話を何度も続けた結果、頭痛がするようになったという報告があります。対策としては、激しい頭痛に襲われたら電磁波が発生していると思われる場所から、「距離」をとってください。

実は自然の状態でも電磁波(地磁気など)は発生します。昔は地球上で発生する電磁波のバランスは均等でした。しかし現代は電子機器、通信機器などの普及率が爆発的に上昇し、バランスが崩れて人体に悪影響を及ぼすようになりました。

まずは自分でできる対策から

電磁波を浴びる量を出来るだけ減らすために、電子機器や通信機器の電源を使用するとき以外はオフにしたり、ネットの使用を極力控えるデジタルデトックスという活動が広がっています。

それでも頭痛が起こってしまう場合は、脳の血管が拡張しているかもしれません。冷たいタオルで冷やし血流を落ち着かせると良いでしょう。強い日差しを避ける、睡眠に気を使うことも効果的です。

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

低周波の影響について

電磁波過敏症の悪化による頭痛

送電線や家電製品などから発生するのは磁界低周波です。送電線は強い電磁波が出ていると思われがちですが、実際は最大値で2ミリガウス以下となっています。これは、経済産業省の「電気設備に関する技術基準を定める省令」の第27条の2で、人の往来が少ない場所を除いては、送電線などの電気設備の磁界強度の数値が2ミリガウス(200マイクロテスラ)以下になるように定められているからです。

参考:e-GOV法令検索 「電気設備に関する技術基準を定める省令」

超低周波磁界と無線周波電界で発がん性があるという見解があります。そして、きわめて強い低周波電磁波を浴びると刺激作用があります。これは、超低周波磁界における長期ばく露により、健康への影響があるといわれています。

以前から健康被害の直接の関係は認められていないが、関連は否定できないとされているため、対策が必要です。電気製品から距離をとることが最もと手軽な対策となります。高圧電線からは数メートル以上、テレビから70センチ以上、加湿器から60センチ以上、電気カーペットで90センチ以上離れないといけないのですが、できれば2メートルくらい距離をとるほうがいいという意見があります。

どうしても近くで使用しなければいけない電気製品は使用時間を減らす努力が必要です。デジタルデトックスを試みるのも良いでしょう。もしも電磁波測定だけで解決する問題ではないという方は専門機関に一度ご相談ください。

電磁波被害3つの苦難

親身になってくれる人は少ない

  • 家族はまともに受け止めてくれない
  • 電磁波攻撃が原因で電磁波過敏症の諸症状が出たことを家族に話しても、「気のせいじゃないの?」「考えすぎ」などと言われ、軽く受け流されるケースがほとんどのようです。友人に相談しても信じてもらえず、わかってもらいたいと思うがあまりしつこく説明しようとしたり、被害を訴えたりしようとすると精神疾患を疑われることも起こり得ます。

    多くの人にとって「電磁波攻撃」という嫌がらせは非現実的なので、理解してもらうのは難しいと思ったほうがいいかもしれません。現実を理解してもらうには、異常な数値を示す電磁波の測定値をはじめ、被害を証明する証拠が必要になってきます。

  • 警察に相談しても追い返された
  • 警察に届けを出そうと思っても、証拠がなければ動いてくれません。電磁波攻撃を受けても目立つ外傷はほとんどないだけでなく、そもそも「電磁波攻撃とは何か」「被害妄想ではないのか」を説明しなければならないことなどが協力を得づらい状況に拍車をかけています。

    被害を証明できないまま、何度も通報したり相談に行ったりすると、「オオカミ少年」(うそをつくこども)扱いされ、本当に困ったときに動いてくれない恐れがあります。

  • 立証できる証拠がない
  • 家族や友人、警察に相手にしてもらえない状況が続くと孤立が深まり、不安とストレスだけが溜まっていきます。ときおり自力で証拠を集めようとする方がおられますが、専門的な知識や経験のない方が電磁波の放出量を1人で測定し、集団ストーカーがどこから電磁波攻撃を仕掛けているのか、発生源を特定するのはほとんど不可能と言ってもいいでしょう。

    証拠収集を試みてもうまくいかず、泣き寝入りする方も少なくないようです。

このように、「理解者が少ない」「警察が動きづらい」「被害を証明できない」の3つが電磁波攻撃の被害者を苦しめている理由です。電磁波攻撃の被害を証明し、証拠を入手したい方は、私ども「対策専門窓口」にお任せください。ご依頼をいただければ電磁波測定士(一般社団法人日本電磁波協会認定)の資格を持つ調査員を派遣し、電磁波放出量の測定および違法な照射等があった場合の問題のお手伝いをいたします。

電磁波調査料金について

電磁波測定調査料金のご説明

探偵各社が提示している電磁波の測定料金を見るときに必ず確認していただきたい項目をご説明します。探偵社によっては「1時間いくら」で電磁波測定を請け負うところもありますが、気をつけなければならないのが、「予約した時間内に何も起こらない」ケースです。

何も起きなくても、利用者は1時間あたり「いくら」という料金を支払わなければならないので、電磁波攻撃の有無を調べるには改めて予約を入れる必要があります。何度も調査をし、そのたびに「何も起こらない」の繰り返しでは調査料金が膨れ上がるばかりです。探偵をご利用される方は早期発見、早期解決をお望みでしょうから、そのような事態は避けなくてはなりません。

集団ストーカーが「いつ」電磁波攻撃を仕掛けてくるかは調べてみないとわからないので、私ども「ストーカー・嫌がらせ専門窓口」では、朝から深夜まで現場(室内および屋外)に張りつき、電磁波の発生量を測定します。その際、料金の変動はありません。電磁波攻撃の有無を確認できるまで、電磁波測定士の資格を持った調査員が徹底的に測定調査をいたします。

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かかることはありません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

電磁波調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

まず、現状について相談することから始めましょう。

電磁波被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (必須) (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop