ネットリサーチ調査関連記事 - ネットリサーチ調査レポート

Net-Research report

ホーム > ネットリサーチ調査関連記事 > ネットリサーチ調査レポート > ネット上で起きた誹謗中傷が原因で起きた仄めかし被害レポート
公開日: 2022/02/25 最終更新日: 2022/03/26
ネットリサーチ調査関連記事 - ネットリサーチ調査レポート
 公開日: 2022/02/25 最終更新日: 2022/03/26

ネット上で起きた誹謗中傷が原因で起きた仄めかし被害レポート

仄めかし(ほのめかし)とはターゲットしか知らないはずの情報や、それを連想させる内容をそれとなく示す嫌がらせ行為です。仄めかしの被害者は「監視されている」という意識が植え付けられ、次第に精神的に追い込まれていきます。

仄めかしは明確に体系化され、「集団ストーカー」の手法で行なわれているケースもありますが、本人にしかわからない手口で行なわれるため、周囲の人に相談しても取り合ってもらえず、孤立を深めることもあります。

ずっと抱えていた
悩み無事解決!

当窓口担当スタッフの
仄めかし調査レポート!

ご依頼者様
30代 (男性)

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

専門家
仄めかし調査
2022年2月25日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、仄めかしでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

仄めかし被害相談レポート

男性
ご依頼者様: 30代/男性 会社員
ご依頼内容: 仄めかし調査
ご依頼理由:

3か月程前から仄めかし被害に遭っています。被害に気付いたきっかけは見ず知らずの男性数名が自分にまつわる会話を自分に聞こえるように話しているのを耳にしてからです。最初は気のせいかと思っていましたが、行く先々でこのような会話を自分に聞かしてきているので気のせいではないと思いました。最近になって仄めかし被害の内容がエスカレートし、自宅での会話内容や通話内容について仄めかされました。このような場合はどの様な事が考えられますか?自宅での「盗聴・盗撮調査」はすでに調査済みで、問題ありませんでした。考えられるのは、携帯電話の盗み見やハッキング、ネット上で個人情報が出回っているとしか考えられません。またこのような被害は解決出来るのでしょうか?

仄めかしの解決方法

仄めかしだけであれば「無視」できるのですが、ネット上の誹謗中傷が原因で知らない人から仄めかされた場合、無視することはできません。オンライン上の誹謗中傷を特定し、犯人を特定しない限り、犯人が飽きるまで続く嫌がらせになります。デジタルタトゥーといわれ、消えることのない誹謗中傷は必ず火消しをしましょう。

見ず知らずの人物が自分のことを…

「仄めかし」という嫌がらせ行為とは

仄めかし被害に気付いたきっかけとしては、見ず知らずの人物ががにかかわる会話を、わざと聞こえるように話しているという出来事が起こることです。

被害者も、最初は気のせいかと思いますが、行く先々で、同様の経験をし、徐々に自分の個人情報に関わることも耳にしたことから、「盗聴されているのでは…」と感じ、周囲の誰もが信用できなくなり、孤立を深めていきます。

「仄めかし」加害者の狙い

家族や親しい友人に相談しても「被害妄想」と片付けられ、周囲との信頼関係も崩れていきますが、それこそが、加害者側の狙いでもあります。

心療内科などに通ったとしても、医者でさえ信用してくれず、それどころか、通院した事実さえが仄めかされ、逃げ場を完全に失わせます。

どんな手口で個人情報を盗むのか

恐ろしい「集団ストーカー」

仄めかしをはたらく加害者としては、まず「集団ストーカー」の可能性があります。「集団ストーカー」とは、複数の人間が集団となった嫌がらせ行為で、尾行や監視、付きまといなどで、ターゲットを精神的に追い詰める手口です。

複数人が関わることで、証拠を見つけづらいことが特徴といえます。

「盗聴・盗撮」や「不正アプリのインストール」の場合も

この他では、ターゲットに対する盗聴・盗撮や、スマートフォンへの不正アプリのインストールにより、GPSによる行動履歴、会話内容、LINEなどの送受信内容などの情報が漏れている可能性も高く、現在では、こうしたデジタル情報での仄めかし行為が多くなってきています。

「監視されていること」を逆利用した対処法

加害者が嫌がる行動をする

仄めかしをはたらく加害者(あるいはグループ)は、ターゲットに対し「監視されている」ことを意識させるのが狙いですが、対処法としては、自身がパニックにならず、当事務所など、探偵・調査会社に依頼することで、加害者側にも同じ思いを抱かせる方法があります。

その際、どこで仄めかされたか、どんな内容を仄めかされたかなど、被害の記録や情報があれば、調査がスムースになります。

完全に解決するまでサポート

オンライン上にある被害が原因で始まった「仄めかし」であれば、ネットリサーチというコンピューター解析と人による目視・検索確認で対応可能です。

嫌がらせ目的であれば、時間を置いて再開させることも十分に考えられますが、定期的にオンライン監視をすることで防げます。他人からの仄めかしがなくなるまでサポートするのでお気軽にお問合せください。

仄めかし調査のご相談・依頼方法

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています。

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。

どんなに複雑に見え、困難と思える問題でも、必ず解決の道はありますので、困った時にはお気軽にご相談ください。

流れ
無料相談

まず、現状について相談することから始めましょう。

仄めかし相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、仄めかしの内容、仄めかしに関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop