いじめ調査関連記事

Bullying

ホーム > いじめ調査関連記事 > いじめ被害の対策方法は?
公開日: 2021/01/08
いじめ調査関連記事
 公開日: 2021/01/08

いじめ被害の対策方法は?

「証拠」を掴めばいじめは止まる

近年、子どものいじめ対策について文部科学省の指導要領には「どの子どもにも、どの学校においても起こり得るものであることを十分認識する」という文言が記載されました。大人のいじめに関しても上場企業ではパワハラに対する研修が行われるなど、予防対策が取られてきています。しかし、有名インフルエンサーの誹謗中傷による自殺など「ネット上での匿名のいじめ」など陰湿化が進み、加害者の特定に時間がかかるようになってきました。これからの「いじめ」にはどのような対策が必要なのでしょうか?

いじめ対策│目次

いじめは違法行為です

いじめで施行される法律は?

  • 器物損壊罪(刑262条)・・・モノを壊された
  • 暴行罪(刑208条)傷害罪(刑204条)・・・危害を加えられた
  • 強要罪(刑223条)恐喝罪(刑249条)・・・義務のないことを無理やりやらされた
  • 名誉棄損罪(刑230条)侮辱罪(刑231条)・・・見えるところに悪口を書かれた

上記は、自分だけで警察に簡単に被害届が受理されたり、刑事罰が与えられるものではありません。しかし、近年いじめからの自殺報道や「相手への懲罰感情が強く、弁護士費用をいくらかけてもいいから罰してほしい」という被害者と、訴訟額が大きいほど弁護士費用は多額になるため訴訟をビジネスにする弁護士も現れ「逮捕はされなくても金銭面や経歴面で損害を与える」ことが「明確な証拠」と「費用」さえ払えれば比較的容易になってきています。

真実を知らなければ何も変わらない

いじめの定義について

法律で定められたいじめの定義

2012年の「大津市中2いじめ自殺事件」が契機となり、2013年に「いじめ防止対策推進法」が制定されています。その中でいじめの定義は以下のように記されています。


第二条 この法律において「いじめ」とは、児童等に対して、当該児童等が在籍する学校に在籍している等当該児童等と一定の人的関係にある他の児童等が行う心理的又は物理的な影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものを含む。)であって、当該行為の対象となった児童等が心身の苦痛を感じているものをいう。
出典:いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)より

つまり、かみ砕いて言えば、現代では「あなたが嫌だと感じた時点でいじめ」ということです。

相手への懲罰

いじめをやめさせるためには

法で裁かれなくても、相手に損失を与えることは「明確な証拠」があれば可能です。証拠を持って弁護士と警察へ行けば、被害届は受理されるでしょう。被害届が受理された場合は、警察は捜査をせざるを得ないため相手が弁護士を付けた場合は弁護士費用の負担、弁護士を付けずに捜査が進めば不起訴になったとしても「事情聴取」「現場検証」「検察への送致」までは進む可能性が高く、何度も警察に呼び出されることで職場や家族にバレたり、前歴を付けて公務員などの仕事に就けなくすることは可能になります。

まずは証拠を集めよう

探偵事務所では、プロの調査員が加害者の周辺情報を調べ、相手の顔がはっきり映っている写真、動画の撮影や、相手の名前が入った音声や実害を自白しているメール、LINEの収集が可能です。「ここからが違法」、「これなら被害届が受理される」という明確な証拠を集めれば、弁護士による内容証明の送付や、警察からの電話、職場、学校、家族バレがけん制となり、相手が無自覚な場合でもいじめが止まる場合が多いです。

いじめ解決相談窓口

一人で悩んでもなにも解決しません…
是非ご相談を!

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の相談室をご紹介します。

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、相談員との打ち合わせでご利用する相談室は、周囲に会話の内容が漏れないよう完全個室をご利用になれます。また、完全個室は防音対策済みで、どんな些細な情報も外部に洩れることの無いよう、細心の注意を払っていますのでご安心下さい。いじめ対策のご相談には迅速な対応を心がけていますので、メールまたはお電話ください。

新型コロナウイルス感染症対策について

相談室のご利用の際は正面入口にて「検温」「手指の消毒」「マスクの着用」をお願いしており、「検温」で37.5度以上の発熱があった場合や、「手指の消毒」「マスクの着用」に応じていただけない場合は、ご面談日を変更させて頂くことがあります。

恐れ入りますが、皆様のご理解・ご協力の程、お願い申し上げます。

まず、いじめについて相談することから始めましょう。

いじめ被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、いじめの状況、いじめ対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop