集団ストーカー関連記事

Group-Stalker

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 絶対失敗しない!集団ストーカー調査で確認すべき3つの項目
公開日: 2021/04/06 最終更新日: 2021/04/27
集団ストーカー関連記事
 公開日: 2021/04/06 最終更新日: 2021/04/27

絶対失敗しない!集団ストーカー調査で確認すべき3つの項目

ここでは、「集団ストーカー調査」で失敗しないために、探偵事務所を選ぶ際に必ずチェックしておくべき3つのポイントをご紹介します。この3つのポイントが調査に大きく影響するので是非最後までお読みください。

目次│依頼前に確認すべき3つの項目

調査期間の設定

解決まで責任を持てるのか?

近年、悪質な嫌がらせや集団ストーカー調査を扱っている探偵事務所が増えていますが、「難しい」と判断すると「考えすぎ」で片づけてしまう無責任な探偵事務所があるのも事実です。

そもそも、集団ストーカーに対して確実な調査方法をご存じでしょうか?

被害内容によって調査方法の変更はありますが、基本となるベースに変更はありません。

振り回されていませんか?
  • いつ来るかわからない犯人
  • 複数人が絡むつきまといや仄めかし
  • 電磁波を使った目に見えない攻撃
  • ハイテク機材を使った盗聴盗撮・ハッキング
  • 嘘で塗り固められた情報操作

具体的な調査方法に関しては、ヒアリングさせていただきお伝えいたします。ここではっきり言えることは、「解決するまで保証する」調査が必要になります。「解決の定義」は人それぞれですが、集団ストーカー問題に一緒に悩んで考えて答えを出すには1日では足りません。時間がかかる「リスク」があるからこそ「長期保証」が必要なのです。

調査方法の選択

その調査方法で大丈夫?

集団ストーカーの被害につきまといがあります。一般的には、「張込み」「尾行」してつきまといの有無を確認しますが、はたして集団ストーカーにも通用するのでしょうか?なにを証明するのかにもよりますが、集団ストーカーの被害を証明するのであれば尾行張込みよりも「仕掛け」が必要になるでしょう。

バレていませんか?
  • 調査した日に限って空振りになる
  • 話した内容が漏れている気がする
  • いつもと違う行動をしてバレてしまった
  • 隠しカメラが壊されていた
  • 近隣住民がグルで監視されて行動が筒抜け

まず、絶対にバレないように調査を行なう必要があります。万が一、バレてしまった場合、潔く調査を中断してしばらく様子をみることも必要です。バレてしまっても、調査が終わったと見せかけて犯人をおびき出す作戦もありますので、臨機応変に対応する力が求められます。

調査時間の使い方

無駄を省くシンプルな答え

集団ストーカーの調査では、「時間」と「費用」をかければ良い調査ができると勘違いしていることがあります。当然、費用や時間をかければ犯行現場に遭遇する確率は上がるのですが、空振りだった時は「精神的ダメージ」「金銭的ダメージ」だけが残ります。いつ来るかわからない犯人に、一か八かの調査で時間だけが過ぎ去っていく状況はとてもプロの仕事とは言えません。

では、「どうすればいいの」と思うかもしれませんが、答えは簡単です。時間の無駄を省くだけでよく、結果が得られない日はスパッと打ち切って、次回に時間を繰り越せばよいのです。集団ストーカーの調査プランは、1日〇〇円ではなく、10時間〇〇円の「時間料金システム」がよいでしょう。

理想の調査体制
  • 駆け付けサポートがあるといざという時に便利
  • 日数プランではなく時間料金プランが理想
  • 丸投げではなく、連携して情報共有する
  • 情報漏洩対策は徹底的に行なう
  • 深夜でも朝方でも対応できる調査体制

上記5つのなかでも、情報漏洩対策は自分でも行えるので徹底してください。どんなに良い調査プランを用意しても、相手に漏れている状況では上手くいくことはありません。あと、集団ストーカーの加害行為に「睡眠妨害」がありますので、深夜帯・朝方・泊り込み調査に対応できないところでは依頼しない方がよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

こちらに書いてある3つのポイントは、「集団ストーカー」に限らず基本的なことが多く含まれています。そして、集団ストーカー調査で探偵事務所に求められているのは、「解決力」です。

この解決力については、無料相談の段階である程度は判断できます。まずは、無料相談をフル活用して「情報をアップデート」し、情報弱者にならないようにしましょう。探偵の選び方は、情報収集以外は直感でしかありません。解決までお付き合いできる探偵事務所が選び方の基本であることを忘れないでください。

1日で解決できるケースは滅多にないことから、中長期になっても最後まで集団ストーカー被害者に寄り添う責任感が解決に導くので、会社の姿勢も含め見極める必要があります。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop