電磁波測定調査関連記事

Electromagnetic-Waves

ホーム > 電磁波測定調査関連記事 > 絶対失敗しない!電磁波測定調査で確認すべき3つの項目
公開日: 2021/04/10 最終更新日: 2021/04/27
電磁波測定調査関連記事
 公開日: 2021/04/10 最終更新日: 2021/04/27

絶対失敗しない!電磁波測定調査で確認すべき3つの項目

ここでは、「電磁波測定調査」で失敗しないために、探偵事務所を選ぶ際に必ずチェックしておくべき5つのポイントをご紹介します。この5つのポイントは、電磁波を測定するうえで大きく影響するので是非最後までお読みください。

目次│依頼前に確認すべき5つの項目

電磁波に関する知識は豊富か

電磁波測定は最低限の知識と経験が必要

近年、電磁波測定調査を扱っている探偵事務所が増えていますが、電磁波についてあまり理解のないスタッフが「測定機器」を持って20~30分測定して「問題ありません」とだけ伝え調査終了したなど、調査に不満を持った方が後を絶たちません。

そもそも、「低周波」を測定したのか「高周波」を測定したのかすら答えられないレベルのスタッフに機械を持たせて測定していることに驚きを隠せません。

電磁波測定を依頼される方は「身体に影響がある強さなのか」「対策が必要なレベルなのか」「環境の問題なのか」など判断する基準をプロに任せるわけです。その「プロの判断基準」にお金を払って依頼するわけですから、測定士の知識や経験は不可欠となります。

簡単な測定をするだけなら、ご自身で機械を購入し測定した方がよっぽどよいでしょう。さらに電磁波過敏症の方は、化学物質過敏症の可能性も視野にいれて調べますので、電磁波測定の結果をベースに判断しますので素人には難しいでしょう。

事前に確認するポイント
  • 電磁波測定士(一般社団法人日本電磁波協会認定)の資格の有無
  • 電磁波測定と対策はどの程度行っているか
  • 過去に電磁波対策事例があればその内容

電磁波測定にかかる調査時間

内容によっては何日もかかることも

電磁波を測定するには、普段の生活で自宅内で発生している電磁波の強さを確認します。その時に、電磁波の発生源と強さについて確認するのですが、測定した時間帯によっては異なりますので簡単なその場所の平均値をだすようにします。その作業だけでも1日の内「6時間~9時間」かかることもあります。上記でも触れたように、「20分~30分」で終わる電磁波測定は測定時の強さを確認しているだけで、その場所が平均して強いのか、なにか原因があって強いのかわからないでしょう。

もし、電磁波を「故意」に照射している場合、その測定の仕方では解決どころか「加害者」を喜ばせるだけで意味がありません。電磁波の照射が故意に行われている可能性を追求するなら、ほぼ一日深夜~朝方でも測定する必要があり、短時間であるなしの判断は難しいのが現状です。

電磁波測定を依頼するときは、どの場所でどれくらい測定するのか詳細を事前に確認し、納得できるプランが完成するまでは依頼しないことです。電磁波の「見えない不安」で冷静に判断ができない時は、家族や親友に相談して「契約前や電磁波測定時」は一緒に立ち会ってもらいましょう。

事前に確認するポイント
  • 電磁波を測定する時間帯と場所
  • 電磁波測定の目的を理解しているか
  • 発生源の特定はどのようにして行うか

※電磁波を「故意」に照射している場合、絶対にバレないように調査を行なう必要があります。万が一、バレてしまった場合、調査を中断してしばらく様子をみることも必要です。

電磁波の測定方法と機材説明

いくつかの条件でより正確に

電磁波には、携帯電話、テレビ、電子レンジなどから発生するものや、自然界にも電磁波はたくさんありさまざまな波長の電磁波が含まれています。さまざまな電磁波がある中で、「電磁波の強さ」や「電磁波の発生源」を確認するには測定方法もワンパターンでは不十分でしょう。

電磁波を測定するときは、自宅で発生している電磁波の強さを「ブレーカーを落とした状態」で測定したり、いつも通りの生活の中で測定をします。他にも、自宅外に問題があるときは外に測定器を設置したりと、電磁波の測定方法は「知りたい電磁波の数値」によって変わりますので事前にしっかりと確認しておく必要があります。

事前に測定機器を確認する

電磁波を測定しようと思ったきっかけに、「健康被害」にあってないか確認することが多いのですが、時間帯によって電磁波の強さが変わったり、突然電磁波が発生したりと振り回されてしまうことがあります。この場合は、細かくパソコンに記録することができる「電磁波測定器」が必要になるので事前に確認しましょう。

他にも、電磁波測定器によっては「測定できない」もしくは「測定にはかなりの工夫を要する」ということがありますので、測定依頼する際には「機械の説明」は重要事項となります。

事前に確認するポイント
  • 複数の測定方法を用意しているか
  • 自宅以外の測定に対応できるか
  • 測定機器の説明や測定できる周波数帯域

まとめ

いかがでしたか?

こちらに書いてある3つのポイントは、「電磁波測定調査」を依頼するうえで最低限クリアしなければならない項目なので覚えておいてください。電磁波測定調査は、無料相談の段階で「知識や測定技術」を判断することができます。最初は、無料相談をフル活用して「情報収集」してみましょう。

探偵事務所の選び方は、「解決までお付き合いできる探偵事務所」が選び方の基本であることを忘れないでください。電磁波を測定したら終わりではないのです。電磁波の問題は、測定してから改善するまでが仕事であり、アフターサービスも含めて見極める必要があります。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop