探偵ニュース

Detective News

公開日: 2020/02/04 最終更新日: 2020/02/03
探偵ニュース
 公開日: 2020/02/04 最終更新日: 2020/02/03

つきまとい被害に遭われたら確認すべき5つの事【対策相談窓口】

つきまとい行為の被害にあっている場合は、盗聴やGPS監視、つきまといされている可能性も考えられます。被害を防ぐには、手口を知る事とそれに対する予防対策が重要です。

つきまとい被害に遭っている方が確認すべき5つの事

つきまとい被害や加害行為の目的について

つきまといとは

つきまといとはターゲットとなる人物に対して、嫌味や挑発して神経を逆なでするようなことを言ったり、笑い者にしたり、わざとぶつかってきたり、無言電話をかけてきたり、ネットで自分のことと思われる誹謗中傷を書かれたりと、不快感を与えるよう、色々な方法で嫌がらせをすることです。

近年目にする「集団ストーカー」や、それに近い小規模なつきまといや、個人の恨みなどから来るつきまといなど様々ですが、「いつもの生活と何か違う」と何かしら不快感を感じたら「つきまとい」かもしれません。 つきまといは、証拠がないと第三者に訴えても「妄想」「考えすぎ」と理解してもらえないリスクが高いので、専門家に必ずご相談ください。

つきまといによる加害者の目的

つきまとい加害者の目的は主にターゲットの行動を監視する事やターゲットを精神的に追い込み孤立させる事が目的であると考えられます。被害が始まった原因が分かっていて加害者を特定していればある程度の対応策などは考えられますが被害が始まった原因やつきまといを行っている人物に見当がつかない場合には注意が必要です。

自分では覚えていなくても加害者には根深い出来事があり加害行為を行っている可能性がある為原因についてはご自身でも出来るだけ深く考えてみましょう。それでも心当たりのある出来事が考えつかない場合にはいじめが目的である可能性も考えられる為まずは専門家に相談しましょう。大切なことは「一人で悩まない」ことです。ストーカー・つきまとい対策のプロに依頼するなど、心のよりどころを見つけると心に余裕ができると思います。

つきまとい被害事例

  • 自宅や勤務先周辺に不審な人物や車輛が停車している
  • 特定の人物と頻繁に出くわす
  • 見知らぬ人物が自分の事を知っていた
  • 不特定多数の人間に尾行されている
  • スマートフォンを向けられ写真を撮られた
  • 車にGPSを仕掛けられている
  • 自分しか知らない情報を仄めかされた

つきまとい調査について

つきまとい調査とは?

特定の人物に対して嫌悪、羞恥、憤り、不快感などを与えるような行為で様々な嫌がらせをする人物を特定し、つきまとい被害の証拠収集などを行う調査のことです。つきまといのなかで厄介なものは複数による付きまといと監視で、複数のつきまといを継続して行うことにより「一般人」を不審者に仕立てあげることが可能で、どこにいても付きまとわれている感覚に陥りやすく、冷静に判断できる第三者が必要となります。

つきまとい調査の目的

つきまとい調査を行う主な目的は、誰が何のために嫌がらせをしているのかを特定・判明する原因追求からはじまり、最終的にはそのつきまとい行為をやめさせることです。つきまとい行為には様々なものがあり、中には陰湿なものや危害を伴うものもあるので早めの対策が必要となります。つきまといの内容によって受ける被害者の身体的・精神的ストレスも考慮する必要があるので、早めの対処が重要となります。



つきまといを対処する際の3つの注意点

相手の情報を十分に得ること

あなたが不安感や恐怖心を抱いている相手は、本当にそこまでのつきまとい行為ができる人でしょうか?相手の情報を把握すれば、その相手が「できること」「できないこと」を、ある程度は予測することができます。相手の情報を多く把握することは、あなたの漠然とした不安や恐怖をぬぐい去ってくれるはずです。

感情的に反応しない

つきまといをしてくる相手に対して、感情的に反応するのは逆効果です。相手はそれに対してまた更なるつきまといをしてくる可能性が高くなります。なぜなら、つきまとい行為者はあなたのその感情的な反応によって、更なるつきまといをする口実を得るからです。つきまとい行為者の思考は、何があっても「自分は正しくてあなたが悪い」のです。

第三者による介入に注意する

つきまとい被害を誰かに相談した場合、その相談相手がつきまといからなんとか守ってあげたいという信念のもと接触するかもしれません。第三者が安易に介入してしまうことによって、「直接的な被害者を増やす」「つきまとい行為がエスカレートする」恐れがあることを知りましょう。

もちろん相談することは悪いことではありませが、つきまとい行為者に対して自己判断は危険性を伴いますので、一人で問題を解決しようとせず、専門家や公的機関などに早めに相談することが大切です。

つきまといに関連するQ&A

Q

つきまとい被害で警察は動いてくれる?

A

警察に実際に動いてもらうためには、どのような被害なのか、相手は誰なのかを正確に伝える必要があります。警察署では、相手方に対して「つきまとい行為をやめなさい」と警告したり、「その行為はやめなさい」と禁止命令を行うこともできます。「つきまとい行為」の被害にあっている場合は、警告や禁止命令以外に、処罰を求めることもできますので「警察総合相談室:0857-27-9110」に確認してみてください。

Q

偶然を装ったつきまとい行為に対しては?

A

本当に偶然かどうか証明することができ、禁止命令を行うこともできます。待ち伏せしたり、帰り道によく会うストーカー行為は、話しかけたりしないので被害がないため、相談しても「気のせいじゃない」などあまり真剣に聞いてもらえないケースが多いのですが、このギリギリの接触にとどめる行為もつきまといでありストーカーになります。

Q

付きまとい被害に遭っています。どうやって証拠を残したらいいでしょうか?

A

まずは専門家に相談しましょう付きまとい被害に遭われている方はまずは専門家に相談しましょう。付きまとい被害は自分で証拠を残そうとした行動が裏目に出てしまい、付きまとい加害者が逆上しエスカレートするケースがあるためまずは被害状況を専門家に話して対策を考えましょう。

つきまとい調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop