探偵wiki - 法律

Wiki

ホーム > 探偵wiki > 法律 > 業務妨害罪の要件と証明方法と営業妨害について
公開日: 2023/05/23
探偵wiki - 法律
 公開日: 2023/05/23

業務妨害罪の要件と証明方法と営業妨害について

業務妨害罪と営業妨害は、ビジネスにおける重要な法的概念です。

業務妨害罪では、他人の業務の円滑な進行を妨げる行為が要件とされます。

営業妨害では、他社の営業活動を不正に阻害する行為が問題とされます。

証明には、具体的な行為や意図の証拠、被害の発生や経済的損失の立証が必要です。

法的専門家の助言を受けながら、適切な証明手段を選ぶことが重要です。

⇒ 2023年5月23日更新 / 執筆者 / 監修者ページ

目次│

1- 業務妨害罪とは

業務妨害罪は、他人の業務の遂行を妨げる行為を禁じる法律上の罪です。

具体的には、虚偽の情報提供、嘘の告発、不正競争行為、契約違反、威力業務妨害などが該当します。

この罪の目的は、社会の経済秩序を維持し、公正なビジネス環境を確保することです。

業務妨害罪の成立には、行為の不正性や業務への具体的な影響の証明が必要となりますので、専門知識を持つ人に助言を求めましょう。

2- 営業妨害とは

営業妨害は、他社の商業活動や営業活動を不正な手段で阻害する行為を指します。

具体的な行為としては、虚偽の情報の散布、誤解を招く広告や宣伝、顧客の奪取、競合他社への圧力のかけ方などが挙げられます。

営業妨害の目的は、競争環境の公正性を保ち、企業間の健全な競争を促進することです。

営業妨害行為の成立には、不正性や他社への具体的な損害の証明が必要となります。

3- 業務妨害罪と営業妨害の違い

営業妨害・業務妨害

業務妨害罪と営業妨害の違いは、主な対象となる行為にあります。

業務妨害罪は、一般的に他人の業務の円滑な進行を妨げる行為を指します。例えば、虚偽の情報提供、嘘の告発、不正競争行為、契約違反、威力業務妨害などが該当します。業務妨害罪の目的は、公正なビジネス環境を確保し、社会の経済秩序を維持することです。
     
一方、営業妨害は、他社の商業活動や営業活動を不正な手段で阻害する行為を指します。具体的な行為としては、虚偽の情報の散布、誤解を招く広告や宣伝、顧客の奪取、競合他社への圧力のかけ方などが挙げられます。営業妨害の目的は、競争環境の公正性を保ち、企業間の健全な競争を促進することです。
     

要するに、業務妨害罪は他人の業務の遂行を妨げる行為に焦点を当て、営業妨害は他社の商業活動や営業活動を不正手段で阻害する行為に焦点を当てています。

 

4- 刑事上の責任(罰則)

刑事上の責任 刑事上の責任

業務妨害罪は非親告罪になります。

被害者が被害申告・刑事告訴をしなくても発覚した時点で処罰される可能性があります。

また、未遂罪はないので、「爆弾を〇〇広場に仕掛けた」と掲示板などに書き込みをした時点で妨害行為とみなされ、業務妨害罪になります。

実際に業務上、支障があったかではなく妨害行為をしたことが業務妨害罪とみなされます。

時効は3年となっています。

業務妨害罪の刑罰は電子計算機損壊等業務妨害罪以外、3年以下の懲役または50万円以下の罰金となっています。

電子計算機損壊等業務妨害罪のみ5年以下の懲役または100万円以下の罰金となっており、刑罰が重く設定されています。

パソコンやデータの破壊などアナログよりも情報量が多く、それに伴い被害も大きくなりやすいとの理由で重く設定されています。

5- 民事上の責任(損害賠償・謝罪金)

民事上の責任 民事上の責任

業務妨害罪は刑法で、民法だと不法行為にあたる可能性があります。

例えば、SNS上でA店は不味いという書き込みを有名人がしたとします。

その有名人が言っているのだから不味いだろうとみんなが信用したとしたらA店は客足が途絶えます。これは不法行為(名誉毀損)にあたる可能性が高いです。

不法行為は、「他人の権利、利益を違法に侵害する行為」と定義されています。

上記の例だと損害賠償請求できる確率はかなり高いでしょう。

また、不法行為にも時効は存在し、損害や加害者を知った時点から3年間になります。

例でいうと、A店の店長が有名人の書き込みに気づいた時から3年になります。

「逸失利益」について

逸失利益とは、何らかの妨害によって得られなくなった「本来得られるべきだった利益」をいいます。

逸失利益の額は訴訟内でもよく問題になる点です。

慰謝料に関しては知っている人も多いと思いますが、相手によって受けた誹謗中傷によって精神的なダメージを受けた時に、それを金銭に変え賠償してもらうものになります。

これらの金額は、個人なのか店舗なのか、業務妨害を受けた期間や程度などによって変わってくるので一概にいくらというのは言えません。

もし、気になる方は弁護士の無料相談などに問い合わせてみましょう。

6- 業務妨害が起こる原因

業務妨害が起こる原因はさまざまですが、以下に一般的な原因のいくつかを挙げます。

競争意識の高まり:激しい競争環境や市場シェアの争いがある業界では、他社の業績や評判を傷つけるために業務妨害が行われることがあります。

 

不正行為への誘因:利益や競争力を得るために、経済的な利益を追求する企業や個人が不正行為に手を染めることで業務妨害が発生することがあります。

 

情報漏洩や内部者の行動:業務妨害は、企業の内部者や関係者によっても引き起こされる場合があります。内部からの情報漏洩や悪意のある行動によって競合他社に損害を与えることがあります。

 

虚偽情報やデマの拡散: 噂や虚偽の情報を故意に拡散することによって、他社の信頼性や評判を損ねることが業務妨害の原因となる場合があります。

 

法的紛争や競合関係: 法的な争いや競合関係がある場合、相手企業への報復や損害を与えるために業務妨害が行われることがあります。

 

これらは一般的な業務妨害の原因の例です。業界や具体的なケースによって原因は異なる場合があります。

業務妨害を防ぐためには、リーガルチームの助言を受けながらセキュリティ対策やリスク管理を強化することが重要です。

7- 業務妨害の証拠収集について

業務妨害の証拠収集には、以下のような方法や手段が役立ちます。

ただし、法的な制約や地域の規則に従う必要がありますので、専門家のアドバイスを受けることが重要です。

文書やメールの保存

不正行為や業務妨害に関連する文書やメールを保存し、必要な場合に提出できるようにします。具体的なメッセージや書面には、関係者の名前、日付、内容、関連する業務の詳細が含まれることが重要です。

 

目撃証言

業務妨害行為を目撃した人々の証言を収集します。証人の氏名、連絡先、証言内容、発言や行動の詳細を記録することが重要です。

 

録音やビデオ記録

不正行為が行われる場面を録音やビデオで記録することで、証拠となる場合があります。ただし、録音やビデオ記録を行う際には、法的な制約やプライバシーの保護に留意する必要があります。

 

データの分析

電子的なデータやログファイルの分析を通じて、不正行為の痕跡を特定することができます。システムのログやアクセス履歴、データベースの変更履歴などが有用な情報源となります。

 

専門家の調査

コンピューターフォレンジックやセキュリティ専門家に依頼し、不正行為の調査や証拠の収集を行ってもらうことも有効です。専門家は法的に許容される方法で証拠を収集し、報告書としてまとめることができます。

 

業務妨害は立派な犯罪です。もし、「業務妨害の証拠を集めたい」とお考えの方は被害を受けているうちに相談するのがよいでしょう。

まず、現状について相談することから始めましょう。

業務妨害相談フォーム

業務妨害に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    個人情報の取り扱い

    ファミリー調査事務所(以下、弊社)は、個人情報の重要性を認識し、それらの保護に関する法令などを遵守する為、プライバシーポリシーを制定して個人情報の保護を業務に従事する全ての者に対し徹底しております。

    • ○お問合せ頂いた内容に的確に対応する目的
    • ○個別説明会への対応
    • ○その他、上記に附随する目的

    ご記載いただいた情報は、当社の個人情報保護方針に従い適正に管理しています。

    個人情報の相談等については、お問い合わせ窓口までお申し出ください。

    ×

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい
    個人情報の取り扱い
    →個人情報取り扱いについて


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop