探偵wiki

Wiki

ホーム > 探偵wiki > 法律 > 嫌がらせは人格権を侵害する不法行為
公開日: 2018/11/27 最終更新日: 2018/11/16
探偵wiki法律
 公開日: 2018/11/27 最終更新日: 2018/11/16

嫌がらせは人格権を侵害する不法行為

一人で抱え込まず、信頼できるところに相談しながら対応することが重要です。嫌がらせは人格権を侵害する不法行為であり、決して許されるものではありません。嫌がらせによる不法行為について説明します。

不法行為について

故意または過失のある違法な行為によって他人に損害を加えること(民法709条以下)

【民法709条】 故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は,これによって生じた損害を賠償する責任を負う。
不法行為による慰謝料請求について

悪質な不法行為を受けたり、不法行為によって被害者は大きな精神的苦痛を受けます。そこで被害者は、加害者に対して精神的苦痛に対する賠償として、慰謝料請求することができます。

不法行為による損害賠償請求について

損害賠償請求とは、相手による債務不履行や不法行為によって損害を受けたときに、その損害についての補償を求めることです。

不法行為の時効期間

不法行為には、消滅時効は3年で不法行為の起算点は、「損害及び加害者を知ったときから」3年間です。

不法行為に関連するQ&A

Q

SNSなどで誹謗中傷された場合

A

不法行為が成立します。SNSなどで、特定の人の社会的評価を低下させるようなことを書き込むと、それが名誉毀損と評価されます。書き込みをされた人は大きな精神的苦痛を受けますので、この精神的苦痛が損害となり、被害者は不法行為にもとづく慰謝料請求(損害賠償請求)をすることができます。

Q

いじめに対する損害賠償は請求できますか?

A

損害賠償を請求することが可能です。いじめは、故意による違法行為で、いじめを受けた子どもは大きな精神的苦痛を受けるためです。いじめによって怪我をさせられたり、精神的な苦痛を負わされたりした場合、いじめの加害者に対して不法行為に基づく損害賠償を請求することが可能です。加害者の子どもが小さい場合には、親に責任が発生することもあります。

不法行為に関するご相談

嫌がらせ被害の相談ポイント

早めに相談しよう

どうしようもなくなってからの調査相談では、対処法も少なくなり、解決が難しくなってしまいます。情報が古くなるなる前に、なるべくお早めに相談されることをおすすめします。調査相談はもっと身近な相談相手としてお考えください。

どうしたいのかを考えておこう

調査相談時間を有効に使うために、自分が何に悩んでいて、調査をしてどうしたいのかをできるだけ整理しておきましょう。相談する前に、メモにまとめておくのもよいでしょう。自分の気持ちを整理しておくことで、今後の方向性もはっきりとしてきます。

関係のありそうな書類は何でも持って行こう

良いアドバイスは正確な事案の把握から。自分ではあまり重要ではないと思っていた情報やメモも、調査アドバイザーが見ると解決につながる重要な手がかりとなったりします。まずは関係のありそうな書類を集めて持って行きましょう。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop