集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 電磁波と集団ストーカーの関係性
公開日: 2022/03/11 最終更新日: 2022/06/28
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2022/03/11 最終更新日: 2022/06/28

電磁波と集団ストーカーの関係性

集団ストーカー被害者には「電磁波被害」で、今までの生活が壊れたという方が大半です。
どのようなことが電磁波被害なのかをよく理解していただいた上で、おすすめの体調管理や向き合い方をご提案させていただきます。

目次│電磁波被害による日常の異変に気付いたら

専門家
電磁波調査
2022年3月11日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、電磁波被害でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

電磁波被害とは

電磁波を浴びるとどうなるのか

普段生活する上で電磁波被害に遭遇するのか疑問に思う方もいるかもしれません。電磁波被害に遭遇するというのは組織犯罪に巻き込まれている可能性が高くないとありえません。

日常生活を送るうえで、強い電磁波を浴びることなどありえないでしょう。電磁波被害は、頭や身体に高周波による火傷のような痛みや皮膚炎を起こしたり、機関銃のような非殺傷銃のような体感があります。

電磁波被害者には、低周波による自動的に筋肉運動をさせられたり不快な身体振動が起きたり、不眠症になることも…。

電磁波と集団ストーカー

電磁波被害の程度の差は、集団ストーカーや組織犯罪の規模で違いがあるようです。

電磁波被害と集団ストーカー

集団ストーカーの常套手段として、電磁波被害(エレクトロニクスハラスメント)がよく知られています。これは世界中で「集団ストーカー被害」を訴える人に共通していえます。

いわゆるテクノロジー犯罪ですが、集団ストーカー被害者全員が電磁波被害になるわけではないです。しかし、知らずにエレクトロニクスハラスメントを受けている可能性があります。

考えすぎもよくないのですが、不審なことが続くようでしたら疑ってみてもよろしいかと思います。

電磁波に過敏に反応

テクノロジー犯罪を理解していれば、体の異変にいち早く気づくことができます。「もしかしたらエレクトロニクスハラスメントかも?」と思ったら、周囲の電磁波を一度測定してみてください。

自分では難しいと思ったら専門家に依頼することも1つの手段です。

電磁波の影響についての共通意見

  • ある時期から耳鳴りがするようになった(特定の部屋に入ると強くなるなど)
  • 不眠症に悩まされている
  • 息苦しくなり窒息感が続く
  • 体がよく疲れるようになった
  • 頭痛や後頭部が重い
  • 皮膚のざわつき、皮膚にあたる感覚がある
  • 免疫機能の低下でアレルギー状態が続く
  • 集中力の欠如で考えがまとまらない
  • 明らかに頭部や身体に放射されたり打たれている感覚がある

電磁波過敏症はストレスが蓄積されて起こると言われており、電磁波に敏感になると神経が高ぶった状態で生活を送らなければならないと言われています。

体の不調が精神的なストレスからきているのか電磁波による身体の不調なのかはっきりさせるために、電磁波を正確に測定する必要があります。

しかし問題は、電磁波過敏症という自覚があるだけなのか、あるいは普段生活しているなかで最近何か違う影響を感じ、それが原因で上記の症例のように身体に違和感や異常を感じるということもあります。

電磁波との向き合い方

電磁波被害者の立場から

普段の生活のなかで突然、電磁波に反応してしまったらどうしたらよいか…電磁波は目に見えるわけではないため本人しかわからない現象になります。

電磁波の発生源は簡単に特定できるわけではないので、個人で定期的な測定や記録保存するのは困難かもしれません。

理由として、電磁波過敏症は突然始まり、身体だけではく精神的に疲労困ぱいになります。人によっては不眠が何日も続き、体力的にも限界がきて特定どころの話ではありません。

被害者ができること

電磁波被害者ができることは、被害の状況を分析することが一番良いです。自分は軽度な電磁波被害なのか、それとも重度な電磁波過敏症なのか分析してみてください。

いつ頃から始まったのか理解しておく必要があります。初期段階でしたら電磁波被害者の体質を変えることも可能でしょう。

それは軽度に変化するのか重度に変化するのか分かりませんが、今の段階で起きている「健康被害」を把握する必要があります。

電磁波被害で起こるメンタルの影響

徐々に病んでいくことを期待される加害

集団ストーカーによってエレクトロニクスハラスメントを受けている被害者の方は、インターネット上で集めた言論統制されたニセ情報などで被害解決できないと思い、絶望になり引きこもりになってしまう方もいるかと思います。

「スローキル“Slow Kill”」と言って、被害者自らがゆっくり時間をかけて自滅していくことを集団ストーカーは目的としているため、その手に乗る必要は一切ありません。

エレクトロニクスは、「メンタルの被害」と言われ、実際に病んでしまう可能性が高いので、1人で抱え込む前に相談してください。

可視化することで不安が和らぐ

電磁波は目に見えないので、電磁波の影響があると第三者に訴えても「妄想」「考えすぎ」と理解してもらえないリスクが高いです。

電磁波の影響が人為的に行なわれている疑いがある場合、ご自身で購入できる範囲の電磁波測定器による電磁波測定だけでは解決しない可能性があります。

その場合は、専門家に必ずご相談ください。些細なことでも今までと違う、今までとは異なる状況になった気がする等、ご自身の身の回りに起きている現象に疑問をお持ちになったらぜひ当事務所にご相談ください。

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

おすすめの体調管理方法

アーシングのすすめ

アーシングをお勧めします。アーシングは自然に電気を放出していくのですが、一番放出しやすいのは裸足を地面につけるのが最も効果的でしょう。他に海水に足を浸すなどあります。

しかし、毎日行なうには実用的な話ではありません。手を地面につけるのも効率を考えると大変かと思います。自宅の庭、もしくは公園などの地面に直接、裸足でアーシングしましょう。

時間のあるときは30分、最低でも毎日10分行えば大分違います。たったそれだけですが、日々の積み重ねがとても重要です。

電磁波防止グッズは一時的なものになりますし、いつまでもその方法で身体を守れるとは考えにくいです。ぜひアーシングを実践されてください。

電磁波被害者の方で心配なのが、ご自身で費用節約のために機材を買って証拠を撮ろうとする方がなかにはいますが、あまりお勧めしません。

ご自身で電磁波測定はできたものの、一体誰が加害をしているかまで証拠を撮るのは1人では困難でしょう。

電磁波被害Q&A

Q

エレクトロニクスハラスメントをする基準は何ですか?

A

加害側の都合です。集団ストーカーの被害者でも、テクノロジー犯罪を受けているかいないかは被害者によって違います。但し、なぜエレクトロニクスハラスメントを受けているのかは、加害側が勝手に決めていることですので、理由は実のところ「ない」というのが回答になるでしょう。

Q

エレクトロニクスハラスメントを受けないようにするには?

A

加害そのものをやめさせるしか方法がありません。個人的に何らかの物理的方法によって加害を受けなくできるようになればいいのですが、現在そのような方法がありません。加害をやめさせるには「誰が主導して、仲間が誰で、いつ、どこで、どのような加害をしているか」に関する証拠が必ず必要になってまいります。

Q

アーシング以外に電磁波を除電でますか?

A

アーシングが最も効率がいいです。所説出回っていますが、どれも費用がかかったりします。お部屋の改造や電磁波防止グッズというのは対策であり、電磁波を除電するわけではありません。正直、部屋を改造するような費用をかけるなら「引っ越し」や「証拠収集」など選択肢が広がります。どうしても住む理由がある方は、住宅リフォームも1つの選択肢となります。

まず、現状について相談することから始めましょう。

電磁波被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、電磁波被害の内容、電磁波に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop