集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 電磁波攻撃で生活スタイルが180度変わってしまった…
公開日: 2021/05/06 最終更新日: 2021/05/21
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2021/05/06 最終更新日: 2021/05/21

電磁波攻撃で生活スタイルが180度変わってしまった…

被害者のなかには電磁波攻撃を受け続けていると今までの生活が崩れたり壊れたりするという思いをする方が大半です。ここでは本当に電磁波攻撃はあるのか、と不思議に思っている方にも電磁波攻撃を受けている人を少しでも理解していただけるよう、どのようにして電磁波攻撃で生活スタイルが変わるかをご紹介します。

目次│電磁波攻撃による日常の異変

電磁波攻撃を受けるとどうなるのか

電磁波攻撃の種類

普段生活する上で電磁波攻撃に遭遇するのか疑問に思う方もいるかもしれません。電磁波攻撃に遭遇するというのは組織犯罪に巻き込まれていますので、ターゲットにならないと電磁波攻撃に遭遇するということはほとんどありません。電磁波攻撃は明確な目的のもとに実行されていることになります。

ターゲットにされている人によりますが、大体24時間監視されるようになります。頭や身体に高周波による火傷のような痛みや皮膚炎を起こすことも可能です。

機関銃のような非殺傷銃のような体感があります。低周波により自動的に筋肉運動をさせられたり不快な身体振動が起きたりします。長年開発されてきたような科学技術ですので、住居の中から他の住居の中にいる人の身体の部位を特定し狙った箇所へ撃つ技術を持っています。またターゲットの人を不眠にすることも可能にします。

電磁波攻撃を受けた身体の反応と程度

電磁波攻撃の強度は攻撃者が調節可能で、またターゲットの人に攻撃した後もその攻撃をやめたり痛みを取り除くことも攻撃者が完全にできます。そのため相手をコントロールするための実験対象としている可能性もあるでしょう。

高周波には高熱を皮膚表面や頭に撃たれる体感があります。攻撃側にも通常運転と特殊運転とおそらく呼ばれているもののうち、通常運転とはターゲットの人に命の危険が及ばないような日々の生活を確保しつつ日々行う犯行のことです。

特殊運転とはターゲットの人が危険人物と一方的に見なしているだけなのですが、24時間体制でも通常運転と異なりターゲットの人の動きをすべからず監視し攻撃の手が多い状態です。電磁波攻撃の程度の差や集団ストーカーで張り込みの人数が違うということは、すべてターゲットの人にかかっている金額の多寡で決まるようです。

電磁波攻撃とどう向き合うか

電磁波攻撃 被害者の立場から

普段の生活のなかで突然、電磁波攻撃が始まったらどうしたらよいでしょうか。それはターゲットの人にしか分からないことになります。電磁波攻撃は目に見えるわけではないため撃たれている本人しか分からない現象になります。

電磁波攻撃を受けるようになったら相手を簡単に特定できるわけではないので、攻撃を辞めさせるのは困難になってきます。被害者の人からすると、相手を特定できるわけでもないのに突然攻撃が始まりそれが一日中攻撃されるために身体だけではく精神的に疲労困ぱいになります。

人によっては不眠が何日も続きますがこれは眠れないように工作されるためです。朝から晩まで一日中電磁波攻撃をされたり集団ストーカーの嫌がらせで定番のノイズキャンペーンや人を使ったさまざまな嫌がらせもあります。

被害者ができること

電磁波攻撃を受けた被害者の方ができることは被害の状況を分析することが一番良いです。自分は軽度な電磁波攻撃を受けているのか、それとも重度な電磁波攻撃を受けているのかを分析してみてください。またいつから始まっていて既に数年経っているのか、また始まったばかりなのかも自分で理解しておく必要があります。初期段階でしたら電磁波攻撃が変わっていくことがあります。

それは軽度に変化するのか重度に変化するのか分かりませんが、今の段階で自分は攻撃段階でどこにいるのか把握する必要があります。家族に相談しても家族が同様に被害に巻き込まれる可能性も高く、警察も事件が起きてからでないと捜査ができません。そのため調査ができるのは探偵業務となります。ですが、探偵には向き不向きや、ひどい場合には加害側に加担している探偵もいるようです。

さまざまな探偵がいますので、テクノロジー犯罪に実績のある私どもにご相談ください。テクノロジー犯罪の実績がある探偵を利用することでご自身や家族にはできないような専門的な調査が可能となり明白な証拠資料を収集することとなりテクノロジー犯罪が終結します。

電磁波攻撃被害中の生活-その1

朝から勤務中のテクノロジー犯罪

電磁波攻撃を受けだすと、被害者の生活に支障が出てきます。起床してから家を出て、出勤途中でも何かしら人を使った工作が始まります。攻撃具合も通常運転ならまだしも特殊運転の場合、よくもまあそれだけ人の動きを観察しているものだと被害者自身が冷静に思うくらい細かい動きを見てそれに合わせて攻撃してきます。

出社してからも自分の席に向かっていつの間に設定したのかと思う素早さで天井やトイレ、廊下などから定期的に複数からの場所で電磁波攻撃が設定され定期的に撃ってきたりします。

誰もいないトイレで撃ってきたりすることもあれば、社内の室内で委託された会社の人たちがデバイスを机の引き出しなどに入れたり、カバンを自分に向けた位置へ置くことで中に入っているデバイスから撃ってきたりします。

なぜ起床時から電磁波攻撃するのか

起床時から電磁波攻撃されるというのは、被害を受けている当人にしか分かりません。たとえば指向性スピーカーなどで壁にぶつかる音がしたり、何かしらの小細工がされたり、脳が目覚める時間を勝手に設定することが科学技術では可能なようです。

起床時からする必要があるのかどうかということですが、加害側はビジネスとして嫌がらせが成立しているため24時間嫌がらせをするというルールがあるので、例え軽度犯行であっても24時間被害者に張り込み必要があるらしいのです。被害者の人から見て馬鹿馬鹿しい身勝手なルールになりますが、加害側が勝手なルールのもと犯行を行っているとみることができます。

電磁波攻撃被害中の生活-その2

勤務中~帰宅までテクノロジー犯罪

勤務中、まだ電磁波攻撃が初期段階の人ですら、いつもと社内の様子がおかしいと思うかもしれません。重度の場合には工作員が関わっている可能性があります。

工作員というのは被害者に加害する役割として委託された人たちのことです。もともと働いていた社員なども委託されることもありますが、途中から入ってきた転職者のなかにも工作員が紛れています。

電磁波攻撃をする担当だけではなく、被害者にミスをするように仕向けたり嫌がらせをするように言われています。働いている給料だけではなく嫌がらせの副業の給料ももらえるので嫌がらせがビジネス化すると一向になくなりません。

被害者が帰宅中の路上や電車内でも随分と暇な人たちだなと思うくらい、多くの人がストーカー活動に参加していると思うかもしれません。しかし、ストーカーの大人数はあながち気のせいではないかもしれません。

被害者に一日中張り付いている理由

加害システムを構築していく上で、おそらく一日中監視されていない隙を与えないほど監視することで相手を不安や恐怖に陥らせるというのが狙いだと思われます。ただし、人が意図的に24時間対象とする人に張り付いている時点でアナログの世界であることは否めません。

被害者に一日中、張り付いていればそのうち精神的な破綻や精神病院へ行き、やがては被害者の発言が社会的信用を損なうだろうとの意図を加害側は明確にもっています。目的が先にありきで、目的を遂行するための工作として24時間被害者に張り付くのですがビジネスとなっているため加害側も執拗に加害してくるというのが実情なようです。

思考盗聴の罠

デジタル監視システム エシュロン

今まではアナログ的な電磁波攻撃について書いてきました。今回は集中管理システムの「エシュロン」についてご紹介していきます。20世紀哲学者のミシェル・フーコーが『監獄の誕生 監視と処罰』という本を書いてそれが現代の監視社会を示唆していたということで物議を醸しだしました。

「エシュロン」が行っているのは、人が行っているあらゆる通信傍受をできると言われています。電話、メール、ネット検索、SNS書き込みなどさまざまです。人類のあらゆる傍受をすることで特定のワードなどの書き込みなどをしている人を特定するというものです。つまり権力者やAIが特定したワードを書き込みしたり検索する人を検閲の対象にできるのです。

未来の監視社会

「エシュロン」が原因かどうかわかりませんが、ひとつ被害者の方の不思議な実体験を紹介します。あまり一般的ではないような不思議な話の内容についてネット検索や動画コメント欄に書き込みしていたそうです。

動画コメント欄にはふつうの書き込みというよりは質問だったそうです。その後、急に身体に異変が起こり心不全のような状態になったり一気に身体に力が入らなくなったそうです。その後、何度か臨死経験をしたそうです。また音が突然爆音で聞こえるようになったり、同じ音が二回聞こえるようになったり、UFOの飛行音すらしたそうです。一週間ほどはそのような体験をしたようです。

心臓病かと疑い病院で検査してもらっても特に異常はありませんでした。その後、ウォーキングした時に目の前の道路にある木の葉が一枚、急に三角形の小さなピラミッドに変化しました。

目を凝らしてそのピラミッドをもう一度見たところなんと次にはトカゲの形になり、もう一度見ると木の葉になったそうです。被害者の発言によると脳内映像をそう映るように一時的にできるのではないか、ということです。

被害者の方は現在はそのような異常体験はされておらず通常の生活をしております。このような体験をする方がいる事実を前提とした場合、遠隔でどこまでできるか分かりませんが、被害者の発言から近未来は「エシュロン」が既に稼働していることは決してSFな世界ではないかもしれません。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop