探偵wiki

Wiki

ホーム > 探偵wiki > 探偵用語 > 【集団ストーカー用語】集団ストーカーマニュアル
公開日: 2021/10/17 最終更新日: 2021/09/28
探偵wiki - 探偵用語
 公開日: 2021/10/17 最終更新日: 2021/09/28

【集団ストーカー用語】集団ストーカーマニュアル

集団ストーカーマニュアルとは、言葉どおりで集団ストーカーの工作で使用する際のマニュアルのことです。加害側がマニュアルをつくることでいかに集団心理を騙しているのか手口をご紹介します。

さらに詳しく知りたい

集団ストーカーマニュアルの具体例

宗教の存在なしに語れないマニュアルが存在する事実

「敵対者駆除マニュアル」をインターネット上で画像検索していただくと、随分多くマニュアルが出回っているという印象を受けます。

日本では集団ストーカーに関わっているのが、イルミナティと宗教団体が多いといわれ、どうしてもこれらが注目されます。

某宗教団体の「内部文書」に掲載されている集団ストーカーの「各地域の敵対者マニュアル」の4番目は「各会員が連帯し、自然と不幸になったように落とす必要がある」とあります。

まさに集団ストーカーの真髄を言い表しているかのようです。

他にもマニュアルの内容を読むと、金銭工作、人間関係工作だけではなく敵対者とされる本人の血縁関係にも同じように工作計画されています。

集団ストーカーマニュアルとは?

加害側も囲い込むトンネルつくり

集団ストーカーのマニュアルとして出回っているシナリオは、そもそも加害者一人ひとりが集団ストーカーをしているという認識を持たせないように工作されています。

参加している人たちは「集団ストーカーをあなたはしていますよね?」と尋ねたところで自分たちの加害についてピンとこないでしょう。

むしろ「防犯パトロールしていますね?」 と尋ねられたほうが驚きます。それくらい集団ストーカーという言葉は社会的に認知されていません。いや、加害側に響かないように社会的に工作されているのです。

集団ストーカーに関与している人たちにとっては、自分たちの特定の敵対者にたいしての正義の行為として工作をしていたり防犯パトロールをしているのにすぎないのです。

罪の意識がないどころか、正当な大義名分で行っていると考えています。

集団ストーカーマニュアル関連ページ

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop