探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 「集団ストーカー被害者相談ガイド」監視と盗聴盗撮
公開日: 2019/12/06 最終更新日: 2019/11/12
探偵ニュース
 公開日: 2019/12/06 最終更新日: 2019/11/12

「集団ストーカー被害者相談ガイド」監視と盗聴盗撮

集団ストーカー行為の被害にあっている場合は、盗聴やGPS監視、つきまといなど様々な手法で嫌がらせされている可能性が考えられます。被害を防ぐには、手口を知る事が重要です。ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、集団ストーカー行為の調査に特化しており解決事例も豊富で、依頼人それぞれのお悩みに沿った解決方法をご提案することで、集団ストーカー行為の解決までスムーズに進めることを目指しております。

集団ストーカー対策相談窓口

集団ストーカーとは何か?

集団ストーカーの特徴

集団ストーカーとは言葉のとおり「集団でストーカー」をする組織的な犯罪です。集団ストーカーは本人が気が付くまで、何も仕掛けることはしないため、気付かないまま済んで行く人が多いのです。都道府県の迷惑行為防止条例の改正や警察が「集団ストーカー」のことを認識してる背景から、以前に比べて加害行為を控える(集団から単体への監視、付きまといへ移行)傾向があると思われます。

しかも、加害行為をやってる人が通りすがりの通行人を演出するため、知らないうちに「盗撮されてるかもしれない」「監視されているかもしれない」と不安が大きくなりなります。そんな状況で感情的になると、自分が「悪い人」「病人である」ことを周囲にアピールをしてきます。このように毎日、加害行為が行われる状況を作り出す「心理状態を利用した手法」が集団ストーカーの手口になります。

監視・盗聴盗撮行為について

日常で起こる監視・盗聴盗撮行為は

防犯のために開発された遠隔監視アプリ、盗難防止アプリが犯罪に悪用されているという事件が相次いでいるらしいです。例えば、犯人がターゲットの自宅に忍び込み、使っていなかった古いスマートフォンにこのアプリをインストールし、それをリビングルームのテーブルの下に隠し、5日間も動画で遠隔監視していたという事件がありました。

また、元交際相手のスマートフォンにこのアプリをインストールし、盗聴、盗撮を繰り返していた男が有罪判決を受けています。これは「スマートフォンをなくした時に便利だよ」と女性を騙してアプリをインストールさせ、悪用したものだったそうです。この手のアプリでいつ誰と電話したのか、履歴や電話帳のデータの中身を見ることもできます。

この手のアプリを使った犯罪は増えているので気をつけなければいけません。おかしなアプリをインストールされていないか確認するのは、スマートフォンを一度初期化すれば確認することができます。悩んでいる方は初期化してみると良いと思います。ストーカーによっては、アプリでなくても盗聴盗撮を行い、毎日を監視することはできます。これらの発見は自分でできそうに思えても意外と難しいため、おかしいと感じたら一度専門家に見てもらうと良いでしょう。

執拗なつきまといや監視行為

狙われる多くの理由

執拗な嫌がらせのなかで厄介なものは複数による付きまといと監視です。何も悪いことをしてない「一般人」を不審者に仕立てあげて、近隣住民や加害組織の人間を使い、どこにいても付きまといを行います。この時点で迷惑行為防止条例の「つきまとい行為」になりますが、あたかもたまたま通りがかったというシチュエーションで、自然に被害者を監視するように嫌がらせを行います。

被害の年数が長いほど、組織の規模を把握できて、撃退するチャンスはたくさんありますが、身の危険を考えて、すぐに警察に連絡しましょう。事件性が高いのであればその場で対処してくれるはずです。加害者自ら犯罪を犯すような真似はしませんが、万が一のことを考えてあまり加害者を深追いしないほうが無難です。

深入りせず警察か専門家に任せる

何年もつきまといを受けてると、加害者の家を特定できることとあるでしょう。特定できたら、できる範囲でその家の構成など人の出入りなどをチェックできたら良いのですが、この範囲は専門家の領域であり、素人では危険も存在します。気をつけてほしい点は、加害者に接触することで、被害者がリスクを負う形になるケースが多々ありますので、なるべく深入りはせずに専門家に依頼するようにしてください。※リスクとは被害者が加害者扱いされてしまう。

集団ストーカーの目的

集団ストーカーは組織犯罪

  • 加害者の個人的な理由
  • お金や生活のため、闇バイト
  • 社会的、経済的な破綻をさせる

集団ストーカーは組織で動いていますので、何かしらの犯罪(特殊詐欺など)に隠れて行われてる可能性が高いです。煽り運転、ストーカーやいじめなど、集団ストーカーの加害者の動きと類似した点が多いのも組織の都合で動かされてる可能性が高いです。ですが、すべてのスーパーや居酒屋、ホテル、レジャー施設で働いてる人、全員が加担者と思わないでください。

ある事例だと複数の行動すると加害行為が少なくなる。また、レジャー施設だと加害行為ができにくい場所もあり、あえて、その場所を選択するという方法で、被害を激減しているのです。「孤立を防ぐ」ことが重要で、集団ストーカーの目的はこの犯罪を「無かった」ことにするために、精神疾患を作りあげることが狙いです。

海外では電磁波攻撃、集団ストーカー(海外ではギャングストーキング)と呼ばれて、ニュースに取り上げられていますが、日本では集団ストーカーを「分散化させた犯罪」を取り上げています。集団ストーカーと自覚しなくても、類似した嫌がらせがあり、「集団ストーカー」を知った人はまだ少ないでしょう。

集団ストーカーは被害者を怒らすこと「被害者を加害者にさせる」目的もありますので、決して、自分から攻撃しないようにしてください。加害者は命令されて動いてる「駒」向こうから何か仕掛けることはありません。目的はどうあれ、集団ストーカーは人権を無視した犯罪です。1人で悩まずに集団ストーカーを支援する専門の調査事務所に相談して、相談できる環境を作るようにするのも被害を緩和させる1つです。

集団ストーカー対策相談

集団ストーカー対策をお考えの方へ

嫌がらせ専門対策の相談・調査依頼をお考えの方は、まず当サイトの(無料相談)のご利用を強くお勧めします。近年探偵事務所が激増していると言われています。

しかし、それにもかかわらず、「調査の内容が不十分」など調査の品質についての不満や「高額な調査料金を請求された」など、良い探偵になかなか巡り会えないという相談が数多く寄せられています。

集団ストーカー対策は、一般的な探偵が行う調査とは違い集団ストーカー対策に関する専門知識と調査経験が必要とされますので、探偵社であればどこでも解決できるわけではありません。

難しい事件を歓迎します。

他社で断られた相談、解決できなかった集団ストーカー被害対策を歓迎します。柔軟な思考と、証拠を発見する力に自信があるからです。ご相談には迅速な対応を心がけていますので、メールまたはお電話ください。きっとお力になれると思います。

集団ストーカーについては早期相談

集団ストーカーは統合失調症の妄想や、単なる思い込みや偶然ではなく「れっきとした犯罪」です。当事務所では集団ストーカー調査を徹底的に行っています。そのためには、皆さんの被害状況の確認が必要です。

小規模な組織だと顔が割れるリスクからネット上の誹謗中傷行為を行う「ネットストーカー」の傾向があるので、「オンライン調査」が専門で行える探偵が必要です。間違って違う人物を犯人と決めつけてしまうと、解決まで遠回りするので、専門家にアドバイスしてもらうことで状況の整理ができるはずです。

まず、現状について相談することから始めましょう。

集団ストーカー被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop