集団ストーカー相談サポート

Group-Stalker support

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカー相談サポート > 「集団ストーカー被害者相談ガイド」監視と盗聴盗撮
公開日: 2019/12/06 最終更新日: 2021/02/23
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカー相談サポート
 公開日: 2019/12/06 最終更新日: 2021/02/23

「集団ストーカー被害者相談ガイド」監視と盗聴盗撮

集団ストーカーの被害にあっている場合は、盗聴やGPSを使った監視、つきまといなど、さまざまな手法で嫌がらせをされている可能性が考えられます。被害を防ぐには、集団ストーカーがどのような手口を使っているのかを知ることが重要になります。

「ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口」では、集団ストーカー対策および調査に特化しています。これまでに培ってきた専門的な知識と経験を活かし、ご依頼者それぞれのお悩みに沿った解決方法をご提案いたします。

集団ストーカー対策相談│目次

集団ストーカーとは何か?

集団ストーカーの特徴

集団ストーカーとは、ターゲットにした相手に集団で(もしくは組織的に)監視、つきまといなどの嫌がらせをすることを言います。集団ストーカーはターゲットが監視や盗撮などをしていることに気がつくまで、特に目立った行動は起こしません。

そのため、監視されていることに気付かない人もいます。都道府県ごとに迷惑行為防止条例が制定(改正)されたり、警察も「集団ストーカー」の犯罪を認識するようになったりしたことから、集団ストーカーも表立った嫌がらせを控えるようになりました。

しかし、複数人による集団が個人を監視する、つきまとうなどの嫌がらせは被害に遭った人にすれば、知らないうちに「盗撮されてるかもしれない」「監視されているかもしれない」と不安を覚え、恐怖を感じることに違いはありません。

心理学を応用した嫌がらせ集団

集団ストーカーはターゲットを精神的に追いつめるのが狙いです。ときには「会社で不倫をしている」「カッとなるとすぐに手が出て、暴行容疑で逮捕されたこともある」など、根も葉もない嘘や悪口を近隣に広め、周囲に「関わらないほうがいい人」「不審人物」と思わせるような嫌がらせをすることもあります。

そのような状況下で感情的になったり、激昂した姿を近隣住人に見られたりすると、集団ストーカーの思惑どおりになり立場も不利になります。このような「心理状態を利用した嫌がらせ」が集団ストーカーの手口になります。

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

監視・盗聴盗撮行為について

日常で起こる監視・盗聴盗撮行為は

防犯用に開発された遠隔監視アプリ、盗難防止アプリを犯罪に悪用する事件が相次いでいるとの報道を頻繁に目にするようになりました。犯人が自宅に忍び込み、機種変をする前に使っていた古いスマートフォンにアプリをインストールして、リビングルームのテーブルの下に隠し、発見されるまで5日間も遠隔操作でターゲットを監視していた事件もありました。

また、元交際相手のスマートフォンにこのアプリをインストールし、盗聴、盗撮を繰り返していた男は事件が発覚して逮捕、起訴された後、「ストーカー規制法違反」で有罪判決を受けています。被害に遭った元交際相手の女性には「スマートフォンをなくしたときに便利だよ」と騙してアプリをインストールさせていたそうです。このアプリを使うと、いつ誰と電話したのか、履歴や電話帳のデータの中身を遠隔操作で見ることもできるとのことです。

近年、このようなアプリを使った犯罪が増えてきているので気をつけなければいけません。おかしなアプリがインストールされていないかどうかを確認するには、スマートフォンを初期化すればわかります。

スマホの動きやデータ通信使用量の消費チェック

不安になられた方は初期化してみてください。しかし、高度な技術を持った集団ストーカーになると、アプリを使わなくても盗聴・盗撮をして、ターゲットを監視することができます。

ストーカーがどのような遠隔操作をしているのか、一般の方が自力で発見するのはかなり難しいので、「インストールした覚えがないアプリがあった」「不明な発信履歴やSMSの送受信履歴が残っていた」「文書や写真を読み込めなくなる」などの不審な点があり、ご自身で対処できないようでしたら専門家に見てもらったほうがいいかもしれません。

執拗なつきまといや監視行為

狙われる多くの理由

集団ストーカーのなかで顕著な嫌がらせは複数人によるつきまといと監視です。当事務所がこれまでに調査したケースを例に挙げると、本人も気付けないようなトラブルやメンタルが弱そうなどの理由で集団ストーカーのターゲットにされていました。本人からしたら、何も悪いことをしていないのに不審者に仕立てあげて混乱してしまうでしょう。

ほかにも近隣住民や加害組織の人間を使い、どこまでもつきまといます。この時点で迷惑行為防止条例の「つきまとい行為」になりますが、あたかもたまたま通りがかったというシチュエーションを装い、ターゲットを監視するように嫌がらせをします。

長期間に及ぶケースもあります。

嫌がらせの期間が長いほど、調べれば集団ストーカーの規模を把握し、対処する術もありますが、期間が長いぶん、嫌がらせもエスカレートしている可能性もあるので、監視やつきまといに気づいたり不審な行動をする人物を見つけたりしたら警察に連絡しましょう。

嫌がらせ行為は「ストーカー規制法」違反に該当するので、警察も対処してくれるはずです。集団ストーカーが危害を加えてくるようなことは滅多にありませんが、万が一のことを考えてあまり深追いしないほうが無難です。

深入りせず警察か専門家に任せる

きわめて稀(まれ)ですが、何年もつきまとわれていると、逆にターゲットが集団ストーカーの主犯格や実行犯の家を特定できることもあります。どのような人がその家に出入りしているか、また、家族構成などを調べることができれば、「なぜ集団ストーカーのターゲットにされたのか」など、嫌がらせの背景を探ることもできますが、そこは専門家の領域であり、調査経験のない一般の方では危険な場合もあります。

集団ストーカーの主犯格やメンバーに単独での接触を試みたりすると、たまたま家を見つけただけなのにその状況を逆手に取られ、「つきまとわれている」というような嘘を広められるなどのリスクが生じないとも限りません。集団ストーカーの被害に遭ったときはなるべく深入りせずに、専門家に調査を依頼するようにしてください。

集団ストーカーの目的

集団ストーカーは組織犯罪

集団ストーカーに加担する人たちには、何らかの理由があってメンバーに加わっているようです。考えられるのは次のようなケースです。

  • 個人的な理由で集団ストーカーの仲間入りをしている
  • 報酬目当てや生活のための闇バイト
  • 怨恨など、ターゲットにした相手を、社会的、経済的破綻させたい理由がある

集団ストーカーは組織で動いているので、特殊詐欺など、嫌がらせの背後には何かしらの犯罪が隠れている可能性もあります。昨今話題の煽り運転や学級内・職場でのいじめなどは、集団ストーカーの動きと類似した点も多く、もしかしたら犯罪組織に動かされているケースもあるのかもしれません。

海外では集団ストーカーは「ギャングストーキング」と呼ばれ、頻繁にニュースや雑誌などの特集で取り上げられていますが、日本では集団ストーカーが大々的に取り上げてられる機会はまだ少ないようです。

そのため「集団ストーカー」が逮捕案件に通じる犯罪だということはもちろん、「集団ストーカー」そのものを理解している人もまだ少ないようです。

感情をコントロールする力が必要

集団ストーカーの目的は、ターゲットにした相手につきまとう、監視するなどの嫌がらせをすることですが、その他にも嫌がらせを繰り返してターゲットを感情的にさせたり怒らせたりして、被害に遭っているのに「嫌がらせの加害者に仕立てる」ようなこともするので、どのような嫌がらせをされても、決して反撃に出たり、攻撃的な行動を起こしたりしないようにしてください。

物理的な暴力とは違う心理的な虐待

集団ストーカーに加担している人は、主犯格に命令されて動いている「駒」に過ぎません。指示どおりに動きますが、危害を加えてくるようなことはありません。プライバシーを覗き込み、盗撮や盗聴を繰り返す集団ストーカーは人権を無視した犯罪です。個人に対し集団でさまざまな嫌がらせをしてくるので恐怖を感じたり不安になったりするかもしれませんが、1人で悩まず私ども「ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口」にご相談ください。

まとめ

探偵事務所に相談したいけどなんとなく不安

ストーカー・嫌がらせ「対策専門窓口」にご相談いただく際は、たとえ話しづらいことでも、嫌がらせの内容をありのまま教えてください。誰にも知られたくない、話したくないと思うようなことほど、解決のきっかけになる重要な情報だったりします。

ご依頼者から伺ったお話が外部に漏れることは決してありません。また、調査が終了した後も経験豊富なスタッフがサポートするので安心して「対策専門窓口」をご利用いただけます。

調査を依頼するのは初めてという方こそ、当事務所をご利用いただきたいと思います。調査の流れや調査方法など、初めての方にもご理解いただけるように丁寧な説明を心がけています。どうぞお気軽に私どもの対策専門窓口」をご利用ください。

まず、現状について相談することから始めましょう。

集団ストーカー被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop