探偵ニュース

Detective News

公開日: 2019/05/27 最終更新日: 2019/05/17
探偵ニュース
 公開日: 2019/05/27 最終更新日: 2019/05/17

嫌がらせ加害者が引っ越し先までついてきたら

嫌がらせ被害者が引っ越しする際の注意点や、引っ越し前に調査依頼する時の料金などをできる限りわかりやすく解説しています。引っ越し前にあらかじめ対処方法を知る事で安心して再出発ができます。

引っ越しをする前の嫌がらせ被害者相談室

嫌がらせ被害者が引っ越す際に注意する事

引っ越す前に

嫌がらせ被害者が、引っ越しを決断する理由としては近隣や加害者と一切「関わりたくない」と思い決断しているはずです。加害者としては、「引っ越しがゴール」のケースもあれば、「引っ越しても許さない」で執拗に追い回し嫌がらせをするケースがあります。被害者は「引っ越しても前と変わらない」では、引っ越す意味がなくなってしまい、引っ越し費用だけが負担となり環境は変わりません。

引っ越しを決断されたのであれば、「新住所」を特定されることだけは避けなくてはなりません。そこで、探偵が行う「引っ越し前に注意するポイント」をお伝えしますので、参考にして頂ければと思います。

引っ越し前
  • 引っ越しをする前に「自家用車」のGPSチェックを行う。
  • 引っ越し業者の「トラック」に不審人物がいないかチェックする。※GPS取付防止
  • 引っ越し前に「犯人の特定」を行い解決させる。
  • 引っ越しを決める前に「情報漏えい」について再確認する。
  • 住所変更手続きによる住所特定をさせない。
引っ越し後
  • 近隣の挨拶で「どこから引っ越してきたか」を伝えない。
  • 自宅周辺に不審人物がいないかチェックする。※尾行防止
  • 引っ越し後しばらくは「住所変更手続き」を控える。

嫌がらせ調査の相談事例

実際の被害に遭われた方の相談事例

「引っ越しても無駄だからな」という声が怖くて引っ越しが怖くてできません。とある「お誘い」を断ってから、玄関にゴミが散らばる、害虫の死骸など誰かが意図的に置いたしか思えないことが頻繁に起きています。ご近所から「あれに断るなんて」とヒソヒソ話されたり、根も葉もない「悪評」が近隣に伝わって、町内から孤立されている気がしてなりません。

不動産屋に行こうとすると不審な白いワゴン、派手な軽自動車が止まっていて、自分が運転する車を動かしたらその後をついたきたのです。(ドライブレコーダーに記録があります)どうしてそこまでするのか分かりません。引っ越し先でも同じような嫌がらせをされるのでしょうか。できればご近所にバレないように引っ越しをしたいです。

専門家のアドバイス

何か組織的な嫌がらせを感じます。相談者が置かれてる状況は「おはじき」と呼ばれるもので、宗教や新聞などの勧誘に断った仕返しで近所の人が、断った人を冷たい目でみたり、悪評が拡散されたり、回覧板が回ってこない、引っ越しをしてもその引っ越し先で同じような嫌がらせが起きるという事例が多くあります。

対策として、引っ越したほうがいいのかは少し置いておいて、ゴミの散乱をした人間の特定や監視カメラの設置して様子をみるなどして、特定した人間が近所の人なのか、わざわざ相談者の住んでいる地域まで足を運んできてる人なのか知る必要があります。

この手の嫌がらせは大半は近所の人ではなく、周辺に住んでいる加害者の仕業が多いです。そして、引っ越し先まで追尾して、引っ越し先に住んでいる近隣住民に相談者の嘘の情報を拡散して、嫌がらせの引き継ぎをする仕組みになっているのでしょう。

表向きはとても静かな住宅街だと思うのでむやみに騒がないように、ゴミの散乱や死骸などを撮影して、まずは警察に相談すること。拉致があかないようであれば、調査会社で本格的な調査し対策を考えるという流れはいかがでしょうか。

引っ越しをするということであれば、引っ越し先の周辺の調査や、身辺調査を行うこともできますし、要相談で引っ越しのお手伝いをさせていただきます。彼らも用心深いため調査会社が動けば、嫌がらせの行為が止まる可能性もありえます。

長期戦になるかもしれませんので、1人で悩むことなく平穏な毎日を取り戻すために、私たちご相談ください。実際は、「おはじき」もなく追い出せという住人ないないという結果もありますから、加害者の挑発を気にしないように普段の生活を送るように心かげてください。

引っ越し前に行う調査

調査の依頼内容

引っ越す前や引っ越し後まで様々なサポートを行っております。引っ越し先がバレてしまう事だけは絶対に避けなければなりません。仮に嫌がらせ加害者に新住所を判明されたとしても、判明した方法は違法行為の可能性が高く、犯人特定後すぐに警察に動いてもらうことで解決するケースもあります。引っ越しに不安な方、成功させる自信がない方は専門家までご相談ください。

  • 嫌がらせ加害者の特定を行い関係を断ち切る。
  • 情報漏えいがないか確認する。※盗聴盗撮を含む
  • GPSが取り付けられていないか確認する。
  • 引っ越す場合、引っ越し当日立ち合いサポートをおこなう。
  • 嫌がらせ加害者の徹底マーク。

嫌がらせ被害調査の料金案内

調査の依頼内容

調査料金は全てコミコミです!引っ越しする前に「解決させたい方」「特定させない」と悩んでいる方は、専門家を利用することをおすすめします。特定されてまた「同じ嫌がらせを繰り返す」ことは絶対にあってはならないし、未然に防ぐことができることなので不安な方はお気軽にご相談ください。

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

調査料金比較

嫌がらせ被害調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

まず、現状について相談することから始めましょう。

ストーカー・嫌がらせ被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop